へぇ~♪そうなんだ~♪

<ネタバレ・あらすじ>映画やドラマ、小説などのネタバレになります。

「命をつなぐバイオリン」<ネタバレ・あらすじ>本物の神童エリン・コレフが出演

 

 

~注意~

●これから邦画・洋画・ドラマをご覧になる方は、

内容・結末を知る事になりますのでご注意くださいませ!

 

 

 

 

命をつなぐバイオリン [DVD]

 

天才アブラーシャを演じたエリン・コレフは、

12歳でカーネギーホールで演奏した本物の神童で注目です。

ナチス・ドイツに侵略されたウクライナに住むユダヤ人!神童として注目されていた2人の子供は演奏を失敗すれば処刑される立場に追い詰められる。

実話ではありませんが時代背景は事実、まさに「命をつなぐバイオリン」です。

 

 

監督=アルトゥール・ストック

音楽=マーティン・ストック

 

◆アブラーシャ(エリン・コリフ)

◆ラリッサ(イーモゲン・ブレル)

◆ハンナ(マティルダ・アダミック)

◆マックス・ライヒ(カイ・ヴィージンガー)

◆ヘルガ・ライヒ(カテリーナ・フレミング)

◆イリーナ(グドルン・ランドグレーべ)

◆シュヴァルトゥ親衛隊大佐(コンスタンティン・ヴェッカー)

◆ベッカー親衛隊少佐(ジョン・フリードマン)

 

<ネタバレ・あらすじ>

 命をつなぐバイオリン

スポンサーリンク
 

ソ連の支配下であるウクライナ、ポルタヴァで2人の「神童」が注目されていた。

ユダヤ人のバイオリニスト少年、アブラーシャとピアニスト少女、ラリッサである。

二人の演奏を聴いたバイオリンの才能に恵まれているドイツ人少女ハンナは二人の先生であるイリーナに習いたいと両親に頼みこむ母親からユダヤ人とは仲良くしてはいけないと言われます。

しかしビール工場を営む父親が娘のために手を回し会わせてあげるとハンナはアブラーシャとラリッサと友情を深めていくことになります。

 

アブラーシャとラリッサの演奏は共産党の宣伝に利用されるようになるがアメリカ、カーネギーホールでの演奏が決まり家族は喜びます。

しかし、ドイツの不可侵条約の破棄でソ連に戦争をしかけてきたためソ連に来ていたハンナ家族は危険な目に遭います。

ハンナ家族はアブラーシャとラリッサ家族に助けられるがドイツ軍が支配すると立場が逆転しユダヤ人が狙われる事になってしまいました。

そんな中でも先住民の戦士が持っていた石をお守りにして三人は兄妹となる事を誓います。

 

50歳以上のユダヤ人が集められ収容所へ強制的に送られようとしていました。

その中には二人の祖父母もいました。

ハンナの父親が元オリンピック選手でビールを生産していたことからドイツ軍に優遇されていたため二人を救うよう頼むが助けられたのはイリーナ先生だけでした。

 

ヒムラー長官の祝賀会でハンナが演奏することになっていたがアブラーシャとラリッサの家族が強制的に連れて行かれたことやイリーナが目の前で殺された事で精神的にやられて話せなくなってしまいました。

そのためハンナの変わりにアブラーシャとラリッサが演奏を命じられました。

しかし、二人の神童が完璧な演奏をすれば文化的な理由で命は助けるが失敗すれば他の子供達や両親とおなじように処刑するとハンナの父親は大佐から聞かされます。

 

ウクライナ、ポルタヴァにいた200人の子供達と同じようにピアノの演奏を失敗してしまったラリッサは処刑されてしまいます。

アブラーシャは完璧な演奏をした事で処刑はされなかったが収容所へ送られハンナ家族と離れてしまいました。

 

~数十年後~

 

バイオリン演奏者となっていたハンナに古い知人と名乗る者から楽譜が届けられます。

その楽譜は兄妹になる事を誓った日に三人で作曲したものでした。

ハンナはアブラーシャと再会し兄妹になると誓った場所でラリッサと犠牲者たちを偲んだ(終)