「 ダブル/フェイス 」< ネタバレ あらすじ >ドナー提供を受け念願の子供を授かった夫婦~雇ったベビーシッターが何かおかしい!!

 

ダブル/フェイス [DVD]

 

 

監督=ジョナサン・ベイカー

 

アンジェラ(ジーナ・ガーション)

ドナ(フェイ・ダナウェイ)

ブライアン(ニコラス・ケイジ)

ケイティ(ニッキー・ウィーランド)

リンダ(ナタリー・エヴァ・マリー)

 

< ネタバレ あらすじ >

     ダブル/フェイス

 

流産を経験し辛い想いを背負っている医師アンジェラはドナー提供を受けて一人娘コーラを授かり、同じ医師である夫ブライアンと共に幸せな家庭を築いています。

アンジェラは育児休暇を取りブライアンはいつものように早朝ランニングを済ませバイクで仕事に向かいます。

 

コーラを連れて公園に行くアンジェラは友達リンダから「気が合いそう」とシングルマザーのケイティを紹介されます。

ケイティは美人なのに写真を嫌う人でした。

コーラとケイティの娘マディはすぐにうち解け仲良くなりアンジェラは家に招待します。

ケイティが「恥ずかしい話だけど夫の暴力が原因で家を出たの」と話してくれたのでアンジェラは4回も流産したことを伝えます。

アンジェラとケイティも意気投合するがブライアンは母ドナから「ケイティは不気味」だと言われ気にするようになります。

 

アンジェラは5回目の流産をしてしまいます。

大家族を作るのが夢であったブライアンは「気にするな」と優しく抱きしめます。

週に3回だけ仕事復帰を決めたアンジェラはゲストハウスに引っ越して来たケイティにベビーシッターをお願いします。

 

スポンサーリンク
 

 

お金も仕事もないケイティは豪邸に住む生活を羨ましく思うようになります。

ケイティはブライアンが見ていると知りつつ裸になってプールで泳いだりアンジェラが帰ってくる時間にわざと音楽の音量を上げて仕事で知り合った女性と愛し合っている場面を見せ付けます。

「相手は女性よ、ブライアンかと思った? あなたを裏切らないわ」と笑いながら言いました。

アンジェラも「今度は音楽のボリューム下げてね」と笑うがケイティの相手がリンダだった事には気付きませんでした。

 

コーラと同じドナーの受精卵が1つ残っておりアンジェラはリンダに代理母をお願いします。

光栄な事だとリンダは受け入れるが、リンダから話を聞いたケイティは「ドナーは私なの、コーラは私の子なのよ」と言いました。

マディも提供して出来た子供であり取り返したのだと話すとリンダはコーラも奪うつもりなんだと気付きます。

ケイティはリンダを殴って気絶させ湖で溺死させると通りすがりの夫婦が死体を発見します。

 

アンジェラは流産した時やリンダが事故死した時によくしてくれたケイティに代理母を頼みました。

お腹が大きくなるケイティを見てドナは「出産したら追い出さないと子供が混乱してしまう。子供を渡すのを嫌がったらどうするの」と考えが浅いことを責めます。

まさかと思うアンジェラだったが、「コーラとマディは双子で私に似ている」と話していたり染色体異常の有無の検査の時には「"私の子供"が眠る子宮に針を刺すのか」と口にしたのを聞き疑うようになります。

 

検査の結果、母子ともに順調だと分かるがアンジェラはケイティが信用できない自分がいるとブライアンに相談します。

夜ご飯の時に新しいベビーシッターを雇うことを伝えるがケイティはあからさまに嫌な態度をとります。

完全にケイティを信用できなくなったアンジェラはリンダが代理母を頼まれたと知り妊娠するために殺したのだと面倒向かって言い放ちます。

しかしケイティのお腹に自分の子がいるためブライアンはアンジェラが薬を飲んでいると疑ってしまいます。

コーラの命にかけて薬は飲んでないと訴えるとブライアンは「尿のサンプルをくれ、そして事態を収めるためにケイティに謝るんだ」と言いました。

 

ブライアンがケイティを病院に連れて行ってる間にアンジェラはゲストハウスに入り彼女の私物を調べます。

ドナーがケイティなのではと疑い「ドナーから干渉を受けている可能性があり子供が危険だから匿名のポリシーがあることは承知しているが教えてください」と連絡します。

当然断られるがホームページに載ってるオフィスの絵は誰が描いたのか聞くと「ドナーだからお答えできません」と言われケイティだと確信します。

ゲストハウスでケイティがまったく同じ絵を描いていたからです。

 

アンジェラは長年お世話になっている主治医にDNA鑑定をお願いし帰宅しようとするがケイティが作ったジジュースを飲んだため車内で寝ています。

どれくらい時間が経ったか分からないアンジェラは帰宅するとサプライズでパーティーが準備されていました。

みんなが笑顔で出迎える中アンジェラは企画したのケイティでしょと言い当てます。

「毒を盛られた、ケイティに殺される」と訴えるが尿のサンプルにも毒を盛られていたのでブライアンから裏切られたと言われてしまいます。

 

アンジェラはナイフを突きつけ「あなたがドナーね、最初から調べて近付いてきたんでしょ」と言い放つとケイティは「私の子よ」と認めます。

ケイティは「あなたに育てさせるなら死ぬ」と言いナイフを持つアンジェラの手を掴んで自分のお腹に突き刺します。

ケイティは「ブライアン!!」と叫びアンジェラに襲われたから身を守るために刺したと思わせます。

病院で主治医からDNA鑑定の結果を知らされたブライアンは妻の言っていた事が正しかったのだと分かります。

帝王切開で子供は助かり、ブライアンは子供に会わせると言ってケイティを連れて行きます。

ケイティは自分の子だと喜ぶがブライアンは「見納めだからよく見とけ」と耳元で言います。

そしてブライアンは分娩室に入ると後からアンジェラも入ってきて我が子の誕生を喜び、窓ガラスの向こうで悔しがるケイティは警察に連れて行かれました。

ケイティはマディを連れ戻すために両親を殺害していたのです。

 

アンジェラとブライアンはコーラ、マディ、そして生まれたばかりの赤ちゃんと幸せに暮らし始めるのです。

 

 

blog.netabare-arasuji.net