PR

「宮廷の諍い女」49話50話51話52話ネタバレあらすじを感想を交え紹介

中国時代劇「宮廷の諍い女」作品概要

スン・リー主演、雍正帝が皇位に就いた後に後宮入りする甄嬛が権力を手に入れて行く姿を描いた作品!!

最優秀作品賞にあたる十佳電視劇第一名のほか、最多7部門での最優秀賞を受賞し2012年度最高のドラマと評価された!

 

あらすじ

愛新覚羅・胤禛が康熙帝の後を継ぎ、清の第5代皇帝・雍正帝の時代の幕開け!!皇帝の寵愛を巡る側室たちの激しく哀しい諍いの始まりでもあり、皇后と華妃が勢力を二分する後宮に甄嬛が側室として宮廷入りする。嫉妬と陰険な陰謀が渦巻き、華妃とその手下の側室が仕掛けてくる冷酷な罠を打ち倒していくが諍いで心も疲れ切った甄嬛は宮廷を後にする。しかし、外の世界で皇帝の弟・果郡王との安らぎの時間を過ごす中、不幸に陥れる真の敵の影が忍び寄びより再び後宮に戻ることに・・・

スポンサーリンク

 

キャスト/スン・リー主演

甄嬛(スン・リー)
莞常在→莞貴人→莞嬪→莞妃(未正式受封)→莞嬪→廃妃→莫愁(出家法号)→熹妃→熹貴妃→副皇后→聖母皇太后
沈眉荘(ラン・シー)
沈貴人→恵貴人→沈答応→恵貴人→恵嬪→恵妃→恵儀貴妃(追封)
安陵容(タオ・シンラン)
安答応→安常在→安貴人→安嬪→鸝妃→監禁の後、自害
果郡王/愛新覚羅允礼(リー・トンシュエ)
果郡王→果親王。先帝に最も寵愛された舒太妃の子で甄嬛を一途に愛する皇子
温実初(チャン・シャオロン)
甄嬛を一途に愛する侍医
華妃(ジャン・シン)
華妃→年嬪(未貶成)→華妃→華貴妃→年妃(貴妃から降格、一時封号剥奪)→華妃→年答応→冷宮送りの後死罪→敦粛貴妃(追封)→敦粛皇貴妃(再追封)
雍正帝/愛新覚羅胤禛(チェン・ジェンビン)
早逝した純元皇后を深く愛し不義には厳しく厳罰も辞さない
皇后/烏拉那拉宜修(エイダ・チョイ)
皇后→事実上の離別を言い渡された後、終生景仁宮に監禁→死去

 

ネタバレ感想

 

「宮廷の諍い女」全76話あらすじ一覧

 

49話・天地で唯一の愛

甄嬛は長相思と長相守の調和を聴きたいと舒太妃(冲静元師)にお願いされ果郡王と共に奏でます。

果郡王から誠心誠意想いを告げられる甄嬛は受け入れられずにいたが高貴な身分なのに夜遅くまで山猫がいるから危険と見守ってくれていたので心打たれます。

皇太后は隆科多が結託して君主を欺いていると雍正帝がお怒りなので年羹堯と同じように粛清するつもりなんだと気付きます。即位に貢献したのに用済みゆえ粛清したと後世から非難されると訴えるが無駄だと悟り監禁されている隆科多に密かに会いに行きます。

情けをかけるのは噂通りかつて情を交わしていたからだと雍正帝が疑っていたので毒殺する事で口を封じ潔白を証明します。

 

甄嬛は果郡王が奏でる笛の音を耳にすると、大切なのは今を後悔しない事だと崔槿汐に言われます。大雨になっても笛の音が聞こえてきたので傘を持って駆け付けると果郡王に抱きしめられます。

果郡王の愛を受け入れると舒太妃にさっそく紹介され喜ばれます。

(むむ、これはどうなるんだ?甄嬛はいずれ皇宮に戻るはず!!果郡王と結ばれたら戻れなくなるけど結ばれてしまったよね・・・って事はどこかで果郡王は亡くなってしまうのかな?他に戻れる理由が見当たらない)

 

50話・断ち切れぬ未練

温実初は甄嬛のその後の体調を心配して訪ねるが果郡王と結ばれたことを知り肩を落とします。甄嬛が入宮する前から一途に想っていたので果郡王が心底羨ましいと言い残し去ると、そんなにやつれてどうしたんだと沈眉荘に聞かれます。

自分は必要ないみたい、望むものは手に入らないようだと告げると、「好きならその気持ちを守ればいいし嫌いになれば忘れればいい、惨めな自分をさらけ出すな」と叱咤激励を受けます。

スポンサーリンク

沈眉荘は禁句であっても生母には変わりないので朧月公主を抱く敬妃に今日は甄嬛の誕生日だと告げます。

安陵容は雍正帝が高熱を出したと訴え侍医を呼びに行かせる間に媚薬入りの香りを侍女に捨てさせます。報告を受けた皇太后は女狐のような者に看病させるなと蘇培盛に命じるが陛下が甄嬛の誕生日に不機嫌だったと知り未練があるのかと困惑します。

斉妃は皇后が陛下の看病に行っている間に第三皇子・弘時に会いに行くが報告を受けた皇后は息子を帝位に付け皇太后になるつもりかと疑います。

 

(斉妃さ、皇后がどんな人物か知ってるでしょ?誰かに付けられていないかちゃんとしてよ。そして恩を仇で返すとはと皇后は怒っていたけど皇子を奪ったのはあんたでしょ。回復する雍正帝が円明園に行った時に馬馴らしの葉瀾依に目が止まったっぽいけど果郡王が好きみたいよ?果郡王といえば甄嬛の侍女・浣碧も果郡王が好きでしょ?辛くないのかな?)

 

51話・結ばれた心

甄嬛と果郡王は山中で毒蛇に噛まれ倒れているジュンガル部の男(ハーンの長子)を助けます。

答応に封じられ皇宮へ行くことになってしまった葉瀾依は縛られることを嫌うので静かな場所を与えてほしいと陛下に告げるよう蘇培盛に訴えます。自分の意志を無視して後宮入りさせた雍正帝を嫌って笑顔を見せず、うわべだけの付き合いを嫌うため礼儀知らずだと妃嬪たちからは煙たがられます。

葉瀾依は夜伽に選ばれても避妊薬を飲んで自ら妊娠しないようにしていました。

 

雍正帝は西蔵で反乱が起きジュンガル部が関与しているからと果郡王に調査を命じます。心配して張廷玉に密かに護衛を付けさせるが同時に政務に関わり過ぎないよう防ぎたいと忠告します。

命令とあらば辞退できないために甄嬛と結婚の誓いを交わし馬を走らせます。

1か月後、沈眉荘が会いに来てくれたので甄嬛は再会を喜び嬪に昇格していた事で祝福の言葉をかけます。しかし、おそらく皇后の仕業で父・甄遠道が重篤だと知らされ、皇宮を出た身なのにまだ執拗に苦しめてくるのかと落ち込みます。

(甄嬛は果郡王の子を身籠っているのね。はやいですねww雍正帝は果郡王を信頼しているかと思いきや警戒もしているのか。護衛ともいえるが監視ともいえる)

 

52話・皇后、独壇場

スポンサーリンク

皇后は寵愛を受ける葉瀾依が皇子を産めば第三皇子・弘時にとって脅威になると斉妃を唆します。

葉瀾依は斉妃から棗の汁物が届けられ怪しいと知りつつ飲み干し命令を遂行したと告げればいいと帰らさせます。雍正帝は葉瀾依の腹痛が止まらないので調べさせると妊娠できない体になったと報告を受けるが急すぎるので直前に汁物を届けた斉妃を見張るよう命じます。

斉妃は皇后の命でしたことなのに土壇場でそんなことを命じていないと裏切られ、3皇子を盾に脅された事で守るために自害します。そして皇后は生母がいない3皇子の養育権を手に入れ笑みを浮かべます。

葉瀾依は貴人に昇格し寧の封号を与えられるが最初から子を望んでおらず斉妃に感謝しているぐらいなので喜ぶこともありませんでした。

 

温実初から川で船が沈没し果郡王が亡くなったと知らされる甄嬛はショックで言葉を失います。

皇太后は斉妃の侍女が殺された事で皇后を呼び、斉妃を陥れていないと誓えるかと詰めます。こんな所業は初めてではないはずだと責め純元皇后がなぜ死んだか一番わかっているだろうと言い放ちます。

一族の栄誉のためで何も間違っていないと言われ、今まで何度も黙認してきたが妃嬪のお腹の子は私の孫でもあるのだと叱責します。

(皇后、姉である純元皇后も殺してるのか・・・自分の地位を守るため、そして嫉妬から手段を選ばず人を陥れ子まで奪うとはもう極悪人です。皇太后が黙認するのも問題よ、雍正帝にバレたら間違いなく死罪じゃないのかね、だって衣装を着ただけで甄嬛がここまで陥ったのだから)

53話からのネタバレ

 

 

華流ドラマ
スポンサーリンク
鑑賞感想