PR

「宮廷の諍い女」41話42話43話44話ネタバレあらすじを感想を交え紹介

中国時代劇「宮廷の諍い女」作品概要

スン・リー主演、雍正帝が皇位に就いた後に後宮入りする甄嬛が権力を手に入れて行く姿を描いた作品!!

最優秀作品賞にあたる十佳電視劇第一名のほか、最多7部門での最優秀賞を受賞し2012年度最高のドラマと評価された!

 

あらすじ

愛新覚羅・胤禛が康熙帝の後を継ぎ、清の第5代皇帝・雍正帝の時代の幕開け!!皇帝の寵愛を巡る側室たちの激しく哀しい諍いの始まりでもあり、皇后と華妃が勢力を二分する後宮に甄嬛が側室として宮廷入りする。嫉妬と陰険な陰謀が渦巻き、華妃とその手下の側室が仕掛けてくる冷酷な罠を打ち倒していくが諍いで心も疲れ切った甄嬛は宮廷を後にする。しかし、外の世界で皇帝の弟・果郡王との安らぎの時間を過ごす中、不幸に陥れる真の敵の影が忍び寄びより再び後宮に戻ることに・・・

スポンサーリンク

 

キャスト/スン・リー主演

甄嬛(スン・リー)
莞常在→莞貴人→莞嬪→莞妃(未正式受封)→莞嬪→廃妃→莫愁(出家法号)→熹妃→熹貴妃→副皇后→聖母皇太后
沈眉荘(ラン・シー)
沈貴人→恵貴人→沈答応→恵貴人→恵嬪→恵妃→恵儀貴妃(追封)
安陵容(タオ・シンラン)
安答応→安常在→安貴人→安嬪→鸝妃→監禁の後、自害
果郡王/愛新覚羅允礼(リー・トンシュエ)
果郡王→果親王。先帝に最も寵愛された舒太妃の子で甄嬛を一途に愛する皇子
温実初(チャン・シャオロン)
甄嬛を一途に愛する侍医
華妃(ジャン・シン)
華妃→年嬪(未貶成)→華妃→華貴妃→年妃(貴妃から降格、一時封号剥奪)→華妃→年答応→冷宮送りの後死罪→敦粛貴妃(追封)→敦粛皇貴妃(再追封)
雍正帝/愛新覚羅胤禛(チェン・ジェンビン)
早逝した純元皇后を深く愛し不義には厳しく厳罰も辞さない
皇后/烏拉那拉宜修(エイダ・チョイ)
皇后→事実上の離別を言い渡された後、終生景仁宮に監禁→死去

 

ネタバレ感想

 

「宮廷の諍い女」全76話あらすじ一覧

 

41話・裏切り者の運命

功績が認められた曹貴人は封号を与えられ襄嬪に昇格すると一歩ずつ上り詰めてやると決意します。公主におかしな縁談が舞い込まないよう華妃を追い詰めた甄嬛も邪魔になるのなら切り捨てねばならないと思います。

皇太后は年羹堯を死罪にしたことはいいがいずれ隆科多も粛清の対象になるのではと思います。そんな中、後宮には甄遠道と同じ都察院の官吏・瓜爾佳の娘・祺貴人が入宮し、父親同士が知り合いという事もあり甄嬛は挨拶されます。

祺貴人は寵愛を受ける甄嬛を取り込むために自ら望んで雍正帝に頼み碎玉軒に移り住みます。

スポンサーリンク

雍正帝は年答応に侮辱された祺貴人が告げ口にやって来たので慰めて帰らせると襄嬪から反省の色も見せぬのなら死罪にするべきと言われます。

旧主を裏切り死罪まで要求するような女はそばに置かない方がいいと皇太后に勧められた雍正帝は年答応の悪事の多くは襄嬪が陰で献策したのを知っているために侍女に命じて毒を盛らせます。

年答応の太監に見張られていると太監から報告を受ける甄嬛は火が強くなったら捕まえるよう命じ、年氏がついに墓穴を掘る時が来たようだと沈眉荘に告げます。

(祺貴人、華妃みたいにベラベラしゃべるしあっちこっちにいい顔してるな。甄嬛を頼ったのは最初だけで絶対に裏切るだろうな、これで年氏が完全に消えるとしたら敵は皇后一派だけ、って事は皇后か安陵容が唆すはず!!)

 

42話・散り逝く

碎玉軒から火の手が上がると甄嬛は更に火をつけ沈眉荘は火傷を負ってから逃げ出します。雍正帝が駆け付けてきたので甄嬛は放火犯を捕らえたと報告させると蘇培盛が年答応に仕えている粛喜だと告げます。

雍正帝は改心の機会を与えていたのにとがっかりし冷宮送りにして自害を命じます。皇后と敬妃に最終的な処分は任されるが年氏は宿敵であるため復讐は果たせそうだと甄嬛と沈眉荘は思います。

 

甄嬛は刑が執行される日に年答応を訪ねると罵られるが「淳貴人を殺したのも木薯粉の件も沈眉荘を陥れたのも賄賂もすべてあなたの仕業、自業自得だ」と言い放ちます。

襄嬪がすべての悪事を暴露したが公主の命を盾に脅すような者に忠誠心を抱くわけないと指摘します。寵愛を得たのは政治で必要な年羹堯の妹だから、流産後に身籠ることがなかったのは歓宜香に流産を引き起こす生薬が入っていたからだと告げます。

雍正帝から下賜されたものであるためショックを受ける年答応はついに自死します。雍正帝は年氏に敦粛貴妃の諡号を与え面子を立ててやります。

そんな中、甄嬛は襄嬪が亡くなったと報告を受けると端妃が驚いていたので温実初から聞いていた事もあり、陛下と皇太后が盛らせた薬のせいだと教えます。そして温宜公主を養子にして育てたらどうかと勧めます。

 

(年羹堯を称えた詩を作った官吏が首さらしにされたわけだが甄嬛の父親が同情の言葉を口にした時に仲間の瓜爾佳鄂敏の様子がおかしかったなぁ、陥れられるのでは?襄嬪は旧主の件を暴露したまではとかったがその後は何も話さず大人しくしてれば毒殺されることはなかったでしょうね)

 

43話・純元皇后

甄嬛が妃に、安陵容が嬪に、欣常在が貴人に冊封される日が迫るなか、皇后は甄嬛の行動は時にしきたりに反すると雍正帝に告げます。

均衡を図るのは朝廷も後宮も同じだと皇太后に言われた雍正帝は安心して療養するよう告げます。甄嬛は雍正帝から年羹堯を称えた詩を作った官吏をさらし首にしたと言われ、一族の女を庶民以下とし男を流刑にしたみたいですが中には無実の人もいると告げます。

陛下が恨まれないか心配だから大事にならないなら情けをかけた方がいいのではと意見すると男の決断はわからないかと言われてしまいます。

スポンサーリンク

雍正帝は年羹堯を称える詩書を瓜爾佳鄂敏から渡されるが甄遠道が同情していると告げられ、甄嬛からも情けをかけたほうがいいと言われたばっかりなので疑念を抱き始めます。

妃に昇格する日、甄嬛は内務府から届けられた礼服が破れていたため冊封の儀に間に合わないと困惑します。代用の礼服を用意され安心するがこれは皇后の悪計であり、純元皇后の衣装を着ていた事で雍正帝から怒りを買い昇格を白紙にされ謹慎を命じられてしまいます。

寵愛を失いショックを受ける甄嬛は献身的に支えてくれていたのは自分が純元皇后に似ているからかと崔槿汐に聞くが、皇后の許可なく純元皇后の衣装に触れわれるわけないと気付き疑ったことを謝罪します。

 

(祺貴人はもう皇后派じゃないか?ってゆうか瓜爾佳鄂敏の娘なら当然甄嬛とは敵対しますわな、そして純元皇后の衣装を勝手に着るわけないのだから雍正帝は誰かに陥れられたんだと気付かないのかね。土壇場で昇格を白紙にするなんて酷すぎですよ。皇后の芝居もうざいですな。)

 

44話・命を懸けて

皇后の策略により陥れられた甄嬛は謹慎を言い渡され精神的ショックも重なり寝込みます。崔槿汐が懸命に励ますなか侍女の浣碧と流朱は侍医を呼んでほしいと頼みにいくが応じてもらえません。

甄嬛が気を失ったので流朱は騒ぎを起こすため命を懸けて侍衛の抜いた刀に自ら飛び込み命を落とします。報告を受けた雍正帝は謹慎を命じただけなのに何で診察させないのだと怒り、急いで診察に向かう温実初は懐妊していることが知り身籠って一カ月だと甄嬛に告げます。

 

心から甄嬛を心配する沈眉荘は皇太后を訪ね衣装ごときで酷すぎると訴えるが雍正帝の怒りがおさまるまでは待つよう言われます。

甄嬛は挽回の好機だと言われるが謹慎は解かれないし陛下もやってこないので無理だと思うが自暴自棄にならないから安心してと告げます。しかし流朱が命を落としたと聞かされ耳を疑うと理由を知り涙を流し悔しがります。

 

(安陵容への疑いが確信に変わっただけでもよかった。裏でこそこそが一番質が悪いし見ていて本当に不愉快になるからね。信じられるのは沈眉荘だけなんだから教えとけばいいのに・・・だけど皇后と安陵容を敵に回すなと伝言を託していたからそれだけで伝わるね。沈眉荘が言っていたけど本当衣装ごときで何なのさ)

45話からのネタバレ

 

 

華流ドラマ
スポンサーリンク
鑑賞感想