「イ・サン」ネタバレあらすじ③王妃が黒幕だと突き止めた王様の決断/英祖の最期

 

韓国歴史ドラマ「イ・サン」全話のネタバレあらすじ

苦境な立場から王になり父親の無念を晴らして民のための政治を行った尊敬される正祖の物語!

イ・サン(イ・ソジン)ソン・ソンヨン(ハン・ジミン)英祖(イ・スンジェ)ファワン(ソン・ヒョナ)チョン・フギョム(チョ・ヨヌ)貞純王妃(キム・ヨジン)孝懿王妃(パク・ウネ)パク・テス(イ・ジョンス)ホン・グギョン(ハン・サンジン)

前回のページでは、

「実の妹に父親は死に追いやられ自らも叔母に命を狙われていた事を知ったサンは代理摂政を命じられ商売の自由化改革を実施し専売商人と老論派の結託を示す証拠を掴もうとするが老論派に阻止されてしまう。そして命を狙われるが・・・」

までを詳しく紹介しました。

 

 

ネタバレ・あらすじ

儺礼戯の宴で発砲したテスは謀反の疑いで投獄されます。

サン(世孫)の命令で王様を狙った事に仕立てたい老論派だったがテスは連れて行かれた場所で目隠しを取ると英祖(王様)が目の前にいました。

テスは持平(官職者の違法行為を監督する司憲府の役職)のホン・グギョンから世孫暗殺計画を聞き花火が爆発する前に避難してほしくて撃ったと正直に話しました。

これまでにも世孫が命を狙われた事があると知った王様はテスを解放しグギョンを執義(官職者の違法行為を監督する司憲府の重職)に任じ事件の全容を明らかにするよう命じました。

 

王妃が黒幕

グギョンは信頼できる護衛官(ジャンボとソッキ)を使い首謀者キム・ギジュを拉致し監禁します。

権力を使って兵を動かし老論派の重臣等を監視させ、王様には朝廷の重臣のみならず王室の者であっても接見しないようお願いします。爆薬を用意した軍器寺の役人が老論派の圧力に耐えられなくなり自殺してしまいます。

しかし老論派の者にまだ知られていない事でグギョンは敵を揺さぶるためフギョムの屋敷に軍器寺の役人の名で「護衛官に追われているから助けて欲しい」と書簡を届けます。

読み通り役人を始末するためやってきた刺客を待機していた護衛官が捕らえるとフギョムの配下がいました。ファワンとフギョムの屋敷にある帳簿を押収し秘密文書がないか徹底的に調べます。

貞純王妃を守る術が見付からないフギョム(ファワン=英祖の娘の養子)は事件と無関係のため共倒れを防ぐために重臣等に王妃は見捨てるべきだと話します。

書簡が届き会いに行ったグギョンは黒幕はファワンとフギョムではなく2人を配下に置ける王妃しかいないと気付きます。

監禁しているキム・ギジュは頭に血が上りやすい性格なため目隠しをして王様の元へ連れて行きます。

「王妃様は最後の最後までお止めになり無実です」

暗殺計画を王妃は事前に知っていた事を知った王様は言葉を失います。

暗殺計画を企てたのは王妃であると宮中に知れ渡るが王様は火薬の量を誤った事故だと皆に伝え儺礼戯を台無しにした罪で礼曹判書と関係者を流刑処分にしました。

恵嬪(サンの母親)や嬪宮(サンの正室)は暗殺を企てた者を許した王様の決断に言葉を失います。

66歳の時に15歳だった王妃を迎え入れたが政務に明け暮れかまってあげる事が出来なかった。独り寂しい思いをさせてしまった事が原因だと王様は思い中宮殿の外へ出る事を禁じ生涯息を潜めて暮らすよう貞純に命じたのです。

 

愛しい存在

王様の肖像画を描く画師が緊張のあまり手が震え描けなくなったので付き添っていたソンヨンが変わりに担当しました。世孫を深く傷付けた事に心を痛めていた王様は才能を認めたソンヨンを寝所に呼び梅の花を描かせました。

王様が残酷な事実を黙認した事に傷付いたサンは護衛も付けずに宮中を抜け出し酒を浴びる日々が続きます。

一方、恩全君を王に据え水簾の政をもくろんでいた王妃が中宮殿から出られなくなった事でフギョムを王にさせる好機が訪れたとファワンは思います。

老論派の会合に王妃が姿を表すがファワンは失敗した者がすべての罪を被るのが掟だと追い返しました。

 

いつか再び世孫を狙うだろうと警戒するグギョンは老論派の実体を暴くため護衛官に連中の動向や周辺人物を監視させるがフギョムは清に行く使節団に志願し身を隠します。

また女官でもない図画署の茶母ごときが世孫の友人だと知った恵嬪は使節団に同行させ、そのまま残って清の芸府司で修行するようソンヨンに命じていました。

身体の弱い嬪宮には温泉治療が良いとされ温陽へ行くよう恵嬪から言われたサンは行啓に重臣たちを連れて行きます。

交易問題を解決し報復ではなく平等に人材を登用する政策はできないかと考えたサンはチェ・ソクチュ吏曹判書に直接訴えかけます。

老論派と専売商人の調査を取りやめる変わりに宮殿に戻った吏曹判書は政務会議で、国と民を救うためには一党派が権力を握る朝廷に南人(老論派と対立する党派)だけでなく婚外子も要職に登用し機会を与え世孫が行っていた商売の自由化改革を再び進めるべきだと述べました。

清から戻ったフギョムは吏曹判書が裏切ったとファワンから知らされます。

ソンヨンが清へ行ったことを知り心配するサンは様子を見に行くようテスにお願いするが政変があり芸府司に新しく就任した長官に追い出されソンヨンは10日前から行方不明だと知ります。

極寒の中、1人で帰ろうとしていたソンヨンは都で倒れていたところを発見され脈が弱く危険な状態だったがサンが医官を連れて駆け付け回復していきます。ソンヨンがいなくなってから心休まる事はなかったサンは自分の気持ちに気付きソンヨンは愛しい存在だと恵嬪に告げました。

スポンサーリンク

 

世子は無実だった

英祖王様が認知症だと気付き好機が訪れた貞純王妃は流刑に処された兄キム・ギジュを都に呼び寄せるよう進言すると覚えていない王様は都承旨を呼び通達を出しました。

キム・ギジュが戻ってきたことでフギョムやファワン、吏曹判書ふくめた老論派の重臣たちは驚き宮殿を出れるようになった王妃は権力を取り戻します。

グギョンから報告を受けたサンは、王室を侮辱した大罪人をなぜ赦免したのか訊ねると王様は何も覚えていなかった。王様は最近物忘れが激しいと自覚しており医官に脈診させ王妃に確認をとり認知症だと知ります。

王様の命令で政務報告会を開いたサンは長い間手入れをしていない思悼世子(サンの父親)の墓がある永祐園の補修について重臣たちと話し合います。

しかし命じた事を覚えていない王様は激怒し、罪人の子は罪人であり思悼世子を父親と呼ぶサンに世孫や王になる資格はないとして政務報告会から追い出し地位を剥奪する宣旨を出します。

 

14年前にサンは父親が書いた絵を王様に届けようとしていたが、ありふれた山水画に何か秘密が隠されているのではと気付きます。託されたソンヨンは三人の人物が指差してる先に描かれた亀の部分が剥がれる事に気付き、中には思悼世子の手紙が隠されていました。

東宮殿は兵が見張っていてサンに会えないソンヨンは直接王様に届けに行きました。

思悼世子は謀反の罪で米櫃に入れられ亡くなった、同志を集めていたのは事実だが、それは賛同者の連判状を手に入れるためだったのです。

王様に連判状を見せない事を条件に挙兵を断念させたが部屋から見付かった謀反の証拠と重臣の証言により罪を着せられたのです。

 

真実を知った王様に呼び出されたサンは王座を譲ると告げられます。必ず聖君になれ!と父親に言われていたサンは王様が譲位の準備を進める間に謀反を賛同した連判状を手に入れます。

山水画はサンが幼い頃に王様と父親と一緒に訪れた仁旺山であり亀の絵が描かれた場所に連判状が隠されていたのです。

王位を譲る事が広まるとサンと敵対するものが軍を動かす可能性があると読んだ王様は吏曹判書を呼び寄せ老論派が掌握する軍を都から遠ざけるよう命じるが老論派が掌握する軍は無派閥のシン・グォノ率いる禁衛営を除きすべての軍でした。

サンは敵の私兵が多く潜む龍虎営に用心するよう伝え総戎庁の兵を南へ移し守禦庁と御営庁の兵を都の外へ移動させるため王様の通達を届けるようグギョンと護衛官に命じました。

恵嬪、嬪宮に王になる事を告げた後、弘化門に禁衛営の兵を集め準備が整うが大事な時に王様が脳梗塞で倒れ意識不明に陥ります。朝廷が混乱する前にサンは重臣を集め王様の譲位のご意向を公表しようとするが王妃が姿を見せ、世孫から位を奪うという宣旨を持ってきて、これが最後の王命だと言います。

サンは王様のご意向と真の王命は、王様が目覚めれば分かると言い放ち政務報告会は王妃がいる場ではないため追い出します。

 

サンの味方は宮中にわずかしかいないため王妃は禁衛営を掌握し、かねてより味方についていた親衛隊長と供に東宮殿を包囲させます。

サンは王様のご意向を知っている親衛隊長に会いに行き、任務を放棄し挙兵すれば逆賊として語り継がれると話すと親衛部隊は禁衛営の兵を押さえました。

世子に忠誠心があるソ・インスに平壌兵営に援軍を要請するため書状を渡すよう頼みます。

しかし王妃の密書を受け取ったすべての軍が都に戻ると噂を聞いた新鋭部隊の一部が宮殿を出て行ってしまい、好機とばかり王妃はファワン、フギョム、そして兵を連れ一気に宮殿に攻め入りました。

絶体絶命の窮地に立たされたサンだが意識が戻った英祖大王が姿を見せます。

英祖は世孫に反旗を翻した者全員を捕らえファワンを自室に軟禁させ王妃を中宮殿に閉じ込めました。

処分を任されたサンだが王様が認知症だと広まれば名誉が傷つくと考えキム・ギジュや仕事を放棄した親衛隊などを流刑に処し他の重臣たちを改めて、せん議の場を設けるとし釈放しました。

逆賊を不問に付したと恵嬪から聞いた英祖は貞純を王妃の位から退け平民に降格する宣旨を下し中宮から嘉靖堂へ移しました。

王様は世孫を摂政とし、王位につくべく足場を固めるために役立つ密書を授けました。

世孫を窮地から救ったソンヨンは恵嬪から感謝されます。

またじきに王位につく者に世継ぎがいない事を心配する嬪宮はソンヨンを世孫に近付けさせます。

サンは思悼世子に関する記録の洗草(史書から記録を消すこと)を行いました。

この日を待っていた恵嬪は涙して喜び行事に参加した英祖は「必ず聖君になれ」と言った世子の願いを必ず叶えて欲しいと言いました。

王様は死ぬ時は民のそばで迎えると決めており宮殿を出て民と触れ合いました。

ソンヨンを呼び、燃やしてしまった思悼世子の肖像画を描かせ、お礼に母親である淑嬪崔(スクピンチェ)の形見を授けました。

思悼世子の肖像画を前に謝罪しながら英祖大王は息を引き取りました。

続きはこちら

 

 

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました