PR

「宮廷の諍い女」13話14話15話16話ネタバレあらすじを感想を交え紹介

中国時代劇「宮廷の諍い女」作品概要

スン・リー主演、雍正帝が皇位に就いた後に後宮入りする甄嬛が権力を手に入れて行く姿を描いた作品!!

最優秀作品賞にあたる十佳電視劇第一名のほか、最多7部門での最優秀賞を受賞し2012年度最高のドラマと評価された!

 

あらすじ

愛新覚羅・胤禛が康熙帝の後を継ぎ、清の第5代皇帝・雍正帝の時代の幕開け!!皇帝の寵愛を巡る側室たちの激しく哀しい諍いの始まりでもあり、皇后と華妃が勢力を二分する後宮に甄嬛が側室として宮廷入りする。嫉妬と陰険な陰謀が渦巻き、華妃とその手下の側室が仕掛けてくる冷酷な罠を打ち倒していくが諍いで心も疲れ切った甄嬛は宮廷を後にする。しかし、外の世界で皇帝の弟・果郡王との安らぎの時間を過ごす中、不幸に陥れる真の敵の影が忍び寄びより再び後宮に戻ることに・・・

スポンサーリンク

 

キャスト/スン・リー主演

甄嬛(スン・リー)
莞常在→莞貴人→莞嬪→莞妃(未正式受封)→莞嬪→廃妃→莫愁(出家法号)→熹妃→熹貴妃→副皇后→聖母皇太后
沈眉荘(ラン・シー)
沈貴人→恵貴人→沈答応→恵貴人→恵嬪→恵妃→恵儀貴妃(追封)
安陵容(タオ・シンラン)
安答応→安常在→安貴人→安嬪→鸝妃→監禁の後、自害
果郡王/愛新覚羅允礼(リー・トンシュエ)
果郡王→果親王。先帝に最も寵愛された舒太妃の子で甄嬛を一途に愛する皇子
温実初(チャン・シャオロン)
甄嬛を一途に愛する侍医
華妃(ジャン・シン)
華妃→年嬪(未貶成)→華妃→華貴妃→年妃(貴妃から降格、一時封号剥奪)→華妃→年答応→冷宮送りの後死罪→敦粛貴妃(追封)→敦粛皇貴妃(再追封)
雍正帝/愛新覚羅胤禛(チェン・ジェンビン)
早逝した純元皇后を深く愛し不義には厳しく厳罰も辞さない
皇后/烏拉那拉宜修(エイダ・チョイ)
皇后→事実上の離別を言い渡された後、終生景仁宮に監禁→死去

 

ネタバレ感想

 

「宮廷の諍い女」全76話あらすじ一覧

 

13話/蘇る梅妃の舞

雍正帝は皇后と相談し身重となった沈眉荘に恵の封号を下賜することに決めます。甄嬛は親友である沈眉荘の子の誕生を待ちわびていると華妃は再起する恐れもあるから心配だと言われ安陵容を円明園に呼んだらどうかと勧められます。

甄嬛は安陵容と御前に向かう途中に第4皇子が拝謁願い跪いているのを目にし引き返します。4皇子に呼び止められると周囲の者たちを引き下がらせたので戸惑います。

母親の身分が低く周囲から馬鹿にされ父上に拝謁すら受け入れられないと相談を受けたので親の愛の深さは同じだと告げ激励の言葉をかけます。

 

温宜の誕生の宴が開かれ病に伏せる端妃は遅れて姿を現し嫁入りの品を贈ります。疲れた甄嬛は舞が披露されている時に気晴らしに外にでるが池に足を入れようとしたときに滑って落ちそうになります。

駆け付けた者に助けられるが笛を携え西域から朝貢された酒の匂いがしたので果郡王だと気付き挨拶します。

敬嬪(馮若昭)も外に出てきたので挨拶すると、4皇子は聡明で体も丈夫だが陛下はお会いにならないのだから己の保身を考えた方がいいと助言されます。

母の高貴は子次第であり4皇子の母親は雑務を行う宮女だと知らされます。

 

甄嬛は宴に戻ると驚鴻の舞を押し付けられ困惑します。断れば曹貴人と恵貴人の面目を潰し舞っても下手なら笑いものにされ、うまければ純元皇后の模倣ということで不敬となってしまいます。

沈眉荘は舞よりも詩書の長けていると助け舟を出すが雍正帝は宮中での驚鴻の舞を久しぶりに見てみたいと言い出します。

即興で踊るよう命じられた甄嬛は仕方なく着替えにいくと沈眉荘は琴を奏で安陵容が歌います。笛を吹きながら現れる果郡王も援護し甄嬛は梅妃の舞の神髄を究めたと称賛されます。

(10皇子/敦親王はグチグチ煩い奴だな。雍正帝は褒美を与えるのは良いけども安陵容の名前も知らんのかい。側室でしょうよww)

 

14話/後宮の止まり木

華妃は甄嬛の驚鴻の舞を見て梅妃が詠んだという楼東賦に心が動いたと悲しみます。梅妃は驚鴻の舞で寵愛を得たが最後には上陽宮に幽閉されたのだと雍正帝に同情を求めます。

年羹堯に恩を売るために敦親王は長年の功績を鑑み抜かりがあっても華妃を厚遇するよう嘆願すると雍正帝は時間があるときに足を運ぶと告げ華妃は再び寵愛を得ます。

甄嬛は華妃が再び寵愛を得るために舞を披露させたのだと察し曹貴人にご苦労な事だと告げます。そして華妃の再起を見せつけられた沈眉荘が苛立っていたので慰めにいきます。

スポンサーリンク

安陵容は西北に運ばれる兵糧が奪われ父親が投獄されたと知り沈眉荘と甄嬛に助けを求めます。政には干渉できないが済州で起きた事件で父親が審理を行うと知り沈眉荘は雍正帝に会いに行こうとするが激怒しているから傍観するのが最善の策だと蘇培盛に言われます。

父親に書状を送っても政への干渉をもっとも嫌う陛下にバレたら危険だと忠告され致し方なく引き下がります。

甄嬛は幅を利かせる華妃に対抗できるのは皇后しかいないと思い安陵容を連れて訪ねます。皇后が嘆願してくれた後に華妃が訪ねたと知る甄嬛は雍正帝に会いに行き意見を伝えます。

甄嬛の口添えで濡れ衣なきよう再調査されることになるが、安陵容は皇后の嘆願こそが最も頼れると信じます。

(やっぱり思っていた通りになりそう。安陵容の性格だと妬みから裏切りそうだと思ってたけど匂ってきたぞww沈眉荘も甄嬛も何とかせねばと頑張ったのに・・・ただ皇后の侍女・剪秋がもうちょっと早く沈眉荘が書状を送っていればと余計な言葉を放って唆したけども。あれも皇后の指示のはず!!)

 

15話/偽装懐妊

雍正帝は安陵容の父親を釈放したが華妃の意見を無視したので慰めねばならないと言います。甄嬛は承知していると告げるといつになったら皇子を産んでくれるんだと言われ公主ではダメなのかと不貞腐れ甘えます。

雍正帝と共に沈眉荘の元へ向かおうとすると安陵容もちょうど行くところだと出くわしたので一緒に行こうと誘います。

 

沈眉荘のもとには皇后や妃嬪たちも皆がそろっていたが雍正帝は不審者がいると気付き捕らえさせると宮女の茯苓でした。

沈眉荘は自分の私物を持っていたので追い出せと命じるが血痕が付着した下穿きを持っていたので困惑します。すると「妊娠は真っ赤な嘘であり月事が訪れたため私に始末させようとした」と言い出したので沈眉荘は陥れられたと必死に訴えます。

しかし、診断の結果懐妊していない事が分かり、しかも担当していた侍医の存在すらなく答応に降格のうえ封号を剥奪され幽閉を命じられてしまいます。

安陵容は自分にまで災いが降りかかるかもと恐れ沈眉荘の子のために刺繍していた香り袋を慌てて燃やします。

うまくいったと満足する華妃だが劉侍医に逃げられたと報告を受け必ず始末するよう叱咤します。

 

甄嬛は雍正帝から門前払いを受けるので自分も他の妃嬪と同じなのだと痛感します。馮若昭(敬嬪)は沈眉荘の様子を伺いに行き念のために食事を調べると毒が混入されている事に気付きます。

雍正帝は冷酷ではないし沈眉荘の実家を尊重しているので自害と言う罪名を加えるための華妃の仕業だと疑います。沈眉荘はこのことを知ったら甄嬛なら激怒するはずだから知らせないようお願いします。

甄嬛は雍正帝が訪ねてくるが今は証拠がないので沈眉荘の件は伏せ粗末な花を敢えて堂々と飾ります。雍正帝は帰るときに粗末な花を目にし沈眉荘と仲が良いから手抜きしたのだと察し黄規全を罰します。

(どう考えてもおかしいでしょうよ。懐妊を偽るなんていずれ分かるような馬鹿な真似をするわけない。宮女を拷問すればすぐに明らかになりそうなのにね。まぁ、逃げた劉侍医がいまに見付かるでしょう。沈眉荘は激怒するからと甄嬛に伝えないようお願いするのはまさに友情だが安陵容は自分のことしか考えてませんね・・・)

 

16話/過ぎゆく海棠の季節

馮若昭(敬嬪)は沈眉荘の食事に毒が混入されていた事を密かに雍正帝に報告します。

勢力を盛り返す華妃だが黄規全を追い出す甄嬛が勢いを増すばかりなので苛立ち、曹夫人の娘である温宜公主を翊坤宮に移すよう命じます。

曹夫人はずっと支え尽くしてきたのに子を取り上げられるなんてと嘆くなか、華妃は夜泣きが煩くて寝れない事に頭に来て薬を飲ますよう指示します。

スポンサーリンク

 

甄嬛は「自分の身を守り安陵容を支えて」と沈眉荘からの伝言を受けます。いま頼りにできるのは確かに安陵容だけだと崔槿汐に言われます。

曹夫人は陛下がお越しになった時だけ華妃は公主に優しいが夜泣きしないよう薬を飲ませていると報告を受けます。我が子を取り戻す策を考えるころ、寝てばかりの公主を目にした雍正帝は曹夫人のもとに返すよう華妃に指示すると体調が悪く託されたのだと言われます。

今日は翊坤宮で休むと告げると華妃は喜ぶが雷が鳴りだすと甄嬛が怖がっていると思い出て行きます。

 

甄嬛は安陵容のために策を講じ、散歩中の雍正帝が安陵容の歌声を耳にするよう仕向けます。甄嬛は侍女・浣碧が訪ねてくる安陵容に嫌な態度を取るので叱責すると常在に昇格し下賜された品を見せびらかしに来ると言われます。

下賜された品を隠す必要ないし立場をわきまえて自重するよう念を押します。

(やれやれ、浣碧も癖のある性格ですね。安陵容に似てませんかねww身内に足を引っ張られるのが一番厄介だが果たしてどうなるか・・・皇后が本性を表すのはいつになるのやら。)

17話からのネタバレ

 

 

華流ドラマ
スポンサーリンク
鑑賞感想