「風起隴西」全話ネタバレ鑑賞感想・各話あらすじ一覧を最終話まで

作品概要・キャスト

馬伯庸の小説を映像化した三国時代の中国歴史サスペンス

西暦228年、諸葛亮は曹魏への北伐を開始するが失敗に終わる。

蜀漢の諜報機関・司聞曹は蜀軍が偽情報で判断を誤り、偽情報を送ったのは曹魏に潜入している蜀漢の間諜・陳恭だと分析。

対諜報部門・靖安司から真相を突き止めるよう命じられた荀詡は曹魏に潜入し、司聞曹の中に燭龍と呼ばれる曹魏の間諜が情報をすり替えたと分かる。

また蜀漢の新兵器・連弩の設計図を盗み内乱を起こさせる青萍計画も実行するつもりだと知り荀詡と陳恭はともに燭龍を捜し出そうとする

スポンサーリンク

 

陳恭(チェン・クン)荀詡(バイ・ユー)馮膺(ニエ・ユエン)李厳(イン・ジューション)孫令(チャン・ユエン)柳瑩(アンジェラベイビー)翟悦(スン・イー)楊儀(ユー・ハオミン)黄預(チャン・シャオチェン)諸葛亮(リー・グアンジエ)郭淮(グオ・ジンフェイ)など

 

華流ドラマ「おすすめ10作品」はこちら

 

全24話で紹介

 

ネタバレ感想/風起隴西

 

1話・梁を偸み柱を換う

曹魏・蜀漢・孫呉が覇権を争う三国時代。

蜀漢の皇帝・劉備玄徳が崩御したあと丞相の諸葛亮は兵馬を鍛えつつ侵攻の好機を待っていました。

西暦228年、諸葛亮は曹魏への北伐を開始しました。「張郃の郡は瓦亭道から蕭関へ」と情報が入り諸葛亮みずから軍を率いて瓦亭道で敵軍を待ち受けたが張郃は番須道を通り馬謖が守っていた街亭を失ってしまいます。

仕方なく全軍撤退を命じ第一次北伐は失敗に終わってしまいます。

 

天水を曹魏は奪還し陳恭はここを起点として隴西で大事を成せると郡守・郭剛に告げます。すると今回勝てたのは白帝に情報が漏れていたが曹魏の間諜・燭龍が情報をすり替えたからだと言われます。

馬謖を処刑した諸葛亮は知謀に長ける者だったので心を痛めると間諜・白帝からの情報に誤りがあったので司聞曹に大きな穴が生じていると長史・楊儀から告げられます。

諸葛亮は自ら責任を取るため降格処分を訴えるとここぞとばかり政敵である李厳が主張したこともあり右将軍に降格します。

 

楊儀から真相を調べろと命じられた馮膺は偽情報を送ったのは曹魏に潜入している蜀漢の間諜・白帝こと陳恭ではないかと疑い曹魏に侵入して真相を調べろと荀詡に命じます。

その頃、自分が偽りの情報を流したと判断されるだろうと覚悟していた陳恭は何とかして司聞曹に燭龍の存在を知らせねばと思います。

(どっちがどっちの人なのか頭混乱しますねw陳恭は相手の懐に完全に潜り込んでいるが郡守は白帝の可能性があると部下から進言されていましたね)

 

2話・火に趁んで打劫る

靖安司(他国の間諜に対処する部門)の荀詡は外勤となったので精鋭10人を手配してもらうが白帝は張郃の作戦を掴んだあとすぐに早馬を飛ばしていたが天水の間郡司・糜冲に暗殺されていた事を聞かされます。

死ぬ間際に楊儀に届けられていたが白帝は暗号文を使っており解読用の木版は馮曹掾が握っているため、もし白帝に問題がなければ怪しい人物は絞られます。

 

李厳は白帝が裏切ったようだと耳にし司聞曹を手に入れる好機と見て諸葛亮を弾刻しようと動きます。

侵入する荀詡は精鋭部隊に陳恭を捕えさせて穴に突き落とします。そして土を被せながら白状しろと告げていくが口を割らなかったので裏切り者ではないと確信し止めさせ姿を見せます。

従妹・翟悦の夫であるため身内を疑って悪かったが状況が許さなかったと告げると司聞曹には曹魏の間諜・燭龍が潜んでいると言われます。諸葛亮のもとに届いた後ですり替えられたはずと訴えられ困惑し、馮膺に渡された毒を塗った刀を見せ尋問せず始末しろと言われたことを正直に伝えます。

陳恭を殺さねば罰せられる可能性があるが真実が大事だと荀詡は思ったのです。

 

荀詡は白帝の暗号文を知るのは馮膺だけなのに燭龍はどう偽情報を作るんだと訴えると本人に尋ねるしかないと陳恭に言われます。

(冷静に振り返ると全然話が進んでませんねw糜冲だけが陳恭が白帝だと疑い目を光らせているのは分かったけど暗号が使われているのなら馮膺が怪しくなるけどそんなに分かりやすいわけないよね・・・)
スポンサーリンク

 

3話・金蝉殻を脱す

荀詡と陳恭は曹魏の間諜・燭龍の正体を突き止めよと動き出します。陳恭は数日前に燭龍が蜀漢の密偵に関する情報を送ってきたので天水郡主の役所で早馬の出入記録を調べます。

郡守・郭剛に何を調べているんだと声をかけられ、糜冲に疑われているから火事が起きた日に都督の役所にいた者を探っていると誤魔化します。

すると司聞曹が新しい密偵の荀詡を送ってきたようだと言われ、動揺しながら白帝を見付けてくれれば疑われずに済むと告げます。

蜀漢では司聞曹を統括することになった輔漢将軍・李厳が組織の粛正に乗り出し裏切り者をあぶり出そうとします。

 

陳恭は屋敷に戻り荀詡に存在がバレている事を告げます。陳恭の話を聞いた荀詡は彼が連絡係にしていた車馬行・谷正を疑い接触を試みるが糜冲も不審な動きをする谷正の動きを追っており見張っていれば誰かと接触するはずだと部下に命じていました。

荀詡は尾行をまいてやってきた谷正に洛陽から来た黒帝だと挨拶すると蜀漢の匂い袋の残り香がするから偽物だと短剣を突き付けられます。

さすがだと称え、自分は馮膺に派遣された荀詡で靖安司の副司尉だと告げ試して悪かったと謝罪します。白帝の情報は確かであり丞相に届く前にすり替えられたのだと訴え知っている事を聞き出そうとしたが間軍司がやってくるから逃げるよう林良が駆け込んで来ました。

もはや言い逃れは出来ないと責めるが国のために命を懸けてきたから侮辱されるより死を選ぶと自死されてしまいます。

 

(誰が誰だが難しいなw殺された密偵たちは陳恭の仲間で万が一のために荀詡のもとに行かせようとした人達よね。楊儀たちは丞相を守るために白帝はさっさと殺すべきと思っているようだ)

 

4話・笑いの裏に刀を蔵す

馮膺は孤忠将軍に呼ばれ足を運ぶと李厳に命じられ反徒白帝に対する措置を確認したいと言われます。

司聞曹は密偵を二人を遣わし一人は消されたが荀詡が事実を確かめたあと白帝を始末すると告げると姻戚関係があるのだから逃がすのではと言われます。毒を飲ませ任務が終了したら解毒剤を与えるのは古い掟だと告げます。

李厳は馮膺に監視を付けるため丞相に罷免され庶民に降格となった李邈を呼びます。

 

谷正は口封じされたと疑う糜冲は生け捕りにした蜀兵から何としてでも聞き出せと告げ引き続き陳恭を見張るよう命じます。

荀詡は谷正は赤帝という間諜とも接触したらしいと告げるが陳恭は他の任務には関与せず連絡係は自分だけのはずと言います。顔を合わせず矢文で連絡を取り合っていたようだと知り燭龍は司聞曹で高位にあり勝手に赤帝の名をでっちあげたのだと気付きます。

陳恭は郭剛を騙して蜀漢に連れて行き司聞曹で燭龍の存在を証言させるしかないと思い郭剛をハングライダーに誘うから降り立つ場所に待機するよう荀詡に告げます

 

蜀漢から連弩の設計図を盗む青萍計画を進める郭剛は陳恭と糜冲に敵地潜入の任務を与えます。陳恭は郭剛の命で堂々と蜀に入れるなら危険な懸けにでるより燭龍に会えるかも知れないと荀詡に告げます。

(結局作戦は変更する事になるが、そもそも初心者が簡単にハングライダーで崖から飛べるのですかねwそして荀詡は黙ってお留守番なのかな?w)

 

各話あらすじ一覧

 

1話~4話

1話2話3話4話(ページ内にジャンプします)

諸葛亮は曹魏への北伐を失敗。曹魏に潜入している蜀漢の間諜・陳恭が偽の情報を与え裏切ったのかと疑い靖安司の荀詡は真相を突き止めるため侵入すると陳恭は潔白だと知る。燭龍の正体を突き止めるために動き出すが・・・

5話~

5話6話7話8話

陳恭は陽平関で糜冲を始末することに成功する。司聞曹に戻った荀詡は馮膺には話さず李邈だけに曹魏の間諜・燭龍について報告するが会議の場で話を持ち出されてしまう。

更新中