PR

「宮廷の諍い女」33話34話35話36話ネタバレあらすじを感想を交え紹介

中国時代劇「宮廷の諍い女」作品概要

スン・リー主演、雍正帝が皇位に就いた後に後宮入りする甄嬛が権力を手に入れて行く姿を描いた作品!!

最優秀作品賞にあたる十佳電視劇第一名のほか、最多7部門での最優秀賞を受賞し2012年度最高のドラマと評価された!

 

あらすじ

愛新覚羅・胤禛が康熙帝の後を継ぎ、清の第5代皇帝・雍正帝の時代の幕開け!!皇帝の寵愛を巡る側室たちの激しく哀しい諍いの始まりでもあり、皇后と華妃が勢力を二分する後宮に甄嬛が側室として宮廷入りする。嫉妬と陰険な陰謀が渦巻き、華妃とその手下の側室が仕掛けてくる冷酷な罠を打ち倒していくが諍いで心も疲れ切った甄嬛は宮廷を後にする。しかし、外の世界で皇帝の弟・果郡王との安らぎの時間を過ごす中、不幸に陥れる真の敵の影が忍び寄びより再び後宮に戻ることに・・・

スポンサーリンク

 

キャスト/スン・リー主演

甄嬛(スン・リー)
莞常在→莞貴人→莞嬪→莞妃(未正式受封)→莞嬪→廃妃→莫愁(出家法号)→熹妃→熹貴妃→副皇后→聖母皇太后
沈眉荘(ラン・シー)
沈貴人→恵貴人→沈答応→恵貴人→恵嬪→恵妃→恵儀貴妃(追封)
安陵容(タオ・シンラン)
安答応→安常在→安貴人→安嬪→鸝妃→監禁の後、自害
果郡王/愛新覚羅允礼(リー・トンシュエ)
果郡王→果親王。先帝に最も寵愛された舒太妃の子で甄嬛を一途に愛する皇子
温実初(チャン・シャオロン)
甄嬛を一途に愛する侍医
華妃(ジャン・シン)
華妃→年嬪(未貶成)→華妃→華貴妃→年妃(貴妃から降格、一時封号剥奪)→華妃→年答応→冷宮送りの後死罪→敦粛貴妃(追封)→敦粛皇貴妃(再追封)
雍正帝/愛新覚羅胤禛(チェン・ジェンビン)
早逝した純元皇后を深く愛し不義には厳しく厳罰も辞さない
皇后/烏拉那拉宜修(エイダ・チョイ)
皇后→事実上の離別を言い渡された後、終生景仁宮に監禁→死去

 

ネタバレ感想

 

「宮廷の諍い女」全76話あらすじ一覧

 

33話・屈辱の果てに

甄嬛が心の病を患い、浣碧と流朱は碎玉軒もわびしくなってしまったと気分が沈みます。陛下に取り成せて甄嬛を説得できる人はいないかと考え、浣碧は宮中に果郡王が滞在している事を思い出し頼みに行きます。

笛の音を耳にする甄嬛は侍女たちに誘われ外に出て見ると果郡王だったので翊坤宮に押し入ってまで助けてくれたことに感謝を伝えます。助けてくれたのは寵妃だったからだとは思うが義のある方は宮中では果郡王だけだったと告げます。

スポンサーリンク

沈眉荘に強引に冷宮に連れていかれる甄嬛は変わり果てた麗嬪の姿を目にし驚きます。麗嬪の隣にいた人は陛下に仕えていた貴人で、流産は年妃のせいだと中傷したために冷宮送りになったのだと知らされます。

悲しみに暮れてばかりでは彼女の二の舞になると訴えられた甄嬛は呆然と歩きながら戻ろうとすると斉妃にぶつかってしまい謝罪します。

(安陵容は皇后の侍女から届けられた汁物にかなり警戒していたから年妃に下賜されたものは皇后が関与しているのでしょう。自業自得とはいえ斉妃は子と離されたから逆恨みするのもまだ分かるが富察貴人は何様なのか?流産した時に寵愛を受けていたから恨むとか意味わからないしお前貴人でしょ。甄嬛は嬪なのだからやり返せばいいのに。知らせを受けた皇后が助けにも来ないのでそろそろ甄嬛が立ち上がる時では?ところで何で蝶々を集めさせたのだろうか?)

 

34話・蝶舞いて愛降りる

斉妃と富察貴人に虐げられ体で痛みを知った甄嬛はようやく目を覚まし蝶々を集めるよう指示します。

沈眉荘が甄嬛の復活に喜ぶ中、年妃はどうしたら復帰できるのかと悩み嘆願書を書いては陛下に渡すよう指示していました。

年羹堯の勢いが止まないので年妃が寵愛を受けるのは時間の問題だと思う甄嬛は心を取り戻すべく入念な下準備を始めます。

 

宴に遅れて出席する沈眉荘は倚梅園の梅が咲いていたので見入ってしまったと謝罪します。崔槿汐から陛下が来たと報告を受けた甄嬛は衣の中に蝶々を仕込み陛下のご健勝を声を出して祈ります。

声をかけられ立ち上がる甄嬛の体から蝶が舞い雍正帝はすっかり心を酔わされます。斉妃は簡単に甄嬛が寵妃に返り咲いたので屈辱を与えていたこともあり無事でいられるかどうかと富察貴人に話します。

 

雍正帝は民の心をなだめるためハーンの王妃として公主を迎えたいとジュンガル部から要請を受けたことを話します。曹貴人は温宜公主はまだ幼いと訴えると妙齢だからこそ悩んでいるのだと雍正帝に言われるが皇后の勧めで朝瑰を送り出すことになります。

ハーンは60歳を超えているしジュンガル部は辺境なので甄嬛は気の毒だと思います。

(安陵容、ついにガツンと甄嬛に言われましたねww、みんなの前で心配してたなんて芝居討つから「心配だったら顔を見に来ればよかっただけの事」と言われたのだww甄嬛は芝居討たなくても元気になったと謁見するだけでよかったよ。)

 

35話・人豚の物語

寵妃に返り咲いた甄嬛は曹貴人と富察貴人を呼び止め、冬になるとある物語を思い出すと告げます。

漢の高祖に寵愛された戚夫人がおごり高ぶったために呂后は皇太后になると戚夫人の手足を斬り目をえぐり耳を削いだのだと話すと、崔槿汐は美女の末路がそれほど悲劇とは残名だことだと富察貴人に言い放ちます。

屈辱を与えていた富察貴人は二度としないと謝罪するが恐怖のあまり失神し運ばれ出されます。1人を罰し戒めとするとは見事だが何か警告があるのかと曹貴人に聞かれ甄嬛は仕方なく年妃に従っているのは分かる、密かに協力してくれれば恩は忘れないと告げます。

そして方淳意が溺死したのは年妃と年羹堯の部下の話を聞いてしまったために口封じされたことを知ります。そして朝瑰の夫はすぐに亡くなったが新たなハーンに嫁がされた、公主がいつどのような境遇に陥るか分からないと脅し忠誠を誓わせます。

スポンサーリンク

戦地より帰還した敦親王は戦で大勝したわけでもないのに武装したうえ遅れて朝議にやってきます。言官を暴行する事件が起こり、怒り心頭の文官たちがこぞって厳罰を陛下に求めていると知り甄嬛は陛下を心配して訪ねます。

政に意見を求められると、今大切なのは人心をなだめて問題を解決する方が先決だと告げます。罰したら武官たちが怒ると思われるので文官たちの面目を立ててやるために夫人を説得し謝罪に向かわせるべきと意見します。

 

(富察貴人は錯乱状態となりお役御免ですね、同じように屈辱を与えていた斉妃は急にごますりをはじめやがったなww釘をさすだけでいいとは甄嬛は器がでかいね。敦親王夫人への説得はうまくいくのか?安陵容は甄嬛が寵妃となったら急に訪ねてくるようになったな・・・)

 

36話・雪解けの時

雍正帝がお怒りだと助けを求められた甄嬛は急いで向かうと、息子と娘が封じられたのに図に乗った敦親王が生母を貴太妃として追封するよう求めてきた事を知ります。

また年妃への待遇に不満の年羹堯までもが貴太妃に追封するよう提言してきたと知り、甄嬛はこの先を見据え政治のために屈するのは悪い事ではないと告げます。

そして敦親王の望みをかなえ年妃の封号を戻すよう進言し、陛下のためなら耐えて見せると告げます。

 

落ち込む年妃は雍正帝が翊坤宮にやってきたので驚きます。目に涙を浮かべ喜ぶと華妃として復位するが今までの陛下とはどこか変わったように感じられるので慎重になります。

(えっ・・・華妃が流産したのは端妃に協力させた雍正帝だったのか。絶大な権力を阻止するため?とはいえ我が子ですよ。安陵容は癖もんだな、わざわざ沈眉荘のもとを訪ね華妃を復位させたのは甄嬛だと遠回しに伝えるとは!!正直、安陵容みたいな人は一番せこくて嫌い。ただ甄嬛も沈眉荘だけには考えを伝えておくべきだったよ。余計な空気を入れてくる者がいるし・・・)

37話からのネタバレ

 

 

華流ドラマ
スポンサーリンク
鑑賞感想