PR

玉骨遥(ぎょっこつよう)全話ネタバレ感想とあらすじ一覧を最終話の結末まで

中国ドラマ「玉骨遥」作品概要

シャオ・ジャン主演

大ヒットベストセラー小説「鏡」シリーズの「朱顔」をドラマ化したファンタジー・ロマンス時代劇!!

 

あらすじ

空桑の時影世子は皇妃殺害の濡れ衣を着せられると聖地・九嶷山の大司命である時鈺によって救出されるが成人するまでに死を悼んだ者と出会えば殺されると予言を受けます。

赤族の朱顔郡主は一度しか会った事もない世子の死を追悼していました。

数年後、九嶷山を訪れた朱顔は死者復活の呪文を求め禁断の地に足を踏み入れると孤独に法術を修練する神秘的な青年と出会い心を奪われるがそれは成長した世子だった。時影もまた彼女が予言の娘であると知りながら次第に惹かれていく・・・

スポンサーリンク

 

キャスト/シャオ・ジャン&レン・ミン共演

時影(シャオ・ジャン)
1991年10月5日誕生、「狼殿下」「斗羅大陸」など
朱顔(レン・ミン)
1999年12月17日誕生、映画「悲傷逆流成河」ドラマ「孤城閉」など
時鈺/大司命(ハン・ドン)
1980年11月11日誕生、「長安 賢后伝」「玉昭令」など
赤淵(ファン・イールン)
1992年12月26日誕生、「長歌行」「明月記」など
白雪鷺(ワン・チューラン)
1999年1月21日誕生、「尚食」「清平兵」など
青罡(ワン・ズーチー)
1996年2月25日誕生、「宮廷恋仕官」「鳳星の姫」など
白嫣(ツォン・リー)
1976年9月17日誕生、「甘いロマンス」「星漢燦爛」など

 

ネタバレ感想/玉骨遥

1話/雪寒薇が導く運命の出会い

7000年前に空桑の琅玕は雲荒を統一したが破壊神・虚遥に惑わされ、さらに国内では六王が暗闘を続けていました。

国外でも鮫人と氷族が乱を起こし雲荒に危機が訪れようとしてました。

 

赤族の郡主・朱顔は国を守るために法術を習いたいと思い空桑の世子・時影に贈り物を続けていました。茶道や裁縫をするべきとの考えの父親を納得させるためには世子の許しが必要だと思うのです。

皇后・白嫣と懐妊中の皇妃・秋水がやってきたので雪寒薇を摘みながら見下ろすが足を滑らして秋水の前に落下してしまいます。秋水は帝君の寵妃でもあり皇子に何かあったらどうすんだと引っ叩かれます。

そこに「空桑人も鮫人も等しく雲荒の民、ささいな罪桑の娘を責め彼女の父親まで咎めるのはどうなんだ」と現れた時影のおかげで罪を免れます。

スポンサーリンク

恨みを買った時影は悪どい企てに嵌められ秋水を殺した濡れ衣を着せられます。帝君に罰せられそうになると「秋水の罠だ、寵愛した過ちを認めたくないからと言って目をそらすな」と白嫣が駆け付けます。

白嫣は時影を守るために火を放つと、逃げるよう父親に促された朱顔は自分のせいで世子は陥れられたに違いないと涙を流します。

白嫣は白微皇后が遺した上古の法器・玉骨を九嶷山の大司命に授け世子を連れて逃げるよう託します。法術によって自分の文身が現れたために時影は驚くと文身が焼かれ、「親子の縁は切れた、復讐など考えずどうか無事で」と白嫣に抱きしめられ皇宮外に逃がされます。

大司命は命星に災いの反応が出たために世子のために祈る者がいると気付き、その者に会えば陰陽交わり琉璃華が現れるので殺さねばならないと時影に告げます。

(5年後に飛んで終わり。帝君が情けなくて乱心しているの嫌いやわぁww六王がいて皇后に皇妃が二人いるのね、秋水は木っ端みじんになって散っていったけどどこかで生きているのか?それとも命に変えて世子を陥れるのが役目だったのかな?)

 

2話/運命の再会

清音露鈴には緻密な術が必要であり母親の誕生日に届けるために時影は九嶷山で修練を積み重ねます。

望星大典のために供物を用意し九嶷山にやってきた朱顔は法力が最も強いのは祭祀を司る大司命だと知らされます。陰陽を突破する太古の秘術を修得した者はいないし危険だから寝所と祭礼の場以外は立ち入らないよう大司命に忠告されます。

特に白微皇后の后土の指輪と古代の神獣・重明が守護している裏山の帝王谷(歴代の帝と后の陵墓)に入って帰れたものはいないと言われます。

 

朱顔は神獣・重明が飛んでいるのを目にし誰か乗っていたので仙人ではないかと思います。

白雪鷺の舞いを見て皆が望星使だと感服していました。不満な朱顔は白家の嫡女は白雪鶯であるため親友を援護するために彼女を望星使だと呼び舞を披露させアピールさせます。

白雪鶯は亡き母親が作ってくれた舞衣を白雪鷺に寄って崖の下に投げ捨てられてしまいます。祭祀の前に舞衣を用意できなければ望星の舞いは他の者に任せるしかないと言われていたので朱顔は白雪鶯のために自分が取りに行こうと思います。

帝王谷に足を踏み入れると舞衣を発見するが法術を修練する神秘的な青年と出会い仙人だと喜びます。

元神を元に戻す法術は存在するのかと尋ねると、時影はあの時から情熱は変わってないなと心で想います。

(氷族の智者とやらが祭祀の間に白微皇后の后土の指輪を盗みに行くよう命じていましたね。まだ物語が把握できていないのが正直なところ・・・それにしても白雪鷺を演じるワン・チューランさん、あなたまた妬み僻みが激しい役のようですね、もう嫌いになるよその不貞腐れた不満顔!!他の役ないのかな?ww尚食でも孤城閉でもそうだったよ)

 

3話/動き始める運命の歯車

帝王谷に足を踏み入れた朱顔は雪鶯の舞衣を見つけると時影と再会します。天敵だと気付く重明から早く殺せと勧められる時影だが氷族の襲撃に気付き彼女を守りながら撃退します。

殺せとは私の事ではなかったんだと朱顔は安堵するが戦いに加勢しようとしたせいで舞衣が燃えてしまいます。

大司命が駆け付けたので時影は朱顔を隠し撃退したと告げるとよそ者がいると指摘されるが客が多いので気のせいだと思われます。氷族の目的は后土の指輪だと思われるが我々にも場所が分からないので内通者がいるはずだと大司命は疑います。

 

朱顔は空桑世子と目の前の青年が似ていると思うが他界していると装っている時影によって今現在の記憶を消されます。時影は帝王谷に侵入してきた白雪鷺を気絶させるが玉佩を目にして従妹だとます。

目覚めさせて母・白嫣のことを聞くと坤元宮に捕らわれていて面会できない状態だと知らされます。法術を使って近況を訪ねると蔑ろにされていることを知り母親を放っておけないと大司命に訴えるが自害したと聞かされ言葉を失います。

母親の遺書を読む時影は自分が殺したんだと乱心すると大司命は感情で天象を変えられるのかと衝撃を受けるが六部の腕利きが潜んでいるから存在を知られる前に感情を抑えろと落ち着かせます。

スポンサーリンク

 

大司命は廃されたが白嫣は正式に皇后に冊立されているから祭祀の対象として加えるのは妥当だと告げます。陛下に嫌われている者なんて供養される資格はないと青王たちに言われ時影はこぶしを握り締めると雷が鳴り響きます。

(自分の命が足かせとなると自害してしまった白嫣、残された子は復讐心を抱くに決まってますよね。白雪鷺を演じるワン・チューラン、やはりお前は白嫣が亡くなったのを利用してすぐに世子妃の座を狙う考えがよぎるとは・・・やはりそんな役ね。青王/青東方が氷族と内通しているらしい)

 

4話/災いの娘

時影に昨晩の記憶を消された朱顔だが再び帝王谷に足を踏み入れると重明と出会います。すると復讐心に燃える時影が乱心しているので正気に戻してくれと案内されます。

身を挺して正気に戻すと攻撃を受けた事で体が弱ってしまいます。時影は必死に看病するが彼女の額に琉璃花が現れ、必ず殺さねばならないと大司命に忠告された言葉を思い出し動揺します。

その娘は災いになると重明に訴えられるが赤族の法力が自分と干渉して起きた現象だと庇います。

 

朱顔は時影の霊力で復活し白嫣を弔うと、時影は本当にこの娘は災いとなるのかと戸惑います。朱顔の言葉で復讐心に駆られていた時影は雑念を捨て民のために生きるべきなのかと自問自答します。

朱顔が自分を想って毎年弔っていると知り、極悪人だと噂されるなか彼女は法術を学ぶ人が悪人のはずがないと信用してくれていたので感謝します。記憶を消した事がバレてしまったので存在と居場所を知られたくないのだと告げるが傷が癒えたら望みをかなえると約束したことを思い出します。

朱顔が誰にも話さない、望みは次に会った時に話すと言うので信用します。

朱顔は望星使になるのを白雪鶯が諦めるというので重明神鳥の羽で舞衣を飾れば負けないと励まします。

(法術で天下の民を守ることを誓う時影だが復讐は決意していいと思うぞww会話だけで推測するならば青妃だけに虐げられていた可能性もあるし・・・白雪鶯は弱々しいけど頑張って、白雪鷺なんかに負けないでほしい)

 

全43話あらすじ一覧

各話の詳しいネタバレは、

各話のリンクから飛んでください!!

1話~12話

1話2話3話4話(ページ内にジャンプします)

赤族郡主・朱顔は空桑の時影世子が亡くなったと知り自分が皇妃の怒りを買ったためだと涙する。濡れ衣を着せられた時影は大司命に助けられおり九嶷山で修業を積み重ねていたが舞衣を探しに侵入してきた朱顔と再会する。母親が自害し皆から蔑ろにされたと知る時影は復讐を誓うが朱顔の言葉で・・・

5話6話7話8話

大司命は計画通りなら心魔に捕らわれ復讐を決意していたはずなのに時影の復讐心が消えていたので誰が正気に戻したのかと困惑します。白雪鷺は白雪鶯と皇子が良い感じだったので栄誉を守るためと訴えるが朱顔の援護で時雨が名乗り出て計算が狂う。九嶷山での法術の修練のために参加する朱顔は少司命が時影だったので驚く、弟子選抜会に参加するが・・・

9話10話11話12話

時影の機転により混沌から脱出する朱顔。玉骨は最終的に白雪鷺が手にするが大司命が知勇を備える朱顔を落としてはならないと現れる。青罡は時影が世子だと知るが時影に助けられた事で青妃に世子ではなかったと報告する。仙術の理論を問う試験が迫るなか白雪鷺に騙された青罡と朱顔は薬を盛られて・・・

13話~

13話14話15話16話

朱顔は白雪鷺との一騎打ちに勝利し一番弟子となる。下山する青罡は努力を認める白雪鷺に声をかけるが彼女は母の位牌を白府に置くためにも出自の問題があっても出世したいのだと言う。

更新中