「ホン・チョンギ」全話ネタバレ視聴感想・あらすじ一覧を最終話まで

作品概要・キャスト

キム・ユジョンとアン・ヒョソプ共演のファンタジーロマンス時代劇

魔王を肖像画に封印する儀式が行われ御真を描いた絵師の娘のホン・チョンギと封印式を進行した動士の息子であるハ・ラムが魔王の呪いをかけられて誕生。ホン・チョンギは生まれながら盲目で人間の生死を司る生命の神はハ・ラムをホン・チョンギの運命の相手と定める

~9年後、

ハ・ラムとホン・チョンギは運命的な出会いを果たし友となる。雨乞いの童子に選ばれたハ・ラムは視力と家族を失うが魔王の力の根源である目を託されたホン・チョンギは視力を回復する。

~19年後、

天才的な絵師ホン・チョンギと役所に従事しながら家族の復讐のため秘密組織で情報を集めるハ・ラムは再会し・・・

スポンサーリンク

 

ホン・チョンギ(キム・ユジョン/子役イ・ナムギョン)ハ・ラム/日月星(アン・ヒョソプ/子役チェ・スンフン)サムシン(ムン・スク)亮明大君イ・ユル(コンミョン)朱香大君イ・フ(クァク・シアン)ミス(チェ・グッキ)など

 

韓国ドラマ「おすすめ10作品」はこちら

 

全16話で紹介します。

 

ネタバレ感想/ホン・チョンギ

 

1話・赤い空

人間が天地の万物と調和を成し目に見えぬ存在と共存していた時代があった。

生命を授ける神、死をもたらす神、生と死の均衡を保つ神、3つの神を宿る三神がいたが死をもたらす神が均衡の神を食べてしまい生死の均衡が崩れました。

死神魔王が三神の体を離れ人間の欲望に潜むようになるなか、恋人を失った女性が一枚の絵を完成させました。命の神サムシンは彼女の願い通り絵に入り世を乱していた魔王は霊妙な絵に封印され、その後、彼女は姿を消しました。

 

タン王朝 成祖元年

先王の英祖は体に宿った魔王の力で天下を手に入れたが魔王の暴走に恐れ王位を息子に譲り肖像画に封印しようとします。

画師を命じられた図画署のウノは最後の仕上げを行い昭格殿ハ・ソンジンが儀式を執り行うが魔王が現れるとウノは呪いをかけられ正気を失います。

その頃、森林の中で出産された赤ん坊のチョンギは狼に包囲されるが命の神サムシンによって助けられます。

サムシンは封印式を手伝いに行き魔王を肖像画に封印するがチョンギの視力を奪われてしまったので運命の相手として別の場所で生まれたハ・ラムを授けます。

儀式が終わると星駐庁は昭格殿の一掃を謀り逃げるハ・ソンジンは追い詰められ崖から転落しました。

 

9年後、成祖9年

タン王朝は魔王の呪いで日照りと凶作に苦しみ国巫は雨乞いの童子を探すが雨が降らないのは王様のせいだと民たちは怒ります。

星駐庁の国巫ミスは水の井戸を言い当てた子ラムを目にし尾行するとハ・ソンジンが生きていたので驚き家を訪ねます。ご子息は水の気を持っているから儀式でお借りしたいと半ば強制的に連れ出すと目の不自由なチョンギを目にします。

ハ・ソンジンはチョンギの父ウノを目にして生きていたのかと驚き部屋に招くと互いの子は魔王封印式に生まれたと知り何か変わりはないかと聞きます。

 

国巫は成祖に雨乞いの童子が見付かったと報告すると人身御供などあってはならないと重臣たちは訴えるが雨が降るならと成祖は受け入れます。

儀式が行なわれるとウノに絶対に行ってはいけないと忠告されたハ・ソンジンは駆け付けて息子ラムを心配そうに見守るが、第2王子イ・フ(朱香)と第3王子イ・ユルは世子に挨拶した気晴らしに出掛けた場所で祖父の肖像画を発見します。

帰ろうと煩い弟を蹴っ飛ばしたイ・フは「王となる者は近くに寄れ」と魔王の声に導かれ封印を解いてしまいます。

魔王が飛び出すとラムとチョンギは別々の場所で池に落ちるが雨が降り出し王は喜びます。サムシンは犠牲になったラムがかわいそうだと思うが魔法が宿っているため視力を奪い、そしてこの世を救う運命の子チョンギに視力を与えます。

(何で魔王は封印を解いたイ・フではなくラムに宿ったのかねwイ・フは自分が王になるはずだったと言っているが世子がいるんだから無理よねw野心がありそうだ。視力を奪った事で魔王は何も出来ないということよね)

スポンサーリンク

 

2話・霊妙な画工

ハ・ソンジンは儀式中に池に落ちたラムが浮かび上がってきたので驚き駆け付けるが目が見ないと訴えられ困惑します。

王様は御容で火災が起こったと知り向かうと魔王の封印が解けている事に気付き絵を復元する画工を探せと命じます。一方、別の場所で池に落下していたチョンギは命の神サムシンによって視力が回復します。

人身供養をした国巫ミスは雨が降ったことで命は許されたが宮殿を追放されてしまいます。ラムの目を視力回復するために祈りを行なうハ・ソンジンだったが10年前の命は永遠に続くとして禁府都事キム・ゴンレに斬られ命を落とし妻も殺されてしまいます。

 

19年後 成祖28年

帛瑜画団の絵師チョンギは父親の薬代のために模作を描き、ラムは宮殿の書文観の主簿を務めていました。姿を現さない秘密組織・月星堂の当主・日月星でもあるラムは星占いで「東から貴人が現われる」と読み表装場に向かいます。

チョンギは模索品を月星堂に売ると襖の向こうに誰かがいる気がして近付くが止められ父親の薬を買いに行きます。

 

ミスはイ・フ(朱香大君)と結託し魔王を気を捜し続けているが見付からないでいました。世子が道中に刺客に襲われるなかイ・フは秘密組織・月星堂の噂を聞きつけ訪ねると護衛武士ムヨンが現われます。

当主は誰にも会わない、大君が来ることも予想されていたから待っていたと言われ掟通り文を渡すと「七日後、沁清閣にて」と書かれた文を渡されます。

父親が一向に良くならずおかしいと思っていたチョンギは薬が偽物だと分かり沁清閣で楽しむ詐欺師を箒で叩きのめすと近くで楽しんでいた楽しんでいたイ・ユル(亮明大君)は威勢のいい女だと笑います。

イ・フは日月星に会いに行き自分が世子に刺客を送ったことがバレていたので激怒するが「正体を探らぬと言う約束を忘れたか、時が来たらお目にかかります」と言われ再会を楽しみにします。

 

ラムは帰る時に箒で男を痛めつけるチョンギの「月星堂もグルなのか」という声を耳にします。聞き間違いかと思い調べさせるとチョン副当主が偽作を売っていたと知ります。

画工が手を引くというので稼ぎを騙し取り捕盗庁に捕えられたと知り月星堂を閉めて画工を調べるよう命じます。

チョンギは高額を払って釈放された副当主に追いかけられ必死に逃げる途中に輿を目にしたので匿って欲しいとお願いし勝手に入り込みます。ラムは驚くが彼女が画工なんだろうと察知し匿ってやります。

輿が揺れて彼女に顔を触れられるとラムは激しい頭痛が起こりチョンギを輿から下ろします。すると冬至の夜に目覚めた魔王は自分の目を追い始めます。

(まだまだ過去の話が出てきそうね。イ・フとの会話も何やら過去に約束していたらしいし・・。にしても父親はまだ先王の命という事で始末されるのは分かるが母親が殺されたのは何故なのかね。魔王は19年も眠っていたのに冬至の夜に出掛けたことがいけなかったようね)

 

全話あらすじ一覧

 

1話~2話

1話2話(ページ内にジャンプします)

魔王封印の儀式中に生まれたチョンギとラムを命の神サムシンは運命の相手とする。盲目のチョンギだったが9年後、雨乞いの童子にラムが選ばれると、ある事から封印を解かれた魔王がサムに宿ったのでサムシンは視力を奪いチョンギに預ける。19年後、絵師として活躍するチョンギと宮殿の書文観、そして秘密組織の当主を務めるラムはある事がきっかけで再会する

3話~10話

3話4話5話6話

仁王山の守護神ホリョンと命の神サムシンに助けられたチョンギは一人で下山すると魔王として行動していた記憶を失うラムが落下してきたので介抱する。亮明大君が梅竹軒画会を主催すると知ったチョンギはラムの協力を得て試験に挑みます。模作の画工だとバレていたチョンギは習得した技巧と才能で合格した絵は二次試験まで、3次試験では己を信じて筆を持つ事を願うと亮明大君に言われます。見事に優賞したチョンギの作品は競売に掛けられると・・・

7話8話9話10話

画会で優賞したチョンギは父が御容を描いたために病んだはずだと亮明大君に言われ考画院に行くことを決意する。すると特別任務を与えられ御容の復元を図画書の長ハン・ゴンから命じられる。チョンギは自分が画工に選ばれた理由を知りラムは自分の体内に魔王がいることを聞かされる

11話~

11話12話13話

魔王がラムの体に宿っていると確信した亮明大君は捕えると魔王を手に入れたい朱香大君は釈放させようとする。世子が病弱で床に伏せるなか王様を倒れた事で・・・

更新中