「風起隴西」ネタバレ鑑賞感想・17話18話19話20話あらすじを紹介

作品概要・キャスト

馬伯庸の小説を映像化した三国時代の中国歴史サスペンス

西暦228年、諸葛亮は曹魏への北伐を開始するが失敗に終わる。蜀漢の諜報機関・司聞曹は蜀軍が偽情報で判断を誤り、偽情報を送ったのは曹魏に潜入している蜀漢の間諜・陳恭だと分析。対諜報部門・靖安司から真相を突き止めるよう命じられた荀詡は曹魏に潜入し、司聞曹の中に燭龍と呼ばれる曹魏の間諜が情報をすり替えたと分かる。また蜀漢の新兵器・連弩の設計図を盗み内乱を起こさせる青萍計画も実行するつもりだと知り荀詡と陳恭はともに燭龍を捜し出そうとする

スポンサーリンク

 

陳恭(チェン・クン)荀詡(バイ・ユー)馮膺(ニエ・ユエン)李厳(イン・ジューション)孫令(チャン・ユエン)柳瑩(アンジェラベイビー)翟悦(スン・イー)楊儀(ユー・ハオミン)黄預(チャン・シャオチェン)諸葛亮(リー・グアンジエ)郭淮(グオ・ジンフェイ)など

 

「風起隴西」全話あらすじ一覧はこちら

 

全24話で紹介

 

ネタバレ感想/風起隴西

 

17話・反間の計

紫煙閣で柳瑩と接触した陳恭は自分が本物の燭龍であると告げ、郭淮将軍は五仙道と高堂秉を犠牲にして我らを重要な位置へと導いたのだと言います。

李厳に近い柳瑩は精鋭5万と同等だがまだまだ足りないと告げると、こたびの失敗で馮膺は失脚すると言われます。

翟悦も必要な犠牲だったのかと聞かれ、李厳のそばにいる柳瑩に死なれたら累が及ぶので見逃すがその名を2度と出すなと忠告します。

 

陳恭の父親は李厳の影武者となって馬秦と戦ったが郭淮将軍に情報を流した馮膺のせいで資中県で戦死していました。

陳恭は次の標的は馮膺であり連弩の設計図を奪う計画はこれからだと柳瑩に告げます。

北伐の兵に関して丞相に任せるらしいと知った李厳は単独で参内せよと命じられ皇宮に向かいます。祈祷中の陛下を待っていると密命が届き先帝が崩御の際につけていた玉帯を授けられます。

玉帯を細かく調べると文を見つけ生姜と酢を染み込ませた筆でなぞると文字が浮かび上がります。

「諸葛孔明を武郷侯に任じ益州を任せ朝廷の決定権を与えた。しかし、いまだに天下は不穏で安心できぬ。専横を極め重大事案も上奏せず皇太后も罪を問いたがっている。張飛の娘を勝手に皇后に立て献帝に対する曹操より酷い行ない。曹丕の10倍の才があり朕に価値なくば諸葛亮が国を奪えと言ったがその言葉は先帝の疑念を表す」

 

(これは判断が難しい。郭淮将軍が馮膺の情報を欲しくて間諜だと見破った陳恭を騙している可能性もある。また陳恭は罠だと知りつつ従いながら探ってる可能性もある。もし本当に親の仇を打つつもりなら荀詡を裏切る事になるし翟悦をそのために犠牲にしたことになる。さすがにそれはなさそうなんだけど・・・どうでしょうね)
スポンサーリンク

 

18話・連環の計

陳恭と食事を摂る荀詡は高堂秉が単独で動くはずないと告げると朝廷は馮膺の監督不行き届きを許したそうだと言われます。

高堂秉は軍謀司に入って7.8年経ち知人は多岐にわたるから上は追求することを望まないと心配されます。燭龍の事案の謎を暴くことが人生の意義だと告げるが高堂秉が自害したと報告が入り急いで向かいます。

状況を見て自害ではないとすぐに気付くが自害で処理しろ、お前のためだと陳恭に言われます。

李厳のお陰で免責された馮膺は彼が柳瑩を囲えるよう豪華な別荘を用意すると喜んだ李厳から皇帝の密勅に従い諸葛亮を陥れる策を練るよう指示されます。

 

郭淮は五仙道の黄預を連れて郭剛を訪ねます。陳恭は仲間だと言われても黄預は五仙道を潰されたので根っこからの悪党だから信じてはいけないと訴えます。

郭淮は陳恭は自分の命で動いていたので陛下から褒美が与えられるはずと告げ漢中に戻ったら協力するよう指示します。

陳恭は李厳の屋敷を訪ね、高堂秉は消えたから正体が暴かれることはないが残念ながら荀詡は徹底的に追求しそうだと柳瑩に告げます。

その頃、馮膺は訪ねてきた楊儀に連弩を盗むのは目くらましで狙いは李厳を制圧することだったと話します。敵の裏をかくため計画の実行を阻まず李厳の腹心になったほどだと告げると、すべて分かっているが危険を冒すしかないのだと言われます。

陳恭に恨まれていることが気がかりだと告げると機会を設けて釈明すればいいと言われます。しかし自分の段取りより嗅ぎつけるのが早い荀詡が高堂秉の死への関与を暴いたらすべては水の泡だと告げます。

 

馮膺は李厳と陳恭に、こたびの北伐の戦術はかつて韓信が使った策を模倣しているので魏延が陽動作戦で隴西を攻める隙に丞相は主力を率いて陳倉を奇襲し、その後、陳倉を兵糧の拠点に長安を狙うはずと言います。

そこで一歩目に情報を曹魏に流して魏延の部隊を殲滅すると告げると、丞相の北伐の戦術は最高機密であり突き止められたら李厳は終わり、そして曹魏の上層部が我々からの情報を信じる保証はあるのかと陳恭に聞かれます。

馮膺は命の危険を感じながら郭淮と直接通じていると告げ、2歩目に呉軍に変装した李厳の腹心が関所を襲い呉と蜀の商道を断つと告げます。

(何回も言うが本当に話が難しいし混乱するね。そもそも郭淮が陳恭を騙していたらどうするんだと考えてしまう。だけど馮膺は心配事として楊儀に話してましたね・・・だけど何か誤解があるような気がする)

 

19話・釜底より薪を抽く

更新中

20話・魏を囲んで趙を救う

 

 

華流ドラマ
スポンサーリンク
鑑賞感想