PR

「花が咲けば月を想い」全16話ネタバレあらすじ一覧&視聴私感を最終話まで

韓国ドラマ「花が咲けば月を想い」

「仮面の王 イ・ソン」のユ・スンホ&「九尾の狐とキケンな同居」イ・ヘリ共演、韓国青春ロマンス時代劇

両班の娘でありながら両親を亡くし貧しさから身を粉にして働くカン・ロソ、

科挙を受けるために漢陽へやって来たナム・ヨン、

禁酒令が10年も続いた時代に2人は運命的な出会いを果たす。密造酒を巡るそれぞれの立場、密造酒組織の存在、ロソの家が貧しくなった理由、宮廷内の陰謀、恋の行方など

韓国ドラマ「おすすめ作品」はこちら

 

全16話で紹介!!

スポンサーリンク

 

ネタバレ感想・花が咲けば月を想い

ナム・ヨン(ユ・スンホ)カン・ロソ(イ・ヘリ)イ・ピョ(ピョン・ウソク)ハン・エジン(カン・ミナ)シウム(チェ・ウォニョン)ヨン・ジョムン(チャン・グァン)など

 

1話・出会いと酒

10年も禁酒令が続いている時代、

両班の娘カン・ロソは両親を亡くしていたために日雇いバイトしながら負けん気の強い性格を生かし働きづめの生活をしていました。

科拳を受けるため小間使いのチュンゲを連れて漢陽にやって来た青年ナム・ヨンは、市場で襲われていたロソを助けるが男の髪の毛を掴んで引きちぎるほど気が強かったので驚きます。

 

科挙を4位で合格したヨンは御賜酒は頂けないと断ると都承旨シフムの進言もあり主席で合格となります。ロソは兄ヘスが科挙に合格するために借金を作ったと知りサンモクとやらを訪ねようとするが髪の毛を根こそぎ引っこ抜いた奴だったので隠れます。

暗号を盗み聞きして中に入ると潜り酒場だったが役人が突入してきたので売上金の一部を布に入れ逃げ出します。途中、何者(イ・ピョ世子)かに助けられ手引きを受けるが主席で合格して民から喝采を受けるヨンが世子に盗まれ倒れこんできたことで金を落としてしまいます。

ロソは家に帰ると借金取りによって家を荒されており頭を抱えます。亡き父に教わった酒造で儲けするしかないと準備を進めるなか王様は都承旨の進言を受け取り締まりを強化させます。

 

(めっちゃヘリ演じるロソが気が強い、輩の髪の毛を根こそぎ引っこ抜くとは恨みを買っているでしょうねww都承旨はやたら厳しく取り締まりをしようとするが世子が危険なのでは?親族よね?)

 

2話・移動酒場

ナム氏が俗世を離れて200年、主席で合格したヨンは一族から称えられるがお金の事情で間借りをする事にします。

ロソは酒造りで儲けようとしていたが部屋を貸すと兄に言われ急いで戻るとヨンだったので驚きます。

ヨンは司憲府の観察官に就任し世子に挨拶に向かうが馬泥棒だったので驚くと、むやみに口を開けば寿命を縮めると警告されます。軽々しい振る舞いをなさらずに礼節をわきまえるべきと告げた事で目を付けられます。

スポンサーリンク

 

ロソは見習い医女グムに話を持ち掛け酒を売り始めるが金がない人から取るのは心を痛めるので無料で渡してしまいます。

最大密酒造組織の頭シム・ホンは仕事を邪魔したり酒を売る者は一人残らず消せと命じます。酒を売った帰りロソはヨンが司憲府の役人キム・ソグォンに進められた酒を断って木に宙吊りにされているのを発見し助けます。

ヨンは酒を密酒造する者ではなく買う人でもなく売る人を5人捕まえろと難題を押し付けられます。酒を運んでいたロソは騒動に巻き込まれるが兵曹判書の娘ハン・エジンが簪を盗んだのを察し黙っているからと協力してもらい難を切り抜けるが、ヨンが取り締まりを行っていたので急いで逃げ出します。

 

ロソとグムは何かあったらすぐに逃げれるように移動販売を思い付き荷台を作ります。ぼろ儲けするロソは輩に因縁を付けられるが世子に助けられます。噂を耳にしたヨンは駆け付けると気を失う輩が転がっていました。

(運がよく、違う人をヨンは捕まえているけどロソだと気付くのも時間の問題ですね。その前に玉を落としていった世子が最初に疑われるかな?)

 

3話・4月8日

ヨンに捕まれてしまったロソは必死に逃走しなんとか逃げ切るが持っていた金をすべて落としてしまいます。

ヨンは落とし穴に落下してしまい悔しがるが偶然にも大量の酒が隠された氷室であり功績を上げることになります。

官吏の不正を正す観察がいつまで酒の取り締まりをするつもりだと都承旨に言われ、逃がした奴だけは捕まえたいのだと告げます。

ロソはこれ以上一緒に暮らせないと思い出て行ってくれと告げるがサンモクが押し掛けてくるとヨンが弓矢を渡してくれたことで追い払う結果となります。

 

ヨンは目撃情報による人相書きを頼むと世子そっくりだったために司憲府の役人によって処分されてしまいます。

王妃が懐妊すると側室で都承旨の妹である敬嬪が号泣し、世子の生母がなんたることだと重臣たちは呆れます。聖賢世子が逝去した時に敬嬪は住人を焼いて食べていたために毒を盛ったと噂されていました。

王妃様懐妊の宴にグムが駆り出されたため、ロソは妓楼の麒麟閣を取り仕切る妓生ウンシムに話を付け酒を売ればいいと思い付き接近するよう告げます。

 

(灯籠祭りの時にヨンは見覚えのある者を追いかけロソと世子と出くわしたのですか?なんだか分かりづらかったなぁ。酒の移動販売を行っていたのは自分だとロソは白状したが、ヨンからしたら世子が絡んでるので何も言えないでしょうねww兵曹判書の娘ハン・エジンはお忍びで祭りに来ていた世子の惚れた感じ?グムはウンシムに接近したいようだが密酒造組織のシム・ホンと繋がっているのだから命を差し出しに行っているようなもんだ)

 

4話・消えた痕跡

グムが捕らわれサンモクたちが押し掛けてくると世子を守る組織が急に現れます。ロソは危険なところをヨンに助けられ共に逃げ出します。

ヨンはロソが移動販売を行っていたと知り驚くが借金返済のためにやむを得なかったこと、そして名家の者たちは妓楼に通ってもお咎めない事で不公平さを感じ身を案じて彼女を捕まえることができません。

スポンサーリンク

 

ロソはグムと連絡が取れないのでヨンと共に薬房を訪ねるが世子によって撤去されていました。

そのころ、禁酒令に関わらず外で世子が酒を飲んでいると領議政は王様に報告します。左犠牲の孫に監視される日々を送ればいいと世子は王様に引っ叩かれるが都承旨は慎重さにかけるために必ずボロを出すからと監視を付けさせます。

グムを捜すヨンは麒麟閣で酒に酔う左犠牲の孫に出くわすと俺から状元を奪った田舎者かと言われます。ロソの言葉を思い出すヨンは挑発的な言葉を投げかけて暴力を振るってきたので逮捕して連行します。

 

ロソはグムを発見すると、どこかへ連れて行かれるがサンモクを監禁していたので驚きます。イ・ピョが堂々と訪ねてきたので世子だと知らないロソは観察官のヨンに間取りを課しているために捕まりたいのかと慌てて隠そうとします。

ヨンは世子を連れてその場を離れると証拠を消しサンモクを殺したのかと訴えます。

ロソとグムはサンモクをどうしようかと考え毒キノコで殺せば借金がチャラだと思うがダメダメと首を振ります。ヨンは上官たちの弾劾だけでなく世子を諫言すると王様に呼ばれ叱責を受けるが死を恐れずに諫言する者こそ必要だと世子侍講院の司書に任じられてしまいます。

(サンモクを殺せば楽になると頭をよぎってるロソには笑えるwwヨンも世子がはっきり言ってくれないからサンモクは口封じで殺されたと勘違いしていたではないかwwサンモクが生きていて驚くが逃げてしまいましたね。崖から転落しそうなところをロソが間に合ったがそうなるか?)

 

全16話あらすじ一覧

 

1話~4話

1話2話3話4話

両班の娘ロソは両親を失い必死に働いていたが兄が科挙で借金を抱えた事で禁止されている酒造を行い儲けて行くが主席で合格し自分の家で間借りして住むヨン観察官に・・/ロソは移動販売をするがバレてしまい借金返済のために頑張っているのに名家の者たちは妓楼で飲んでもお咎めなしなのは不公平だと訴えます。ヨンは世子を諫言するが逆に認められ世子を教育する役目を負うことになります。

5話~12話

5話6話7話8話

ロソは麒麟閣のウンシムと取引を決めるが他の密酒造組織の事件に巻き込まれるとヨンの危機を救うために初めて発砲する。ヨンはシム・ホンの腕の傷を目にして幼いころの記憶を思い出すがシムに捕らわれると密売をしていたロソに助けられる

9話10話11話12話

連行されたロソを助けに行く世子とヨン、そこに世子を守るために都承旨が現れる。シムが酒の密造をしていた証拠を突き止めるヨンは王様に報告するだけだったがシムに刺される。ヨンはロソの落とし物を届けてくれとエジンに頼まれるが木彫りの虎を目にし10年前自分を助け命を落とした男性がロソの父だと気付きます。

13話~16話(最終話)

13話14話15話16話

シム・ホンが都承旨に射抜かれ崖から転落してしまうがヨンは10年前にロソの父親を殺したのは申(さる)と呼ばれる者だと思い出し王様に報告します。ロソは王妃から父親の捜査日誌を受け取りロソは都承旨を疑う。ロソとヨンは捕らわれるが一時的に裏切った世子に逃がされ都承旨が経営する酒造組織を襲撃する。そして都承旨の悪事を暴くために・・・