韓国ドラマ「ジャスティス」全話ネタバレあらすじ(作品情報キャスト)1話から3話の結末まで

スポンサーリンク

 

作品情報/ジャスティス

チェ・ジノクとAFTERSCHOOLのナナが共演した社会派サスペンス

司法試験の合格発表を控えていたテギョンは弟が命を落とした事件で加害者に下された軽すぎる刑に怒りを抑えきれず復讐して人生を終わらせようとした。

そんな時、ボムジュン建設のソン・ウヨン会長が「復讐してやるから弁護士になってくれ」と提案してきました。

7年後、上流階級専門の弁護士となったテギョンはウヨンから依頼されるさまざまな裁判を勝利に導き多額の報酬を得ていました。ある日、暴行事件で起訴されている暴力団組員のヤン・チョルギを刑務所から出せという指示を受けるが検事が元恋人ヨナだったので驚きます。

ヨナは「悪」になってしまったテギョンに戸惑うものの「この事件は弟の事件とウヨンに関わりがある」と告げます。テギョンは会長に隠れて調査しだすがヨナが消されてしまうと恐れ説得し始めるのだが・・・・

キャスト

イ・テギョン(チェ・ジノク)ソン・ウヨン(ソン・ヒョンジュ)ヨナ(ナナ)スホ(パク・ソンフン)ドンヒョク刑事(イ・ハクジュ)ヨンミ(チ・ヘウォン)ナムシク部長検事(キム・ジヒョン)マンヨン次長検事(オ・マンソク)など

 

 

ネタバレあらすじ/1話から3話

 

第1話/上流階級専門の弁護士

息子が性犯罪を犯したから助けて欲しいと国税庁長官に頭を下げられたボムジュン建設ソン・ウヨン会長は上流階級専門の弁護士テギョンに話を持ち込みます。

テギョンは現場に行くと女性に乱暴した状態で酔っ払っている馬鹿息子を目にします。被害者ヨンミが通報したことで裁判となり、明らかに有罪だったが莫大な金のためにテギョンは巧みな話術で被害者が誘ったように思わせ無罪判決を勝ち取りました。

帰るときに最低な男だと吐き捨てられるが「父親は高官だ、身の程を知れ、示談金が欲しかったら黙ってろ」と言い放ち車で去ります。

テギョンはソン会長、そして権力者たちと酒を飲んで快楽パーティーを楽しみます。

 

「暴力事件に巻き込まれたチンピラのヤンを釈放しろ」と言われたテギョンは面会に行き「家屋を養うために事件を起こしたことにするから演技しろ、本体を守るためにな、失敗すればお前みたいな尻尾は切られるぞ」と言い放ちます。

すると「上級国民しか弁護しない人がチンピラの何で弁護するの」と刑事部検事ソ・ヨナに話しかけられます。

ヨナは元検事総長の娘でありテギョンの元恋人でした。裁判で「暴力団を利用したポムジュン建設が黒幕です。ヤンは前科7犯で殺人事件の嫌疑もあります」と言いました。

何も知らなかったテギョンは調べると7年前に女優になったばかりのスジョンが自宅の風呂場で刺されて命を落とした事件でした。唯一家を訪ねたのはヤンだけであり指紋も検出されたのになぜか釈放されていました。

ヨナは犯行時間に宅配を届けるために訪ねた人がいると知り調べると事件の翌日に交通事故で死亡したテジュ、テギョンの弟でした。

 

第2話/7年前の事件

ヨナは7年前の事件を調べようとすると上層部から圧力がかかったため「弟の事故死と何か関連がある」とテギョンに伝えます。

7年前、司法試験の合格発表を控えていたテギョンは弟の命を奪った加害者があまりにも軽い刑であるため復讐して人生を終えようとしました。最初から謝罪もなく弁護士を通して示談で済ませようとし、あげくには軽い判決を下され加害者はニヤついたのです。

そんな時、ボムジュン建設のソン・ウヨン会長が「自分に害が及ばないようにするのが復讐だ、変わりにしてやるから弁護士になってくれ」と提案してきたのです。ウヨンの依頼を受け仕事をしているうちに金持ちになりすっかり性格が変わってしまったのです。

 

協力してくれていた江南警察のカン刑事が7年前の事件を調べだした途端に事故死したためヨナはショックを受けます。上部がただの事故死だと判断しようとしていたため相棒役だったドンヒョク刑事はそんなわけないだろうと激怒します。

ヨナは「カン刑事が殺された、指示しただろう」と訴えると「刑務所にいる俺がどうやって殺すんだ」とヤンに笑われます。ヨナは証拠の捏造ぐらい簡単だと脅し7年前の指紋付きの凶器と合わせて2つの殺人の罪に問われると言い放ちます。

しかし、ナムシク部長検事から担当を降ろされてしまいます。ナムシクはただの暴行事件で何で圧力がかかるのかと疑問を抱いていたが権力に弱い次長検事から出世を条件に命じられたのです。

スポンサーリンク

 

テギョンは7年前の事件は間違いなくヤンなのに釈放されたと確認し事件当日に訪ねた配達員を調べるよう事務長にお願いすると路上で弟から荷物を手渡された若い女性がヤンに渡すところが防犯カメラに映っていました

女性の顔をよく見るとヨンミだと分かり訪ねるが前の裁判で被害者なのにデタラメな話を持ち込んで無罪にしたため「クズ野郎、二度と顔を見せるな」と言われてしまいます。

「受け取った小包はなんだ」と聞いてもヤンが何も答えないので「一生刑務所の中だ」とテギョンは脅し裁判で弁論しませんでした。

ソン会長に会いに行き「弟の事故と絡んでいる。ヨナ検事も降ろされたしヤンには後ろ盾がいる」と訴えると「引っかかるなら釈放させるな」と言われます。

7年雨の事件の立証は難しいのでテギョンは約束通り釈放させるが尾行すると嫌な予感は的中しソン会長の屋敷に入っていきました。

 

第3話/黒幕

テギョンは「ヤンと連絡が付かない、釈放させるべきでなかった」と悔しがる演技してもソン会長は何も言いませんでした。

「必ず捜し出してくれ、弟の事故の真相を知っているはずだ」

テギョンは車を走らせながらソン会長が黒幕なのかと迷いながら車を走らせます。テギョンが帰った後ソン会長は「最も重要な真実は大事な人を守るためにも隠さなければならない」とチェ課長に伝えました。

妻子がいるヤンはソン会長から家と学校、大金を用意されます。ヤンの居場所を知っているテギョンは会いに行くと手にする鞄と航空券を見て高飛びするのだと気付きます。

金に弱いと判断し「情報をくれれば10億」と告げて去り、すぐに調べるとヤンはオーストラリアに高飛びするのだと分かります。

 

ドンヒョク刑事はカン刑事は絶対に殺されたはずだと思いヨナに資料をすべて渡します。芸能事務所チャン・エンタの練習生が殺される事件が発生し7年前のヤンの刺し方と同じだったので指名手配します。

その頃、ヤンは妻子を逃がし「身を隠すためには金が足らない、10億提示してきた者もいる」とソン会長を強請ります。

妻子を密航させてヤンが残ったと知ったテギョンは「10億やると言ったのに逃げられた」とわざとソン会長に伝えて様子を伺います。事務長からヤンが動いたと報せを受けたテギョンはすぐに向かいチンピラを使って縄を張っていたドンヒョクとヨナも向かいます。

ヤンは金を受け取るが指名手配されていると知ったソン会長が手配した警察に追われます。ヤンは必死に逃げ切るが鞄の中身を確認すると紙くずでした。

最終的にヤンを捕まえたテギョンは「連中は弟を殺してはいない、犯人は別にいる。15億ウォンくれれば証拠を渡す」と言われます。

テギョンは「これが最後のチャンスだ、次裏切ったら許さん」とヤンを逃がし、それを目撃したヨナは追うが逃げられてしまいます。

「ソン会長には知られるな、15億ウォンと弟の携帯を交換だ、携帯をチェックすれば真相が分かる」

事務長に15億を用意させテギョンは向かうがヤンは練炭自殺したように仕組まれ殺されており探しても弟の携帯は発見できませんでした。

ソン会長は「これまで通りやっていこう。俺が依頼してお前は仕事をする。そして互いに沈黙を貫き前に進んでいこう」とテギョンの前で弟の携帯を破壊しました。

ジャスティス/全話一覧

1話から3話はこのページになります

4話・5話

弟の事故死の真相を知る重要人物

6話・7話・8話

女優失踪/死んだはずの男が現る

9話・10話・11話

USBと食堂の謎が明らかに

12話・13話・14話

弟の復讐、父親の復讐のため手を組む

15話・16話(最終話)

タクを追い詰める動かぬ証拠/裏切られる会長/罪を償う

 

 

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました