PR

「宮廷の諍い女」9話10話11話12話ネタバレあらすじを感想を交え紹介

中国時代劇「宮廷の諍い女」作品概要

スン・リー主演、雍正帝が皇位に就いた後に後宮入りする甄嬛が権力を手に入れて行く姿を描いた作品!!

最優秀作品賞にあたる十佳電視劇第一名のほか、最多7部門での最優秀賞を受賞し2012年度最高のドラマと評価された!

 

あらすじ

愛新覚羅・胤禛が康熙帝の後を継ぎ、清の第5代皇帝・雍正帝の時代の幕開け!!皇帝の寵愛を巡る側室たちの激しく哀しい諍いの始まりでもあり、皇后と華妃が勢力を二分する後宮に甄嬛が側室として宮廷入りする。嫉妬と陰険な陰謀が渦巻き、華妃とその手下の側室が仕掛けてくる冷酷な罠を打ち倒していくが諍いで心も疲れ切った甄嬛は宮廷を後にする。しかし、外の世界で皇帝の弟・果郡王との安らぎの時間を過ごす中、不幸に陥れる真の敵の影が忍び寄びより再び後宮に戻ることに・・・

スポンサーリンク

 

キャスト/スン・リー主演

甄嬛(スン・リー)
莞常在→莞貴人→莞嬪→莞妃(未正式受封)→莞嬪→廃妃→莫愁(出家法号)→熹妃→熹貴妃→副皇后→聖母皇太后
沈眉荘(ラン・シー)
沈貴人→恵貴人→沈答応→恵貴人→恵嬪→恵妃→恵儀貴妃(追封)
安陵容(タオ・シンラン)
安答応→安常在→安貴人→安嬪→鸝妃→監禁の後、自害
果郡王/愛新覚羅允礼(リー・トンシュエ)
果郡王→果親王。先帝に最も寵愛された舒太妃の子で甄嬛を一途に愛する皇子
温実初(チャン・シャオロン)
甄嬛を一途に愛する侍医
華妃(ジャン・シン)
華妃→年嬪(未貶成)→華妃→華貴妃→年妃(貴妃から降格、一時封号剥奪)→華妃→年答応→冷宮送りの後死罪→敦粛貴妃(追封)→敦粛皇貴妃(再追封)
雍正帝/愛新覚羅胤禛(チェン・ジェンビン)
早逝した純元皇后を深く愛し不義には厳しく厳罰も辞さない
皇后/烏拉那拉宜修(エイダ・チョイ)
皇后→事実上の離別を言い渡された後、終生景仁宮に監禁→死去

 

ネタバレ感想

 

「宮廷の諍い女」全76話あらすじ一覧

 

9話/四郞と嬛嬛

甄嬛は寵愛を得ても友情は今までと変わらないから疎まないでほしいと幼馴染の沈眉荘に胸の内を話します。

寵愛を独占し側室たちから嫉妬を買ってしまう甄嬛は後宮の混乱は政務に影響するから妃嬪を冷遇しないよう雍正帝に頼みます。しかし陛下が夜伽に斉妃を選ぶとお願いしときながらお越しにならないならどれはどれで気が滅入ります。

自分の気持ちを落ち着かせるために琴を奏でると斉妃のもとを訪ねていたはずの雍正帝がやって来たので驚きます。

 

後宮の管理を許される沈眉荘だが華妃に呼ばれ翊坤宮を訪ねると薄暗い中で帳簿を写すよう命じられます。明らかな嫌がらせを受けたので気晴らしに翊坤宮にほど近い千鯉池を散歩して帰ろうとしたが背後から密かに近付く周寧海に突き落とされてしまいます。

甄嬛は雍正帝とともに駆け付けると一命は取り留めるが精神が不安定だと太監に言われます。突き落とされる直前に侍女が華妃に呼ばれたことを知る甄嬛は白々しく華妃が心配する素振りでやってきたので、翊坤宮の侍衛を総入れ替えするべきだと雍正帝に訴えます。

甄嬛は自分の一派だから狙われたんだろうと謝罪すると陛下のために受け流し続けてきたが借りはいずれゆっくり返すと沈眉荘は復讐を誓います。

(華妃、ださいなww嫌がらせをして侍衛を総入れ替えさせられて・・・まぁ自業自得ですな。斉妃、身分は高いのになんか下っ端のような雰囲気をお持ちですね)

 

10話/成りすましの末路

甄嬛は起きたばっかりなのに眠気に襲われ五日間も続くので侍医・温実初を呼ぶよう指示します。成分は増やされていたので何者かの仕業のようだと言われるが薬は碎玉軒で煎じられていたので眠気に襲われる芝居を続けます。

しかし、崔槿汐から通り抜けられる穴が発見されたと聞き犯人は自分の配下とはかぎらないのかと不安が押し寄せます。

甄嬛は次に運ばれてきた薬を吐き出すと跪く侍女たちに謝罪されるが崔槿汐は蓋の色が変色していた事で薬水に長く煮ているんだと気付きます。

 

甄嬛は新入りの花穂が管理していたと知り小允子に調べさせると余鶯児の元宮女だと知ります。追求すると余鶯児の命で一日ごとに穴に入れられている薬を混入していたと知り崔槿汐が代わりに受け取りに行き、合図があったら捕まえるために小允子は屋根の上で待機します。

薬を持ってきた太監を捕らえると余鶯児に命じられたと言われるが康禄海と一緒に麗嬪に仕えていたはずだと訴えます。

二人が戻らないと報告を受けた華妃は役立たずだと思うが命が危うくなれば余鶯児は裏切るかもしれないと思います。

しかし、甄嬛はこのままでは安心して眠れないと思い君主を欺くのは死罪であるため大晦日の夜に倚梅園で願掛けしたことをそれとなく雍正帝に伝えます。

スポンサーリンク

雍正帝は余鶯児が嘘をついていたと知り自害を命じます。安陵容は陛下に会えるまで自害はしないと余鶯児が駄々こねていると知り令宮とはどんなところか見たくなり足を運びます。指示通り首を絞めて解決したと報告を受けた甄嬛は驚くと安陵容を使わせたのではないのですかと聞かれます。

(弱々しい安陵容なのにどうしたんだ?自分も役に立てると思ったらしいがちょっとずれてるし、雍正帝から命が下った後なので誰でもできたようなことなのよねww。三姉妹同盟は大丈夫かしら・・・)

 

11話/亡霊騒動

甄嬛は宮女上がりの余鶯児が手の込んだ方法を思い付くとは思えないと不安を口にすると崔槿汐は黒幕を暴くために死を利用するべきと言います。

至る所で幽霊を出没させると目撃した富察貴人や侍女たちは、きっと濡れ衣を着せられた余鶯児の魂が彷徨っているのだと脅えます。

後宮では知らない者がいないぐらい噂が広がると今まで何度も亡霊の話を耳にしていた皇后は皆を安心させるためにお祓いを行うことにします。

 

亡霊に脅え錯乱状態となった麗嬪の叫び声を耳にした甄嬛は皇后に知らせるよう指示し沈眉荘たちと駆け付けます。

確かにあの薬は私が指示したと麗嬪が訴えだしたので慌てる華妃は口を塞いで早く連れて帰れと指示します。麗嬪の話は聞き逃せないと沈眉荘たちが訴え皇后が来るまで時間稼ぎをします。

麗嬪の叫びをうまく皇后の耳に入れさせることに成功すると余鶯児の罪に関与した疑いがあるから調べると麗嬪は景仁宮に連れて行かれます。

 

作戦がうまくいったことで甄嬛は幽霊を装っていた小允子にお疲れさまと声をかけます。皇太后から華妃が関与していることは想像できるが錯乱中の言葉は真に受けられないために麗嬪は令宮送りにして噂を消し去ればいいと言われ皇后は従います。

華妃は皇后を訪ねるが甄嬛たちをだしにして陛下を呼び寄せ拝謁を拒まれ苛立ちます。

(浣碧が母親の命日だからと供養していて曹貴人に見付かってしまったけどあれは大丈夫か?見逃がしてくれたのは何でだ?現行犯じゃないと意味ないけども・・・華妃はあんな性格で忠誠を誓う人なんているのかな?)

 

12話/同郷の侍医

華妃の機嫌が悪いために曹貴人は華妃に下賜された髪飾りを身に着けて温宜公主を連れて雍正帝に会いに行きます。髪飾りを見ると泣き止むのであやすのによいと華妃が貸してくれたものだと説明すると機嫌よくなった雍正帝は華妃も円明園に同行させるよう皇后に言います。

スポンサーリンク

甄嬛は雍正帝と共に避暑のため円明園に滞在すると陛下の弓の練習に果郡王と曹貴人が付き添っていると知らされます。

甄嬛は雍正帝の元を訪ねると曹貴人が陛下が初めて甄嬛と会った時に果郡王と名乗ったらしいですねと口にします。「そんなこともご存じなんですか、陛下が教えたのですか」と敢えて尋ね自分が言ったのではないことを伝えます。果郡王は官吏の娘たちの憧れの的だから評判を耳にしていたでしょうと曹貴人に聞かれると陛下の機嫌が悪くなり、「いつ朕に情を持ち始めたか知りたい」と聞かれます。

機転を利かせ何とか事なき得るが果郡王を慕っていたと疑われたら破滅していたと恐れ、だれがどこで何を聞いているか分からないのだと改めて用心せねばと思います。

 

子がいなければ陛下の気分次第で冷遇されると思う沈眉荘は赴任してきた同郷の劉侍医を信頼するようになります。吐き気を催すと懐妊したと知らされ雍正帝や皇后は喜ぶなか曹貴人は不敵な笑みを浮かべます。

(これはもしかして曹貴人の罠なのか。どっちにしても沈眉荘らしくない軽率な判断ですね。曹貴人は離間させようと微妙なところをつついてくるのがいやらしいね。華妃は子がいないしあの性格だし失脚するのも時間の問題ではないかな、兄の年羹堯の存在がでかいからもうちょい続くかな)

13話からのネタバレ

 

 

華流ドラマ
スポンサーリンク
鑑賞感想