「一夜の花嫁」全話ネタバレ感想・あらすじを最終話の結末まで

作品情報キャスト

ユエン・ハオとチャオ・ツァオイー共演、海賊王とお嬢様のラブコメ時代劇

伝説の侠客・雲鶴大侠に憧れる花溶は男装して花花大侠を名乗っていました。

ある日、借金のかたに妓楼に売られた小茴を救おうとした花溶は海賊王・秦尚城と裴庸の争いに巻き込まれ裴庸の仲間だと勘違いされ秦尚城に捕らわれてしまう。

海賊島からの脱走を企てる花溶は女だとバレているのだと気付くが婚姻を迫られたのでそれを利用しようを計画する。粗野で横暴な秦尚城を嫌がる花溶だが実は秦尚城には弱き者を助ける秘密の一面があった。

スポンサーリンク

 

秦尚城(ユエン・ハオ)花溶(チャオ・ツァオイー)金逸文(イー・ボーチェン)張弦(ホアン・チエンシュオ)銭大有(ユー・カイニン)趙元明(ガオ・ジーツァイ)唐楚蝶(ユー・シントン)など

 

華流ドラマ「おすすめ10作品」はこちら

 

全部24話で紹介

 

ネタバレ感想/一夜の花嫁

 

第1話・新米女侠客と海賊王

天楚国・鄞城、

江湖の英雄・雲鶴大侠に憧れる花溶は男装して花花大侠を名乗り天仙楼に侵入して苦境に立たされれる妓生・小茴を救おうとします。

身売り証分が女将のもとにあると小茴に言われ探しに行くが海賊王の秦尚城と裴庸の争いに巻き込まれてしまいます。

万疆国の第二王子・金逸文は従者・莱生を連れてお忍びで歩いていると裴庸を追う花溶とぶつかります。

 

花溶は裴庸を追いかけ船に飛び乗るが裴庸は反対側から海にダイブして逃走しており、そのまま追いかけてきた秦尚城に捕まってしまいます。

秦尚城は配下の張弦と銭大有が兵士に包囲されていたので救出しに行き、その間に花溶は隠れるが金逸文とぶつかった際に荷物を落として入れ替わっており金銀財宝がなくなってしまいます。

そのころ、金逸文は貴重な原稿を失ってしまい莱生に探しに行くよう命じます。

花溶は騒動に気付き出て行くと海賊船に襲撃を受けており秦尚城に敵意を抱く副頭の陳彪に官兵が斬られていました。

後からやってきた秦尚城は投降者は殺すなと命じたはずだと陳彪を叱咤し下がらせます。すると花溶が船を燃やしたので捕まえて「裴庸はどこだ?妓楼で奴を逃がして一緒に船に乗っただろう」と訴えます。

 

海賊島に連行された花溶は花花大侠を名乗っているが秦尚城は女だと最初に会った時から見抜いていました。

肉体労働のあと厨房に送り込まれた花溶はガミガミ煩い意地の悪い料理長を懲らしめるために爆破させます。秦尚城が全島に危機が及んだ責任を取らせるために料理長に杖刑を命じたが連帯責任だと言われたので自分の仕業だと名乗りでます。

(花花大侠を名乗る花溶はどこからどう見ても女にしか見えない、笑。鎮南国内で女任侠を名乗り人助けするなら分かるけど天楚国まで行くとはなかなかの強者ですねw小茴を救いに行ったのは母親からお願いされたらしいから小茴も鎮南国の人なのかもね)
スポンサーリンク

 

第2話・島の掟

花溶は自分が爆破させたことを名乗り出て、父親は花満天(鎮南国の将軍)だから自分に何かすれば朝廷を敵に回すぞと言い放ちます。

しかし、秦尚城から杖刑をくらうことになり介抱する銭大有に八つ当たりします。

洗濯を命じられ気丈に振る舞っていると島から出る民たちがいると知り老人に扮して紛れるが船に乗ろうとすると秦尚城に捕まれます。

秦尚城の衣に発疹がでるよう細工したために逃亡を図ったのは明らかだとして柱に括り付けられてしまいます。

 

花溶は虐められているのを助けたことがある岳風から密かに水や食事を与えられます。

秦尚城は花溶が倒れたと報告を受け急いで医者を呼ぶよう命じたために女だったことがバレてしまいます。

張弦と銭大有は調べると花満天には娘がいるようで家出したと花府で大騒ぎになっていることを知ります。

 

花溶は目を覚ますと女の衣に着替えさせられていたので変態だと秦尚城に言い放ちます。

花溶は自分が一人っ子であるため岳風を弟分とすると秦尚城の部屋に航路や暗礁が記してある海図があると教えられます。

花溶は部屋に陳彪が入ってきて襲われそうになるが秦尚城が助けてくれたので「島主の座を奪うから計画に付き合えと誘われた」と訴えます。

陳彪は濡れ衣だと訴えると秦尚城は鞭打ち50回を命じるが花溶を担いで部屋に行き「今に始まった事ではないがそんなことを陳彪が口にするわけない」と言い放ちます。

(そういえば裴庸を追っていた理由は何かと思って調べたら秦尚城の養父・秦覇天の仇だそうです。もう完全に秦尚城だけでなく張弦や銭大有、岳風たちを味方に付けているから無敵ですねw)

 

第3話・海賊島脱出作戦

花溶は海図を手に入れるために秦尚城に親切に接し字を知らない彼に書き方を教えます。

一方、花溶に嵌められて杖刑を受けた副頭目の陳彪は苛立ちをぶつけるために彼女の弟分となった岳風(小風)に焼きを入れます。

「泣いて許しを請わなかった」と成長する岳風を褒める花溶は仕返しするために陳彪の茶に毒を混入します。突き止めた陳彪が押し掛けてくるが同じ茶を飲んだ秦尚城はお腹を下していないと訴え「私を憎んでいるようだけど島主の地位を狙っていることは黙っているからやめて」と言い放ちます。

それにより陳彪は鞭討ちか謝罪を命じられ、皆の前で鞭打ちされるのは恥なので怒りを必死に抑え「すまん」と告げ出て行きます。花溶は雲鶴大侠の伝記にあった知識を使っていたため相性の悪い食事を口にしていなかった秦尚城は無事だったのです。

 

海図を入手した花溶は岳風と共に船で脱出を試みるが秦尚城に捕まってしまいます。岳風を守らねばと脅して手伝わせたのだと訴えると問題ばかり起こすから釈放した方がましだと言われます。

「海域を乗り越えられたら釈放、失敗したら二人とも島で暮らせ」

花溶は条件を飲んで舟をこぎ出すが海図は偽物であり天候は悪化して海に投げ出されてしまいます。

(陳彪がにくめない、笑。何かやれば罠に嵌められて返り討ちにされます。秦尚城も罠に嵌められているのを知っているのに鞭打ちを命じるのもおもしろいね。)
スポンサーリンク

 

第4話・恩か恨みか?

海に投げ出された花溶は秦尚城に助けられ島で野宿をすることになります。

目を覚ますと秦尚城の顔が目の前にあったので襲われそうになったと勘違いするが毒蛇から助けてくれたのだと気付きます。

秦尚城が毒蛇に噛まれ倒れてしまったので花溶は一瞬見捨てれば自由の身だと思うが彼を背負い頑張って海賊島に戻ります。

解毒はできたが体が弱っていると岳風に知らされ花溶は夜通し看病します。

 

秦尚城の誕生日の祝宴が開かれると知り花溶は厨房に行くが陳彪に捕らわれ拘束されてしまいます。

目を覚ます花溶は逃げ出し祝宴に押し掛けて酒に痺れ薬が入っていると秦尚城に訴えます。秦尚城が厨房の者を呼べと命じるが時すでに遅し、次々と倒れて行きます。

実は痺れ薬を混入しているのを目撃していた秦尚城は演技をしており「今やめれば許してやる」とチャンスを与えるが、これからは俺が掟だと陳彪が従わなかったため立ち上がると部下たちも続きます。

 

後に引けなくなった陳彪が戦えと命じたので秦尚城は仕方なく剣を抜き簡単に捕らえます。

過去、陳彪が自分を庇って剣で刺されたことがあるために借りを返せと訴えられた秦尚城は自分の胸を短剣で刺し謀反人たちを牢へぶち込みました。

花溶は秦尚城を酔わせて本物の海図がどこにあるのか聞き出そうと企てたが強い酒で自分がダメージを受け一夜を共にしてしまいます。

(陳彪は詰めが甘いですね、痺れ薬を混入した場面が丸見えじゃんw秦尚城は解毒の治療を受けていたから知らなくても効き目なかったのではないかな?花溶は酒を飲んだだけなのに大胆ねw)

 

各話あらすじ一覧/一夜の花嫁

1話2話3話4話(ページ内にジャンプします)

任侠に憧れる花溶は妓楼に侵入するが争いに巻き込まれて秦尚城に捕らわれ海賊島に連れていかれる。副頭目の陳彪を返り討ちにすると弟分にした岳風から海図の存在を知らされ盗んで脱走を試みるが・・・

第5話~24話(最終話)まで

5話6話7話8話

花溶は婚儀で秦尚城を安心させ岳風と共に海賊島を脱走すると万疆国の2皇子・金逸文に助けられる。しかし小茴を助けようと妓楼に侵入すると裴庸を追う秦尚城とばったり出くわしてしまう。黒龍党のアジトで人身売買の記録を見つけた花溶を救いに行くと憧れの雲鶴大侠が・・・

9話10話11話12話

金逸文がやってきたのは母親の喘息を治すための月影真珠を手に入れるためであり傷を負った機にいったん万疆国に戻ります。花溶は花満天が刺客に襲われ蘇伯父の別荘で治療中だと分かり行くと父を助けていたのは秦尚城だった。花満天の代わりに調査に出る秦尚城と花溶たちだったが・・・

13話14話15話16話

憧れの雲鶴大侠の正体が秦尚城だと分かり驚く花溶だが信頼していた張元明が黒龍党でショックを受ける。花満天を人質に取られ強引に結婚させられそうになるが秦尚城によって助けられる。秦尚城は義父に敵を討つが黒龍党の黒幕が万疆国にいると知り・・・

17話18話19話20話

秦尚城は婉婉の婿選び大会を棄権し花溶は白玉を受け取りに行きます。分かち合い友情が芽生えた金逸文と秦尚城は協力して刺客を捕らえるが口封じされてしまう。武器を目にした金逸文は黒幕は兄・金鐸雄だと気付く。花溶たちは白玉を求め夢蝶山荘へと向かうが・・・

最終話まで(アップしたらリンク付けします

秦尚城と花溶に救出された夢蝶山荘荘主・唐峰は秦覇天の位牌の前で共に大海と江湖を横断無尽に渡り歩いたと話始めます/金鐸雄と結託していた夜辰に毒を盛られた花溶は目覚めると何故か秦尚城と唐楚蝶の婚礼準備が勧められていた/毒を自分の体内に移したのだと真相を知った花溶は宝物庫を探し解毒薬を手に入れなければと焦ると彼の死の知らせが届き・・・