中国時代劇「上陽賦」ネタバレ感想・45話~48話のあらすじを結末まで

作品情報キャスト

実力派女優チャン・ツィイー主演の中国歴史スペクタクル

皇族一族の血筋を引いている王儇は上陽郡主の名を授かり美貌と地位、天性の才知そして幼なじみの恋人と誰もがうらやむものすべてを手にしていたが動乱の世によって過酷な宿命が襲う。

ただの兵士から功績を挙げて将軍の地位まで上り詰めた寒門出身の蕭綦は権威ある豫章王となる。二人は政略結婚し愛など存在しなかったが互いの人柄に触れ少しずつ心を通わせ始める。やがて外戚と皇帝一族との間で争いが起こり南方の皇帝一族が反旗を翻す事態に発展するなか共に歩むことを誓い合う

王儇(チャン・ツィイー)蕭綦(ジョウ・イーウェイ)王藺(ユー・ホーウェイ)馬子澹(トニー・ヤン)賀蘭箴(ユアン・ホン)馬曜皇帝(ジアン・カイ)王夙(ジア・イーピン)謝宛如(ズオ・シャオチン)蘇錦児(リュウ・イー)など

 

中国時代劇「上陽賦」全話ネタバレ一覧はこちら

 

 

ネタバレあらすじ/上陽賦

 

第45話・喜と悲

子澹(安平王)に協力して欲しいと頼まれた蘇錦児は命も差し出せると告げると王儇を裏切ることになってもかと聞かれます。

謝宛如(皇后)の間者として動いていたので既に裏切っていると告げるが「子澹を守り帰京させたいのなら」と脅された事を伝えます。

 

父・王藺の死を知った王儇は心身ともに衰弱し命の危険にさらされてしまいます。

蕭綦(豫章王)はかつて賀蘭箴から贈られた至宝の花が妙薬として効果があると知るが懐妊させてはいけないと侍医に言われます。子を授らなくても構わないと思い王儇に飲ませたあと2人で生きていこうと告げます。

王倩を連れて出立する賀蘭箴は婚儀のために玉岫を迎えに行く宋懐恩とすれ違います。

王儇は別れを惜しみながら輿を見送ります。婚礼が盛大に行なわれ宋懐恩は祝い酒で自身の気を紛らわし幸せいっぱいの玉岫は生死を共にすると誓います。

 

江南に到着した宋懐恩と王夙は治水に当たるが疫病の薬と食糧の問題が勃発します。

(謝宛如は何気に皇帝の心を掴むのがうまいので皇太后と陛下を仲違いさせるような気がしてきましたね。玉岫は江南へ向かう宋懐恩を見送ったとき泣いていたけどあれは嫁いだばっかりなのにしばらく会えないからですよね?心が自分にないことを悟ったわけではないよね?)
スポンサーリンク

 

第46話・皇子の誕生

皇后(謝宛如)が予定より三ヶ月も早く陣痛が始まり皇太后は足を運ぶと皇帝・子隆が心配な様子でそわそわしていました。

途中、謝宛如が失神したりと危険な状態だったが無事に皇子を出産をします。

蕭綦と王儇は皇太后と陛下にお祝いの言葉を伝えます。謝宛如は皇子がずっと泣き止まずイライラしており体が弱いと思われたら皇太子の座が危うくなると恐れます。

皇子を抱かせてもらった王儇は自分も子が欲しいと思うようになり蕭綦もしっかり療養すれば可能性はあると言います。

王儇は気のせいかも知れないが皇子を抱いたときに酒の匂いがしたと徐女官に告げます。

 

死を装っていた王藺は王夙が江南にいると知り疫病が流行っていて危険だったが行く当てがないので目指します。

その頃、梅雨にさしかかる江南で人手不足に頭を悩ませる王夙だったが顧采薇が訪ねてきて江南の士族を貸してくれます。

皇子の体に湿疹が広がり謝宛如が取り乱していると報告を受けた皇帝は「酒によるもの」と太医に言われ何を言っているんだと叱咤します。

(謝宛如は何してんのさ、赤子なんだから泣くの当たり前でしょw酒を飲ませて寝かせて宴に連れて行くなんてあり得ない。そして皇太后と王儇の間には溝がありますね。皇太后はそういれば謝宛如の母親も亡き者にしたので皆から恨まれているんじゃないのw)

 

第47話・羨望

皇子の体に出来た湿疹が酒によるものと判明し、馬子隆(皇帝)から酒を飲ませたのかと追求を受ける謝宛如(皇后)は赤子にそんなことをするはずないと涙で訴えます。

酒を飲ませた疑いで乳母を罰する皇帝だが泣き止まない皇子を案じ太医に相談すると「異常はなく怯えからでしょう」と言われます。

なぜ怯えることがあるのか・・・

皇帝は太史令(天文や暦を司る太史寮の長官)に会い大きな災難を意味する廉貞星は卑賤の生まれながら一気に出世したようだと聞かされ蕭綦(豫章王)のことが脳裏に浮かびます。

乳母を救う謝宛如は自分の指示通りやってくれたら皇帝の頭に蕭綦が浮かんでいるはずだから賀蘭箴に準備するよう伝えさせます。

 

蕭綦は宋懐恩がいる江南に疫病の薬を送り届けるよう命じます。王儇は懐妊して幸せそうな玉岫が訪ねてきたので喜ぶが徐女官が不機嫌だったので自分は大丈夫だと告げます。

また江南にいつ王夙は文を受け取ると父・王藺の筆跡だったので生きているのかと困惑します。

皇帝は皇太后に相談すると1ヶ月後に大臣らが狩り場に行くから刺客を送ればいいと言われます。王儇との距離がさらに広がりそうで心配していたがそれなら妙案だと告げると、こんな時にまで王儇のことを考えているのかと叱責されます。

 

蕭綦は朝廷が安定したので寧朔に帰るために辞職したいと願い出ると内心暗殺を企てていた皇帝は困惑します。

(寧朔に帰るなら星占いは意味なくなりますねwなんとタイミングのいいこと。皇帝ははやく皇太后から離れなさいって。そして謝宛如は腹黒い、酒飲ませたの知っていたでしょうに。)
スポンサーリンク

 

第48話・狩り場での陰謀

王儇は申太医を呼び命を懸けても子を持ちたいと訴えると王妃の命も救える方法を探すと言われます。

皇帝(馬子隆)は蕭綦を朔寧に帰らせ遠い北部の辺境にいれば脅威にはならないのではないかと思ったが皇后(謝宛如)に短絡的だと否定されます。

 

蕭綦は辞任の許可が出たから狩り場から戻ったら寧朔に帰ろうと王儇に告げ大臣らと共に出発します。皇太后は陛下が戻るまで王儇を宮殿に引き留めるよう命じ計画がうまくいくかどうか心配します。

苦痛を覚悟して申太医の治療を受け終わった王儇は皇太后に謁見すると皇后から「豫章王は王妃に栄光も皇都も皇太后も過去も捨てさせるのね」と言われ「すべてを捨てるほどの価値がある男です」と告げ黙らせます。

 

宮殿で生まれ育った王儇だが皆が嘘の笑顔で偽りで話し殺気を感じるので自分の知る宮殿はもう消滅したと思います。皇子が泣いていたので抱いてもいいかと謝宛如の許可を取り抱くとスヤスヤと眠り始めました。

(なんか嫌な予感がしますね。皇子と二人っきりの時に何か事件起こらないでしょうね・・心配しすぎかな。皇子の乳母は謝宛如に命じられた通り賀蘭箴に準備せよと伝えたが子澹の間者のようですね。子澹にも報告していたから助かるんじゃないかな、本当に賀蘭箴なんかと組んでいるとは思えないし。どうでしょう)

49話からのネタバレ