邦画/洋画/アジア映画/連続ドラマ/小説などのネタバレ含むあらすじを結末まで紹介していますのでご注意くださいませ。
スポンサーリンク

13階段(高野和明) ネタバレ あらすじ ・仮釈放中の青年と刑務官が冤罪の死刑囚を救う・江戸川乱歩賞受賞作

邦画ドラマ

 

映画のキャスト

三上純一(反町隆史)南郷正二(山崎努)木下友里(木内晶子)杉浦弁護士(笑福亭鶴瓶)南郷杏子(田中麗奈)三上知子(西田尚美)三上俊男(深水三章)樹原亮(宮藤官九郎)寺田実(宮迫博之)宇津木耕平(伊藤幸純)中森検事(別所哲也)佐村光男(井川比佐志)佐村恭介(水橋研二)安藤紀夫(大杉漣) 

ネタバレ・あらすじ

   13階段 

仮出獄許可決定書交付式を終了した三上純一。

飲食店で佐村恭介に一方的に因縁をつけられ傷害致死事件で逮捕されていました。

後に分かる事だが純一には実は殺意があったのです。高校時代に付き合っていた木下友里がレイプされ8年後に偶然に佐村を見掛けた純一は顔を覚えていて接近したのです。

隠し持っていたナイフを出すまでもなく佐村は後ろに倒れ死んでしまったので殺すつもりはなかった事が証明されたのです。

 

純一が門を出て行くのを見届けた刑務官の南郷正二。

南郷にも人を殺した経験が2回あった。と言っても仕事である死刑執行です。

南郷は仮釈放になった純一を訪ね、弁護士事務所の手伝い(死刑囚の冤罪を晴らす)を一緒にやらないか誘う。

 

10年前、千葉県中湊郡で宇津木夫妻は路上でバイク事故を起こした樹原亮を見付け実家から通報しようとするが両親が殺されていました。

被害者は宇津木啓介の両親、耕平と康子。

保護観察処分を受けていた樹原を担当する保護司が被害者の耕平でした。

樹原の持物の中から耕平のキャッシュカードが入った財布が発見されたので逮捕となる。

預金通帳と印鑑、そして凶器は発見されなかったが樹原の衣類から被害者2人の血液が検出された事で死刑判決が確定されます。

樹原はバイク事故のショックで記憶を失っていたが死ぬかも知れないという恐怖を感じながら階段を上っていたことだけは思い出します。

スポンサーリンク

 

いつ処刑されてもおかしくない状況であり5度目の再審請求のための証拠集めを杉浦弁護士は南郷に頼んだのだ。

成功報酬が高額な事で純一は遺族への賠償で両親や弟が苦しんでいる負担を少しでも軽くするため協力する決断をした。

千葉県中湊郡は高校時代に友里がレイプされた場所であり、この事件はその時に警察に補導された日と同じでした。

被害者宅の近くの森の中には土砂崩れが起こって少しずつ埋もれていった増願時があり急斜面になっていたので調べる事はありませんでした。

掘って行くと増願寺が表れ手斧と印鑑を見付けるのだが指紋識別に成功すると2年前に傷害致死罪で逮捕された三上純一の指紋が検出されました。

 

これは息子の恭介が殺されたのに2年で純一が出所した事に納得いかない父親、佐村光男の仕掛けた罠だった。

謝罪に来た時に怒りをおさえ、お茶を勧めたのは純一の指紋を採取するためだった。

死刑制度反対運動に加わりながら樹原の情報を収集すると階段についての記憶を取り戻した事が分かり増願寺の跡地に偽造した証拠を埋めたのだ。

死刑台に追いやる証拠を見付けてもらうために高額報酬を条件に弁護士を雇ったのだった。

 

純一は増願寺の仏像の中は誰もチェックしていない事に気付き1人で探索すと預金通帳、保護観察記録を見付けるが何故か発見された手斧と印鑑も一緒に見付けます。

預金通帳には数回に渡って大金が振り込まれていた記録があり真犯人はホテル陽光のオーナーである安藤紀夫だと分かった。

”また宇津木名義の三文判がプラスチック製である事に気付きます。

百ミクロンの精度で光硬化性樹脂を固める光造形システムを使えば複製するのは簡単であり、指紋の画像をデーターとして取り組み隆起した線に沿って壁を作れば紋様を象った判子が出来る事を父の同業者で佐村光男なら可能だと見抜いた”

一方、南郷は安藤が運転する車で増願寺に向かっていたが、途中で犯人だと気付き格闘のすえ樹原と純一を守るため絞め殺してしまう。

 

ホテル陽光のオーナーである安藤は21歳の時に強盗殺人で2名を殺害し14年間の服役生活の後に仮釈放されたが保護観察を担当したのが耕平だった。

復権とともに取得した宅地建物取引免許を使い不動産業で財を築き始めると耕平からの強請りが始まったのだ。

このままでは破滅すると思い関東で起きていた事件を真似て殺害し自分の記録が残る通帳や保護観察記録などを持ち出したのだった。

 

南郷が相棒に純一を選んでなければ純一は無実の罪で処刑されていたかも知れない。

樹原亮は、傷害致死の前科を持つ純一と三人の犯罪者の命を奪った南郷の二人によって無罪となって釈放されたのだ。(終)