PR

「ホン・チョンギ」ネタバレ視聴感想・7~10話あらすじを詳しく紹介

作品概要・キャスト

キム・ユジョンとアン・ヒョソプ共演のファンタジーロマンス時代劇

魔王の封印儀式の途中に絵師の娘チョンギと封印式を進行した動士の息子ラムが魔王の呪いをかけられて誕生。チョンギが盲目だったので命の神サムシンはラムをチョンギの運命の相手と定める。9年後、ラムとホン・チョンギは運命的な出会いを果たし友となるが雨乞いの童子に選ばれたラムに魔王が宿ったためサムシンは視力を奪いチョンギに預ける。19年後、天才的な絵師チョンギと役所に従事しながら家族の復讐のため秘密組織で情報を集めるハ・ラムは再会する

スポンサーリンク

 

ホン・チョンギ(キム・ユジョン/子役イ・ナムギョン)ハ・ラム/日月星(アン・ヒョソプ/子役チェ・スンフン)サムシン(ムン・スク)亮明大君イ・ユル(コンミョン)朱香大君イ・フ(クァク・シアン)ミス(チェ・グッキ)など

 

韓国ドラマ「ホン・チョンギ」全話あらすじ一覧はこちら

全16話で紹介します。

 

ネタバレ感想/ホン・チョンギ

7話・再会

亮明大君イ・ユルが梅竹軒画会を終了すると告げると、いきなりチョンギの父ホン・ウノが現われ朱香大君イ・フに筆を投げ付けました。

チョンギは慌てて土下座して謝罪すると父親に代わって償うのかと聞かれ受け入れます。

手首を切り落とされそうになるがラムが絵の代金として渡すはずだった米300石を朱香大君に渡す事で何とかその場は収まり図画書の長ハン・ゴンも安堵します。

 

月星堂で捕えているチョンに会いにいく黒い仮面を付ける日月星(ラム)は銀を渡し二度とチョンギを苦しめるなと念を押します。

そして父親を殺した禁府都事を殺し着々と復讐を始めていきます。

チョンギ達の絵を目にする王様は世子が病気のため心が動揺していたが慰めになると評価すると亮明大君は実力だけで選ばれたので考画院に入れればいつでも絵を鑑賞できると進言します。

御容を復元させる霊妙な画工を捜していた王様はチョンギを考画院に入れるよう命じます。

朱香大君と手を組むミスはチョンギと画会で競い合ったシム・デユに黒秘術を使って駒として彼女の側に置きます。

 

父親の看病をするチョンギは父親をしっかり面倒みるから考画院に来いと亮明大君に言われます。そこまでしてもらうわけにはいかないと断るが父親が御容を描いたために病んだはずだと言われ驚きます。

一緒に真相を探ってみないかと誘われチョンギは決心し団主に考画院に行くことを伝え面倒を見てくれた事に感謝します。

チョンギは道に迷うとサムシンの手引きでラムの屋敷にたどり着きます。画会で父親を助けてくれたことに感謝を伝え、感情を押し殺して生きるのは何か理由があるのだと悟り守る事にすると告げます。

(実際にこの時代に皇族が身分の低い者に恋する事ってあったのかな?多分ないよね。王様は単純にチョンギに霊妙な絵を描かせ魔王を封印したいだけかな?そして魔王の目を授り見えているからチョンギはいずれ見えなくなってしまうのだろうか?・・・)
スポンサーリンク

 

8話・燃えた王の肖像

ラムの屋敷を後にしたチョンギは雨が降るなか歩いていると亮明大君が外套を広げ雨のしのいでくれます。

急に目の前に傘を持って現われたラムから「申し訳ありません、先約が」と告げ連れ去られると19年前の祈雨祭で急に視力を奪われたので会いに行けなかったのだと告げられます。

ものすごく会いたかったが今の自分ではそばに置くことは出来ないと言われ、チョンギは「自分を責めないで、あなたは悪くない」と昔ラムに言われた言葉を伝え慰めます。

 

王様は19年前に封印が解けた魔王を朱香大君が追っていることを知り世子に王位を継承するため封印式を早めるために御容の修復を急ぐよう命じます。

ミスはラムに魔王が宿っているか確かめるべきと朱香大君に進言するが彼の血液が必要だと告げます。

ラムがチョンギが置いて行った絵を渡されそうになるが霊力を感じとり封印式の日と何か関係があるのだろうかと頭をよぎります。

ラムは朱香大君に呼ばれ屋敷を訪ねると星駐庁の国巫だったミスから自己紹介され初めて聞く声ですねと返答するがお前かと19年前を思い出します。チョンギに会った時に記憶の一部を失うことに気付くが朱香大君が何かを探っていると気付くと魔王は?と聞かれ何者かと聞きます。

傷を付けられたラムは魔王とは何か探れと護衛武士ムヨンに命じます。

 

辛かったらすぐに戻ってくればいいと団主様に見送られるチョンギは考画院に入るとミスに操られるシム・デユもやってきます。

ハン・ゴンに呼ばれたチョンギは父ホン・ウノと共だったと言われ喜ぶが昼間は考画院の業務に就き夜は一緒に特別任務に就くと言われます。

御容への封印過程を臣下に知らせるなと勅命を受けたハン・ゴンは書文観での業務なら考画院の者に疑われないと亮明大君に告げるが御容復元を急いでいる理由は何だと聞かれ、分からないが王様はお体が弱っていると伝えます。

チョンギは父が書いた御容の復元を命じられると一瞬魔王を目にし倒れます。ハン・ゴンに絵を描く場所に案内されるとそこには亮明大君がいて驚くが忘れものを取りに戻ると付き添ってくれたラムが激しい頭痛に起こしたので外に連れ出します。

(チョンギは王子を味方に付けているのでいいよね。なんか時代背景が見覚えあると思ったが王様が世子に継承したあと兄弟二人で争い国が二分化してしまった朝鮮王朝第4代王の時代を基に描いてますよね・・・多分w)

 

9話・不滅の観相

激しい頭痛を引き起こしたラムの体内から魔王が飛び出します。

目の前で目撃した亮明大君イ・ユルとチョンギは驚くが魔王は自分の目を取り戻すためにチョンギに襲いかかります。

宮殿の守護神ホリョンが現れ魔王を攻撃して封印していた場所に戻したのでチョンギは助けられるが今起こったことが現実とは思えず怯えます。

 

ミスは魔王の気が途切れたので宮殿の中で何者かが魔王を制圧したのだと知ります。

亮明大君イ・ユルとチョンギは気を失っているラムを内医院に連れて行くと亮明大君は仁王山で失踪した日を思いだし関係性を疑います。

ラムに付き添うチョンギはラムが目を覚ましたら義禁府で調査するから口外しないようにと亮明大君に忠告されます。うとうとして眠ってしまうとサムシンがやってきて魔王がしばらく出てこないようにとラムの手にお守り(らしき物)を握らせます。

 

チョンギはどなたですかと声をかけると「見えるのか?魔眼だからか」とホリョンに言われます。「サムシンは怒るだろうが魔王と別れた方がいい」と言われるが勝手に入ってこないで出て行きなさいと訴えると何を一人で話しているんだと聞かれます。

亮明大君は19年前に火災が起こりラムが失明したことと関係があるのではと思い魔王について何か知っている事があれば教えて欲しいと王様を訪ねます。すると祖父が魔王の力を借りて謀反を起こし肖像画に魔王を封じたんだと言われます。

御容の復元は魔王を封じるためだが誰にも知られてはならないと念を押されます。その頃、チョンギはお父さんが描いた王の肖像画を描いているんだと告げるとホン・ウノは絶対に描くなと激しく乱心します。

(チョンギが必死にラムの名を呼んだときに魔王が躊躇していたから己の意思で封じこめるようになりそうだけどね。ましてやラムは慕っていると告白するぐらいだからね。魔王の話は漏らしてはいけないと王様に言われた亮明大君はあっさりチョンギにしゃべりましたねw)
スポンサーリンク

 

10話・御容画師

日月星として朱香大君イ・フに会うラムだが魔王が自分に封じられていると聞かされ仮面の奥で激しく動揺します。

またチョンギも魔王を封じ込める絵を描けるのはお前だけだと直接王様に言われ拝命するが復元したあと自分も父親みたいに精神を病むのかと恐れます。

守るから大丈夫だと告げられ何で自分にそこまで言い切れるのかと亮明大君イ・ユルに訴えると慕っているからだと言われ冗談は結構ですと動揺します。

チョンギを見送る亮明大君だが「縁がないから慕ってはいけない」と星駐庁の都巫女ウォルソンに言われます。雨乞いの日に魔王はラムに乗り移ったのだと聞かされ驚くが慕ってはいけないのはどうゆう事かと訴えると既に運命の人がいるんだと聞かされます。

「国を治める高貴な運命があるので今のうちに避けたほうがいい」

 

チョンギの絵だけを買う男が帛瑜画団に訪ねてくるとチェ・ウォノはカン・ユングクだと気付きご無事だったんですねと声をかけるがウノは封印式の日にファチャが乗り移った者だと恐れます。

チョンギは魔王を閉じ込めるために絵を書く事になったが不安なんだとラムに相談すると王様も魔王の事を知っているのかとラムは把握します。

その夜、魔王は飛び出すとチョンギが描いた掛け軸にはじき飛ばされるが目を取り返すためにチョンギのもとに向かい首を絞めます。しかしチョンギが身に付けている指輪によって跳ね返され再びラムのもとへ戻されます。

魔王を儀式によって誘き寄せていたミスだがファチャによってはね返されます。

 

目を覚ますラムはチョンギの部屋にいたので驚くが記憶がないので魔王として何かしたのだと気付きます。

しかしお互い夜着の姿だったので誤解されてしまうとそっと出て行くが皆に見られてしまいます。

魔王を封印するにはチョンギの絵が必要であるが絵を描いたものは失踪するか精神を病んでいるためラムは悩みます。

 

(これは何でしょうね、チョンギが描く絵や指輪、全ての物ではね返す事ができるのでしょうか。二人は運命で結ばれているのだから一緒にいれば大丈夫って事じゃないのかな。封印式でウノと一緒に描いていたカン・ユングクですね。誰かと思ったよwこのドラマは視聴者が分かっている事をラムやチョンギなど1人1人伝わっていくから同じ話をずっと繰り返し聞いている気分になるね)

11話からのネタバレ

 

 

 

韓国ドラマ
スポンサーリンク
鑑賞感想