PR

「宮廷の諍い女」37話38話39話40話ネタバレあらすじを感想を交え紹介

中国時代劇「宮廷の諍い女」作品概要

スン・リー主演、雍正帝が皇位に就いた後に後宮入りする甄嬛が権力を手に入れて行く姿を描いた作品!!

最優秀作品賞にあたる十佳電視劇第一名のほか、最多7部門での最優秀賞を受賞し2012年度最高のドラマと評価された!

 

あらすじ

愛新覚羅・胤禛が康熙帝の後を継ぎ、清の第5代皇帝・雍正帝の時代の幕開け!!皇帝の寵愛を巡る側室たちの激しく哀しい諍いの始まりでもあり、皇后と華妃が勢力を二分する後宮に甄嬛が側室として宮廷入りする。嫉妬と陰険な陰謀が渦巻き、華妃とその手下の側室が仕掛けてくる冷酷な罠を打ち倒していくが諍いで心も疲れ切った甄嬛は宮廷を後にする。しかし、外の世界で皇帝の弟・果郡王との安らぎの時間を過ごす中、不幸に陥れる真の敵の影が忍び寄びより再び後宮に戻ることに・・・

スポンサーリンク

 

キャスト/スン・リー主演

甄嬛(スン・リー)
莞常在→莞貴人→莞嬪→莞妃(未正式受封)→莞嬪→廃妃→莫愁(出家法号)→熹妃→熹貴妃→副皇后→聖母皇太后
沈眉荘(ラン・シー)
沈貴人→恵貴人→沈答応→恵貴人→恵嬪→恵妃→恵儀貴妃(追封)
安陵容(タオ・シンラン)
安答応→安常在→安貴人→安嬪→鸝妃→監禁の後、自害
果郡王/愛新覚羅允礼(リー・トンシュエ)
果郡王→果親王。先帝に最も寵愛された舒太妃の子で甄嬛を一途に愛する皇子
温実初(チャン・シャオロン)
甄嬛を一途に愛する侍医
華妃(ジャン・シン)
華妃→年嬪(未貶成)→華妃→華貴妃→年妃(貴妃から降格、一時封号剥奪)→華妃→年答応→冷宮送りの後死罪→敦粛貴妃(追封)→敦粛皇貴妃(再追封)
雍正帝/愛新覚羅胤禛(チェン・ジェンビン)
早逝した純元皇后を深く愛し不義には厳しく厳罰も辞さない
皇后/烏拉那拉宜修(エイダ・チョイ)
皇后→事実上の離別を言い渡された後、終生景仁宮に監禁→死去

 

ネタバレ感想

 

「宮廷の諍い女」全76話あらすじ一覧

 

37話・揺れる友の絆

曹貴人は華妃の復活は最後の輝きに過ぎない、公主のためにも危険は冒せないと思います。変わらず忠誠を誓ってくれるために甄嬛は洞察力は大したもんだと褒め、復活しても冷遇されることを華妃は恐れていると知らされます。

甄嬛は釈明するために沈眉荘を訪ね、当然我が子の仇を討ちたいし許せないが年羹堯をなだめるために陛下はいずれ年氏を許していたと告げます。先に勧めれば自分に対して陛下は罪悪感がわくし地位も安泰になるのだと告げるが沈眉荘は温侍医が彼女を好いている事に不快感を抱いており、なかなか溝は埋まらずにいました。

 

沈眉荘は家柄が良く甄嬛の父・甄遠道は昇格したこともあり、皇后は二人が手を組んだらやっかいだと思います。第二の華妃はいらないと指示された安陵容は二人の仲を引き裂こうと策を講じるが、沈眉荘から「あなたが勘ぐり上手なのは承知、甄嬛が華妃の件を進言したと報告しに来るほどだから」と言われ真意を見抜かれてしまいます。

(陰で手の込んだ真似をしないで本人に直接話せばいい、沈眉荘ごもっともな意見です。拍手を送りたいがそんな人間だから安陵容は少しも反省などしないでしょうね。華妃はいちいち棘のある言い方しかできないのは変わらんな。侍女の頌芝が陛下に気に入られたからご立腹だことwwってゆうか甄嬛は人を信じすぎ)

 

38話・苦肉の策

皇后は今年の夏も円明園での避暑が決まったから荷物を準備するよう告げます。沈眉荘が皇太后が病気で外に出れないために陛下に変わって看病のために紫禁城に残ると申し出たため甄嬛は心を痛めます。

スポンサーリンク

功績におごって軍事費を着服したり配下を高官に据えたりしていた年羹堯の横行を弾劾する動きが増します。甄遠道たちが罪を問うべきと声を上げるなか、兄が調査されていることを危惧した華妃は取り成せるものを探さねばと思います。

そして侍女の頌芝を雍正帝に差し出すが嫉妬から眠れぬ夜を過ごします。甄嬛は麗嬪の後釜を必要としたが高官の娘だと寵愛を奪われる可能性もあるから頌芝を差し出したのだろうと曹貴人から知らされます。

(曹貴人はこっそりと甄嬛に忠誠を誓っているが頌芝は何で急に減らず口をたたいてくるのか?甄嬛は嬪でおぬしは答応でしょうよ。年羹堯の件で雍正帝は我慢の限度が超えたようで何やら甄嬛に耳打ちしてたから何か策でも講じるつもりかな?曹貴人も何やら焚きつけてるよねww)

 

39話・皇帝、動く

年羹堯の上奏書に目を通す雍正帝はどう思うか重臣たちにたずねると、甄遠道から兄弟への情けをかけるよう訴えるのは自らへの恩情を求めているためだと言われます。年羹堯を消すためには結託する敦親王を消すしかないと思い騒がしい後宮を鎮めてから朝廷の問題を一掃すると宣言します。

甄嬛は寵愛を受けている頌芝に対し挑発的な態度を取ると後宮での諍いが絶えぬのは皇后の管理がなってないからだと雍正帝は叱責します。

礼を欠いた罪は重い、目障りだと叱責される甄嬛は蓬莱洲で謹慎するよう命じられてしまいます。華妃が笑みを浮かべるなか皇后はあれだけ寵愛を受けていた甄嬛が罰せられるのは何かおかしいと疑い安陵容に甄嬛に同行するよう命じます。

 

秋になり沈眉荘からの贈り物を蘇培盛が届けてくれたので甄嬛は心遣いに感謝します。隠れて二人の話を盗み聞きする安陵容はどうやら罰せられたわけではないのだと気付きます。

雍正帝は紫禁城に戻ると果郡王から敦親王が年羹堯に皇位を奪うよう頼む密書を受け取ります。暗殺集団に敦親王の屋敷を見張らせるよう夏刈に命じ今夜全員を拘束させると告げます。

甄嬛は船がやってきたので雍正帝から授かった護身用の短剣を握りしめるが勅命で迎えにきたことを知りうまくいったのだと目に涙を浮かべ安堵します。

二カ月ぶりに雍正帝と顔を会わせ喜ぶ甄嬛は敦親王が幽閉されたと知らされます。

(安陵容、皆から虐げられている時に守ってくれたのは甄嬛だけだった??・・・分かってるじゃないか、それなのに裏切ることに心は痛まないのか?甄嬛が疑っててくれればいいのだけど雍正帝まで騙されているからなぁ・・・)

 

40話・栄華からの転落

雍正帝は敦親王を幽閉処分とするが兄弟を死罪にしては先帝の御霊が悲しむと思い爵位を剥奪して庶民に落とすことにします。

年羹堯の祝賀状に目を通すと文字を敢えて書き間違え侮辱してきたので二心を抱いていたに違いないと激怒します。甄遠道たちから罰するべきと進言を受け国を引き締め直すためにも年羹堯の地方長官の職を解き降格処分とします。

スポンサーリンク

華妃は減俸ぐらいで済まされると思っていたが降格処分されたと知らされます。甄嬛は誤解が解けたので沈眉荘に会いに行き、「曹貴人の出番、しかと見届けよう」と告げます。

曹貴人は華妃の悪行を洗いざらい告発すると淳貴人が溺死ではなく殺されたと知る皇后は陛下に知らせ翊坤宮の者を慎刑司へ送るよう指示します。

拷問を受ける周寧海が殺害や賄賂などすべて白状したために報告を受けた雍正帝は華妃の封号を剥奪し答応に降格させ頌芝を宮女に戻します。

曹貴人は自分も降格処分になるのではと恐れていたが甄嬛たちが庇ってくれたこともあり罪を暴いた功績が認められ襄嬪に昇格します。

 

雍正帝は年羹堯に城門の看守を命じており反省が見られたら殺したくはないが与えた礼服を着て看守していたので激怒し自害を命じます。

(年氏一家は没落したのかな・・・これで華妃、いや年答応は何も出来ないですね。それにしても斉妃は遠回しに曹貴人を罰しようとしてましたね。じゃなければあの場で曹貴人もいつも華妃と一緒にいたなんて発言しませんよww)

41話からのネタバレ

 

 

華流ドラマ
スポンサーリンク
鑑賞感想