映画「顔のないスパイ」ネタバレ結末/20年ぶりに現れたロシアの暗殺者カシウスの正体とは?

 

作品情報とキャストの紹介

リチャード・ギアを主演にマイケル・ブラント監督が映画化。

上院議員が殺され捜査線上に死んだはずの伝説のスパイが浮上する。かつて逮捕に執念を燃やし第一線から退いていたポールは現役に復帰し捜査にあたるが・・・

ポール・シェファーソン(リチャード・ギア)  ベン・ギアリー(トファー・グレイス)トム・ハイランド(マーティン・シーン)ヨハン・ボズロスキー(タマー・ハッサン)ブルータス(スティーヴン・モイヤー)オリバー(クリス・マークエット)ナタリー・ギアリー(オデット・アナブル)

 

ネタバレあらすじ/顔のないスパイ

 

FBI捜査官に監視されているにも関わらずロシアと内通しているダーデン上院議員が殺害されました。

事件を担当するCIA長官ハイランドは引退していた元アナリストのポールを現役復帰させ「カシウスが復活した」と伝えます。

かつてハイランドとポールはソ連の暗殺者カシウス集団を追い詰め、それから20年間消えていたためポールは模倣犯ではないかと言います。

しかしFBI捜査官ベン・ギアリーはハーバード大学の修士論文で「カシウス集団」を徹底して学んだ事で詳しくワイヤーで喉を切り裂く手口から「カシウス」の犯行に間違いないと言います。

スポンサーリンク

 

ポールはボズロスキーだけを取り逃がし他は全員始末したと思っていたがブルータスが連邦刑務所で生きていると知らされます。

FBI捜査官ベンとコンビを組めと長官に命じられたポールは仕方なくブルータスと面会します。

カシウスはもともと軍人で諜報訓練に飽き足らず特別な技を磨き最高の暗殺者を実戦で探し生き残れた者6人と合わせて「カシウス7」と言われていました。

しかし暗殺者の掟「所帯を持ってはいけない」を守らなかったためお仕置きされ姿を消した事を知ります。

 

ブルータスはベンから差し入れされたラジオカセットの電池を飲み込み病院に運ばれるが隙を見て脱走します。

行動を読んでいたポールは捕まえ腕時計に仕込んであるワイヤーで喉を切り裂き殺害しました。

カシウスは実はポールであり妻子を「カシウス7」に殺されたので「自分なら追い詰める事ができる」とハイランドに接触し復讐したのです。

やけに詳しいベンをほっとくと暴かれそうだと警戒しポールは夜中に暗殺を試みるが妻と子供がいる事が分かり思い止まります。

翌日、ベンを呼び出したポールはカシウスは危険な人物で妻子がいるならこの件から外れた方がいいと忠告します。しかし妻は自分の仕事を理解してくれているから問題ないと受け入れられませんでした。

自宅に招待されたポールはベンの妻ナタリーに彼が追っている事件は危険でありカシウスはベンの事を知っている。手を引くよう説得してくれと密かにお願いします。

半年ほど前、国境警備隊員が殺害されて車を奪われ一週間後ツーソン空港近くの駐車場で見付かりました。

パトカー搭載カメラでロシアのスパイだと知るがポールはその中にボズロスキーがいるのに気付きます。

20年後に急にボズロスキーが姿を現しアメリカの議員が殺害された事でポールは彼がカシウスだと仕立て上げると捜査が始まります。

 

ボズロスキーの居場所を知っている商売女の情報を買いアンバーという女性に会いに行きます。

アンバーの兄レオに案内され後をついて行くがポールは応援を要請して入口から動くなとベンに指示します。

レオの喉を切り刻み、妻子の仇であるボズロスキーをわざと取り逃がします。

 

結末/顔のないスパイ

ベンはCIAに25年いたポールがカシウスではないかと疑い出します。

カシウスは始末したあと必ず現場に戻ってくるが再検証するとすべての写真にポールが映っていたのです。

ポールに妻子がいたことを突き止め殺害された現場写真を検証するとボズロスキーがいるのに気付きすべての真相を把握しました。

その頃、ポールはダーテン上院議員をカシウスの手口を真似て殺害し自分を誘き寄せようとしたボズロスキーの後を尾行していました。

激しいカーチェイスで銃撃戦となるがそこへベンが駆け付けます。

しかしベンが30年前のソ連の暗号を使い連絡していた事で10歳の時に一家でやってきたとポールは見抜いていました。ベンはFBIに潜り込み本物の家族を作った二重スパイだったのです。1年前に休眠を解かれ着任する工作員の安全を守れと命じられていました。

カシウスを殺したあとすぐにモスクワに行く予定だったベンだがポールに説得され「カシウスが逃げるぞ」と言いました。

ポールとベンは手を組みボズロスキーをカシウスに仕立てて殺害しようと試みるが相手も凄腕の暗殺者です。

ポールはベンを助けようとして腹を撃たれます。ベンも足を撃たれ動けなくなり殺されそうになるがポールがなんとかボズロスキーの喉を切り裂き始末しました。

ポールは「家に帰れ」とベンに伝えたあと撃たれたのが致命傷となり死んでしまいます。

 

ベンはポールの腕時計を外してボズロスキーの手首に付けました。

殺害されたのはボズロスキーでありCIA長官ハイランドは納得いかない様子だがポールが最後の力で本人のワイヤーを使い始末してくれたのだと説明しました。

CIAにくるよう誘いを受けたベンは負傷した足を引きずりながら家に帰りました。