中国時代劇「上陽賦」ネタバレ感想・57話~60話のあらすじを結末まで

作品情報キャスト

実力派女優チャン・ツィイー主演の中国歴史スペクタクル

皇族一族の血筋を引いている王儇は上陽郡主の名を授かり美貌と地位、天性の才知そして幼なじみの恋人と誰もがうらやむものすべてを手にしていたが動乱の世によって過酷な宿命が襲う。

ただの兵士から功績を挙げて将軍の地位まで上り詰めた寒門出身の蕭綦は権威ある豫章王となる。二人は政略結婚し愛など存在しなかったが互いの人柄に触れ少しずつ心を通わせ始める。やがて外戚と皇帝一族との間で争いが起こり南方の皇帝一族が反旗を翻す事態に発展するなか共に歩むことを誓い合う

王儇(チャン・ツィイー)蕭綦(ジョウ・イーウェイ)王藺(ユー・ホーウェイ)馬子澹(トニー・ヤン)賀蘭箴(ユアン・ホン)馬曜皇帝(ジアン・カイ)王夙(ジア・イーピン)謝宛如(ズオ・シャオチン)蘇錦児(リュウ・イー)など

 

中国時代劇「上陽賦」全話ネタバレ一覧はこちら

 

 

ネタバレあらすじ/上陽賦

 

第57話・貴妃への転機

王夙は皇子の身分を隠し面倒を顧采薇に託していたが皇太后がおくった刺客に襲われます。父・王藺に監視されていた事で皇子の存在に気付かれ返り討ちにしてくれたが預かると言われ困惑します。

王儇は権力争いに巻き込まれるのを防ぐために連れだしたのだと告げるが王氏復活の重責を担っているし他に選択肢はないと言われます。

王夙は皇子だと隠していたことを顧采薇に謝罪し皇都へ戻るから一緒に行かないかと誘います。

 

王儇が死んだと聞かされショックを受ける子澹(皇帝)はすっかり鬱ぎ込んでしまいます。蘇錦児は謁見しどうせ心は手に入らなかったのだから王儇はもういないことを受け入れ皇帝に尽くしたい自分に目を向けてほしいとお願いします。

丞相一派たちは一介の侍女が陛下に王儇の死を知らせるとは何事だと叱咤し捕らえて投獄します。知らせを聞いた子澹は牢獄へ押し掛け勝手な私刑を行なえば高官だろうが容赦なく罰すると言い放ち蘇錦児を貴妃に封じ綿繍宮を下賜すると告げます。

 

王夙は王府に帰還し宋懐恩は身重の妻・蕭玉岫と再会します。忽蘭にいる王儇は死んだと思っていた龐癸が捕らわれているのを目にする

(蘇錦児は良心がないのかね。貴妃になれたのもあんたが裏切った王儇が幸せを願っていたからですよ。改める場が何回もあったのだからこの先許しを請うても誰も同情しないでしょうね。龐癸が生きてて良かったけど王儇を連れてくる計画なのに一緒に連れてきたのかな?w)
スポンサーリンク

 

第58話・王妃の消息

捕らわれている龐癸を発見し無事で良かったと再会を果たす王儇は牢獄されている大成の民から助けを求められます。

蕭綦が面倒見ていた子供たちもいたので何でここにいるのか訪ねると賀蘭箴が自分たちを人質にし蕭綦に手を出させなくさせたと知らされます。

各地で反乱が起こり鎮めなければと丞相から進言された子澹は名乗り出る者はいるかと訴えます。宋懐恩は王夙が首を振っていたので静観すると丞相は衛氏の息子・勘を推薦します。王夙は机上での空論で実戦経験がない勘では無理だから朝廷が追い込まれて慌ただしくなったら名乗り出るよう宋懐恩に告げます。

 

貴妃(蘇錦児)は一向に陛下が訪ねてきてくれないので王儇がよく身に付けていた香りに身を包み謁見します。

子澹が王儇を思いだし一夜を共にするが王儇が賀蘭箴に連行され忽蘭にいるようだと報告が入り、激しく動揺する貴妃は善良な者は救われると言いますので身投げした後助けられたようですねと誤魔化します。

また王夙も寺で匿う王藺に会いに行き報告するとどうやら蘇錦児の虚言だったようだなと言われます。

 

子澹は朝議で王儇が忽蘭にいる事を重臣達に伝えます。王夙(江夏王)に交渉に行かせ従わなければ戦を仕掛けると言い放つと反対意見が飛び交います。

王藺から朝廷に戻っても反逆者の妻の扱いであり賀蘭箴に愛されているなら忽蘭にいるほうがかえって無事だと言われていたので王夙も兄妹愛よりも国の利益が大事だと断ります。

蕭綦の部下であり妻は王儇と姉妹関係でもある宋懐恩は本心を懸命に押し殺しご再考くださいと跪きます。

(どうも王藺は最初っから好きになれないのよね・・・王儇は民を解放させれば賀蘭箴と婚姻すると決めたが嘘でしょ?民を解放させたあと宋懐恩が救出しにくることを願いますよ)

 

第59話・解放

皇帝・馬子澹は王儇が忽蘭にいると分かり出兵しようとすると心配だから自分も同行させて欲しいと蘇錦児に頼まれ許可します。

王夙は例え妹のためとはいえ陛下が忽蘭に出兵するのは断固反対だと丞相たちに告げると皇帝陵が崩れたと聞いても決心は変わらないようだと言われます。

陛下が冷静さを失っているのなら太祖皇帝の遺志により止めなければならないと告げると重臣たちは子澹を式乾殿に軟禁しました。

 

王夙は宋懐恩を呼び出し「皇太后の密命を受けても従わなかったのは偉大な人物であり国の柱だから殺してはならないと父上に言われたからだ」と教えます。

王藺は姿を現し自分と手を組むなら王氏の養子とし寒門出身の身分を捨て士族の頭となれると揺さぶりをけます。

忽蘭では王儇が婚姻を承諾したことで奴隷とされていた龐癸たちがアリマに案内され釈放されます。賀蘭箴は嫁を迎えに行くと婚礼服を着て待っていたのは王儇ではなくミア王女であり、王儇は王倩に拘束されていました。

王命だと知って頭にきた賀蘭箴は父の天幕に押し掛けるが殺されており賀蘭拓によって謀反を罪を着せられ捕らわれます。そして六盤を滅ぼし母と妹を殺したのは蕭綦ではなく賀蘭拓だと聞かされ怒り狂います。

 

助けに来た龐癸と共に連行された王儇は殺せば解放してやると賀蘭拓から短剣を渡されるが賀蘭宅を拘束する縄を斬ります。

攻撃を受けると賀蘭箴が身を挺して守ってくれるが、そこに戦死したと思っていた蕭綦が現われ驚きます。

(かっこいい登場ね。誰もが惚れてまうやろ~笑。賀蘭箴はどうなったのかな、正直もう出てこなくていいけど・・・賀蘭拓はどこかで見たときあると思ったが山河令だね、あのドラマでもキタナイ役だったなぁ)
スポンサーリンク

 

第60話・大王と粛毅伯

蕭綦に助けられた王憲は大成の民たちと寧朔に戻るが反逆者の濡れ衣を着せられていたので門が開きません。

人質に取っていた賀蘭拓を救うために大軍が押し寄せてきており蕭綦は民を守るために必死で戦うとようやく寧朔軍が出てきました。

「反逆者にされ巻き込んですまない。無実の罪で死んだ兵士らの屈辱を晴らし正義を取り戻すことを誓う」

蕭綦は叫ぶと寧朔軍は跪き忠誠を誓います。そして王妃を守りたいだけで戦は望まないと言い賀蘭拓を解放すると、門を開かず拘束されていた劉将軍も解放します。

 

蕭綦が王儇を奪還したと報告を受けた子澹は驚いていると蘇錦児が「生きていたのね」と呟きました。睨み付けると蕭綦のことですと言われたので反逆者だと叱咤します。

王藺は蕭綦が生きているなら先帝殺しの罪を着せるのは難しいと予想します。蕭綦ひきいる寧朔軍は反乱軍を掃討しながら南下し皇都に迫ります。

 

朝廷の軍を率いて丞相に説得を頼まれた宋懐恩がやってきました。兄弟分との再会を喜ぶが地方の軍は許可があるまで皇都に入れないと言われます。

「朝廷の意思なのか、お前の意思なのか?」

説得を試みた宋懐恩の仕事は終わったから朝廷へ行き引き返したと伝えろと訴え、蕭綦は皇都に歩みを進めます。

(宋懐恩、忠誠心はどこへいった・・・このまま王藺に操られるのか。そもそも寒門出身でも自分が信じて付いていった人が豫章王になったのよ。目の前にお手本がいたのにね。そして蕭綦は賀蘭拓を討っておくべきだったよ)

61話からのネタバレ