PR

「宮廷の諍い女」53話54話55話56話ネタバレあらすじを感想を交え紹介

中国時代劇「宮廷の諍い女」作品概要

スン・リー主演、雍正帝が皇位に就いた後に後宮入りする甄嬛が権力を手に入れて行く姿を描いた作品!!

最優秀作品賞にあたる十佳電視劇第一名のほか、最多7部門での最優秀賞を受賞し2012年度最高のドラマと評価された!

 

あらすじ

愛新覚羅・胤禛が康熙帝の後を継ぎ、清の第5代皇帝・雍正帝の時代の幕開け!!皇帝の寵愛を巡る側室たちの激しく哀しい諍いの始まりでもあり、皇后と華妃が勢力を二分する後宮に甄嬛が側室として宮廷入りする。嫉妬と陰険な陰謀が渦巻き、華妃とその手下の側室が仕掛けてくる冷酷な罠を打ち倒していくが諍いで心も疲れ切った甄嬛は宮廷を後にする。しかし、外の世界で皇帝の弟・果郡王との安らぎの時間を過ごす中、不幸に陥れる真の敵の影が忍び寄びより再び後宮に戻ることに・・・

スポンサーリンク

 

キャスト/スン・リー主演

甄嬛(スン・リー)
莞常在→莞貴人→莞嬪→莞妃(未正式受封)→莞嬪→廃妃→莫愁(出家法号)→熹妃→熹貴妃→副皇后→聖母皇太后
沈眉荘(ラン・シー)
沈貴人→恵貴人→沈答応→恵貴人→恵嬪→恵妃→恵儀貴妃(追封)
安陵容(タオ・シンラン)
安答応→安常在→安貴人→安嬪→鸝妃→監禁の後、自害
果郡王/愛新覚羅允礼(リー・トンシュエ)
果郡王→果親王。先帝に最も寵愛された舒太妃の子で甄嬛を一途に愛する皇子
温実初(チャン・シャオロン)
甄嬛を一途に愛する侍医
華妃(ジャン・シン)
華妃→年嬪(未貶成)→華妃→華貴妃→年妃(貴妃から降格、一時封号剥奪)→華妃→年答応→冷宮送りの後死罪→敦粛貴妃(追封)→敦粛皇貴妃(再追封)
雍正帝/愛新覚羅胤禛(チェン・ジェンビン)
早逝した純元皇后を深く愛し不義には厳しく厳罰も辞さない
皇后/烏拉那拉宜修(エイダ・チョイ)
皇后→事実上の離別を言い渡された後、終生景仁宮に監禁→死去

 

ネタバレ感想

 

「宮廷の諍い女」全76話あらすじ一覧

 

53話・一世一代の賭け

傷心する甄嬛は温実初と静かに暮らすのも悪くないと崔槿汐に言われるが流刑先で甄遠道が重病となり一族を守る者がいないので自分が何とかせねばならないと告げます。

果郡王は事故ではないと確信しているが反乱する民、ジュンガル部、皇宮の関係者、誰の仕業か分からないので敵を討つ力を付けるためにも皇宮に戻ることを決意します。

雍正帝の権力を使って敵を討つしかないが再会すれば一気に噂が広まり邪魔される可能性があるので悩みます。

 

皇后は安陵容が立て続けに夜伽に選ばれているので、いつものように必ず避妊薬を服用させるよう指示します。

崔槿汐は故郷が同じで目をかけてもらっていた雍正帝付き首領太監・蘇培盛を味方につけるために身を捧げる決意を固めます。それにより協力を得られることになった甄嬛は感謝すると勝算がなければ会いに来ないと蘇培盛に言われます。

スポンサーリンク

雍正帝は祈祷のため甘露寺を訪れると蘇培盛や沈眉荘から凌雲峰の春景色の美しさは素晴らしいと勧められます。雍正帝は甄嬛が病気で甘露寺にいないと知り追及すると重労働をさせられていたと知り彼女の元に案内するよう命じます。

甄嬛と3年ぶりに再会するがやつれているように見えたので驚くと甘露寺で酷い仕打ちを受けていた事を崔槿汐から聞かされます。

(崔槿汐の芝居がお見事ですね。蘇培盛も嬉しそうだことwwこれで静白法師たちは罰を受けるでしょう。ついでに皇后や祺貴人から虐げられたことまで報告してやればよかったのにww)

 

54話・せめぎ合い

後宮で事実を伏せる蘇培盛に甄嬛は感謝の言葉を告げるが皇后は雍正帝が祈祷のついでに必ず甄嬛に会っている事を突き止めます。

甄嬛が懐妊していると知った蘇培盛は身籠って一カ月だと知り陛下がお越しになった日だと喜びます。命じられて温実初がやってきたので自分は妊娠三カ月弱ではなく一カ月だと告げるとバレたらどうするんだと訴えられます。

「陛下さえ信じればいい、これは陛下に会うため、そして流刑される家族を守るためだ!!」

 

皇后は甄嬛が身ごもっていると知って立ち上がって驚き、安陵容と祺貴人に面倒なことになったと告げます。皇宮に戻ることになった甄嬛は果郡王の死を知って舒太妃(冲静元師)が飲まず食わずだと知り訪ねます。

子だけでなく孫の事も考えてほしいと妊娠している事を知らせ励ますが陛下が自分の子だと思っているので皇宮に戻ると跪きます。果郡王は陥れられて殺されたから敵を討つためにも女子は無力なので陛下の力が必要なんだとお願いします。

 

皇后の策略で天象が凶兆を示していると欽天監から報告された雍正帝は甄嬛を皇宮に戻す件を延期とします。皇后の仕業だと確信する甄嬛はやはり簡単にはいかないようだと思い沈眉荘の説得が頼りだと思います。

そんな中、沈眉荘は慌てた様子で4皇子がやってきたので落ち着くよう声をかけると自分のもとに届けられた差し入れを口にした宮女が死んだのだと聞かされます。

沈眉荘は皇太后のもとに連れて行きことの経緯を伝えると皇太后は4皇子を寿康宮で匿うことにし、三皇子を皇太子の座に付けたい皇后の仕業だと確信します。

(皇后はどれだけ悪事を重ねればいいのでしょうね。しかし、今回は自分の悪計のせいで甄嬛は皇宮に戻れそうねwwはやく皇宮に戻って復讐しましょう!!)

 

55話・別れ、そしていばらの道へ

皇后の悪事が止めらないので皇太后は雍正帝を呼び身重の甄嬛を皇宮に戻すよう告げます。

大臣たちは示し合わせたように甄嬛を皇宮に戻すことを反対するが、雍正帝は永寿宮に住まわせることを決めており漢軍旗下五旗の出身が問題であるために上三旗に昇格させニオフルの姓を与えると告げます。

 

甄嬛は熹妃の身分を与えられ4皇子の生母として入宮するだけだと蘇培盛から知らされると、崔槿汐から戻るのであればこれからは心を捨て冷酷に徹するべきだと告げられます。

迎えにくるまで甘露寺で待つことになるが舒太妃(冲静元師)のもとに生きていた果郡王がやってきます。甄嬛は死んだと思われた果郡王が姿を現したので驚くと感情で動いては災いとなるし後戻りはできないと崔槿汐に言われます。

甄嬛は陛下の子を身籠っている、熹妃として皇宮に戻るから元には戻れないと別れを切り出します。果郡王は沈没自体がジュンガル部の策略で捕らえられていたが隙をついて心配させないために脱出して戻って来たんだと訴えます。

しかし、甄嬛は情だけで生きられない、勅命を受けたし逃げたら一族が犠牲になってしまう、もう遅いのだと涙を流します。

スポンサーリンク

果郡王は雍正帝に謁見すると甄嬛を皇宮に戻すからと冊封使に任命されます。甄嬛は迎えに来た果郡王に驚くが、見送りに来た静白法師を目にし「世話になった事は決して忘れない」と脅します。

そして静岸住職に感謝の言葉を告げるが気が弱いために監寺の職を継ぎ風紀を正すよう莫言法師に命じます。静白法師の死罪を免じてやったが盗人扱いした戒めとして板打ち20回を命じます。

(果郡王が戻ってきたら妻より先に浣碧が抱きしめに行くとはww我慢できなかったのね。ただ果郡王と甄嬛はもう結ばれないのだから浣碧にとっては好機ですね!!静白法師、死罪でいいのに!!こんな人間がいたら誰も修行できないでしょうよ)

 

56話・新たな諍いの幕開け

甄嬛は熹妃として皇宮に戻ると雍正帝や皇后、妃嬪たちに出迎えられます。嬪に昇格していた安陵容から挨拶されるが「なんにも変わってないわね」と甄嬛は返し、敬妃と嬪に昇格していた沈眉荘との再会を喜びます。

永寿宮という豪勢に改築した宮が与えられ、かつて碎玉軒の時に仕えてくれていた小允子も沈眉荘の気遣いで再び仕えてくれることになります。

安陵容が準備した香りが漂っていたので温実初を呼ぶと問題なかったが依蘭を部屋に置いてはいけないと忠告されます。媚薬と同じ効果があると知るなか4皇子(愛新覚羅弘暦/後の乾隆帝)がやってきたので「これからは私が生母だから自暴自棄にならないで」と告げます。

 

甄嬛は敬妃が実の娘である朧月公主を連れてきてくれたので再会を喜びます。しかし産んですぐに託したために敬妃を母親と思っていて懐いてくれず心を痛めます。

お産が終わるまで教育を任せると告げると敬妃は嬉しそうに公主を連れて戻ります。

(雍正帝が甄嬛のことを禁句扱いしていたのだからしょうがない、これは雍正帝のせいじゃないかな。敬妃は公主と離れたくなくて皇后派になるってことないよね・・・聡明そうなんだから裏切らないでよ、頼むから。安陵容、自信満々に挨拶していたけど変わらないと言われてやんのww)

57話からのネタバレ

 

 

華流ドラマ
スポンサーリンク
鑑賞感想