スポンサーリンク

「 100日の郎君様 」ネタバレ・あらすじ・記憶を失った世子様(感想・キャスト)

韓国-歴史ドラマ

 

情報・キャスト

朝鮮王朝時代、仲が良くないのに世子嬪が身籠もった。父親である朝廷を牛耳るチャオンは隠すために世子を亡き者にしようと刺客を送る。

一命を取り留めた世子は村で目を覚ますが記憶をなくしており自分の名前はウォンドゥクで許嫁を紹介される。

お互い初恋相手とは気付かず夫婦として暮らし始めるが・・・。

 

世子/ウォンドゥク(ド・ギョンス/ディオ)ユン・イソ/ホンシム(ナム・ジヒョン)ジェユン(キム・ソノ)世子嬪(ハン・ソヒ)チャオン(チョ・ソンハ)ムヨン(キム・ジェヨン)

 

スポンサーリンク

ネタバレ あらすじ

 100日の郎君様

 

初恋

明るく活発な王族の少年イ・ユルは名家のお転婆娘ユン・イソと出会い大きくなったら結婚したいと告げます。

夜、イソにこっそり会いに行くと目の前で彼女の父親である内禁衛将ユン・プジョンが殺害されてしまいます。それはユルの父親イ・ホを国王に据えたい朝廷の重臣キム・チャオンたちがイソの父親を逆賊に仕立て上げた謀反でした。

イ・ホは妻を捨て国王を兄から奪う事を承諾していたため母親は廃位され宮殿からいなくなっただけでなく寺の前の谷底で亡き姿で発見されユルは泣き叫びます。

 

命を狙われる世子

16年後、父親が国王となり世継ぎである世子になっていたユルは孤独を抱え笑顔を見せない青年になっていたが幼馴染みでもあり護衛官のトンジュだけには心を開いていました。

またチャオンの娘キム・ソヘが世子嬪となっていたが世子は書を読んでばかりで同衾を拒んでいました。重臣たちから責められる世子は国中の独り者を調べ上げ1人残さず縁組みさせてくださいと命じました。

王妃パク氏は息子ソウォンを世子に据えようと手を打つが世子は薬に毒が盛られていると気付き内密に調査を始めていました。

橋の近くで初恋のイソの面影がある女性を見かけ急いで追うが見失ってしまいます。

イソは16年前に兄に連れられ逃げ出し生きていたがホンシムと名前を変え叔父ヨン家に引き取られ村に住んでいました。橋にやってきたのは生き別れた兄と会う約束をしていたからだったが兄と再会する事はありませんでした。

そんなホンシムは世子の命令のせいで適当な人と結婚させられそうになり「隣の村のウォンドゥクという人と結婚する約束があります」と咄嗟に言い訳しました。

 

世子は毒を盛られた事で医女を捜すが医女に矢が突き刺さります。

弓矢を贈り物に指定し宴を開くとソウォン大君が献上する矢は王妃が選んだものであるが医女の喉を射抜いた矢とは違うものでした。しかしチャオンが普段使っているものだと献上した矢はまさしく医女を始末した矢と同じ物でした。

黒幕はチャオン、しかし何故狙われているのか・・・・。

薬房日記を調べようとしたが事件を担当していた漢城府(都の行政を管轄する役所)ジェユンが持っていった事が分かり訪ねます。

計画的犯行だと考え調査しており医女が急遽当直になったときに世子嬪の寝所に入った事を知らされた世子は危険だと思いそれ以上調べるなと命じました。

そして世子嬪の医療記録を調べると1ヶ月に1度と決まっている脈診を続けて受けていない事が分かります。世子嬪を訪ね脈診させようとすると予想通り拒みました。

「手を握ったこともないのに身ごもるのか?そなたの一族は終わりだが縁があって結ばれたので猶予を与える。自分で選べ」

世子嬪は身ごもった事を父親チャオンに伝え毒を手に入れるようお願いするが世子が雨乞いに行くと分かり毒を捨てます。また世子の子ではないと聞かされたチャオンは一族を守るため決心して刺客を送ります。

 

記憶をなくす世子

雨乞いに向かう世子は奇襲を受け医女を射抜いた矢と同じだと気付くが追い詰められます。トンジュと着ている服を替えて逃走するが世子は矢を射抜かれて谷底に転落しトンジュも射抜かれて崖から川に転落しました。

王様は謀反であると激怒し、世子嬪は「必ず屍となってお戻りください」と願い、王妃は願ってはいたものの誰の仕業だろうかと思います。

スポンサーリンク

 

世子は意識が戻るとヨン家で治療を受けており命を助けられていたが記憶を失っていました。

そんな時、結婚していない事で役人にホンシムが連れて行かれたと知ったヨンは記憶をなくしている世子を連れて行き「彼がウォンドゥク」だと訴え解放させます。

身体は世子の歩き方が染みついているため偉そうに参上するウォンドゥク(世子)は「覚えていない女性とは結婚できない」と言い放ちます。

互いに初恋相手とは気付かないがホンシムは年寄りの囲いにはなりたくないと切り抜けるためウォンドゥクと結婚するしかないと決心するがやたら偉そうに上から話すため「性格悪そう」と愚痴ります。

自分が命じたのを忘れているウォンドゥクは「なぜ祝言を挙げねばならないのだ」と言い放ち偉そうに振る舞うが薪割りすらも下手くそでありホンシムは呆れます。王宮での高貴な暮らしが身についているため働くこともせず高利貸しにまで手を付け見窄らしい部屋を豪華にし借金を抱えます。

桜の木を植えたウォンドゥクは「どうやら私は頭を下げた事がないので高貴な身分のようだ。それに目覚めた時にウォンドゥクと呼ばれず名前を聞かれたことからウォンドゥクではない」と訴えます。

ホンシムは働きたくない言い訳だと思い「覚えていなくても約束は守ってよ、桜吹雪の夜に私をめとりたいと幼い頃言ったでしょ」と言うとウォンドゥクは約束したような気がしてきます。

ウォンドゥクは徐々にホンシムに惹かれていき、また学問を無償で教える事で村人たちからも信頼を得るようになります。

 

世子様が行方不明だと知ったジェユンは世子が自ら医女事件を調べていた事が気になり矢を調べるがチャオンの刺客ムヨン(ホンシム=イソの実兄)が証拠を消すため矢師を始末していました。

ジェユンは出頭してきた者は矢筈の扱い方が違うと見抜き黒幕を調べるためわざと放免するが十五夜なため兄を待つホンシムに会いに行きます。ジェユンは相貌失認だが何故か一月前に目撃したホンシムの顔だけは分かり恋をしていたのです。

世子の軍服を着た遺体を発見したチャオンは確認すると世子ではないと気付くがバレないように処理し「本物が生きているかもしれなから始末しろ」と刺客ムヨンに命じます。

ムヨンは村に出て調査を始めるが偶然にも妹ホンシム(イソ)と再会します。しかし妹を危険な目に遭わせられないと「今の勤めが終わればすぐに迎えに行く」と告げ去って行きます。

その頃、宮殿では世子付きのヤン内官が遺体と対面し泣き崩れるが爪を見て偽物だと気付きます。しかしそれをチャオンに話してしまったせいで脅されます。チャオンは謀反を起こしてから二度と手を汚さないと決めていたが世子嬪のせいで危うくなり「お前の父親は誰だ、始末したら必ず証拠を見せろ」と言い放ちます。

 

自分調査

ウォンドゥクはホンシムがならず者に拉致されたと知り助けに行きます。

ウォンドゥクは落ちていた木の棒で5人を叩きのめすと、ホンシムはただ者ではないと気付き叔父に詰め寄ると違う事を知ります。

もしかしたら身分の高い人なのでは。そう思うホンシムは嘘はつけないと真実を伝えに行くが世子をねらった矢が飛んできます。世子を捜すムヨンが放った矢だが妹ホンシムがいる事に気付き咄嗟にずらしたのです。

 

世子が雨乞いに向かうまえに密書を受け取っていたジェユンは謎を解こうとして世子嬪の居所に忍び込むが見付かり尋問を受けると王妃が呪いの札を貼った疑惑があることを知ります。

ジェユンは王妃の使いだと疑われたので札を見付けてあげるがそれでも疑われるので世子様に頼まれたからだと訴え密書なので何も教えられないと言い放ちます。

チャオンは自分の息子を後継ぎにさせるため王妃が呪いの札を貼った証拠を示し王妃の息子ソウォン大君を排除させるべきだと進言しました。王様はチャオンを呼び寄せこれ以上、妻や子を廃位させるのはしたくないと訴える玉璽を寄越せと要求されてしまいます。

 

ウォンドゥクが県監の不正を暴いて暗行御史に知らせた事で罷免された事が都まで伝わり王様は絹を送り労をねぎらうよう命じました。

県監としてやってきたジェユンは王様からの献上品をウォンドゥクに渡すが失顔症であるため世子だとは気付きません。

ムヨンは任務を果たしたと告げ世子嬪様に挨拶した後去ろうとするが刺客の矢に撃たれます。

 

ホンシムから真実を語られたウォンドゥクは自分は何者なのか都に行きます。復活したムヨンは「王宮で世子様にそっくりな人を見た」と言われ山奥で剣を持ち待ち構えるが「お前は私が何者なのか知っているのだな」とウォンドゥクに返り討ちにされます。

「生死が明らかになれば多くの命が失われるから知ろうとするな」

政変でホンシムの両親は消され兄と離れた事を知ったウォンドゥクは自分はこのままウォンドゥクとして愛するホンシムを支え生きていった方がよさそうだと思い村に戻ります。

こうして二人は互いに愛情を深めていき生活を共にする上で本物の愛へと変わっていく

 

王様の決意

チャオンは世子が生きている噂を聞きつけ調査すると記憶を失って村で普通に暮らしていると知ります。

直接確かめるために村に向かうが刺客におそわれます。王妃とソウォン大君を守るため、王様がチャオンを亡き者にしろと命じたのです。

失敗に終わったと知らされた王様は脅えるが初志を貫くためチャオンがいない間に重臣達を集めソウォン大君を世継ぎに決めたから冊封式を急ぐよう命じました。

その頃、ジェユンは噂を耳にしウォンドゥクの声と筆跡が世子様に似ていると気付きます。相貌失認で顔が分からないので知り合いの妓生に人相書きを頼み王宮に持って行くと「世子様じゃないか」と言われ確信します。

ジャユンは急いで戻るが・・・・

ウォンドゥクは気付くと何者かに囲まれていました。「何者か知らぬがどいてくれ」とウォンドゥクは訴えるがチャオンが現れ「王宮にお戻りください、世子様。世子嬪様が世子様の子を身ごもっています」と頭を下げられます。

またホンシムは一足早く村に到着した兄ムヨンに連れ去られ「あの男は諦めろ・・・あのお方は世子様だ。父上の命を奪ったチャオンの婿だ」と知らされ驚きます。

スポンサーリンク

 

真実

冊封式にチャオンは間に合い中断させます。王様は激怒するがそこに亡くなったと思われていた世子が戻ってきたため王様だけでなく重臣達は驚きます。

「父上、ご心配をおかけし申し訳ありません」

世子は王様に挨拶するものの記憶はありません。チャオンは「世子様を狙ったのは大君様を世継ぎにしようとした王妃の仕業です」と告げました。

世子嬪は子が生まれ冊封されるまで記憶が戻らない事を祈ります。

 

世子(ウォンドゥク)とホンシムは互いに想い悲しむ日々が続きます。

 

世子は雨乞いに行く前にジェユンに密書(「櫻」と「踵」)を渡しており「この謎を解けば誰が敵だか分かるはずです」と言われます。また2年前に明の使節ワンをもてなしており王位継承者として認められるが「貪欲な舅とその周囲の人物に気をつけてください」と忠告されます。

印書が新しいと分かり以前使っていた物を持ってこいと内官に命じ監視すると燃やして処分しようとしていたので止めます。

そこにはユン・イソとの想い出の品があり幼い時の記憶だけ想い出した世子は好きな花や言葉がホンシムそっくりだと気付きます。そして綺麗な櫻が見える橋に行くと兄を探しに来ていたホンシムがいて「イソよ」と声を掛けると「なぜその名前を・・・」と彼女は驚きます。

ずっと慕い続けていたから大事に持っていたと品を見せるとイソも「あの時のイ・ユルが世子」だと知ります。

「私はこれからもそなたの多くの日々を愛するだろう」。二人はキスを交わします。

一方、イソの兄ムヨンは世子嬪に会いに都に来ていたがチャオンに捕まり「世子嬪のお腹の子の夫を探して始末しろ」と命じられます。

 

長い間、自分に仕えていたヤン内官を訪ねるとショックでしゃべれなくなっていたが筆を持ち書き始めます。

「私は亡骸が世子様でないと進言したらチャオンに命を狙われたのです。日誌をお探しください」

日誌を書いていたのだと知るが思い出せません。

しかし密書の「踵」は四角の数で表書きに「杜口」とあったので秘密の書庫を出て6つ門をくぐる場所に行くと「櫻」の木で作った箱を発見し開けると日誌がありました。

「世子嬪とは不仲でお腹の子の夫は自分ではない。そして自分を消そうとしたのはチャオンだ」

 

結末・100日の郎君

世子は自分を狙った刺客を追うがイソの兄だと知り動揺します。妹を救うために仇相手に頭を下げるしか道はなかったと知り「証言すれば助けてやる」と伝えます。

しかし世子が狙われた理由は世子嬪が身籠もった事でありお腹の子はムヨンでした。

イソのために世子は「赦す」決意をし、ムヨンと世子嬪を密かに連れ出し遠くに行って2人で暮らすよう告げました。

2人は世子に感謝し旅立つが監視をつけていたチャオンは刺客と共に追いかけ娘の目の前でムヨンに剣を突き刺し始末しました。その頃、イソはチャオンの屋敷に侵入し親の仇をとろうとしたが留守であり2人を追って行った事を知って駆け付けると息絶える兄の姿を発見しました。

 

世子嬪からすべてを聞いた世子は母親を亡き者にしたのもチャオンだと王様から聞かされ赦そうとした自分に苛立ちます。

チャオンの屋敷に押しかけ「お前は今日で終わりだ」と告げるが記憶が戻った事を勘付いていたチャオンはイソを捕らえて人質に取っていました。

チャオンは女真族を攻めるよう明と話を付けており国境の村が犠牲になるので「戦地へ行って民を助けてください」と言いました。

罠だと分かりながらもイソのために世子は戦地に行くと「チャオンが待ち構えている」と矢文が届いたため弓部隊を待機させ返り討ちにする事ができました。

チャオンは息絶える前に王様に玉璽を押させ手に入れた紙に「命を持って償うのでその子らに罪は問わないことにする」と書いていました。

謀反の罪と聞かされた世子嬪は自害しました。

「両班に戻し、ユン・イソという名で暮らせ」

イソは自分や兄の存在が世子様を窮地に陥れ更に関係ない村人の命を奪ってしまったと責任を感じ去りました。

~1年後、いつまで経っても世子が独り身なので王様は王の座を譲ることにし「国中の独り身の者を縁組みさせろ、命に従わない者は両班でも世子でも罰を与える」と王命しました。

ジェユンから「王命に従い花嫁を捜すためソンジュヒョンに向かいます」と書簡が届き世子は急いで後を追います。

イソの考えは変わらなかったが世子は今まで書いていた日誌を読ませます。どれだけ悲しみ暮れていたかを知ったイソは自分の気持ちに正直になりました。

その時、屋根上から村人が櫻の花びらを巻き、2人はキスを交わしました(終)

 

 

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました