韓国ドラマ「危険な約束」ネタバレ感想・31話から35話あらすじを結末まで

作品情報・キャスト

パク・ハナ主演の韓流復讐愛憎劇

正義感の強い女子高生のウンドンはトラブルに巻き込まれたところエフスポーツグループの本部長テインに助けられます。ウンドンの父親は韓国病院の警備員をしていたが親会社エフスポーツグループの会長が病に倒れた際に理事長の息子が胸部外科医を脅しテインの父親に移植予定だった心臓を横取りしたことを知ってしまい命を落とす。ウンドンは父の残した記録で不正の事実を知り証拠をテインに託すが父親の心臓移植手術を条件に取引を持ち掛けられ受け入れてしまう。7年後、果たされなかった約束の代償を払わせるべく復讐を誓いスタイリストとして接近する。

 

チャ・ウンドン(パク・ハナ)カン・テイン(コ・セウォン)チェ・ジュニョク(カン・ソンミン)オ・ヘウォン(パク・ヨンリン)ハン・ジフン(イ・チャンウク)ヨングク(ソン・グィヒョン)ミョンヒ( キム・ナウン)ソジュ(キム・ヘジ)チャンウク(キム・ジョンウン)など

 

「危険な約束」全話ネタバレ一覧はこちら

 

 

ネタバレあらすじ/危険な約束

 

第31話・

「父親の自殺の真相を暴こうとしたがジュニョクの差し金で逮捕され出所後に復讐を企てた、だから近寄ってきたのだろう。ジュニョクとへウォンに復讐するために」

ミョンヒ(会長夫人)に追及を受けたウンドンは認めるがハン家には迷惑かけていないしミョンヒの指示通りにしか動いていないと告げます。

そこにソジュが「たかが警備員のために復讐を企てるとは」と現われたので「侮辱するな、底辺の暮らしを強いられたのはチェ家のせいだ」と言い放ちます。

説明しろと言われるが父親を侮辱したような人に話したくはないと言い放つと叩かれるが駆け付けたジフンに助けられます。

「姉さんだって養子だろう、誰のおかげでその地位になれると思っているんだ。韓国病院で亡くなったマンジョンの娘なのは知っていたがそれの何が問題なんだ」

 

ウンドンの素性がバレたと報告を受けたテインはミョンヒに呼ばれ彼女のことを前から知っていたかと聞かれ認めます。

「ウンドンを守りたいなら私の娘ソジュを次期会長に就かせなさい」

ミョンヒは韓国病院に押しかけ7年前に自殺した警備員の件について説明を求めます。当時高校生だったウンドンを刑務所に入れたジュニョクまで口を閉ざすので「このことが明るみになり会長や会社に火の粉が及んだらあなたたちが持っているものすべてを返してもらう」と言い放ちます。

 

妊娠したと会長の耳にまで届きお祝いムードになってしまったへウォンは夫に相談するが自分のミスなんだから自分で何とかしろとジュニョクに言われてしまいます。

テインから盗んだファイルの一部のパスワードを解いたウンドンは録音されていたジュニョクとへウォンの会話を聞き黒幕である証拠を掴みます。

しかし自分とテインが抱き合っている写真が流出したことでジュニョクの部屋に押しかけ「消去しろ、クズ」と言い放ちます。

(へウォンは誰かのせいで流産したことにして嘘を隠しそうよね。何かあれば助けた助けたとうるさいチェ家だが患者を救うのは当たり前でしょうに。患者にランクを付けて助ける価値もないとかほざく病院なんて絶対に行きたくない)
スポンサーリンク

 

第32話・

利用価値がなくなったから闇に葬ってやるとジュニョクに挑発されたウンドンは手術の順番を入れ替えた際の会話の内容をつぶやき「利用価値がなくなったチェ家を地獄へ突き落としてやる」と言い放ちます。

しかし、ジュニョクがウンドンの家をガサ入れした事でパソコンが盗まれてしまいます。

 

秘書とのスキャンダルで会社の名誉を失堕させたことで監査が入ったテインはウンドンが会長に手術の件を話そうとしたので「父親の死の真相が暴けなくなる」と止めます。

ジュニョクの手下が家に押しかけてきてウンドンのパソコンを盗んでいったとヨンシムから知らされたジフンはジュニョクのもとに押しかけ「彼女を傷付けたら兄貴だろうが絶対に許さない」と言い放ちます。

見下す表情で見送ったジュニョクだったがパソコンの中が空だったと報告を受け動揺します。

懲戒委員会でウンドンがすべてを話そうとしたのでテインは自分が一方的だっただけで彼女に罪はないと庇います。

(テインの言動行動はソジュの心を傷付けてますよ。せめてソジュだけには最初から話しとくべきでしたね。そしてジュランの娘ジュンギョン、ジフンが好きなようなのでウンドンは嫌がらせを受けそうねwもういろいろと面倒だなw会長がマンジョンの娘だと知ったから助けてくれそうだけど・・・)

 

第33話・

イルソプがミョンヒに責められるのを見てドゥシムは会長に助けて欲しいと泣きつきます。

懲戒委員会でテインが追及されていたのでウンドンは写真をよく見るよう告げ「酔っているテインを支えていただけであり盗撮している者が抱き合っているように見せかけて撮影したようだ」と説明します。

ジュニョクがニヤつきながら「何かの意図を持って入社したという話は何なんだ」と聞いてきたのでスマホを取り出し再生ボタンを押します。

「お前がソジュの代わりに部屋に入ればテインは破滅する。テインを社会的に葬る証拠を入手したら手付金の10倍はやる」

会長が会議室に入ってきたのでウンドンは「この声の主がすべてを仕組み写真をバラまいたのです」と告げます。

 

会長は7年前にウンドンを刑務所に入れたのはジュニョクだと知りジフンに何故そうしたのか調べるようお願いします。

会長は「株主総会でお前の議決権剥奪について話し合う。役員会での発言権と代表理事になる資格も剥奪されることになる」とジュニョクに告げ食事の席に招きます。

ヒョンミは客が来ると知らされ準備していたがウンドンがやってきたので「何でこんな女を家に招くのか」と怒ります。

会長は「韓国病院で亡くなった警備員の娘さんだ」と皆に話し黙らせます。

(懲戒委員会でこんな証拠を出したのにまさか罰が下らないなんて事はないですよね?ちょっとぐらい罰せられないと見ている方の身が持たない、笑。そして予想した通りジュンギョンは何かしでかしそうだ。こっちはクズ人間ではないけどジュランと一緒でお馬鹿だし、もしかしたら笑わせるためのキャラかもしれないがはっきりいって邪魔w)
スポンサーリンク

 

第34話・

会長はマンジョンが亡くなった経緯を話せと訴えると「昔の話で覚えていない」とジュニョクがいうので「なら何で写真をバラまいたんだ」と責めます。

ジュニョクが「なぜ今になってその話を持ち出すんですか、警備員が亡くなっただけです」と酷い言葉を投げかけたことで「職業は関係ない、遺族をいたわるどころか逮捕までさせやがって」と言い放ちます。

ウンドンは「父は理事長夫人のパワハラにより解雇されその後父親が亡くなり、事実がマスコミに伝わると病院はそれを隠すために亡くなった父に汚名を着せました。そのすべての黒幕がジュニョンです」と伝えると「徹底的に調べ隠し事が発覚したらジュニョクだけでなく韓国病院の主が替わる思え」と会長は言います。

 

ジュニョクに呼ばれたウンドンは「家族に手を出したら容赦はしない。お前の父親が残した子・ウンチャンをイジメさせる事はしないでくれよ」と脅迫されます。

ヨングク(病院理事長)は前に会長が警備員はジフンの命の恩人だと言っていた事を思い出しある人物に電話をかけて「フィリピンにいるんだよな?金は送るから絶対に帰ってくるなよ」と伝えます。

自分に対するドゥシムの態度が妙だと感じるジフンは「あんたの母親と僕の父親は旧知の仲なのではないか」とテインに聞きます。

ウンドンはチャンミの姿が見えない事でテインに電話するが繋がらないのでドゥシムに居場所を知らないかと聞きます。会長から真実を話すべきと言われていたドゥシムは動揺していたために電話をきったつもりが通話のまま話してしまいます。

ウンドンは二人の会話からジフンの母親がドゥシムだと知ってしまい動揺すると会長に食事に招待されたテインとジフンと出くわし驚きます。

 

(ん?ウンチャンはウンドンの義母弟じゃなかったの?ジュニョクは両親が誰か分からない父親が残した子と言ってたよね。で、フィリピンにいる奴はだれなのよ?もう人を増やさないで欲しいよw)

 

第35話・

ドゥシムは電話をきっていない事に気付きウンドンに聞かれたかもしれないと会長に告げます。

テインはチャンミの姿が見えないと報せを受け帰り、ジフンは席に着くと大好きなキムチを自分の前に出されたのでやはり妙だと思います。

 

7年前の復讐のためにウンドンがやってきたと知ったジュランは家に押しかけるがヨンシムによって力尽くで追い出されます。

へウォンは母親と妊娠していないことをどうやって伝えればいいのかと話し合っているときに「よくも騙したわね」とジュランが押しかけてきたので必死に謝罪するが「自殺した警備員の娘だと何で黙っていたんだ」と訴えられ内心その事かと思います。

 

法務部リスク管理のチーム長に抜擢されたチャンウク弁護士は「お前が会社にとってリスクだからお前の管理を任された」とジュニョクに告げます。

ジュニョクはフーエイ社の機密書類をテインの机に忍ばせたのがミョンヒだと知り「これがバレたら間違いなく追い出される。暴露されたくなければ懲戒処分と永久留任を解いてください」と脅します。

ドゥシムはソジュが結婚を急ごうとしているのを知り「会長とジフンが捜しているのはあなたの母親だ。結婚は考え直した方がいい」とテインに告げます。

(ジュニョクしぶといwそして皆クズ人間だから何かしら弱みを掴まれる。そしてヒャンミは罵声を浴びせるような話し方しか出来ないのかね。まぁ~みなさんそうですけど。)

36話からのネタバレ