韓国ドラマ「危険な約束」ネタバレ感想・86話~90話あらすじを結末まで

作品情報・キャスト

パク・ハナ主演の韓流復讐愛憎劇

正義感の強い女子高生のウンドンはトラブルに巻き込まれたところエフスポーツグループの本部長テインに助けられます。ウンドンの父親は韓国病院の警備員をしていたが親会社エフスポーツグループの会長が病に倒れた際に理事長の息子が胸部外科医を脅しテインの父親に移植予定だった心臓を横取りしたことを知ってしまい命を落とす。ウンドンは父の残した記録で不正の事実を知り証拠をテインに託すが父親の心臓移植手術を条件に取引を持ち掛けられ受け入れてしまう。7年後、果たされなかった約束の代償を払わせるべく復讐を誓いスタイリストとして接近する。

 

チャ・ウンドン(パク・ハナ)カン・テイン(コ・セウォン)チェ・ジュニョク(カン・ソンミン)オ・ヘウォン(パク・ヨンリン)ハン・ジフン(イ・チャンウク)ヨングク(ソン・グィヒョン)ミョンヒ( キム・ナウン)ソジュ(キム・ヘジ)チャンウク(キム・ジョンウン)など

 

「危険な約束」全話ネタバレ一覧はこちら

 

 

ネタバレあらすじ/危険な約束

 

第86話・

ユン運転手が自首したことで逮捕されるのは時間の問題だと思ったヨングクは息子・ジュニョクがマンジョンを殺すよう命じた罪も背負い警察署に向かいます。

すると手術の順番を入れ替えるよう命じたのは元理事長だと記者会見するヘウォンを目にして逃げ出し、出頭に応じなかった事で指名手配されます。

会長の肩を持つ会見を行ったヘウォンは会長に保護を求めるが受け入れられなかったので実家に戻ります。娘を匿うよう頼まれたヨンシムはウンドンから人質にとるのも悪くないと言われ受け入れてあげてます。

 

ナム・ジョンウンが屋上で拾った竜頭はコ秘書の時計と同じだったが交換した形跡がないことが分かります。

コ秘書の修理記録はなかったがジュニョクの記録は残っており、ウンドンとジフンはすぐに監査に入ります。そのころ、ジュニョクはコ秘書の面会に行き2倍の額を払うから一人で罪をかぶれと訴えます。

テインたちが屋上で拾った竜頭を警察に証拠品として渡したようだと告げるが「ジュニョクの名前で修理に出しさらに時計をすり替えたから問題ない」と言われ掴みかかります。

 

会長やテインはヨングクが誘拐の罪を逃れるためだけに逃走するとは考えられないでいました。

ジュニョクは急いで時計を探すがコ秘書と取引して罪を背負うつもりのヨングクが持ち出していたのでありませんでした。

(次から次へと話が回りくどい、苦笑。根本的にチェ家の人たちは被害者面だけはやめてくださいね。これだけの事をしてきて誰一人実刑をくらわないのはおかしいでしょw)
スポンサーリンク

 

第87話・

虚偽の記者会見や名誉棄損についての法律上の責任などの理由でウンドンはジュニョクを解雇し病院から追い出します。

ウンドンは腕時計がどこにあるか言わないのならジュニョクと同じことになると脅すとヨングクが身に着けていたとヘウォンに知らされます。

テイン達はヨングクが出頭しようとして逃げ出した署の防犯映像を目にし確認するが何でジュニョクの腕時計を持ち去ったのか不思議に思います。

 

ジュニョクは会長宅に押し掛けるがウンドンとチャンミの事故、そしてマンジョンの殺害容疑などでウンドンが呼んだ刑事に連行されます。

会長は退くことに決め株主総会で正式にテインが引き継ぐことが決定します。ヘウォンは「あなたがコ秘書に命じてマンジョンを殺したのを知っている」とジュニョクに告げ離婚協議書に判を押させます。

(ヨングクなんなのwもうめんどくさいなw息子のためなら罪をかぶればいいのだから逃走しなくても自首すれば同じでしょうよ。やれやれ・・そしてジュランは発狂した後に冷えピタ貼るのはお決まりなのかなw)

 

第88話・

逃走するヨングクは発作を起こして救急車で運ばれるが途中で下車して逃げ出します。

テインは代表取締役の就任式に向かい決意を語ります。協議離婚に同意するサインをしたジュニョクは父親が救急車から逃走したと知らせを受け急いで現場に向かうが発見できませんでした。

 

ジフンとナム・ジョンウンはヨングクが路上生活者に介抱されている映像を目にし聞き込み調査に出ます。

ウンドンはコ秘書が話したがっていると刑事から連絡をもらい訪ねるが「理事長の指示を受けた」と言われ何か取引があったはずと疑い必ず暴くと言い放ちます。

そしてジュニョクとコ秘書の録音した会話を会長に聴かせ間違いなく父マンジョンはジュニョクの指示で命を落とすことになったと告げます。

 

家を追い出され呆然とするジュランに「ヨングクが逃走したのは私の父親を殺すよう命じた息子を庇っているからだ」と言い放ちます。当時の通話記録でコ秘書と電話していたのはジュニョクであったため確信していました。

ジュランは息子が否定したので安堵するが何で夫が逃げているのかと困惑します。

ウンドンはジュニョクを尾行すると何やら聞き込み調査をしていたがヨングクが現れました。

(ヨングク、結局戻ってくるんかいwそしてチェ家はやっと家から追い出されたか。差し押さえられてからずっと住んでいるからおかしいなと思ってたんよ。ヘウォンはヨンシムにこき使われ、ソジュはテインの両親に媚討っているしコントっぽくなってきたな)
スポンサーリンク

 

第89話・

ヨングクは殺人教唆の疑いで逮捕されます。

ウンドンはヨングクではなくジュニョクの命令だと訴えるがコ秘書が元理事に命じられたと言いヨングクも認めているのでどうしようもありませんでした。

ジュニョクに掴みかかり自首しろと言い放つと「自分も父も命じていない、コ秘書が嘘の供述をしているんだ」と言われ、親子仲良く刑務所暮らしをすればいいと告げます。

 

ヨングクが持っていた時計がジュニョクの物ではないと判明しコ秘書がすり替えたのだろうとジフンは疑います。

ジュランやミョンヒは面会に行くが「もう来ないでくれ」とヨングクに言われるだけでありどうしてなのかと困惑します。

指示したのはヨングクではなくジュニョクだと娘ヘウォンから知らされたジェスクは供述する代わりに復縁を迫ったらどうかと告げます。

 

腕時計からコ秘書の携帯電話のSDカードが発見されるがデーターが破損しており復元に時間が必要でした。

(申し訳ないが本当めんどいwってゆうのも息子のためとはいえ罪をかぶれるような男気もなんにもなくいつもオドオドしているキャラだったからよ。ヘウォンは本気でよりを戻せるとでも思っているのかしらね、笑)

 

第90話・

コ秘書の携帯のSDカードが発見され逃亡も無駄に終わったなと言われたヨングクは発作を越して倒れ病院に運ばれます。

ジュニョクが科捜研の担当者を買収するつもりだとナム・ジョンウンに知らされたウンドンだが泳がすべきと告げます。

ソジュはテインの両親を訪ねると復縁するつもりでヘウォンが居座っていたので追い出します。口論となると今度はテイン争奪戦が始まったとヨンシムは口にします。

 

ジュニョクは科捜研の者に金を渡し破損により復元できないと判定してくれと願います。4倍払えば受け入れると言われたので承諾して手に入れるが先にウンドンに買収されていたのでSDカードにはヨングクが取り調べを受ける映像が収められていました。

ヨングクの検査結果を後輩から知らされたヘウォンは病室に行き「治療薬を服用し反応が悪ければ移植の可能性もある。あなたのせいで病院に来るのが遅かったので治療薬は効かない可能性の方が高い」とジュニョクに言い放ちます。

そしてヨングクを救えるのは誰なのかよく考えることだとチェ家とミョンヒに告げ出て行きます。

 

コ秘書がジュニョクに命じられた事を白状したのでジュニョクは緊急逮捕されます。

(何回逮捕されんのさ、またすぐに出てくるんじゃないでしょうねw。まだ後15話ぐらいあるしな・・・)

91話からのネタバレ