中国ドラマ「花様衛士」ネタバレ感想・35話~39話あらすじを結末まで紹介

作品情報・キャスト

アレン・レン、タン・ソンユン共演の中国ミステリー時代劇

悪名高き厳嵩・厳世蕃が権勢を誇っていた明朝第12代皇帝・嘉靖帝の時代。

六扇門(刑部、大理事、都察院の総称で監察機関、現在の警察のよう役割)の捕快・袁今夏は事件の捜査中に明の錦衣衛(秘密警察)のエリート捜査官、陸繹に捜査を横取りされる。上から目線の陸繹とタッグを組んで捜査することになり最初は反発しあうものの事件を解決するうちに惹かれあっていく。数々の事件に関わっている厳世蕃と正義のために対決する2人はスリリングな謎を解決していく、まさに中国時代劇版のシャーロック・ホームズ!

陸繹(アレン・レン)袁今夏(タン・ソンユン)厳世蕃(ハン・ドン)嘉靖帝(ディン・ヨンダイ)楊岳(ルー・ホン)謝霄(ヤオ・イーチェン)上官曦(イエ・チン)厳嵩(リー・チョンルー)丐おじさん(リー・ティンジョウ)など

 

「花様衛士」全話ネタバレ一覧はこちら

全64話(放送では55話ぐらい)で紹介しています

 

ネタバレあらすじ/花様衛士

 

第35話・男装の英雄

抗州に到着した陸繹は錦衣衛である事を隠すために良家の子弟らしい衣を用意するよう岑福に告げます。袁今夏も序でに男物の衣を用意してお願いし「俺のを貸すよ」と横やりを入れてきた謝霄を無視します。

その頃、謝霄を捜す上官曦と袁今夏を捜す名目で同行した楊岳は丹青閣に到着するが抗州に向かったと藍青玄に知らされます。

 

袁今夏は男たちに言い寄られているお嬢様を助けるために跳び蹴りをくらわせます。お嬢様は偶然にも陸繹の従妹・淳于敏であり屋敷まで送って行くと主からお礼に100両を準備され金運が舞い込んできたと喜びます。

しかし、陸繹が正義感強く礼など受け取らないと余計な事を言ったため疫病神と心で罵ります。

(男装している袁今夏は淳于敏に惚れられてしまったねwにしても袁今夏の母親は林菱の姉っぽいですね。林菱と楊程万の話で分かったけど一族を滅ぼされたのは林菱の姉の嫁ぎ先で楊程万は彼女を守るために錦衣衛にいたのね。そして林家が取り潰しに遭い姉の敵を討つために林菱は厳世蕃に復讐しに行ったと・・・おそらく林菱の姉が嫁がされたのは厳世蕃の仕業でしょうね。林菱が姉の子供はどうなったのかと聞くと楊程万がかなり動揺していたから間違いないっぽい)
スポンサーリンク

 

第36話・意気投合してこそ

袁今夏は淳于敏に牌九を教えて楽しんでいたが悪い遊びを教えるなと陸繹に怒られます。

「さては意中の人は淳于敏だな」と告げると「だったらどうする」と聞かれ祝福しますと言い放ちます。気まずい空気が流れるが楊岳と上官曦が訪ねてきて再会を喜びます。

婚約解消したと知り袁今夏は結婚してほしくてケジメを取れと謝霄に告げてしまったため上官曦に謝罪します。二人に友情が芽生えるが楊岳と謝霄が喧嘩をしていたので止めに入ります。

あまりにも鈍感で人の気持ちが分からない謝霄に「武術や幇の管理を学んだのもあなたに認めてもらうためだった、ずっと好きだった」と上官曦は初めて想いを伝えます。

「最初から間違っていた、両想いで意気投合してこそ運命の相手」と教えてやり婚約解消書を受け取って目が覚めたから気にするなと告げます。

 

蘭葉に拉致された林菱を捜すため楊程万と陸大堅は必死に後を追います。蘭葉は厳世蕃が長いこと捜していたお気に入りの女なんだと察し楊程万が追跡の達人である事からわざと時間をかけて彼女を救出させました。

楊程万と一緒に姉の子を捜しに行くと林菱が言い張るので陸大堅は厳世蕃にまた捕まったらどうするんだと叱咤します。

(謝霄、上官曦の言葉を忘れたのか?両想いで意気投合してこそ運命の相手。袁今夏が誰を好きなのか分かっているでしょうに。早く烏安幇へ帰りなさいよ。なんでいつまで付いてくるのか。そして蘭葉と毛海峰の繋がりを調べるために来たのに皆さん何やってんのw)

 

第37話・態度を一変

陸繹は淳于敏が袁今夏に惚れていると気付き早く女である事を明かした方がいいと告げます。

袁今夏は女である事を明かそうとすると思いを込めた巾着を贈られてしまい、「刺繍もすごく綺麗で素敵だが受け取れない。別の人に嫁いで欲しい」と返します。

しかし駆け落ちしてもいいからと言い寄られたので髪をほどいて女である事を明かすと何で騙したんだと激怒されます。

 

役人は表だって探れないので陸繹は上官曦に調査を頼みます。抗州から揚州に向かった隊商は倭寇に襲撃されたのではなく烏安幇に殺されたんだと民たちに訴える者がいたので上官曦は追いかけるが倭寇に邪魔され見失ってしまいます。

(でたよ、董家水寨の董斉盛やっぱり生きてたよ。今は倭寇の傘下に入ったらしいけどどうせまた捕らえる事ができたとしても気持ち悪いことをブツブツしゃべり、そして逃げられるのでしょうwつぎはしっかりとどめを刺して下さい。そして淳于敏はもういいよwメインの話を進めてください)

 

第38話・簪花大会

抗州で3年に1回行なわれる簪花大会のために楊岳は上官曦に簪を買って贈るが恥ずかしくて袁今夏からだと告げてます。

上官曦は楊岳からの贈り物だと察知し笑みを浮かべて髪の毛に挿します。

淳于敏の侍女に強い酒を飲まされてしまった袁今夏は屋根の上に登ります。陸繹は彼女が落ちそうになったので受け止め酒瓶を取り上げて捨てます。

「楓林坳で口づけした事がある、どんな気分だったがもう覚えていないけど」と酔っ払った袁今夏に言われ、陸繹は「もう一度試せば?」と告げます。笑みを浮かべる二人だが見つめ合いキスを交わすと彼女の失態をみてやろうとやってきた淳于敏はショックを受けます。

二日酔いで目覚めた袁今夏は記憶が曖昧であり見知らぬ簪が挿さっていました。

 

簪花大会に参加すると仮面を付けた司馬長安がやってきます。腕比べの結果、剣舞を披露した上官曦が一等を獲得し、袁今夏は自分が奏でた箜篌の音だけが心に残ったと陸繹に言ってもらい笑みを浮かべます。

しかし、しびれ薬となる煙が放たれ騒動となり董斉盛の一派が楼を包囲し銀子を要求します。隠れている上官曦と楊岳は奴が生きていた事に驚くが袁今夏を狙っているのだと分かります。

(よしよし、今度こそ董斉盛を始末してくださいね。今更だけど上官曦を演じるイエ・チンさんはほんと綺麗ね)
スポンサーリンク

 

第39話・噂の道士

陸繹は董斉盛が率いているのは毛海峰の配下だと分かり官府に行って救援を呼べと謝霄に伝え、袁今夏を捜し出し共に隠れます。

仮面を付ける司馬長安と共に隠れていた淳于敏は素顔を見て悲鳴を上げてしまったために気付かれ捕らわれてしまいます。

上官曦は隙を突いて短剣を喉元に当てると「私が死んでも彼らはみんなを解放しない」と言われ動揺します。そこに謝霄が呼んだ官兵が押し寄せてきたので反撃しようとするが、しびれ薬の煙をまかれ拉致されてしまいます。

楊岳は上官曦を救うために後を追い董斉盛を殴り付けるが人数が多く二人して捕らわれの身となってしまいます

 

嘉靖帝は不老長寿の処方箋を持つ道士(藍青玄)が都にいて民が殺到していると報告を受けます。予言が当たると噂があり長いこと宮中を出ていないので身分を隠して会いに行くと「必ず10日以内に東南で暴乱が起こる」と言われます。

司馬長安と一緒に部屋にいた事が抗州全体に広まり淳于家には結納品が届きます。帰ってきた敏の弟・啓は官職のないただの金持ちに姉は嫁がないと言い放ちます。

しかし啓は妓楼で司馬の使用人を殺しておりお咎めなしにするには敏を嫁がせるしかないと主は思います。

 

蘭葉は上官曦が人質に捕らわれていると知って驚き「若様の命令で董家水寨を潰したのは私で上官曦は無関係だ」と言い放ちます。任務は袁今夏を捜すことで二人は関係ないから釈放するよう訴えると一人だけだと言われます。

上官曦を指名するが彼女の要望通り楊岳を釈放させます。

(ほら予想通りだw董斉盛は捕らえるだけでブツブツ煩いだけ。にしても楊岳も何回同じミスするんだか・・・蘭葉は上官曦の手を握っていたので何か渡したはずよね)

40話からのネタバレは更新中