PR

「宮廷の諍い女」21話22話23話24話ネタバレあらすじを感想を交え紹介

中国時代劇「宮廷の諍い女」作品概要

スン・リー主演、雍正帝が皇位に就いた後に後宮入りする甄嬛が権力を手に入れて行く姿を描いた作品!!

最優秀作品賞にあたる十佳電視劇第一名のほか、最多7部門での最優秀賞を受賞し2012年度最高のドラマと評価された!

 

あらすじ

愛新覚羅・胤禛が康熙帝の後を継ぎ、清の第5代皇帝・雍正帝の時代の幕開け!!皇帝の寵愛を巡る側室たちの激しく哀しい諍いの始まりでもあり、皇后と華妃が勢力を二分する後宮に甄嬛が側室として宮廷入りする。嫉妬と陰険な陰謀が渦巻き、華妃とその手下の側室が仕掛けてくる冷酷な罠を打ち倒していくが諍いで心も疲れ切った甄嬛は宮廷を後にする。しかし、外の世界で皇帝の弟・果郡王との安らぎの時間を過ごす中、不幸に陥れる真の敵の影が忍び寄びより再び後宮に戻ることに・・・

スポンサーリンク

 

キャスト/スン・リー主演

甄嬛(スン・リー)
莞常在→莞貴人→莞嬪→莞妃(未正式受封)→莞嬪→廃妃→莫愁(出家法号)→熹妃→熹貴妃→副皇后→聖母皇太后
沈眉荘(ラン・シー)
沈貴人→恵貴人→沈答応→恵貴人→恵嬪→恵妃→恵儀貴妃(追封)
安陵容(タオ・シンラン)
安答応→安常在→安貴人→安嬪→鸝妃→監禁の後、自害
果郡王/愛新覚羅允礼(リー・トンシュエ)
果郡王→果親王。先帝に最も寵愛された舒太妃の子で甄嬛を一途に愛する皇子
温実初(チャン・シャオロン)
甄嬛を一途に愛する侍医
華妃(ジャン・シン)
華妃→年嬪(未貶成)→華妃→華貴妃→年妃(貴妃から降格、一時封号剥奪)→華妃→年答応→冷宮送りの後死罪→敦粛貴妃(追封)→敦粛皇貴妃(再追封)
雍正帝/愛新覚羅胤禛(チェン・ジェンビン)
早逝した純元皇后を深く愛し不義には厳しく厳罰も辞さない
皇后/烏拉那拉宜修(エイダ・チョイ)
皇后→事実上の離別を言い渡された後、終生景仁宮に監禁→死去

 

ネタバレ感想

 

「宮廷の諍い女」全76話あらすじ一覧

 

21話/友への疑心

甄嬛と安陵容は芸を披露するために雍正帝がいる華妃の翊坤宮を訪ねます。思うように歌えなかった安陵容を庇うために甄嬛は風邪気味だと告げるが温まれば歌えるだろうと酒を飲むよう強いられます。

甄嬛は琴は詞を合わせても風流だと告げ安陵容の代わりに披露し戻るが安陵容は妓女みたいな扱いを受けた事で悔し涙を流します。慰める甄嬛は年羹堯がいる限り華妃は冷遇されやしないだろうと思います。

 

入宮して3年経ち17歳になった方淳意(淳常在)は初めて夜伽に選ばれます。呪い人形を密かに枕の下に隠し華妃の死を願う安陵容だが、方淳意が碎玉軒に戻ると知ると家柄や性格が合うのでしょうと思います。

見舞いに訪れる皇后に感謝するが華妃を呪っていた事がバレてしまい跪いて謝罪すると見逃してくれました。

寵愛を受けている甄嬛でも気を配れない事はあるのだと忠告を受けると、もともと甄嬛の宮女だった菊青が呪いの人形を片付けなかったのだと疑い仕えさせたのは見張らせるためだったのかと思います。

(一番近い人を嫉み疑う安陵容みたいな人は好きになれないね。性格がひねくれ過ぎ、今までどれだけ助けてもらってきたことか、どれだけ気遣いを受けていた事か、入宮する前から世話になっておきながら疑うとは・・・にしても皇后もものすごーく遠回しな言い方で離間策を狙い安陵容を駒にしようとしてますな)

 

22話/二着の夜着

華妃は官位を求める者たちから銀子を周寧海に受け取らせ年羹堯に取り成しておきます。取り成しを受けた年羹堯は雍正帝が果郡王と話をしているようだったので外で待ちます。

蘇培盛は椅子を用意させるが無視されるので徐々に近付けるよう指示すると年羹堯はようやく座ります。果郡王は出て行くと座ったまま挨拶され無礼な奴だと思うが陛下の即位後、兄弟で優遇されているほうなので自重します。

年羹堯は罷免を願い出た趙之垣の再登用を嘆願すると、雍正帝はそこまで推薦するなら特別に登用すると許可します。

スポンサーリンク

甄嬛は雍正帝に謁見願いに行くと先ほどまで年羹堯が来ていた陛下は機嫌が悪いと蘇培盛から知らされます。

甄嬛は夜着の刺繍を完成させ送ると方淳意の話から心地よいと陛下が気に入ってくれたことを知るが同時に送っていた安陵容は自分が刺繍した夜着は他人に与えたのだと真に受けます。

(もう安陵容のひねくれた話は聞きたくないな・・・心遣いをなんだと思っているのか。そばで仕える菊青は勝手に疑われて憎まれているからかわいそうでならない。安陵容、そんな嫌うなら都合の良い時だけ姉妹だからとか言わないでもらいたいし碎玉軒に行かなければいい)

 

23話/生き証人

懐妊した富察貴人は侍医に見せたのかと華妃に聞かれ「2名に診断させたから間違いない、沈眉荘みたいに懐妊を偽れば厳罰に処されてしまう」と告げます。

同意を求められた甄嬛は懐妊したことへの祝福の言葉を告げると、お越しが多いのに何も吉報はないのかと曹夫人に言われます。華妃がやってきたので曹夫人の暴言について私めから謝罪すると頭を下げます。

「最も寵愛を得ても吉報がないと言われましたが一番の寵妃は華妃ですから皮肉と取れます」

 

甄嬛はなんで自分は授からないのかと落ち込みます。華妃は懐妊しているからと挨拶に来ない富察貴人に対しイラつくが蔓延していた疫病が紫禁城にも広まっていると報告が入ります。

西の宮の消毒を皇后から託される華妃は侍医の劉畚の行方が分からないので消毒に乗じて疫病に感染した使用人の茶具を沈眉荘に届けさせます。

甄嬛は沈眉荘が疫病に感染したと知り冷遇されているので温実初にお願いします。そんな中、沈眉荘を罠に嵌めた劉畚を捕縛したと報告を受け小允子に連行され雍正帝のもとへ連れて行きます。

華妃に命じられて懐妊していると偽りを述べたと白状させると雍正帝は江兄弟に自害、そして華妃の封号を剥奪し嬪に降格させろと命じ、沈眉荘の位と封号を復活させます。

(甄嬛は必ず沈眉荘を救うと約束してたもんね。富察貴人、傲慢すぎるでしょ。さすがに礼儀がなってなさすぎるので余鶯児みたいに先は短そうな匂いがするなwwさて、華妃はどうやって切り抜けるのやら・・・)

 

24話/寵妃の返り咲き

安陵容は甄嬛が劉畚を捕まえて沈眉荘の位と封号が復活すると知ると、華妃が騒ぐほど雍正帝が激怒すると思い翊坤宮の宮女の耳に入れます。

劉畚が捕らえられたと知る華妃は年羹堯に助けを求めようとしたが疫病で封鎖されているので帳消しにできるほどの功績をあげるしかないと思います。

雍正帝の着替えを手伝う甄嬛は翊坤宮に勅命を伝えるよう命じていたのでこれで華妃の称号が剥奪されると思ったが江兄弟を連れる華妃が急な要件だと自らやってきます。

江兄弟が疫病に効く薬を考案したらしく華妃は寝不足でふらつく演技をすると、雍正帝は沈眉荘のもとへすぐに薬を届けに行くよう命じました。

スポンサーリンク

勅令はどうしたらいいのかと蘇培盛に相談された甄嬛はうやむやにするしかなと告げます。

沈眉荘の無念を汲んで劉畚は自害させたと雍正帝に言われるが彼は首謀者ではないと指摘します。疫病が広がっているなか無視はできないと言われ、その事には納得できるが報告した時に「劉畚は差し金か」と疑われたことに甄嬛はショックを受けていました。

華妃は華妃は罰せられるどころか後宮指南役にも返り咲き、甄嬛は趙之垣によって父・甄遠道が訴えられ降格処分とされたことを知ります。

 

(安陵容、ばかもぉぉぉん!!浅い考えで翊坤宮に伝えなければ華妃は封号を剥奪され嬪に降格していたんだ。それに甄嬛の父親が降格となり喜ぶなんて最低ですな。人生の中で一番裏切ってはならないほどの恩を受けているはずよ!!、皇后はちゃくちゃくと駒にするために少しずつ唆してますね。馮若昭が妃に昇格したのは)

25話からのネタバレ

 

 

華流ドラマ
スポンサーリンク
鑑賞感想