PR

「宮廷の諍い女」5話6話7話8話ネタバレあらすじを視聴感想を交え紹介

中国時代劇「宮廷の諍い女」作品概要

スン・リー主演、雍正帝が皇位に就いた後に後宮入りする甄嬛が権力を手に入れて行く姿を描いた作品!!

最優秀作品賞にあたる十佳電視劇第一名のほか、最多7部門での最優秀賞を受賞し2012年度最高のドラマと評価された!

 

あらすじ

愛新覚羅・胤禛が康熙帝の後を継ぎ、清の第5代皇帝・雍正帝の時代の幕開け!!皇帝の寵愛を巡る側室たちの激しく哀しい諍いの始まりでもあり、皇后と華妃が勢力を二分する後宮に甄嬛が側室として宮廷入りする。嫉妬と陰険な陰謀が渦巻き、華妃とその手下の側室が仕掛けてくる冷酷な罠を打ち倒していくが諍いで心も疲れ切った甄嬛は宮廷を後にする。しかし、外の世界で皇帝の弟・果郡王との安らぎの時間を過ごす中、不幸に陥れる真の敵の影が忍び寄びより再び後宮に戻ることに・・・

スポンサーリンク

 

キャスト/スン・リー主演

甄嬛(スン・リー)
莞常在→莞貴人→莞嬪→莞妃(未正式受封)→莞嬪→廃妃→莫愁(出家法号)→熹妃→熹貴妃→副皇后→聖母皇太后
沈眉荘(ラン・シー)
沈貴人→恵貴人→沈答応→恵貴人→恵嬪→恵妃→恵儀貴妃(追封)
安陵容(タオ・シンラン)
安答応→安常在→安貴人→安嬪→鸝妃→監禁の後、自害
果郡王/愛新覚羅允礼(リー・トンシュエ)
果郡王→果親王。先帝に最も寵愛された舒太妃の子で甄嬛を一途に愛する皇子
温実初(チャン・シャオロン)
甄嬛を一途に愛する侍医
華妃(ジャン・シン)
華妃→年嬪(未貶成)→華妃→華貴妃→年妃(貴妃から降格、一時封号剥奪)→華妃→年答応→冷宮送りの後死罪→敦粛貴妃(追封)→敦粛皇貴妃(再追封)
雍正帝/愛新覚羅胤禛(チェン・ジェンビン)
早逝した純元皇后を深く愛し不義には厳しく厳罰も辞さない
皇后/烏拉那拉宜修(エイダ・チョイ)
皇后→事実上の離別を言い渡された後、終生景仁宮に監禁→死去

 

ネタバレ感想

 

「宮廷の諍い女」全76話あらすじ一覧

 

5話/幻の出会い

争いを避けるために甄嬛は温実初に頼んでわざと病を長引かせると、碎玉軒にいても何の得もないと考える太監たちは何かと理由を付けて去ります。

侍女の浣碧と流朱は甄嬛に指示されたので嫌々銀子を渡して追い出すが崔槿汐と小允子は忠誠を誓うと残ります。内務府からないがしろにされるようになるが沈眉荘と安陵容が心配して訪ねてきてくれます。

 

大晦日の宴で年羹堯が青海での反乱を鎮圧したことで皇帝は上機嫌で酒を飲みます。端妃の宮から侍医を遣わしてほしい連絡を受けた華妃はあんな女を診る必要はないと告げます。

甄嬛は病を理由に宴への出席を免除されており切り絵をして楽しみます。1人で倚梅園を訪れ後宮で何事もなく余生を送れますようにと願い事をつぶやくと酔い覚ましに1人で来ていた雍正帝から誰だと声をかけられます。

相手が誰かも分からず自分はただの宮女だと告げその場を去ると陛下を心配してやってきた果郡王は後姿を目にします。雍正帝は学のある宮女がいるようだと思い歌詠みを競い合わせると偶然その場に居合わせ隠れて耳にしていた侍女・余鶯児は甄嬛が口にした梅花の詞を口にすると気に入られ官女子(皇帝の側室の最低位)に封じられます。

(余鶯児、いきなり粋がり始めましたね。沈眉荘は貴人だからおぬしより身分は高いのですよ、それなのに輿から見下ろして挨拶し皇后のもとに行くからどけとは何事なんじゃ、倚梅園の宮女と聞いた甄嬛は何やら察したようだが寵愛を望んでないから黙っているでしょうね)

 

6話/その名は果郡王

安陵容は皇后の推しもあり初めて夜伽の相手に選ばれるが緊張しすぎて固まってしまいます。雍正帝は怖がる必要はないと告げるが無理強いすることはなく連れて帰るよう命じると代わりに官女子から答応へと位を上げた余鶯児を呼びます。

皇太后は夜遅くに余鶯児の歌声が聞こえてきたので皇宮のしきたりに反すると呆れます。安陵容が務めを果たさず送り返されたと噂を耳にした甄嬛と沈眉荘は心配して訪ねます。

スポンサーリンク

甄嬛は同じ碎玉軒に住む方淳意が泣きながら駆け込んできたのでどうしたのか聞くと余鶯児が寵愛を盾に口論となった欣常在を慎刑司送りにしたと知らされます。

使用人が罰を受ける場所でありそんな横暴は許されないと思うがあまりの横暴さゆえに見かねた皇太后が欣常在を釈放し余鶯児の封号を剥奪して謹慎させるようだと沈眉荘から知らされます。

甄嬛は御花園で簫を奏でていたが気付くと人が立っていたので驚くが陛下ではないようだと告げると果郡王だと言われます。年齢が合わないようなので本物なのかと疑うが莞常在だと告げると病に伏せているのではなかったのかと言われます。

簫の音を聞くのは純元皇后が亡くなって以来だと言われ、比べられて光栄だと感謝し碎玉軒に戻ります。しかし後宮のことまで知っていたので疑いが生じ果郡王が参内しているか確かめるよう指示します。

 

(雍正帝、何で側室に身分を隠すわけ?ってゆうか何で甄嬛は陛下の顔を知らないのだww秀女演出の時に確かに甄嬛は下を向いていたけども・・・余鶯児、もう謹慎解けたのか、華妃に泣きつくし歌っていただけでまだ寵愛復活ですか、やれやれ。ただ倚梅園の一件があるから甄嬛に暴露されたら絶対に終了ですね)

 

7話/御花園の導き

甄嬛は果郡王と名乗る雍正帝と約束していたので御花園を訪れるが土砂降りのせいなのか来なかったので帰ります。

皇后と共に皇太后に呼ばれていた雍正帝は急いで御花園に向かうが彼女の姿はなく雨が降っていたので来なくても仕方ないと思います。それでも来るかもしれないと何度も訪ねてしまったために風邪をひいてしまい寝込みます。

沈眉荘は陛下の看病をしていたが華妃がやってくるとそばから離れないので自分はいなくてもいいだろうと咸福宮に戻ります。

 

甄嬛は再び御花園を訪ねると余鶯児がやってきて無礼な発言をしてくるので礼儀も知らんのかと侍女に手本を見せてやります。位が上でも寵愛を得られなければ卑しいままだと暴言を吐かれるが皇太后の罪は軽かったようだなと雍正帝が現れます。

雍正帝は余鶯児を官女子へ降格させ目につかぬ所へ移せと命じると甄嬛を貴人に昇格すると告げます。果郡王ではなく陛下だったのかと跪く甄嬛は争いごとに巻き込まれてしまうのでは心配するなか、流朱は喜びながら走って戻り皆に報告します。

雍正帝は貴人になるというのに仕えている者が少なすぎると指摘するが甄嬛は小允子ならば首領太監が務まるはずと訴えると受け入れられます。

 

(寵愛を受けた途端に仕えたいとわんさかやってくるが新しい者は華妃や皇后の間者の可能性もありますね。余鶯児は官女子よりもただの宮女の方がまだましな生活なのでは?wwあの性格からしてまだ懲りない気がするね)

 

8話/床入りの日

甄嬛は湯泉宮の沐浴を賜り崔槿汐を連れて輿で向かいます。その夜、床入りを迎えると華妃は陛下の心が遠のいたのではないかと悲しみ、沈眉荘も複雑な心境で眠れぬ夜を過ごし安陵容から目の下にクマができていると指摘され話し込んでいたからと誤魔化します。

スポンサーリンク

 

甄嬛は伽の翌日は皇后へ礼を行うしきたりなので挨拶に向かいます。御花園を散歩しながら帰ろうとすると麗嬪に仕えると言って去っていった康禄海に挨拶されます。

おそばで仕えたいと予想通りの言葉を言われ麗嬪が知ったら不愉快に感じるはずだと指摘します。そこに仮病を使って離れたかと思えば昔の主に会っていたのかと曹貴人と麗嬪がやってきたので甄嬛は挨拶します。

湯泉宮から戻った甄嬛は雍正帝から椒房の祝いが届き、皇后以外で賜るのは稀で華妃と同等の特別対応だったために碎玉軒に仕える一同は大いに喜びます。

 

甄嬛は後宮の諍いは絶えず続いているが麗嬪みたいにあからさまな分かりやすい嫌みは怖くはないと沈眉荘に告げます。陛下の寵愛も麗嬪の敵意も皆の嫉妬も一気に押し寄せてきたので困惑すると告げると皇后や華妃には適わないから忍耐だと言われます。

(安陵容も甄嬛が陛下の寵愛を受け眠れなかったらしいね。沈眉荘は聡明なお方と見られるので大丈夫だろうが安陵容はあまりにも弱々しいので皇后や華妃から唆される可能性もありそうね、大丈夫かな・・・それにしても、いちいち皆さん棘のある言い方しかできないのね。甄嬛の話を聞く限り分かりやすい華妃よりも皇后の方が怖いのかもね)

9話からのネタバレ

 

 

華流ドラマ
スポンサーリンク
鑑賞感想