花咲く合縁奇縁(最終話)ネタバレ鑑賞感想・27~30話あらすじを詳しく

作品概要・キャスト

結婚相手を間違えたカップル2組が運命の愛に出会う溺愛ラブコメ時代劇

小丸子は博打好きの父親・何一指と大道芸をしながら暮らしているが父親の借金のカタに青龍寨の小宝に嫁がされることになる。しかし如意楼へ連れて行かれるが梅世青に嫁ぐ輿入れの途中だった郡主・陸英瑤と間違えられて気付くと梅家で婚礼を挙げていた。一方、陸英瑤のほうは小宝が自分の結婚相手だと思いこんで青龍寨に連れ帰ってしまい・・・

スポンサーリンク

 

小丸子(リー・ゲンシー)梅世青/夜霊侠(ホアン・ジュンジエ)陸英瑤(スン・アンコー)阿柔(フー・ティエンウェン)司徒凛(ルイ・ウェイハン)南香(ダイ・ヤーチー)小宝(ディン・ジアウェン)巧雲(ファン・ウェイ)など

 

「花咲く合縁奇縁」全話あらすじ一覧はこちら

 

全30話で紹介

 

ネタバレ感想/花咲く合縁奇縁

 

27話・山寨の決戦

梅世青の母親の居場所を教えたのが何一指だと知った小丸子は結ばれない運命なんだと悟り父と一緒に梅府を去ることにします。

人里離れた場所で暮らそうと盛り上がる陸英瑤と小宝だが元気がない小丸子を目にし何一指から理由を聞きます。

小宝は1人酒を飲む梅世青を訪ね下手人を討てばいいじゃないかと告げるが杖を突いた者が誰か分からないと言われ南覇天だと気付き伝えます。

必ず復讐すると怒りをあらわにする梅世青に小宝は力になると告げます。

 

司徒凛に言われ危険を悟った南覇天は下山して兵馬を集めろと老五に命じます。梅世青たちは青龍寨と塩幇を潰すために作戦を練っていたが陸英瑤が連れ去られてしまったと小宝から聞かされます。

梅世青は梅長雲に派兵を願いに行くから小宝と共に青龍寨に向かってくれと梅司恒に命じ、小丸子と何一指を安全な場所に案内するよう阿柔にお願いします。

青龍寨にいる司徒凛は連行された女子を目にし皇族の佩玉を持っていたので本物の郡主だと見抜きます。

 

梅世青は南覇天こそが母親を殺した者だと告げるが朝廷からの命で雍州が危ないから総勢を率いて援軍に行かねばならないと梅長雲に言われます。

青龍寨の兵馬調達と梅府の出陣令が偶然の一致とは思えないが勅命には従わざる得ないので梅世青が如意楼の義士らと共に青州を守り抜くと誓います。

梅世青と小宝たちは青龍寨を襲撃するが母親を殺したことを認める南覇天の武力に歯が立ちません。小宝と梅世青は窮地に陥ると駆け付けた何一指が南覇天を羽交い絞めにし小丸子が梅世青を連れて逃げ出します。

(陳老癲が李天龍の名を叫んでいた意味が分からなかったが彼の指輪を司徒凛がしていたからなのね。最初、李天龍と南覇天が同一人物だと思っていたが違うようね。それにしても南覇天は小宝と梅世青が二人で攻撃しても勝てないほどだったの、笑。もうちょっと悪人キャラにしておいてほしかったよねw)

 

28話・奪回

梅世青を連れて逃げ出す小丸子だが南覇天に追いつかれ崖下へ投げ飛ばされてしまいます。

梅正史は「お前の母親と女を葬ってやった、もうすぐ二人に会わせてやる」ととどめを刺されそうになるが雍州で行ったはずの梅長雲が駆け付けます。

梅長雲は亡き妻の仇を討つため剣を抜いて戦い南覇天の杖をはじき飛ばすと梅世青がその杖を掴み佩魏から突き刺しました。

 

梅府で目を覚ました梅世青は崖下へ投げ飛ばされた小丸子は行方不明だと梅司恒に言われ必死に捜し回ります。小宝たちも集まるが司徒凛から脅迫状が届き小丸子が人質に取られている事を知ります。

要求通り梅世青は単身で乗り込むと貴様を殺して父・李天龍を供養すると司徒凛に言われます。

小丸子は隙を付いて梅世青のもとに駆け寄るが鎖で繋がれており爆破するように細工されていました。小丸子は梅世青を救うために司徒凛に駆け寄って掴みかかるが梅世青が鎖を斬り司徒凛の首に巻いて彼女を救いその場を離れます。

 

梅世青は小丸子を連れて梅府に戻ると負傷する何一指から娘は関係ないのだと言われます。諸坊の奴らに小丸子を人質に取られ夫人が留守の時に盗みに入るから居所を探るよう要求されたが殺人が目的だと当日に分かったのだと言います。

侵入すると少年が隠れていて声をあげそうになっていたので口を塞いだと言われ梅世青はそれは自分だと気付きます。居場所はどうせ知られていたと思う梅世青は命の恩人だと受け入れ小丸子に過去はすべて忘れ自分の側にいるよう告げます。

梅長雲は青州を平定した時に陛下に賜った甲冑を小宝に贈り、小宝と小丸子(陸英瑤)の来訪を祝して宴を開きます。

(司徒凛、出番が一つ多い、ひとつ前でお役御免で良かったのにと思いながら見ていたら梅世青のセリフから爆破してもまだ生きてるっぽいな。しつっこいなぁ・・・。梅府に復讐心があるのは分かったけど小丸子をどうしたいのさw)
スポンサーリンク

 

29話・郡主 帰京する

匪賊討伐の褒賞を受けることが決まった梅世青だが妻と共に参内を命じられてしまいます。

郡主を迎えに来るのは父・九王の腹心・劉執事だから誤魔化せないと巧雲に知らされた小丸子は動揺します。

本物の郡主・陸英瑤は小宝と旅に出ているため梅世青は小宝と陸英瑤を迎えに行くよう梅司恒と巧雲に頼み、劉執事を足止めするよう秋華に頼みます。

 

劉執事がやってきたため小丸子は病人のふりをして面紗を付けます。梅世青は長旅で疲れただろうからゆっくり休んで翌朝出発しようと時間を稼ぎます。

小宝は陸英瑤と共に旅を楽しんでいると南香によって食事に薬を混入されてしまうが箸を口に持ってきたところで巧雲から事情を聞かされ急いで青州に戻ります。

小丸子を連れて馬車で出発する梅世青は宿駅で休憩を取って時間稼ぎすると巧雲がやってきたため山林で入れ替わるよう陸英瑤に伝えさせます。

陸英瑤と小宝は先回りして待機するが南香に襲撃されてしまい、梅世青は劉執事に先を急ぐよう催促されたため仕方なく面紗を付ける小丸子を連れて行きます。

 

さすがに九王の目は誤魔化せず面紗を強引に取られてしまい激怒されるが陸英瑤がかけつけ説明します。

両家の婚姻を正式に終わらせて大罪を隠すしかないようだと告げられる陸英瑤は南香と遭遇したために約束場所に間に合わなかったと梅世青に告げます。

どうやって逃げてきたんだと小丸子は聞くと南香は足を滑らして崖下へ転落してしまい命を落としてしまったと聞かされます。

(南香はちょっとかわいそうね。華流ドラマでは崖から転落してもほとんどが生きてるパターンなのに最後適当に消された感じを受けてしまう。九王、悪そうな顔してますな・・・)
スポンサーリンク

 

最終話/30話・月のごとく円満なれ

陸英瑤は認めてもらおうと小宝を九王に会わせるが山賊だとして捕らわれてしまいます。

梅世青は福隆昌の董大満を捕らえるよう梅司恒に命じると小丸子の叫び声を耳にし駆け付けます。

連行するなら自分も連れて行けと訴えると小宝だけでなく陸英瑤も牢に入れられていました。

 

董大満を捕らえに行く梅司恒だが司徒凛によって殺害されていました。司徒凛は葬ったと報告しに六王を訪ね九王府にいる梅世青を今度こそ必ずあの世へ送ると進言します。

すると梅府は郡主を山賊に奪われ取り戻そうともせず偽物を用意したと陛下に報告すれば激怒し捕縛を命じるだろうからそれから動けばいいと六王は言います。

真相を初めて知った梅長雲は九王府にかけつけて謝罪すると当初の予定通り梅世青が陸英瑤を娶ればいいと言われます。

勅命に逆らえば両家一族は皆殺しだと言われ、梅長雲は小宝を自分の養子にすれば梅府に嫁いだことになると訴えます。

しかし山賊を養子にして娘を山賊に嫁がせるなど論外だと激怒されます。

 

梅世青と陸英瑤は互いに小丸子と小宝がいないと生きていけないと九王に訴えます。当初の予定通り結婚すれば二人の命を助けてやると言われ仕方なく二人は承諾します。

九王は密かに小丸子と小宝を殺そうと考えていたが、それを察知した陸英瑤と梅世青は牢に行き乳母の旧宅に隠れるよう告げ逃がすと包囲されてしまうが梅長雲によって逃がされます。

乳母の旧宅に一同は逃げ込むと兵を率いる六王と司徒凛がやってきます。

驚かないのかと聞かれる梅世青は驚くさまを見たかったのかと言い放ち、梅長雲を雍州に送り我々を都に呼び寄せこの場所にすぐにやってきたのだからずっと見張っていたのだろうと告げます。

 

六王は自分の腕を斬りつけ、刃向かった証拠だ、お前たちが何を知ろうがここで命を落とすことになると言い放ちます。

梅世青は塩の密売で密かに財を成し大きな謀しているようだなと告げると六王の顔つきが変わります。

「六王の狙いは王ではなく主になることだろう、董大満を消してすべて闇に葬れたと思っているのか」と笑みを浮かべます。

死に際に妻を都から逃がしてくれと頼まれた梅司恒は帳簿を発見し梅世青を通して梅長雲の手に渡っていました。梅長雲は両家だけでなく狙いは王座簒奪だと告げ九王と共に帳簿を手に陛下に報告していました。

後がない六王は攻撃命令を出すが返り討ちに遭うだけでなく梅長雲まで加勢しに駆け付けた事で簡単に捕らわれてしまいます。

 

謀反を阻止しただけでなく塩幇と青龍寨を滅ぼした功績により郡主が入れ替わった件に関して罪には問われませんでした。

しかも小丸子が郡主に封じられ梅世青に嫁ぎ小宝は青州副将に拝命し陸英瑤を娶るというかたちで合同結婚式が行われ一件落着となります、終。

(司徒凛がしつこいし六王って誰よw最後だけ出てきてワーワー喚かれもねw登場する人物の中に黒幕がいると思っているからおかげで聡明な梅長雲まで疑ってしまったではないかwまぁ~互いに幸せになれたようで良かったし小丸子と小宝は大出世ですねw)

 

 

華流ドラマ
スポンサーリンク
鑑賞感想