韓国ドラマ「危険な約束」ネタバレ感想・21話から25話あらすじを結末まで

作品情報・キャスト

パク・ハナ主演の韓流復讐愛憎劇

正義感の強い女子高生のウンドンはトラブルに巻き込まれたところエフスポーツグループの本部長テインに助けられます。ウンドンの父親は韓国病院の警備員をしていたがエフスポーツグループの会長が病に倒れた際に理事長の息子が投資を受ける目的で胸部外科医を脅しテインの父親に移植予定だった心臓を横取りしたことを知って命を落とす。ウンドンは父の残した記録で不正の事実を知り証拠をテインに託すが裏切られ、7年後に果たされなかった約束の代償を払わせるべく復讐を誓いスタイリストとして接近する。

チャ・ウンドン(パク・ハナ)カン・テイン(コ・セウォン)チェ・ジュニョク(カン・ソンミン)オ・ヘウォン(パク・ヨンリン)ハン・ジフン(イ・チャンウク)など

 

「危険な約束」全話ネタバレ一覧はこちら

 

 

ネタバレあらすじ/危険な約束

 

第21話・

酒を飲んでいたテインは会長が酔い潰れたので秘書が待つ車に乗せると病人に酒を飲ませるとは何事かとジフンに言われます。

それを目撃していたドゥシムは息子が酷い言い方をされていたので「息子は人を陥れるような人ではない」と止めに入るが会長がかつての恋人グァンフンだったので動揺します。

 

会長夫人ミョンヒに呼ばれたウンドンは「私が許すからへウォンを好きなようにしていい、娘ソジュと同じ目に遭わせてやりたい」と言われます。

会長が酔い潰れるのはめずらしくテインは何かあったのか話してほしいと告げると女性の人生を壊してしまった事があり最近見掛けたので自己嫌悪に襲われたと言われます。会長の父親がジフンを奪ったらしく真相が分からないから確かめたいのだと会長は言います。

 

親会社の大口投資家であるチャン会長の手術がありウンドンは「必ず成功するよう会長夫人からの伝言です。失敗したら懲戒では済みませんからね」とへウォンに告げます。

「自分たちの利益のために婚約の父イルソプ(テインの父親)に移植予定の心臓を会長にまわし殺そうとした。権力にすり寄る寄生虫のような人生があなたにはお似合いだ、手術がんばりなさい」

手術を成功させたへウォンは「不当な懲戒で執刀できなかったが無事に成功させました」とヒョンミの顔を見て会長に告げるが「これから顔合わせ、二人が結婚して苦しむのはあなたでしょう」と言われ歯を食いしばります。

 

(早く顔合わせしなさいよwへウォンってすべての言葉に棘があるのよね。そして医者のくせにらしい場面が一度もない。これで会長とドゥシムが顔を合わせてまた結婚話がすすまないパターンでしょうね)
スポンサーリンク

 

第22話・

顔合わせのために向かうハン会長はドゥシムを見掛け急いで追いかけて腕を掴みます。ウンドンは顔合わせに会長がみえないので捜しに行き皆が待っている事を伝えます。

会長は分かったと告げ顔合わせに向かい席に着くがテインの母親(継母)だったので驚きます。

顔合わせの席で会長が一言も話さなかったので「へウォンがテインの部屋に行ったことがバレたのだろうか」とミョンヒとソジュは心配します。

 

ハンの両親によって強引に子を奪われたドゥシムはジフンが自分の子供だったんだと気付き衝撃を受けます。

ミョンヒに呼ばれたドゥシムは会社を訪ねるとエレベーターの中でジフンと出くわし年齢を訪ねて息子だと確信します。するとテインと会長が乗ってきたので貧血を起こしそうになると会長に腕を掴まれます。

(ウンドンはあっちこっちから命じられ大変ねwとは言っても刑務所あがりでこの地位にいるのは運が良い。ドゥシムは札束を投げられ赤ん坊を強引に奪われたのだから会長を恨んでもいいはずだけどそれより息子が急に近くにいるもんだからそっちの方が気になるよね)

 

第23話・

ウンドンはドゥシムをミョンヒ(会長夫人)のもとに案内します。

「結婚したら我が家で同居します。ソジュが会社を継ぐ予定なのでテインには娘を補佐してもらわないといけません。離婚した場合は財産分与には応じません」

いきなりミョンヒに告げられたドゥシムは「算盤勘定で子供を結婚させる親はいない、その考えは間違っている」と言い放ちます。

格が違うのだから当然だと外で聞いていた会長は「なんて失礼なことを言うんだ」と押しかけウンドンにドゥシムを家まで送るよう頼みます。

 

ジュニョクはジフンを利用してチャン会長に病院の投資話を取り付けます。喜ぶのもつかの間、ウンドンがテインのパソコンから盗んだ一部の情報をマスコミにリークした事で韓国病院の不正採用がニュースで取り上げられます。

ジュランはへウォンが不正採用をしていたと知り「何してくれたんだ、我が家の恥だ」と罵声を浴びせます。ジュニョクはリークした者を突き止めるよう命じます。

ジフンは投資話がこれでダメになったらどうするんだと怒りへウォンを呼び出し「ウンドンを前科者にしたのはジュニョクで個人情報を流したのはあんただろう」と言い放ちます。

 

(へウォンとジュニョクはクズ人間ですね。自分等が悪い事をしているのに暴かれたら逆ギレしているだけだし。そしてミョンヒはこの中でもちょっとまともな方だと思っていたがやはりダメだったねwジフンもはやくチェ家とは離れた方がいいよ)

 

第24話・

投資話が流されジフンからも左遷すると言われたジュニョクは頭にきてウンドンに「お前の父親の心臓によってテインの父親が生かされている」と暴露してやろうとしたがへウォンに止められます。

暴露すれば理由を聞かれその経緯がバレたら何もかも終わりじゃないかと訴えます。

ジュニョクが話そうとしていたのは何なのかとウンドンに聞かれるテインだが惑わされるなと告げ車で去ります。

 

ソジュはテインの実家を訪ね母親の代わりに謝罪すると「息子を使用人扱いされた、結婚は考えさせてください」と言われます。

会長に呼ばれたテインは病院の不正問題の事を聞かれるがドナーの件について脅され仕方なく不正はなかったと告げます。ウンドンはせっかくリークしたのにテインが庇った事で「自分に関係しているはず」と訴えます。

ウンドンはテインの車載カメラのSDカードを抜き取ると「ウンドンに変って復讐するのはよせ」とジュニョクが言い放っていたので自分のために行動しているのかと困惑します。

 

テインはSDカードがない事に気付きウンドンを探すと反物倉庫にいるとソジュから知らされ向かいます。

すると動揺するへウォンがいてウンドンが棚の下敷きになっていました。

 

(ドナーの件の裏には順番を入れ替えた事やウンドンの父親を殺した事が隠されているのにジュニョクは何やってんのかねw必ず己に反ってきますよw。ウンドンに棚を倒したのは仕事をもらえない事による嫉妬の女社員の仕業だけどさ、へウォン医者のくせに何もせず出て行くって何なの。医者なんだから怖くなって逃げたなんて通用しませんよ。もしかしてウンドンに嵌められたのかと思ったのかな?w)
スポンサーリンク

 

第25話・

反物倉庫で倒れているウンドンを発見したテインは急いで韓国病院に運びます。

テインはなぜへウォンが倉庫にいたんだと聞くがウンドンは意識を失ったあとの事なので分からずデザイン部の社員ともめていたら棚が落ちてきたんだと言います。

テインは心配で付きそうと「何のためにソジュと結婚するのですか?チェ夫婦に復讐つもりですか」と聞かれ言葉に詰まります。

 

ドゥシムは会長夫人ミョンヒが訪ねてきたので招くと「善人ぶるのをやめてください。赤の他人を育てたのだからそれなりの対価を得るべき」と言われます。

「テインは実の子だと思って育ててきました。損得勘定のためにジフンを育てたのですか、息子さんが気の毒です」

怒ったミョンヒは「結婚したいならテインの両親を土下座させなさい」とソジュに伝えるが会長からは怒られ娘からも「母親のせいで話がこじれていく」と言われます。

 

(ミョンヒってきたない人だな、実際こうゆう人いるけども、自分が最初に言いだしたのにジフンの事言われたら言ってはいけないことを言いましたねって・・・それにジフンを損得勘定で育てたとドゥシムに言われたと会長にチクっていたけどそこだけかいつまんで話すし本当にきたない。人の仲をこじらせる人ですよ。一番嫌いなのはへウォン、逃げたことをウンドンに言われ助ける価値ないと発言。医者になる資格がない)

26話からのネタバレ