「奇皇后」ネタバレあらすじ③タファン陛下の側室となり皇后を追い詰める

スポンサーリンク

 

韓国歴史ドラマ「奇皇后 ふたつの愛 涙の誓い」全話のネタバレあらすじと作品情報キャストの紹介

高麗出身の少女が貢女として元に送られ皇后まで上り詰めた実在の奇皇后を基に創作。貢女だった少女がどのようにして権力闘争で勝り皇后まで上り詰めたのか?!ワン・ユ世子(後の高麗王)と元皇太子タファン(後の元の陛下)との出会い、ふたつの愛にも注目。

キ・ヤン / スンニャン(ハ・ジウォン)ワン・ユ(チュ・ジンモ)タファン(チ・チャンウク)タナシルリ(ペゥ・ジニ)ヨンチョル丞相(チョン・グクファン)皇太后(キム・ソヒョン)タンギセ(キム・ジョンヒョン)ペガン将軍(キム・ヨンホ)タルタル(キム・ジハン)ヨム・ビョンス(チョン・ウンイン)ヨンビス(ユ・イニョン)

前回のページでは、

「高麗王復位するため、ワン・ユは皇太后や丞相の座を狙う者と手を組み反乱を企てるが土壇場で失敗に終わる。ヤンはワン・ユの子を身籠もっていると知り側室の出産に同行するため抜け出すが刺客に狙われる。洞窟で1人出産するが人身売買するメバクに捕らわれてしまい赤ん坊は子どもがいない事を悔やんでいた皇后に拾われてしまう」

までを詳しく紹介しました。

 

 

ネタバレとあらすじ

ワン・ユは高麗王の復位を願うが丞相に許可されなかったので父親が危篤だと伝え高麗に向かいます。

開京(高麗の都)に到着したワン・ユは元から偽の交鈔を買わされていた事を知ります。皇室から本物を預かり交易の時に偽の交鈔を使った者を捕らえ偽造場所を突き止めるとペガン将軍が新しく長官となった遼陽でした。

ヤンが暗殺されたと報告を受けたワン・ユは復讐を誓い敵の懐に潜り込むためタンギセ将軍が連れてきた丞相の姪と婚礼をあげました。

そして偽造製造場所を突き止めるとメバクの商人が絡んでいる事が分かり襲撃をかけようとするが罠を仕掛けられていました。しかしメバクの商人にはヨンビスもおり生かされた借りを返すためワン・ユはその事を知らずに逃がされていました。

 

側室となり皇后を追い詰める

皇太后は皇子誕生の宴の席で各行省の長官全員をまとめ今の後宮は小さすぎるため側室が必要だと提案させます。長官全員から進言されては受け入れるしかなく丞相は確かな証拠がないとして皇太后を復位させました。

その頃、牢獄されていたヤンは尚宮から預かった鏡の中に血書があるのを見付けます。人身売買の競売にかけられるが遼陽行省の長官だったペガン将軍が気付き助けられました。

各行省から側室候補を選ぶと知ったヤンは敵の懐に入るため血書を見付けた事を伝え遼陽行省から側室候補として行きたいとペガン将軍にお願いしました。

死んだと思われていたヤンが戻ってきた事でタファン陛下と皇太后、そして宦官のトクマンは喜びヤンは側室に選ばれました。

トクマンがヤン専属の宦官を連れてくるとワン・ユの側近だったパク・プルファでした。ヤンを逃がすために死んだと思われていたが助かっていたのです。またヤンには皇后の息のかかった尚宮や雑用係がつくが皆ヤンを恐れて逃げだし高麗出身の者が世話に付きます。

 

丞相はマハ皇子を皇帝にするため譲位を反対させないために行省の長官らの娘を側室として複数迎え入れました。それを知るタファン陛下は血が流れる前に自ら譲位しようしていたのでヤンは持っていた血書を見せ読みたければ字を覚えるよう言いました。

タナシルリの嫌がらせが続きヤンが書庫に閉じ込められた頃、皇太后は赤子が陛下にも皇后にも似てない事に気付きます。

無理難題をこなしたヤンは書庫から出たあと側室が口にするナツメに軽く毒を塗り宮中を騒がせます。そして皇后に濡れ衣を着せられると読んでいたヤンは自ら毒を飲みました。

ヤンは皇太后には前持って計画を伝えておりメバク商人から皇后へ送られた宝石箱の中に毒入りのナツメを隠していました。

各行省が王后の廃位をせまるなか言い逃れが出来ない丞相は皇后のすべての印章を預け冷宮に送りました。

スポンサーリンク

 

真の皇帝

ワン・ユはヤンが生きている事を知るがメバク商人のアジトを襲撃したあとタルタルからタファン陛下の側室になったと知らされ言葉を失います。

タファン陛下は丞相たちに囲まれ譲位する署名だと気付くが逃げられない状況だったので玉璽を押してしまいます。皇太后やヤンは各行省が反対すれば阻止できるとして説得を試みるが丞相は借金を帳消しにするかわり賛同するよう話を持ち掛けていました。

ヤンと辛い悲しい再会となってしまったワン・ユはメバク商人のアジトから暗号が書かれた本を手にしておりメバクの頭の命令で命を狙いにきたヨンビスを許し解読を願い出ました。

すると各行省に潜むメバク商人の間者の名前が書かれていました。各行省が丞相に借金しているのはそのためでありワン・ユはこれで譲位を阻止できると思いヤンに伝えます。

タファン陛下は一部の行省を呼び付けヨンチョル丞相がメバクの間者を送り付け偽の交鈔をばらまいたのだと真実を伝えました。満場一致の反対が必要であり他の長官たちの説得を頼むとペガン将軍から親政を行うため玉璽も取り返すべきだと言われます。

またメバクの頭から間者が捕らわれていると知らせを受けた丞相はタルタルに刺客を送るがヨンビスと行動を共にしていたワン・ユも知り刺客を返り討ちにしました。

それにより最高意思決定集会で各行省の長官たちが満場一致で反対し譲位を阻止する事に成功しました。

今まで丞相を欺くため何も出来ないフリをしていたタファンは初めて丞相に背き「親政を行うから玉璽を返せ」と言い放つがマハ皇子が行方不明である知らせが届き最高意思決定集会は中断します。

冷宮されているタナシルリが連れて行ったと知りヤンは連れ戻すと皇帝の変貌に驚いた丞相が皇子暗殺を企てている事に気付きます。

丞相を訪ね「皇子暗殺の罪を我々に着せる計画のようだが手を出せば丞相は孫に刺客を差し向けた非情な祖父と烙印をおされ名声を失うだろう」と言い放ちました。

丞相は長官1人を罪人に仕立て上げ拷問すると長官たちは恐れます。

最高意思決定集会でタファン陛下は「これからは丞相に恐れない、恥を忍んで忠誠を求める。私を信じて欲しい」と訴えるが親政に賛成するものはペガン将軍だけであり玉璽を取り返すことは出来ませんでした。

しかし長官たちはタファン陛下に跪き「不忠をお許しください」と謝罪した事で真の皇帝と認められ丞相は忠誠を失いました。

 

陛下に心を授け懐妊

メバクからヨンチョル宛の資金要請の手紙を手に入れたワン・ユはヨンチョルの財力に驚きます。ワン・ユは諦めたら部族を捨てる事になるのだと諦めかけているヨンビスに訴えます。

狩猟大会、タファン陛下とヤンは初めて会った事を思い出しながら馬で競争して楽しみます。

ヨム・ビョンス率いる親衛隊が罠を仕掛け謀反を企てるが気付いたワン・ユはペガン将軍に知らせるよう指示しヤンを追います。

ヤンは親衛隊に襲撃され1人で返り討ちにするが放つ矢が無くなった時タナシルリが現れました。窮地に立たされるが「陛下は夜ごと私を抱きながら、そなたが真の皇后だ、タナシルリは女ではなくただの飾りだと言っていた」と告げると動揺を誘い矢は外れました。

「生きて苦しみを与えるから殺しはしない」と言い放ち陛下を探しに行くが仕掛けらた罠に気付いた陛下はヤンを庇い毒矢が腕に突き刺さります。

その頃、ワン・ユは陛下とヤンを狙う兵を目撃し立ち塞がるが人数では相手が上回りついに剣が突き刺さります。その時ヨンビスが部下を引き連れ現れ敵を全滅させました。

ワン・ユが命懸けで戦っている事を知らないヤンとタファンは駆け付けた丞相たちに囲まれるがペガン将軍が兵を引き連れ現れたため宮殿に戻ることが出来ました。

丞相は親衛隊が単独で行った事にし、ビョンスは「高麗から連行した自分に恨みを持っていたヤンを狙っただけで謀反ではない」と訴えました。

ビョンスは処刑される寸前に約束通り替え玉と入れ替わりました。

 

丞相から証言を頼まれていたワン・ユは「何ら偽りない事実です」と答え、驚くヤンは陛下を守れなかった罪で連行されます。

しかしそこへタファン陛下が「ヤンが口で毒を吸ってくれたから助かったのだ」と立ち塞がり助けられます。陛下の身体はまだ完治しておらずヤンは必死に看病を続けます。

一方、密かにヤンを守ったワン・ユはヨンビスの手当てを受けなんとか回復に向かいます。ヨンビスがメバクの頭に近付くと決めていたのでマクセン(チョクホ)に同行させ守るよう指示しました。

タファンは復活して目を覚ますと看病疲れして眠っているヤンの頬にキスしました。ヤンはその夜、綺麗な姿となってタファンの元を訪ね心を授けました。

 

財政管理を皇太后から任されたヤンは後宮が節約すれば多くの民の命が助かるとして行事は規模を小さくするか廃止する事を決めました。

マハの讃仏会まで廃止した事で怒ったタナシルリから階段で突き飛ばされるがこの一件で医官から診断を受け懐妊している事が分かりました。

ヤンは懐妊した事で位を2つ上げ婕妤に昇格しました。

その頃、都の守備隊を率いて欲しいとペガン将軍から頼まれたワン・ユは丞相に願い出ると受け入れられました。しかし今まで率いていたウォンジン隊長が降格されたため兵士たちが認めず去ってしまいます。ワン・ユは新兵を集め一から特訓し鍛えていきます。

また陛下から挙兵が成功すれば必ず復位させると約束してもらいました。

続きはこちら

 

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました