ネタバレ含むあらすじを結末まで紹介していますのでご注意くださいませ。
スポンサーリンク

実写映画「キングダム(2019)」ネタバレあらすじと感想結末/重要人物キャストの紹介

邦画アクション

 

作品情報と重要人物キャストの紹介

原泰久の大人気コミックを豪華キャストで「いぬやしき」や「ガンツ」などを手掛けた佐藤信介監督が映画化。

紀元前3世紀、中国の春秋戦国時代が舞台。身分が低い戦災孤児の少年の信と漂は大将軍に成り上がる事を夢見て剣術に励む。ある日、王宮入りしたはずだの漂が重傷を負って表れ地図を託して命を落としてしまう。

信は地図を頼りに向かうとそこには弟・成蟜(セイキョウ)の謀反によって王座を奪われた漂そっくりの嬴政(エイセイ)がいました。

漂が身代わりで命を落としたのだと気付く信は中華統一を願う若き王・嬴成を支えることになる。

信(山崎賢人)戦災孤児の少年。弟の謀反で王座を奪われた秦国の若き王と出会い運命を共にする。嬴政エイセイ(吉沢亮)弟の謀反により王座を奪われた秦国の王。後の始皇帝。河了貂カリョウテン(橋本環奈)山民族の末裔。信と嬴政と出会い金目当てに戦いに身を投じる。成蟜セイキョウ(本郷奏多)嬴政の義母弟。自分が王に相応しいと謀反を起こす。楊端和ヨウタンワ(長澤まさみ)山の民を率いる圧倒的な強さを持つ美しき山界の王。王騎オウキ(大沢たかお)権勢争いには興味がない六大将軍最後のひとり、得体の知れない人物。壁(満島真之介)嬴政に忠誠を誓う武将。昌文君(高嶋政伸)嬴政に忠誠を誓う大臣。魏興(宇梶剛士)王弟の軍を率いる武官。

 

 

スポンサーリンク

ネタバレあらすじ/キングダム(2019)

紀元前255年の春秋戦国時代、7つの国が対立して500年もの戦が続いていました。

中華・西方の秦国、

戦争で孤児になり奴隷として売られてしまった少年・信は秦国の六大将軍の1人・王騎を見て「かっこいい」と憧れます。

同じく奴隷となっていた漂は大人になっても奴隷のままだと諦めていたが剣術に励み強くなれば変われるはずだと信は言います。

親友となった2人は天下の大将軍を夢見て訓練に励んでいると、数年後に秦国の大臣である昌文君に目を付けられます。王宮入り出来ると喜ぶ信は話を聞いてやろうじゃねぇかと思うがスカウトされたのは漂だけでした。

信は王宮に召し上げられた漂を目標に諦めずに訓練するが、ある日重傷を負った漂が帰ってきて「王弟の成蟜が王族のちを引く自分こそ王に相応しいと謀反を起こした。これをお前に託す」と地図を渡し目の前で命を落としてしまいました。

頭にきた信は仇を討つため漂が持っていた刀を手に地図が示す場所に向かうが、入れ違いで王弟に雇われた暗殺者がやってきて、漂を見て「こいつは偽物だ」と言い村人を全員始末しました。

信は向かう途中に鳥を模した不思議な蓑を被った山民族と出くわずが「お前らに構ってる時間はねぇ」と簡単に一掃します。目的地に到着すると漂がいたので混乱するが目の前にいるのは弟の謀反により王座を奪われた秦王の嬴政だと知ります。

そこに暗殺者の朱凶が秦王の首を狙って表れると信は最初から漂は替玉として王宮に連れて行かれたのだと把握し間違われて殺されたんだと気付きます。

秦王も恨む相手だったが「その前に漂を殺したお前が先だ」と信は刀を抜きます。しかし朱凶は戦闘能力は高く何度も弾き飛ばされてしまいます。

「今は漂の無念を晴らすことだけ考えろ」

お前に言われたくねえと嬴政に言い放ち信は立ち上がり剣術で勝ります。とどめを刺そうとすると4人の息子がいるから命だけは助けてくれと言われ躊躇するが秦王が「お前の罪と子供は関係ない」と横から首を刎ねました。

 

天下の大将軍となるため秦王・嬴政を支える

「次は俺を狙うのか、ならば黙ってやられるわけにはいかない。代わりに命を落とした者が多いからな」

頭にくる信だったが村が燃えているのを目にし「あいつらを全員ぶっ殺してから考える。付いてこい」と言い放つと「何かあれば信を頼ってください」と漂に言われていた嬴政は「仕方ない、付き合うか」と言いました。

信と嬴政は行こうとすると先ほど出くわした蓑を被った山民族が1人立っていました。山民族の末裔である河了貂(カリョウテン)=テンは尾行して秦王と知り金を目当てに手伝うと言います。

嬴政は金目当ての方が信用できると受け入れ「お前には2つの選択肢がある。奴隷に戻るか薄弱の王を助け修羅の道を行くかだ」と信に言います。

一緒に天下の大将軍になると誓ったとき「お前が羽ばたけば俺も近くにいる」と漂は言いました。その時の言葉を思い出した信は天下の大将軍になると誓います。

「勘違いするなよ、俺はお前を利用するだけだ」

「家臣などと思っていない、難を逃れるための剣だ。さびたら捨てる」

スポンサーリンク

 

王都に戻るために山の民に協力を願い出る

王弟の成蟜はいつまで立っても嬴政と昌文君の首が届かないのでイラついていました。

そこに権勢争いには興味がない王騎将軍がやってきて1つの願いを叶えてあげましょうと昌文君の首を持ってきました。顔がよく分からないと疑われるが「私と戦った者は顔はぐちゃぐちゃになります、その辺の者で試しましょうか」と告げると一同は下がります。

「今回は昌文君の領土でも頂きます」とお願いすると成蟜は手懐けておいて損はないと判断し「よかろう」と許可を出しました。

 

信たちは山の民の領土を通って西方に向かい昌文君と合流しようとします。山の民に出くわしたら危険だと思い警戒するが毒矢を武器とする刺客が表れ信は秦王を守りながら視界の悪い竹藪で返り討ちにしました。

毒矢が1本刺さって気を失うがテンが解毒の治療をして秦王が運んでくれたので目を覚ますといにしえの城にいました。400年前は秦国と山の民は同盟を結んでいたので交流する場所をとして建てられた城であり昌文君と合流する場所でした。

大勢の影が見え囲まれてしまい信は刀を抜くが突入してきた軍勢は嬴政を見て跪き、そして昌文君が姿を現しました。

謀反を起こされ漂と共に王宮の抜け道から脱出したが今まで姿を現さなかった王騎将軍が突如表れたので昌文君はもうダメかと諦めました。その時、漂が王としてみんなの士気を高め自ら囮となり一人で闇の中に突進していったことで我々は生き延びる事ができたと説明しました。

 

「さっさと城を取りもどそう」と信は進言すると「20万の兵を連れて魏に遠征中の呂布韋が戻るときに攻める」と昌文君は言うが「ダメだ、おそらく王座を狙っている」と嬴政は言いました。

時間が経てば秦国が二分化してしまうので民のために早く王都に戻らなくてはいけません。協力してくれる軍勢がいないので困っているとテンの姿を見た昌文君は山の民に協力を求めるしかないと閃きます。

可能性は低いが山界の王・楊端和に会いに行きます。400年前は同盟を結んでいたが秦国の一方的な理由で交流は立たれ多くの惨殺もあったので昌文君は心配します。

大勢の山の民に囲まれると嬴政は手を出すなと命じ山界の王に挨拶します。

「玉座を取り戻すのは第一歩に過ぎない。私の目標は国境をなくし争いごとをなくす事だ。そのために協力して欲しい。光が待っているはず、私と志を共にしないか」

楊端和は受け入れ「戦の準備をせよ」と命じ仮面を取ると美しい美女だったので信は驚きます。

スポンサーリンク

 

結末/キングダム(2019)

8万の兵が守る王宮に信たちも山の民に扮して3千の軍勢で向かい、楊端和は同盟復活を求めて下山してきたと伝令をおくります。

「呂布韋は20万の兵を率いているので8万でも恐れているはずだから必ず門を開けるだろう」

山の民と同盟を結べば数十万の山の戦士がいる事から嬴政の計画通り門が開き同盟は受け入れられます。

50人と限定され楊端和に続いて信たちも仮面を被り中に入ります。そして嬴政が刀を抜いて襲撃をかけると楊端和たちもあとに続き、それを合図に3千の山の民も突入します。

嬴政と楊端和が正面から突き進み、信たちは王が逃げる隠し通路から攻めるが左慈(王弟側の凄腕の剣豪)が立ち塞がりました。しかし嬴政がいないと分かると左慈は去ってしまい巨漢ランカイが表れました。

山民族ナンバー2のバジオウと共に信はなんとか巨漢を押し倒すと最後は上に乗り首を斬り付けました。そして一気に突進してついに成蟜のもとにたどり着きます。

 

「お前らみたいな身分が低い者が王に話しかけるとは死罪だ」と成蟜に言われた信は「この国の王は嬴政だ、お前なんかじゃねぇ」と言い放ちます。

その頃、嬴政や楊端和は向かってくる敵を倒していくが斬っても斬っても敵が溢れてきます。

「必ず別働隊がやってくれるはず、我らは耐えればいいのだ、耐え凌げば俺たちの勝利だ」と叫ぶと味方の士気が高まります。

左慈を倒した信は剣を突き付けながら成蟜に歩み寄っていくと重臣達は怖くて逃げ出しました。

成蟜も逃げだし「早く嬴政を殺せ」と叫ぶがその後ろでは「待たせたな」と信やテンがいました。嬴政は「待ちわびたぞ」と言い楊端和も安堵した表情を見せます。

「もともとは俺たちの兄弟喧嘩から始まったことだ、決着を付けるぞ」

庶民のちが混ざるお前なんか王族ではないと成蟜は剣を振りかざすが嬴政に斬られ脅えます。

「これまで大勢がちを流して犠牲になったんだぞ、王のちだとか言ってる場合じゃなぇ」

嬴政は人の痛みを分からせるため何度も何度も殴り付けるが武官の魏興が「嬴政を倒さないと我々に生きる道はない」と叫ぶと軍勢が立ち上がります。

そこに王騎が軍を率いて表れると天下の大将軍だと信は感動します。

「戦とは国内でするものではありません。中華でするものです。あなたは王になって何をしたいのですか」

中華統一する事だと知った王騎は魏興に武装を解けと要求するが「誰がお前に付いていくんだ」と向かってきました。嬴政の前に信が立ち塞がり「俺が付いていく」と斬り付けました。

王騎は「本物の戦場で会いましょう」を信に告げ去って行きました。嬴政は「投降すれば命は助ける。終戦させよう」と呼びかけました。王騎が昌文君の領土を守ってくれていたので民が犠牲になることはありませんでした。

 

感想/キングダム(2019)

漫画はまったく知らないのですが普通に理解出来ました。ただキャラクターが多いのと名前がややこしい。

これは続編がありそうですね、今からが始まりって感じがします。個人的には山崎賢人さんは戦うものは似合わないと思っていたのですがキングダムに限っては似合っていましたね。ところで天下の大将軍はなんであんな口調なんですかね。

せっかく強くてかっこいいのに。アクションは迫力があって面白かった。見てるだけでも楽しめますね。

 

テキストのコピーはできません。