「花咲く合縁奇縁」全話ネタバレ鑑賞感想・あらすじ一覧を最終話まで

作品概要・キャスト

結婚相手を間違えたカップル2組が運命の愛に出会う溺愛ラブコメ時代劇

力自慢の小丸子は博打好きの父親・何一指と大道芸をしながら暮らしている。

ある日、暴走する馬車を見て力ずくで止めるが弾みで乗っていた貴公子・梅世青と事故チューしてしまい命を助けてあげたのに感謝もされず追い払われる

父親の借金のカタに青龍寨の小宝に嫁がされることになった小丸子は如意楼へ連れて行かれるが梅世青に嫁ぐ輿入れの途中だった郡主・陸英瑤と間違えられて気付くと梅家で婚礼を挙げていた。一方、陸英瑤のほうは小宝が自分の結婚相手だと思いこんで青龍寨に連れ帰ってしまい・・・

スポンサーリンク

 

小丸子(リー・ゲンシー)梅世青/夜霊侠(ホアン・ジュンジエ)陸英瑤(スン・アンコー)阿柔(フー・ティエンウェン)司徒凛(ルイ・ウェイハン)南香(ダイ・ヤーチー)小宝(ディン・ジアウェン)巧雲(ファン・ウェイ)など

 

華流ドラマ「オススメ10作品」はこちら

 

全30話で紹介

 

ネタバレ感想/花咲く合縁奇縁

 

1話・目が見えない新郎

塩幇の反乱による影響を受けるなか青州の民は四稜剣を手にする黒衣・夜霊侠に憧れていました。

数年前、将軍府が青州郊外に追い払った匪賊の残党は付近を通過する商人を悩ませていました。山賊と対等に渡り合えるのは梅家の三男・梅世青だけであり目つぶしによる粉をかけられても従者・梅司恒と共に青龍寨の小宝を退かせます。

小宝は寨主・南覇天に怒られるのを警戒し大げさに包帯をまいて誤魔化します。

 

博打好きの父・何一指と大道芸をしながら暮らす娘・小丸子は偉そうにする役人に浚われそうになったので持ち前の怪力を活かし放り投げます。

父親に逃げるぞと言われ走り出すと帰還する梅家と鉢合わせます。梅司恒が白昼から老人と女子を追いかけまわすとは何事だと叱咤してくれたおかげで役人は去っていくがいきなり梅世青を乗せた馬車が暴走します。

小丸子はおいかけて怪力で馬車を止めるが目の治療中で目隠しをする梅世青から失礼な態度を取られます。命の恩人に対する言葉かと訴えると追いかけてきた梅司恒から感謝され、これが普通の対応だと言い放つがいきなり馬が立ち上がった事で小丸子は前のめりになり梅世青と事故チューしてしまいます。

 

梅世青は娶りたくないので視力を失ったと梅司恒に報告させます。そして九王に状況を申し上げ婚姻を断ってほしいと梅長雲に願うが陛下から賜った婚姻だと叱責を受けます。

すると第二夫人はチャンスだとしゃしゃり出て息子である次男・梅世元に娶らせればどうかと横やりを入れます。しかし梅世元は妓楼や賭博に入り浸っているため梅長雲の怒りは増すばかりであり、長男・世明が生きていれば二人は用なしだったと言い放ちます。

梅世青は生きていれば権勢を得るための駒にしたはずだと言い放つと激怒されるが梅司恒が今日は梅夫人の命日だと訴え怒りを鎮めさせます。

そのころ、九王の娘・陸英瑤は青州は遠いし梅家の財力や軍中での権勢が魅力なんでしょと訴えていたが泣き落としは通用せず、諦めてくださいと侍女・巧雲に言われます。

 

梅世青は阿柔が女将を務める如意楼に行くと目隠しをしていたため拾われた恩があるのでそばでお世話しますと言われます。

目隠しを外し梅府に内通者がいるようなので捕らえるためだと真意を伝えます。李天龍の塩幇が滅びたあと塩の密売が途絶えていたが状況からして再開したようだと言います。

すると何やら賑やかな歓声が聞こえてきたので梅司恒と阿柔が様子を見に行くが大道芸を披露していて泥酔する小丸子と入れ違いとなってします。

小丸子は匂いにつられて部屋に入って行くと互いのあの時の者かと気付きます。追い出された小丸子は憧れの夜霊侠を見かけ叫びながら追いかけると彼女に気付いた夜霊侠こと梅世青は驚き、バランスを崩して落下してしまいます。

(コメディセンスある時代劇w悪役キャラであろう青龍寨もまるでコントですねw話の内容からして第二夫人の実子は次男一人で梅世青と亡くなった長男の実母が亡くなっている梅夫人のようですね)
スポンサーリンク

 

2話・取り違えられた花嫁

父・何一指のせいで青龍寨に捕まった小丸子は借金のかたに小宝に嫁げと強いられます。父が暴力を受けるので嫁いだら必ず解放させろと南覇天の手下・赤峰と約束し仕方なく婚姻を受け入れます。

 

梅世青に嫁ぐために輿に乗る陸英瑤は青州に入るのに誰も迎えに来ないの梅府に向かわずに如意楼に滞在します。

梅長雲と第二夫人は梅世青が迎えに行かないから怒らせたのではと動揺します。次男・梅世元が自分が行くと言い出したのでお前は黙っていろと叱咤し執事に行かせます。

如意楼の阿柔は郡主がいきなりやってきたので彼女の護衛・秋華に突然の起こしで準備が行き届かないが今入浴している者を帰せば誰もいないので安全だと告げます。

入浴していたのは無理やり連行されていた小丸子であり、花嫁衣裳に身を包み面紗をする小丸子は陸英瑤の侍女・巧雲に勘違いされ連れ出されます。

梅家に到着すると婚儀が執り行われ話の内容から自分は郡主と勘違いされたのだと気付きます。

 

陸英瑤は目を覚ますと何故か青龍寨にいて、南覇天の養子である小宝から「未来の嫁」と言われ困惑します。

梅家の執事が来たと知って逃げる時に小丸子と鉢合わせており彼女と間違えられたのだと気付きます。匪賊に嫁ぐなんて最悪だと思うが郡主と名乗っても聞く耳持たないだろうと思い泣き叫びます。

 

結局何も言えず婚儀を終え初夜を迎えてしまった小丸子は失明しているなら逃げるしかないと思うが新婦がうろつき回ると危ないと梅世青に言われます。

互いに望まない婚礼らしく表向きの夫婦でいようと言われ大賛成します。

一方、南覇天は婚礼前に連れて来るとは何やってんだと小宝を叱責するが陸英瑤を目にしあまりに奇麗なので目を奪われます。みんなして見惚れてしまうが南香(南覇天の娘で小宝に好意を持つ)の罵声により我に返ります。

(梅世青は母・梅夫人を殺した者を追っているようですね。そして如意楼の阿柔は密偵みたいな立場かな。ところで失明しているふりをしているだけだから偽物だと気付かないのかな?確かに馬車の事件と如意楼で会った時は目隠しをしていたけども・・)

 

全話あらすじ一覧

 

1話~2話

1話2話(ページ内にジャンプします)

大道芸をして暮らす小丸子は父の借金のかたにされ青龍寨の小宝に嫁がなければならなくなります。しかし如意楼で花嫁衣装に身を包むと梅家に嫁ぐ九王の娘・陸英瑤の侍女に人間違いされ気付くと梅世青の嫁となったしまう。一方、陸英瑤は気付くと青龍寨にいて郡主が何で匪賊に嫁がなければならないのかと泣き叫びます。

3話~14話

3話4話5話6話

陛下に賜った婚姻を拒めば君主を欺いた罪に問われてしまうので小丸子は郡主のフリを続けるよう巧雲と秋華に頼まれる。父親を捜す条件で受け入れると梅世青は目が見えるのではと疑うが素性を疑われている事に気付き逃げ出すと憧れの夜霊侠を見かけ・・

7話8話9話10話

小丸子は梅世青が目が見えることを暴き問い詰めるが逆に自分も白状する羽目になり互いの秘密を守り郡主を演じ続けろと命じられる。何一指は娘に青龍寨に行くが陸英瑤がいたので驚く。父と再会した小丸子は巧雲たちと陸英瑤を救出するための策戦を考え実行するが・・・

11話12話13話14話

小丸子は夜霊侠と梅世青が同一人物だと知り困惑する。陸英瑤と何一指は逃走する好機を得るが老五が小宝を陥れようとしてるのに気付き引き返す。青龍寨と結託し絹商人を襲った悪者にされた夜霊侠は・・・

15話~26話

15話16話17話18話

小宝は夜霊侠に扮したことから人助けする喜びを覚える。青龍寨を脱出するには地図が必要だと知る陸英瑤は小宝が好きな南香と仲良くなり南覇天に接近し杖を確認するが・・・/梅世青からいきなりキスされ告白された小丸子はますます困惑する。

19話20話21話22話

小丸子は賭坊の馬車に潜り込んで陸英瑤と再会するが父・何一指が捕らわれていると知り断念する。司徒凛が塩幇と関与していると気付くが小丸子は捕らわれ夜霊侠も正体を暴かれてしまう。陸英瑤は自分の代わりに毒に当たってしまった小宝を必死で看病し・・

23話24話25話26話

小宝は夜霊侠を始末して陸英瑤を娶ろうとしたが途中で考えが変わり梅世青と小丸子に協力を求める。小宝は陸英瑤と何一指を連れて青龍寨を抜け出し梅世青たちと合流すると何一指と小丸子が感動の再会を果たしていたので困惑し真実を陸英瑤から聞かされる。梅世青は母親の居場所を教えた密告者が何一指だと分かり・・・

27話~最終話(30話)

27話28話29話30話

青龍寨に襲撃をかける梅世青は危険なところを梅長雲に助けられ母親の敵を討つ。匪賊討伐の褒賞を受けることが決まった梅世青だが妻と山内せよ命じられ旅に出てた陸英瑤と小宝を急いで連れ戻すよう命じる。小丸子が面紗を付けて陸英瑤に扮するが九王にバレてしまい牢獄される。そして司徒凛を操る黒幕が姿を現し・・・