「キル・イット 巡り会うふたり」全話ネタバレあらすじ(作品情報キャスト)1話から7話まで

 

作品情報キャストの紹介

チャン・ギヨンとナナ(AFTERSCHOOL)共演の孤独な愛と戦いを描く韓国ドラマ。

幼い頃家族に捨てられたスヒョンは記憶を失いロシアで殺し屋パーベルに育てられる。成長したスヒョンは頭脳と強靭な肉体を武器に完璧に仕事をこなす最強の殺し屋となっていた。パーベルがマフィアのボスに殺害され仇を討ったスヒョンだったが、逆にボスの息子であるカリモフ2世に命を狙われる。任務を遂行するたびに自身の過去に関する情報を渡すと依頼人から取引を持ち掛けられ韓国に帰国し昼は獣医・夜は殺し屋として孤独に生活を始める。麻薬密売の疑惑を着せられ行方不明になっていた流通会社会長が遺体で発見される。事件はスヒョンの手によるものでありヒョンジン刑事は特殊捜査チームに志願して捜査を始める。親を失い殺しを重ねるスヒョンと、孤児院で育ち養母の圧迫から逃れるように刑事になったヒョンジン。孤独な2人はいつしかお互いに特別なものを感じるようになる。
スヒョン(チャン・ギヨン)ヒョンジン(ナナ)カン・スルギ(ノ・ジョンウィ)フィリップ(イ・ジェウォン)ジョンウ(チ・イルジュ)ジェファン(チョン・ヘギュン)カリモフ二世(ロビン・デイアナ)パーベル(デイビッド・マッキニス)など

 

ネタバレあらすじ

家族に捨てられて記憶を失ったスヒョンはロシア・シアトルでパーベルに最強の殺し屋として育てられました。

唯一の友人でもあり殺人ブローカーのフィリップにパーベルがアルツハイマー病を患ったので病院に入れた方がいいと伝えるがレッドマフィアのボスに殺されてしまいます。

敵を討って脱出するがボスの息子であるカリモフ2世に命を狙われることに・・・。

任務を遂行するたびに自身の過去に関する情報を渡すと取引を持ち掛けられ全部で6人を殺すよう韓国の女性からフィリップを通して依頼を受けます。

スジョンは自分の過去を知るためにもハスキー犬と共に韓国に帰国し昼は獣医・夜は殺し屋として孤独に生活を始めます。マンションのオーナーは祖父の遺産を引き継いだ高校生スルギでした。

ヒョンジン刑事はユ・デホン会長の死体が発見された事件で9年前に殺された恋人ミン・ヒョク記者と同じ薬物が検出され殺されたのだと気付きます。

記者が残した手帳に書かれていた名前のうち過去に2人が被害者となっておりどれも未解決事件のままです。今回の被害者の名前も手帳に書かれていたことから間違いなく関連があると思います。

その頃デホンを始末したスジョンは写真が送られ現場に行くと幼い時の自分と母娘が映っているスマホを発見するが家が爆発すると気付き咄嗟に脱出します。

依頼人の女性を捜せば母娘の命はない」とスマホに連絡があります。

ヒョンジン刑事は引っ越すとスジョンが住むマンションでした。スジョンは親に捨てられ、ヒョンジンは養護施設で育ち裕福な家庭に引き取られたが義母から亡き娘と趣味や見た目を同じようにされ孤独に育ち圧迫から逃れるように刑事になっていました。また高校生で祖父の遺産を引き継いだスルギは親戚から酷い虐めを受け自殺未遂を起こした事もありました。

 

被害者3人は無実な者を犯人に仕立てた人物

ヒョンジンは人身売買の疑いがあるロシアマフィアの潜伏地に襲撃をかけるがカリモフ2世を取り逃がしてしまいます。黒い帽子を深く被りネックウォーマーを目下まであげている謎の存在に助けられていました。

スヒョンも自分を狙う彼等を追っていたので偶然に鉢合わせてしまったのです。

ヒョンジンの義父でFTグループ会長のト・ジェファンは不妊に悩む夫婦たちの灯のような存在となり大統領から勲章を授与されました。ト会長は平凡な社員だったが会長の娘と結婚し昇進と成功を掴んだのです。FT研究員だった19年前に秘密を知ったヒョヌの家族ごと殺害を命じたが彼だけが行方不明なのでその事を未だに気にしています。

というのも行方不明のヒョヌを妻子殺しの殺人犯に仕立てたが、最近になって殺された3人は仕立て者、放火した者、目撃者なので復讐ではないかと恐れているのです。

ヒョンジンは家に帰ると義母が入ったと分かります。家の模様を勝手に変えられ冷蔵庫には決まった食べ物が並んでいました。「娘が家を留守にする時間と誰が訪問したか」絶対に周囲の人間に金を渡して聞いているはずだと分かります。

スヒョンはお願いされていたが金は受け取らず名刺だけ受け取りました。義母はスヒョンを見て何処かで会ったような気がします。

カリモフ2世に居場所を突き止められたと知ったスヒョンはスルギの身が危ないと知り駆け付けます。格闘しているときにGPSを襟に付けて追っ払います。

スポンサーリンク

 

過去・養護施設で一緒に生活していた

ヒョンジンはヒョク新聞記者が殺害された事件で目撃者キム・イルホの孫を探していました。スルギのおでこの傷が彼女にとって消したい過去だと知り助けたいと思って調べるとキム・イルホの殺害現場にいた事が分かります。

カリモフ2世は遺体で発見され捜査するとこれまでの事件と同じ凶器が使われユ・デホン事件と容疑者が同一の可能性があると知ります。

実はすべての事件はスヒョンの仕業でありマンションを借りたのもそばでスルギを守るためでした。

スヒョンは次のターゲットを調べるとハンソル養護施設の施設長だった事を知ります。名簿を見ると88番が消されており白骨遺体が発見された過去があると知ります。

ハンソル養護施設で見つけた「イ・ヨンウン」という名前が気になり手に取るとみんなから苛められていた光景を思い出します。またヒョンジンは協力してくれるジュンウ検事から、「殺された3人の共通点に浮かび上がるヒョヌがハンソル養護施設を追っていた」と聞かされ自分が育った養護施設も何か関係しているのだと知ります。

スヒョンはヒョンジンの家に招かれて行くと紙飛行機に書かれた「イ・ヨンウン」という名と「88番」という番号を見つけ写メを撮るが、これはヒョンジンがハンソル養護施設を調べに行ったときにスヒョンが乗るバイクを目撃していたので試されたものでした。

 

スヒョンは施設長の部下パク・テスが子供たちを殺害していた事を思い出し調べて聞き出そうとするが物音を聞いて人がやってきたので断念しました。

当時キム・イルホの孫も殺されそうになったが隙を突いて保育士が救って逃走していたので助かっていました。そして名前を変えて生きているのがスルギなのです。

消えた88番とスルギが一緒にいる事をト会長の愛人ユン・ジヘと隠れて生きているヒョヌは繋がっていて知っていました。

ヒョンジンは話すのを迷ったがスヒョンを呼び出します。一部しか思い出せないスヒョンはどんな場所だったか聞くと親に捨てられた子を集めて働かせていた場所だと言いました。

スヒョンとヒョンジンはレンガの中に紙飛行機で作った手紙を隠してやりとりしていたのです。

 

姉の名前

キム・イルホの孫がスルギだと突き止めたヒョンジンは驚き急いで帰宅します。同じ所で恋人が殺されたので当時のことを話して欲しいとお願いするがトラウマとなっているため彼女は拒絶します。

ヒョンジンはだからそばでスヒョンは守っているのだと気付きます。まずは打ち解けてもらう事が先だと思い一緒に出掛けたりして自分がどのように育ってきたか話します。

スヒョンは新しい写真を手に入れるための4人目のターゲットであるウォンソクに銃を突き付け「19年前に多くの犠牲者が出たが黒幕は誰だ」と脅すが彼が子供を守っている映像がよみがえり出ていきます。

フィリップはウォンソクが生きていたので驚き「過去を知らなくていいのか」と戸惑うがスヒョンは依頼人に電話しろと要求します。

パク・テスはト会長からウォンソクを始末しろと命じられます。その時に「ウォンソクを狙う別の者がいる、おそらく自分と格闘した者かと」と伝えると若い者と聞いて「ついに動き出したか」と会長は言いました。

それと同時にフィリップは「仕事をしっかりしないと命の代価を払うことになる」と依頼主から言われスヒョンを説得します。

スヒョンは写真を頼りに姉をずっと調べており写真にあった納骨堂を突き止めついに発見するが名前はヒョンジンでした。父親はジェファン(ト会長)なのかと動揺し屋敷に侵入すると自分が「ヨンウン」と女の子を呼んでいたことを思い出します。

 

「3時間以内に公開処刑しろ、さもないとお前の近くの人間を一人ずつ始末する」と男(ヒョヌ)から電話があります。

ヒョンジンが危ない目に遭ったのでスヒョンは選挙活動中のウォンソクを狙撃しました。ウォンソクもターゲットになると予想して見張っていたヒョンジンは怪しい人物を発見して追うが逃げられてしまいます。

スヒョンと似ていると思ったヒョンジンだったが調べると動物を保護している時間帯だと分かり勘違いかと思います。

ジェファンはヒョヌが出来る犯行ではないと疑っているときに愛人ユン・ジヘが内通している疑いが浮上し調べます。その頃、フィリップは依頼人であるユン・ジヘと会おうとしていたが借金取りに見付かり暴行を受けます。

尾行していたスヒョンは助けてあげてから連絡をとっていた回線を調べ依頼人の女性の声を聞きます。

8話から最終話までのネタバレ

 

 

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました