「秘密の扉」全話の<ネタバレ・あらすじ>を纏めました!~英祖が息子である思悼世子を米櫃に閉じ込め餓死させた悲劇・重要人物 

 

 

~注意~

●これから映画やドラマをご覧になる方は、

内容・結末を知る事になりますのでご注意くださいませ!

 

 

 

 

秘密の扉 DVD-BOXI+II 全巻DVD-BOX

 

第21第王・英祖は最も長生きし最も長く王座に就いた人物だが世子である息子イ・ソンを米櫃に閉じ込めて餓死させた事で有名。

この悲劇の事件を基に制作!

連判状が足かせとなり思い通りの政治が行なえない英祖と身分制度をなくし民にも希望を与えたいと夢見る世子が対立!!

 

スポンサーリンク
 

 

< 重要人物 >

 

◆イ・ソン (イ・ジェフン)

英祖の子。王位継承者の世子(思悼世子)第22代王・正祖(イ・サン)の父親。

少論派の重臣パク・ムンス(イ・ジョンウォン)と東宮殿のチェ尚宮(パク・ヒョンソク)に教育され育つ。

代理聴政の時に親友である画師フンボクが殺害され調査を開始した事で徐々に老論派や父親の影、そして連判状の存在を知ってしまう。

身分関係なく平等な世の中にする事が夢だが秩序を乱せば王室が危険だと考える英祖と対立してしまう。

 

◆英祖 (ハン・ソッキュ)

本名イ・グムは暗殺されそうになった時に老論派の最高権力者キム・テク(キム・チャンワン)に救われる。連判状にサインするよう脅され署名した事で異母兄である先代王・景宗が殺害され朝鮮王朝21第王となる。

最も長く王座に付き最も長く生きた王。

先王を殺した事を証明する連判状が未だに存在すると知り必死に捜索するが・・・

 

◆ソ・ジダム(少女時代キム・ユジョン)(ユン・ソヒ)

禁じられていた貸本業「書家貸本」を密かに営むソ・ギュンの娘。氷愛居士の名で書いていた推理小説を世子に気に入られ、またフンボク殺害の目撃者だった事で世子と出会う。

父親が処刑されてしまった後、逆族の子として追われるが世子に王宮で匿って貰う。

 

◆恵慶宮ホン氏 世子嬪 (パク・ウンビン)

イ・ソンの正室で22代王・正祖(イ・サン)の母親。

息子を守るため、王位に就かせるために世子の地位を守ろうとするが英祖と対立したことを警戒する。

父親は老論派ホン・ボンハン(キム・ミョングク)

 

◆チェ・ジェゴン (チェ・ウォニョン)

南人派。党派争いは無駄な血が流れるため否定派の考え。頭脳派で世子に忠誠心がある。英祖と世子の対立に挟まれ苦悩する。

 

◆ナ・チョルチュ (キム・ミンジョン)

剣契東方の頭。貸本業を営むソ・ギュンとの仲によりジダムを守る。

英祖では世の中何も変わらないと身分制度をなくし平等な世の中にしようとする世子の政治に期待しながら協力するが・・・

 

◆ミン・ウソプ (カン・ソジュン)

左捕盗丁の従事官だった時にフンボク事件を世子と共に調査するが老論派にもみ消され悪事を知る。

やがて父親である老論派ミン・ベクサン(オム・ヒョソプ)から世子の護衛をしながらスパイになるよう言われるが正義感強く世子に忠誠心を持つ。

 

◆ホン・ゲヒ(チャン・ヒョンソン)

捕盗大将だった時は世子から信頼を受けるほど優秀な武官だったが老論派の権力者によって兵曹判書に出世すると徐々に老論派に染まっていく。

 

◆昭媛ムン氏(イ・ソル)

英祖の側室。恵慶宮ホン氏に敵意を持ち老論派を味方に付け世継ぎを生んで王妃になろうと企てる。

 

 

< ネタバレ あらすじ > 

 

前編⇒(前編) 連判状の存在!!親友が殺害され捜査する世子は黒幕に近付いて行く

 

中編⇒(中編) 連判状に記された竹破の正体は? 世子の生かす政治とは?

 

後編⇒(後編)イ・サンの世孫冊封~世子の夢~老論派の罠~悲劇!!

 

 

 

blog.netabare-arasuji.net