韓国ドラマ「揀択カンテク」全話ネタバレあらすじ/11話12話を感想を交え結末まで紹介

作品情報キャスト

双子の姉妹一人二役を演じるチン・セヨンと初の時代劇の王役に抜擢されたキム・ミンギュが共演した韓国時代劇。姉の命を奪った者を捜すため揀択に参加した女性と初恋の人を想い続ける王の愛を描いた作品

朝鮮王朝の王イ・ギョンは何者かに襲われ王妃と共に命を落とす。都城一の情報商で巫女のウンボは銃の情報を売ったことを思い出し遺体から銃弾を探し出そうとするが突然王が息を吹き返し驚いて飛び出してしまう。幼い頃の記憶がなかったウンボは大司憲に連れられ大罪人として囚われる父の姿を目にするとすべての記憶を思い出す。息を吹き返したものの王妃を失い失意のそこにいる王は夢の中で王妃とそっくりな女性と出会うが・・・

カン・ウンボ(チン・セヨン)イ・ギョン(キム・ミンギュ)ペク・チャヨン(オム・ヒョソプ)イ・ジェファ(ト・サンウ)チョ・ヨンジ(イ・ヨルム)キム・ソンイ(イ・ファギョム)ワル(イ・ジオン)チョ・フンギョン(イ・ジェヨン)キム・マンチャン(ソン・ビョンホ)など

 

9話10話のネタバレ

 

ネタバレあらすじ/揀択カンテク

 

(注・私が参考にしたのは32話に分かれた作品ですが1話30分と短かったので2話分を1話として全16話として紹介しています)

 

第11話・

ホン・ヨンの名で側室となったウンボはペク・チャヨンに文で呼び出されると王様(イ・ギョン)を殺せと毒を渡されます。

絶対に出来ない事を伝えると「母親の命、そしてホン・ギホの家族の命が懸かっているぞ」と脅されます。

逆らえば前王妃ウンギの双子だと公にすると言われ「こんな卑劣な世直しが大義なのか。正体が露見すればそちらも代償を払うことになる」と言い放ちます。

ペクは猶予は三日だと告げてアジトに戻るとイ・ジェファ大君は「カン・イスとホン・ギホが去ったがそれでも新しい世に向かって歩むつもりだ」と決意を語りました。

 

疑惑

ウンボは帰りを待っていた王様に呼ばれると優しくされて喜ぶがペクからは暗殺を命じられ更に双子の妹だと真実が言えない事から「優しくしないで下さい、王を欺きました」と告げます。

「ホン・ヨンを名乗っていた事ならもうよい」

ウンボは「まだあります」と口にするが真実は言えず、疲れたので寝所に戻りたいとお願いしました。

形だけの夫婦だと王様から言われていた王妃ヨンジに見られてしまい「王様は忙しくて王妃の私が面会を控えているのに身の程を知れ、次は警告では済まさない」と嫉妬をぶつけられてしまいます。

王様は「時々、ウンボの言動が疑わしく思え別人のように感じる時がある」とファン内官に告げると「母親に会い感傷的になられているだけでは」と言われます。

すべてを元通りにしたい王様は親迎の犯人ケピョンを捜査していたワルから人相書を見せられ左議政チョ・フンギョンの周囲を探るよう命じます。

その夜、ウンボが泣きながら毒を混入させている予知夢を見てしまい王様はやはり何かあるのだと心配します。

 

スポンサーリンク

 

前王妃ではない

悩むウンボは「北門に来い」と文を受け取り向かうとそこには大君がいました。

母親からの文を見せられると「ペク様のおかげで何不自由なく暮らしています。会える日を楽しみにしています」と書かれていたが遠回しに脅しているのと同じでした。

大君は「あと二日ですよ」と告げ去って行くと左議政と出くわし「私のことを王様と呼んでいたのに何もかも忘れたふりをして接するのですね」と告げます。

王様は前王妃とウンボがやはりどこか違うと気付き夜に訪ねることをウンボに知らせます。

「待っていても始まらない。羞恥心を捨てて自分から行け」と左議政に言われた王妃がやってきて行かないで欲しいと邪魔されるが「初夜の日に寵愛を受けることはないと言ったはずだ」と言い放ちウンボに会いに行きます。

ウンボは「胸郭の銃創は癒えたのか」と聞かれ返事をするが「王妃が撃たれたのは腹部だ」と言われ言葉を失います。

王様が毒入りのお茶を飲もうとしたので手で払うと「おまえはウンギではない」と幽閉を命じられてしまいます。

 

真実を知る王様

王様はホン・ギホを呼び出し知っている事を話せと訴えると「恐れながら申し上げられないが政争の犠牲になっただけで本意ではないはずと言われます。

答えになっていないので一家もろとも謀反で斬首になると脅します。

その頃、ワルはケピョンに背後から首を絞められたが呼んでくるよう王様に命じられたハン護衛官に偶然助けられます。

王様はワルの首筋に剣を当て「お前とあの娘は何者だ」と言い放つがホン・ギホ同様に口を割らないので閉じ込めます。

王様は最後の機会だとウンボを訪ね白状するよう訴えると「ウンギは私の姉です」と言われ、予想通りだったので「双子であろう」と告げます。

そう考えれば犯人を追っていたことも情報商だったことも、そして幼き頃を知っていた事もすべてつじつまが合うからです。

「王様を殺さなければ正体を明かし母親やワル、お世話になったホン・ギホ様まで殺すと脅されたからです。その者はペク・チャヨンとイ・ジェファ大君です。」

 

謀反

ペクと大君が謀反を企てていた事に激怒する王様は周囲を警戒するよう命じ二人の動きを探るようハン護衛官に命じます。

その頃、決行の日にウンボが来なかった事で計画が台無しとなったペクと大君は娘も保身に走るはずだから我々の事は黙秘するはずだと思います。

大君はウンボを外に誘い出して人質にし王様を誘き出して始末するしかないと思います。

王様はウンボの幽閉を解いて監視すると文が届けられたので捕らえます。母親を助けたければ明日の正午に外に出るよう記されていたので輿にハン護衛官を乗せ、内禁衛に尾行させてペク・チャヨンを捕らえる事に成功します。

ペクは皆が背を向けたので私一人で暗殺を企てたと大君を庇うので王様はこれまで多くの民を救ってきた事で斬首ではなく自害を命じました。

(幽閉された理由をキム派もチョ派も大王大妃も気になるだろうね。だけど追求されても母親を人質に取られたウンボを幽閉して守ったと言えば誤魔化せそう。急に悪になった大君がまだ捕まっていないが1人で何か出来るのかなw王妃は嫉妬をぶつけているだけだがウンボも自分から会いに行った事はないと言えばいいのにw)

 

第12話・

ウンボは心おきなく自分を罰して欲しいと願い出ます。

自分への気持ちはそんなもんだったのかと王様イ・ギョンに聞かれ「今も変わらすお慕いしています。おそばで生きられないのなら一緒に逝こうと自分の茶器にも毒を入れました」と告げます。

「信じていただけるなら王様だけを生涯お慕い申し上げます」

王様から激しく口付けされたウンボは受け入れるがそれを目にする王妃ヨンジ・・・

 

スポンサーリンク

 

ペクの自害

王様から自害を命じられたペク・チャヨンはカン・イスとウンボに侵した罪はあの世で詫びると決意し首を吊ろうとすると侵入してきたイ・ジェファ大君に一緒に逃げようと言われます。

覚悟ができていたので自分を置いて大義のために逃げるよう告げると親迎の前に左義政チョ・フンギョンと密約を結んでいた事を打ち明けられます。

「王の座が欲しくて大儀に反する者と結託した、王室に復讐したかった、それが本当の私です」

ペクは王になれる立場なら権力を握りたいと思うのは当然のことであり自分にとっての主君は大君だけだと告げると侵入者に気付いた兵がやってきたので逃がし王命に従いました。

方法は間違っていたが民を想う志は同じだったため王様やウンボは残念に思います。救出されていた母親と再会したウンボは「なぜホン・ヨンの名で側室になっているかは父上と姉上の汚名をすすいだあと話すので待っていてください」と告げます。

その頃、左議政は王様に捕まり密約を白状されたら大変なので大君を探すようケピョンに命じます。

 

寵愛争い

ウンボは夜伽の日に王妃のもとに向かうよう王様を説得して欲しいと左議政に頼まれるが「誰にでも弱点はある、窮地に追い込まれるのは誰でしょうね」と告げて去ります。

また寵愛を受けられない側室ソンイは子が出来なければ問題ないとして王妃とウンボのお茶に薬を混入するよう女官に命じました。

王妃に「なぜ幽閉されていたのか」と問い詰められるウンボは黙っていると仗刑を命じられてしまいます。

ソンイは王妃の女官がウンボに罰を与えるための枝を集めていたので王様が王妃をとことん嫌えばいずれ機会が巡ってくると思いウンボが心配だと王様にチクります。

ウンボは強引に立たされ罰を受けそうになるが王様が駆け込んで来て救われます。王様はペク達が謀反を企てたので最も大切な人を守るために幽閉したのだと王妃に言い放ちます。

耐えられない王妃はウンボを始末するため子宝祈願をする祈子儀礼に行きたいと大王大妃から許可をいただき側室に同行を命じます。そして疑われないために自分も襲いウンボを始末するようケピョンにお願いしました。

 

危険な懸け

王様はホン・ギホを呼びなぜ大君に背を向けたのかと聞くと最後に間違いに気付いたからだと言われます。

「私のために働き民に尽くして大君の間違いを証明せよ」

一方、釈放されたワルは監禁中に義禁府の間者はヨンホではないかと疑っていました。ケピョンに襲われたときに自分を呼び出したのもヨンホでありケピョンを捕らえようとしたところ邪魔したのもヨンホだったからです。

ウンボが射殺される予知夢をみた王様は彼女の他出を禁じると王妃に祈子儀礼に同行するよう命じられた事を知ります。

王妃の計画ならその背後にいる左議政を捕らえる好機と言われ山道で暗殺が実行されるからそれまでに引き返すよう告げます。

そしてケピョンの情報を間者に流し尾行するようハン護衛官たちに命じました。

(大君は予想通り左議政とも繋がっていたか、結局あの人は王室に復讐したかっただけで大義も何もあったもんじゃない。そして、そんな危険な作戦に愛するウンボをいかせちゃダメでしょw。ひどい女ばっかりね、大王大妃はカン・イスを捕らえるという意味不明な事はあったがまだまし、王妃はしょうもないし大妃は顔からして嫌みったらしいw)

13話からのネタバレ

 

タイトルとURLをコピーしました