中国時代劇「上陽賦」ネタバレ感想・29話~32話のあらすじを結末まで

作品情報キャスト

実力派女優チャン・ツィイー主演の中国歴史スペクタクル

皇族一族の血筋を引いている王儇は上陽郡主の名を授かり美貌と地位、天性の才知そして幼なじみの恋人と誰もがうらやむものすべてを手にしていたが動乱の世によって過酷な宿命が襲う。

ただの兵士から功績を挙げて将軍の地位まで上り詰めた寒門出身の蕭綦は権威ある豫章王となる。二人は政略結婚し愛など存在しなかったが互いの人柄に触れ少しずつ心を通わせ始める。やがて外戚と皇帝一族との間で争いが起こり南方の皇帝一族が反旗を翻す事態に発展するなか共に歩むことを誓い合う

王儇(チャン・ツィイー)蕭綦(ジョウ・イーウェイ)王藺(ユー・ホーウェイ)馬子澹(トニー・ヤン)賀蘭箴(ユアン・ホン)馬曜皇帝(ジアン・カイ)王夙(ジア・イーピン)謝宛如(ズオ・シャオチン)蘇錦児(リュウ・イー)など

 

中国時代劇「上陽賦」ネタバレ一覧はこちら

 

 

ネタバレあらすじ/上陽賦

 

第29話・一家の再会

王儇は傷を負った子澹(第3皇子)のお見舞いに行こうとすると蕭綦から止められるが「命の恩人だし筋を通したい」と納得させます。

しかし侍女・蘇錦児を連れて見舞いに行くが皇太子妃・謝宛如の命で門前払いされてしまいます。

 

皇太子・子隆は兵士名簿を蕭綦に預けます。蕭綦は謀反には多くの者が加担したので宮中にいるかもしれないし残党の存在を明らかにするべきと思うが丞相(王藺)から宮中の衛兵は勇士ばかりだから必要ないと言われます。

蕭綦と王儇のおかげで助かった事もあり皇太子は全面的に蕭綦に信頼を寄せます。

丞相は桓宓の件で体面を失い酔いつぶれる王夙をひっぱたき池に落とします。罵声を上げ絡む王夙に「死人のような息子などいらん」と言い放つと「母上と王儇もいなくなった、すでに家族は崩壊しているじゃないか」と言われます。

 

王儇は酔いの覚めた王夙と共に母・長公主のいる慈安寺を訪れると丞相を乗せた輿も到着していました。

王儇と王夙は2人の時間を作ってあげようと両親だけにして遠くから様子を伺い、王儇は気分が優れないでいると診察した侍女から懐妊していると言われ喜びます。

(あまり話が進まなかった。懐妊した事は蕭綦には話していないようね。数日後に話すつもりだったとナレーションが流れたので何かあるのかな?王夙が酔い潰れるのは正直分かってあげたい、妻が隠れて謀反を起こした子律と愛し合っていたなんて言われたら酒に溺れるのも仕方ないと思いますよ)

 

第30話・崩御

皇帝の看病をする王儇は遺言書を残した事を聞かされ託されます。

帰り際、皇后に呼ばれ足を運ぶと「皇帝は子澹に皇位を譲るつもりだがどう思う?」と聞かれます。

皇帝と手を組んで子律を止めたことを気にしているのだと察知し「子澹は文人であり儒家なので政に向かない。すでに皇権は王氏のもので疑う必要はない」と告げます。

 

皇帝が崩御し丞相が近衛軍と入居したと報告を受けた蕭綦と王儇。

蕭綦は東宮を封鎖しすべての太医を外に出すなと命じ向かうと丞相が出てきたので「陛下の崩御後に大臣らを統べることもせず皇太子殿下を拘束する意図は何でしょう?」と問います。

王儇は宮殿に向かうと皇太子が拘束されたと宋懐恩に知らされ父親は先手を打ったのだと分かり皇后はどうしたのかと聞くと包囲されていると知らされます。

「私はあなたを殺さないけど大王か父にもしものことがあれば私が死ぬことになる」

王儇は押し入り「太医は冬を越せると言っていたのに」と告げると天命には逆らえないと皇后に言われ「本当に?」と訴えます。

 

遺言状を託された事を伝えると皇太子・子隆を皇帝に付かせたい皇后は奪いにかかるが万が一のために手下を忍ばせていたので燃やされる前に取り返します。

王儇は外に出ていき皇帝の遺書を前に騒動を起こすなと叫びます。

「ここに皇位の継承を命ずる。余の意志を継ぎ国を治める次期皇帝は皇太子・子隆」と遺書を読み上げると皇太子妃・謝宛如は喜び皇后は驚きます。

王儇は「親は子を愛し、子は親に孝行すること。権力欲しさに孤立するのか」と訴えると丞相は「その遺言書を出すべきではなかった」と言います。

 

丞相から「皇太子は娘と間違えて謝宛如を陵辱した男で皇帝に相応しいと思うか」と訴えられる蕭綦は「この騒動は丞相が招いたもの、罪を犯しました」と告げます。

丞相は「お前が服従しないのなら仕掛けていた火薬を爆薬させるまで」と言い放つとそこに長公主が現われます。

(丞相は最初から家族の命よりも権力重視の考えだったので嫌いだった。長公主がやってきたのでおそらく王儇の方に有利に傾くのだろうが情けない皇太子が皇帝になるのもしょうもないよねwどうなることやら・・・)
スポンサーリンク

 

第31話・3つの命

長公主は皇帝の遺言を聞いても引こうとしない丞相・王藺に「長い夫婦生活で借りをすべて返した。今日をもって夫婦の縁を切る、家族を失う痛みを知ればいい」と言い放ち自害しました。

目の当たりにした王儇はあまりのショックで倒れ流産してしまいます。

胤暦2年9月、皇帝が崩御し哀悼の意が捧げられ臣下たちが家族を連れて集まり涙を流しました。10月に即位室が拳行され皇帝になった皇太子・子隆は蕭綦に国政の補佐を命じました。

 

母親を失い蕭綦に子を授った事も言えぬまま悲しみにくれる王儇は父親はどうなったか蕭綦に聞くと皇帝と皇太后は家族の情を考慮し反逆の罪には問わないそうだと言われます。

しかし私利私欲のために徒党を組んだ罪は重く、王氏一族の罪は放免されるが王儇は三日後に処刑されると知らされます。

九族皆殺しの刑には問わないが斬首刑に処すと告げられた王藺は子を守る女の冷酷さを甘く見てはいけないと皇太后に言われます。

皇后になった謝宛如は懐妊したことが分かり皇帝に報告するが皇太后が牛耳っている事が分かり王氏には絶対に負けないと自分に言い聞かせます。

兄・王夙に父を助けてくれと訴えられた王儇は謀反の罪なんでどうすればいいか困惑します。

(長公主、自害しなくてもいいのに、涙。情けない子隆が皇帝に付くとは思いもしなかったw皇太后も賢いとは思えないし。そして何より謀反もよく分からなかったよね)

 

第32話・親子の情

兄・王夙から「母親を失いたった一人の父親を失えば王氏はお終いだ」と告げられる王儇は謀反を起こした父なので黙り込むと「今から助けにく、これが最後の別れになるかもしれぬ」と言われます。

王夙は跪いて謁見を申し入れても皇太后の許可が得られず、王儇は刑場に馬を走らせます。

刑場で足止めくらう王儇は蕭綦が助けてくれたのだと知り馬を走らせるが父・王藺は「来てはならん」と叫び馬車で走り去ってしまいます。

 

蕭綦は太医から王儇が妊娠していて流産したようだと知らされ驚くが今後、今後懐妊したら母親の命は補償できないと言われます。

(ん?話進みましたか?笑。蕭綦は皇帝から授った密詔を見せて王藺を逃がしたのは分かるが刑場に現われなかったら王藺が来なかったと噂は広まるはず。処刑の馬に現われないことなんてありますかね?むしろ「来なかったから何処かへ逃げた」と噂が広まるんでは?)

33話からのネタバレ

 

 

華流ドラマ
スポンサーリンク
鑑賞感想