「ハングオーバー!!!最後の反省会」ネタバレあらすじ(感想・キャスト)

スポンサーリンク

 

作品情報・キャスト

爆笑コメディ「ハングオーバー」シリーズ第三弾の完結編。

奇行が目立っていたアランに対し義兄ダグは施設に入れなくてはダメだと判断しお馴染みの友人フィルとステュに協力を求める。

いろいろと関わる事になってしまった国際犯罪者チャウに金塊を奪われたマーシャルに捕まりダグを人質にとられ取り返せと脅される。アランとチャウがメル友だった事から再び騒動に巻き込まれることに・・・。

監督=トッド・フィリップス◆フィル(ブラッドリー・クーパー)アラン(ザック・ガリフィアナキス)ステュ(エド・ヘルムズ)ダグ(ジャスティン・バーサ)ミスター・チャウ(ケン・チョン)ジェイド(ヘザー・グレアム)マーシャル(ジョン・グッドマン)

 

ネタバレ・あらすじ

ハングオーバー!!!最後の反省会

奇行

バンコクの南60キロにあるクロンプレム刑務所に収監されていた国際犯罪者チャウが脱獄した頃、これまで騒動を起こし奇行がめだっていたアランが新聞沙汰になっていました。

パート1、  パート2、参照)

購入したキリンを連れて帰るため高速道路を利用していたが途中高さが足りずキリンの首がちょん切れて後ろの車に突き刺さり大事故となったのです。

高速道路は封鎖され世界中の動物愛護団体からバッシングを受け、尻拭いにいくらかかったのかとさすがの金持ちの父親も怒ります。

「42歳になってもニートで実家暮らし、おまえはもう小遣いなしだ!!」と言われアランはふて腐れ大音量のヘッドフォンを付けます。

しかし・・・アランの後ろでは父親が心臓発作で倒れ母親がアラン!と叫びながら心臓マッサージをしていました。

父親は帰らぬ人となってしまいます。

「パパとお別れになって悲しい。パパよりも先に亡くなっていい人はたくさんいる。例えばママとか。いつも姉よりかわいいとパパは言ってくれた、そして自分を変えるなとも。胸に誓うよパパ、僕は自分を変えない、絶対に」

義母も妻も精神崩壊寸前だと心配する義兄のタグは施設に入院させた方がいいと真剣に考え友人のフィルとステュに相談します。

ダグは友人だけでなく世話係や親戚の人にも集まってもらいどれだけおかしな行動をとってきたか説明します。ダグが施設まで送っていくと告げるとフィルとステュも友人だから一緒だと言いました。お気に入りのフィルも「一緒に施設に入る」と勘違いしたアランは涙を流し受け入れました。

 

説得

アリゾナにある施設に車で向かう一同だったがトラックに衝突されます。スピンして止まるとトラックから下りてきた数人の男たちに拘束され、よく見ると売人(黒い方のダグ、一作目参照)でした。

「何かしたか」と訴えるとボスのマーシャルが現われました。一作目でアランはエクスタシーを購入したが売人は間違ったヤクを渡してしまい「マーシャルに怒られる」と口にしていた事をステュは思い出します。

それが原因なのかと聞くとチャウがマーシャルの2100万ドルの金塊を盗んだと知らされます。

何にせよ無関係じゃないかと訴えるがアランとチャウはメル友であり「必ずチャウを見付けて三日以内に金塊を取り返せ」と脅されダグを人質に取られてしまいます。

またもやアランのせいでこうなるのか・・・。

チャウがメキシコのティアワナにいる事が分かり向かうが脱獄した上に世界中から目を付けられているので「誰の差し金だ」と激怒されます。

「友達だろ、会いたかっただけだよ」と咄嗟に誤魔化すと友達がいなかったチャウは喜びます。

早くダグを救わなければならないのでチャウが気持ちよく歌っている時にステュは彼の飲み物にヤクを注入しました。しかしその筋には詳しくチャウは匂いだけで見抜きステュの喉元にナイフを当てました。

フィルは正直に友人が人質に取られたから連れて来いとマーシャルに頼まれたんだと伝えました。

スポンサーリンク

 

金塊奪取へ

チャウは世界中に豪邸をいくつか持っていたが逮捕された時に競売に掛けられ人の手に渡っていました。

金塊は豪邸の中に隠してあり家主は気付いていないはずだと言います。日曜日は留守だと調べは付いており睡眠薬を混入したハンバーガーで2匹の番犬を眠らせます。

番犬は自由に家に入れるように首輪にはセンサーがついていたのでチャウはそれを外しステュと一緒に侵入し警報が鳴らないようにセキュリティーを切りました。

地下にあるワインセラーの壁をハンマーで破壊して流れ作業で金塊を運び出すがチャウは扉を閉め警報器を鳴らし車に金塊を積んで去ってしまいます。

残されたフィル、アラン、ステュは現地警察に逮捕されるが訴えが取り下げられて釈放となり迎えに来た車に乗せられると金塊があった豪邸に到着します。

そこには人質に取られたダグがいて驚くが家主はマーシャルでありチャウに騙された事を知ります。

更に金塊を盗まれたマーシャルは警備責任者だった売人を撃ちアランは怖くてお漏らししてしまいます。服を貸してくれることになりちゃんとサイズを伝えました。

「最後のチャンスだ、チャウを捜せ」

 

車の中に携帯を置きっぱにしていたので追跡アプリで確認するとチャウがベガスにいる事が分かります。

嫌な思い出があるので2度と来ないと誓ったベガスに到着するとチャウが高級クラブに行った事を突き止めるが電話してもいるかどうか教えてくれません。

前にラスベガスに来たときにステュが結婚したジェイドの家を訪ねると彼女は1年前に医者と結婚し身籠もっていました。ジェイドは「相手はまた医者よ」と笑います。

フィルが事情を話す間、アランはあの時一日だけ面倒見ていた赤ん坊タイラーが大きくなっていたので何故か嫉妬し「本当のパパは僕で名前はカルロスだ」と告げました。

ジェイドの知り合いが調べてくれたおかげでチャウがシーザーズ・パレスのスイートルームにいる事を突き止めたフィルはマーシャルに電話して伝えるが自分たちで捕まえて連れて来いと言われます。

ホテルに到着すると「楽しい日々を思い出すな」とアランが口にしたので「ふざけんな」とステュは怒ります。

ステュは車で待機しフィルとアランが屋上からスイートルームのバルコニーにジャンプして侵入し追い詰めるがチャウはパラシュートを使って飛び降りました。

フィルとアランは金塊をバッグに詰め、ステュはパラシュートを確認しながら車で追うとチャウは車の上に着陸しました。パラシュートで前が見えなくなり衝突した反動でチャウは吹っ飛びます。

ステュはトランクにチャウを押し込みホテルに戻りました。

 

結末

マーシャルと待ち合わせをしてステュ達は金塊を用意して待ちます。自分たちが関わってしまった金塊は取り返したが前にチャウが奪った金塊はバンコクで使い果たしていたのでありませんでした。

それでもトランクにチャウがいる事と金塊を取り返した事でマーシャルはダグを返してくれました。

「チャウはイカれた奴で話など通じない」とマーシャルは車に銃弾を何発も撃ち込み、連れてきたフィルたちはそこまでしなくてもと思います。

しかし、トランクを開けるとチャウはアランが開けてくれた後部座席に移動しておりサンルーフから出てきてマーシャルを撃ちました。

チャウはアランに助けられた事で今回は見逃してやると告げるが「君といると皆が酷い目に遭う、俺は生まれ変わるから君との友達も止める」をアランは言いました。

更生したアランはベガスで意気投合した楽器店店主キャシーと半年後に結婚しました。

感想

結果的に更生したが何がきっかけでしょうかね。

そしてアランは男が好きだったわけじゃないのかw今までのはなんだったのか。キャシーと意気投合した時にやっとモテ期がきたと喜んでいたので「あれ」と思ってしまった。

もっと続いて欲しかったが「ハングオーバー」は今回関係なかったしネタギレかな(エンディングで少しあったけど)。ダグだけはずっと真面目でしたね、とばっちりを受けて拉致されたり災難ではありましたが。

 

 

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました