「 光 」< ネタバレ あらすじ > 25年前、津波により罪は消え去ったはずだった…

 

 

~注意~

●これから邦画・洋画・ドラマをご覧になる方は、

内容・結末を知る事になりますのでご注意くださいませ!

 

 

 

 

光 [Blu-ray]

 

監督=大森立嗣

「まほろ駅前多田便利軒」「さよなら渓谷」など

原作=三浦しをん

「舟を編む」「まほろ駅前狂騒曲」など

 

黒川信之(井浦新)

輔(瑛太)

篠浦未喜(長谷川京子)

黒川南海子(橋本マナミ)

洋一(平田満)

 

< ネタバレ あらすじ >

               光 

 

スポンサーリンク
 

椿が美しく咲き誇る東京の小さな離島で暮らす中学生の黒川信之は父親から虐待を受ける小学生の輔から兄のように慕われていました。

ある日、恋人の美花が森林で見知らぬ男と体を重ねているのを目にし目が合った信之は「助けて」と彼女に言われ駆けつけて男を突き飛ばします。

「彼女が嫌がっているように見えたか?誘ったら付いてきたんだ」と訴えていたが美花が「あいつを殺して」と叫んだため信之は男を殴り殺してしまいました。

美花の足先が傷だらけだったので信之はしゃぶって手当てをしました。その後、地震による津波に島は襲われ信之の罪は消し去られました。

 

〜25年後、

市役所に務める信之は妻・南海子と娘・椿と平凡に暮らしていました。

育児疲れや夫に不満を抱えていた南海子は娘を幼稚園に送ったあと浮気相手の男が住むアパートに行き激しく抱かれます。

その男は信之と同じように彼女の足先をしゃぶりました。育児の悩みや団地生活の不満など男は普通に聞いてくれるので南海子にとっては一番気が休まる場所でした。

 

椿が変質者に連れて行かれ保護された知らせを受けた南海子は病院に駆けつけます。

心配する南海子に対し信之はいつも通り平然としていれば忘れるよ、死ねば満足するなら殺そうか?と言いました。

「復讐して欲しいから聞いてくるんじゃないのか?」

「私に言えない何かある」と言われた信之は「君にだってあるじゃないか」と返しました。

 

信之は妻の浮気相手から連絡をもらい工場に向かうと25年ぶりに輔と再会します。

輔は浮気している事を堂々と認め金を譲りに来たが「妻に言えよ、どっちみち俺が稼いだ金だ」と言い信之は相手にしないで去ります。

輔は南海子に会いに行くと「アパートに会いに行った日に娘が変質者にイタズラされた。だから会わない」と言われます。

輔は市役所に電話をかけ「今度は娘のために殺すのかな?美花の時と同じように…」と言いました。

仕事中、客が訪ねてきたので信之かと思い出て行くと10年ぶりに会う父親でした。小さい時から虐待を受けていた輔は脅え金を渡すとアパートに転がり込んできました。

「おまえ人をやっただろう?」

脅える輔は「やったのは信之だ、証拠の写真もある。それとミステリアス女優として活躍している篠浦未喜は美花だから金をせびるならそっちに行った方がいいよ」と訴えました。

 

信之は未喜=美花から連絡をもらい会いに行くと輔から写真が送られてきて金を要求されたと知らされます。

未喜は「私は輔からは買いたくない。私には信之しかいないの、お願いね」と200万差し出しました。

「私はあれから凍えて死んでしまいそう。何も感じられない」

「俺は幸せじゃない、ただ生きているだけなんだ」

未喜は「うまくいったら連絡して」と去ってしまいます。

 

未喜のためにも復讐しなければと思い込む信之は輔の家を訪ねると父親と喧嘩してイライラする輔がいました。

写真の現物はどこだと訴えると父親がどこかに隠してしまったから知らないと言われます。

「金は俺が払ってやるから早く写真を見つけろ。おまえの為に親父殺してやるよ」

美花のためならなんでもするのに自分が虐待されても何もしてくれなかった事にひがんでいた輔は「お前のために」と言われ喜び再び兄のように慕います。

 

輔は睡眠薬を酒に混ぜて父親を眠らせ写真を探します。

信之は家でテレビを見ているとパソコンをしていた南海子が「女優の黒川未喜って美浜島出身なんだって」と言いました。最近タバコの匂いするけど誰と会っているのと聞かれた信之は「お前の浮気相手だよ」と暴れたい衝動に駆られたが仕事の同僚だと答えました。

写真が見つからない輔は「死んだ方が楽になれる人生だってあるよな」と寝ている父親の首を締めるが手を離します。

 

信之は人に頼まないで自分でやればいい、やってみたら大した事じゃないと輔に告げ埋めれるように穴を掘って待ちます。

輔の父親は自然死と判断されたので信之は埋めるために掘ったのに必要なくなったなと伝えると輔は「俺の為にそこまで・・」と喜びます。

信之は証拠となる写真を回収し「お前ずっと虐待を受けて辛かったんだろう、何もしてやれなくてごめんな」と告げると「守護人である信之から抜け出せないだけだ」と涙を流しました。

信之は掘った場所に案内し未喜の不安材料である輔にスコップを振り落としました。

 

信之は家に帰らず未喜と身体を重ねる日々を続けます。

夫が帰らない日々が続きイライラした南海子は娘を引っ叩くようになってしまうがある日輔から郵便が届きます。

郵便には証拠となる写真のネガ、信之と未喜が島で罪を犯した事、そして郵便が届く頃には自分は死んでいると記されていました。

 

過去を秘密にする代わりに身体を求めに来ている……何かの見返りに身体を求めてくるそのへんの男と一緒だと酔った未喜に罵られます。

「君が殺してくれと言ったんだろう。あの時と同じように・・・・。だから俺に金を渡したんじゃないのか!!」

「私は何も頼んでない!金あげるから死んでくれない?」

ずっと言われるのを待っていた気がする信之はずっと気になっていた事を聞きます。

「25年前、俺と目が合う前に笑ってなかったか?」

「そう言えば満足する?。私はあの日から何も感じられないの」

美花への強い執着が断たれた信之が向かうところは自宅でした。「ただいま」と告げると椿が喜んで駆け寄り南海子は黙って受け入れました。

 

< 感想 >

ん~。信之が罪を忘れられないのは分かりますが美花に執着して生きて来た事があまり感じられなかったので未喜の存在も軽く感じられました。

それより輔を中心に描いた方が面白かった気がしますね。ずっと兄と慕っていた信之が美花のために罪を犯したのを目撃。自分も虐待を受け苦しんでいたので同じようにやってくれるだろうと期待したが津波で消え去ってしまった。

慕う人がいなくなった輔は長い年月を掛けて探し出し素直に会う事が出来なかったので南海子と不倫関係になり信之を脅迫する再会方法を選んでしまった。しかし今度は自分の為に罪を犯してくれるのだと知り再び兄と慕うようになったのです。

だけど、ずっと苦しんで生きてきたため最終的には自分を殺して欲しかったのだと気付く・・・そんな感じだったらどうでしょうか!

 

 

 

blog.netabare-arasuji.net