「恋はつづくよどこまでも」全話ネタバレあらすじを最終話結末まで/佐藤健×上白石萌音

スポンサーリンク

 

作品情報とキャストの紹介

円城寺マキの同名漫画を一流役者となった佐藤健と「君の名は」でヒロインの声を演じた上白石萌音の共演でドラマ化。

学生の時に素敵な医師と出会った七瀬は5年後に看護士となり憧れの医師である天堂と再会する。

しかし天童は魔王と呼ばれるドSドクターだった!それでも仕事に恋にまっすぐな性格の七瀬は無謀にも想い続ける。

応援したくなるラブコメディー

佐倉七瀬(上白石萌音)天堂浬(佐藤健)来生晃一(毎熊克哉)沼津幸人(昂生ミキ)小石川六郎(山本耕史)天堂流子(香里奈)結城沙世子(片瀬那奈)酒井結華(吉川愛)根岸茉莉子(平岩紙)など

 

 

ネタバレあらすじ

修学旅行で東京にきていた女子校生の佐倉七瀬は縁結びで有名な神様にお願いした帰り路上で倒れている老人をみて慌てふためきます。

どうしたらいいか分からず「誰か助けでください」と叫ぶとランニング中のイケメン医師・天堂がが応急処置してくれました。救急車に付き添う天堂に七瀬は感謝を伝えると「もう大丈夫、君のおかげだよ」と頭をポンポンされました。

運命の人だと一目惚れした七瀬は猛勉強して5年後に看護士となりました。

天堂がいる日浦総合病院に勤めることになった七瀬はついに憧れの天堂と再会し「5年間ずっと好きでした」と告白するが「誰だお前、身の程を知れ」と言われショックを受けます。

天堂は魔王と呼ばれるドS医師であり告白した七瀬は周囲から勇者とあだ名を付けられてしまいます。

新米看護士は各科を研修で回ることになり七瀬は天堂がいる循環器内科で研修する事になったので戸惑うが、主任の根岸やベテラン看護士の沼津から「本当は優しい人だから大丈夫」と教えられます。

しかし挨拶すると「なにニヤニヤしてんだ、気持ち悪い」と言われ、やっぱり魔王じゃないですかと愚痴り、失敗ばかりでついには「お前向いていない、辞めろ」と言われしまいます。

七瀬は研修で小児科に移ったときに退院がなくなってショックを受ける杏里が病室にいない事に気付き探すとベランダで飛び降りようとしていました。説得すると杏里は戻ろうとするが足を滑らせ落ちそうになります。

必死に手を掴み「誰か助けてください」と叫ぶと天堂が駆け付け引き上げてくれました。

「咄嗟に動けるところがお前のいいところだ、5年前もそうだったな」

七瀬は覚えてくれていたんだと驚き「あの時、誰かを助けたいと思い進路を見付けたんです」と伝えました。

 

患者が亡くなるのは辛く悲しいこと

七瀬は配属希望を循環器内科にした事を伝えながら帰るが天堂が同じマンションで隣に住んでいると知り驚きます。

綺麗な女性が出てきたので落ち込むが姉の流子で管理人だと知って安堵し、いろんな妄想してニヤけてしまいます。

正式に配属された七瀬は天堂の下に付くがあいかわらず失敗続き・・・そんな七瀬は手術を控えて食欲を無くしている患者のために院内のイベントに連れて行ったり積極的にコミュニケーションをはかります。

食欲が復活して安堵する七瀬だったが患者が急変し亡くなってしまいます。こんなに悲しくて辛い事とは思わなかった七瀬は精神面から家のドアの前で倒れてしまいます。

目を覚ますと天堂がいたので驚くが「こんなに辛いなら辞めます」と苦しみを吐き出すと天堂に抱き締められ「みんなそうだ、それでも前に進むんだ」と言われます。

スポンサーリンク

 

魔王の過去、一歩進んだ恋

看護士として立派になるため気を引き締める七瀬だったが「天堂とうまくいくかも」と来生先生に応援され看病してくれた事を話すと口が軽い沼津に聞かれ噂が広まってしまいます。気にするせいか注射の針刺しで失敗を繰り返すようになり天堂から厳しく指導されます。

また、天堂は研修医だった頃に出会った同僚と恋人関係だったが8年前に杏里と同じ拡張型心筋症で亡くなった事を小児科の女医・結城沙世子から聞かされます。

頑張って注射の練習をしていると来生先生が自分の腕を出し応援してくれます。応援してくれるのは天堂の為だったのだと知りどうゆう方だったのか聞くとまっすぐな人だったと教えてくれます。また研修医だった頃の天堂は助けられないといつもベンチで泣いて落ち込んでおり、そんな天堂を元気付けたそうです。

同僚の看護士の酒井が自分の失敗続きのせいで仕事に追われていると知り、七瀬は必死に追いつこうと努力します。

「本気で立派な看護士になりたいなら育ててやる、見込みがない奴には言わない」と天堂に言われた七瀬は「先生も大事な人を亡くし・・・私が笑わせます。ちょっとでも先生が幸せになれるのなら」と口にすると天堂は一瞬笑みを浮かべます。

新人の看護士・仁志は映画館で出会い一目惚れした流子が病院にいたので喜んで声をかけるが犬猿の仲である沙世子から接触禁止を命じられ落ち込みます。また連絡先を教えてやったのに連絡が来ない流子は「二度連絡するのは良い女の価値が下がる」と連絡せずにいました。

しかし二人は神社で偶然再会し仁志は告白すると「いいよ」と返事が返ってきました。

 

彼氏になってやる

仕事にもだいぶ慣れてきた頃、心不全の患者・恵子が運ばれてきます。

緊急対応がうまく出来なかった七瀬はまだまだ未熟だと思うが最近になって「頑張って、お疲れ様」など手紙が院内や家のポストに貼られるようになります。いつも応援してくれる来生先生だと思ったがどうやら違うようです。

「これはストーカーだな」と流子は指摘すると来生はボディーガードを買ってでます。そのうしろでコーヒーを飲む天堂は何やら気にしている様子・・・。

恵子は手術が必要になるが娘の結婚式が控えているので拒否します。離婚して娘と会うのは20年振りらしく来生先生はカテーテル治療に切り替えるが発作を起こします。

七瀬が1人で緊急対応をこなしたと知った天堂は様子を見に行くと娘の花嫁姿をどうしても見届けたい想いを知ります。

発作を起こした事で来生先生は「やはりオペするしかない」と判断するが七瀬は自分が付き添うことで外出許可をお願いすると会議では反対されるが天堂が付き添うと名乗り出てくれました。

こうして患者の願いを叶え病院に戻った七瀬は携帯を忘れたので急いで式場に戻ると元入院患者の田沢が待ち構えていました。院内で七瀬宛てのストーカーからの手紙を発見した天堂は駆け付けて田沢を投げ飛ばし彼女を助けるが鉄筋が落下して七瀬が下敷きになってしまいます。

救急車の中で七瀬は「出来れば先生と恋人同士になってデートしたかった、一緒にいたかった」と告白し意識を失います。

出血も多く意識障害だと思った天堂は「乗り切ったら願い叶えてやるから」と叫ぶが病院に到着するとただの寝落ちだと分かります。

七瀬は「約束は守ってください」と訴えると「これは治療だ」とキスされます。キスが初めての経験である七瀬は「普通は彼氏とするものだし・・・」とつぶやくと「彼氏になってやる。仕事では誰にも言うなよ」と言われ驚きます。

 

主任の根岸茉莉子の息子・真司が不整脈で入院することになります。年が近いこともありアブレーション治療の介助に加わりたいとお願いする七瀬だったが息子を思う茉莉子は七瀬の未熟さを指摘し外すよう天堂に願い出ました。

その頃、天堂のために料理して待っていた七瀬だが先生は忙しいようなので同僚を招いて食べて貰います。そこにお土産を持って流子が訪ねてきたので仁志は驚きます。

しかも「天堂さんのお姉さん」と七瀬に紹介され更に驚きます。上司の沙世子に相談すると流子は途中で辞めてしまったが医師を志しておりその時に副院長で天堂の上司の小石川と恋人関係だったことを知らされ自信をなくしてしまいます。(後に小石川の元妻だと知る事になる)

天堂から勉強しろと言われた七瀬はアブレーション治療を見学させてもらい努力するが天堂に外されてしまい悔しくて「公私混同しているのは先生の方じゃないんですか」とぶつけてしまいます。

「主任に頼まれたんだ、努力しているのは知ってたと思うよ」と来生先生に教えてもらった七瀬は謝るために病院に戻ると真司が発作を起こしオペ中でした。

普段から接していた七瀬の意見もあって喘息を起こしている事が分かりオペはスムーズにいきました。主任から謝罪された七瀬は「これからもご指導のほどお願いいたします」と頭を下げました。

スポンサーリンク

 

俺の彼女だから/私の彼です

いきなり天堂がナースステーションにやってきて「僕の休みの日、七瀬の予定を空けてください。彼女なんで一緒にメシ食いに行きます」と言いました。

看護士たちは驚きテンション上がるがそこに天堂の元恋人とそっくりな若林みおりが現われ一同驚きます。若林は天堂の元恋人の妹であり心臓外科医でした。

せっかく同じ休みにしたのに天堂はセミナーで登壇が決定してしまいます。若林もそのセミナーに参加すると知った七瀬は不安でしょうがないので尾行することにします。

大阪まで行ったものの途中で見失ってしまい諦めようとすると路上で倒れている人を発見します。心肺停止であり蘇生を試みると現場に天堂がやってきました。

人を救う事が出来て喜ぶ七瀬に対し「分かりやすい尾行だな、誰でも気付くぞ」と天堂は言います。

ホテルで1泊する事になりダブルベッドを目にした七瀬は「ついに・・・」と覚悟を決め風呂からでるが天堂はすでに寝ていました。寝ている天堂にキスしようとするが止めて寝落ちすると目を覚ました天堂は七瀬にキスしました。

寝坊した七瀬は急いでセミナー会場に行くが日浦総合病院で働くことになった若林に「姉とは正反対ね」と言われてしまいます。

天堂と若林は良いコンビだと称賛されます。同じ苦しみを乗り越え医師になった気持ちを互いに理解出来ると思った若林は「あなたが好きになりました」と告白しました。

ちょうど現場に居合わせてしまった七瀬は落ち込むが「今更何言ってんだ。釣り合わないなんて誰もが思ってんだろ。俺の知らないところで泣くな」とキスされます。

勝手にショックを受けて落ち込んでいたのは自分なんだと相談すると流子の計らいで遊園地デートをする事になりました。

 

VIP待遇の患者

日浦総合病院のスポンサーである社長の息子・上条が入院してきて七瀬は専属で看病するよう言われます。上条は彼女に別れ話をしているときにちょうど通りかかった七瀬を掴んで彼女のフリをして貰っていたのです。

「この間デート楽しかったね」と言われた七瀬は誤解である事を伝えに行くと「くだらねぇガキに気に入られやがって」と天堂に言われます。

七瀬の純粋な姿に好意を持った上条は天堂が彼女の恋人だと知り挑発を始め、カテーテル手術が終わると暴力と精神的苦痛を受けたと訴えを起こしました。

天堂は何もしていないので否定し訴えを信じるものは病院側には当然いませんでした。

杏里のオペが可能となり心臓外科と循環器内科で合同チームが発足されるが院長に圧力がかかり天堂はオペから外されてしまいます。

上条は御曹司であっても何もやっていないし何も持っていません。病気で精神が不安定になっているのだと理解する七瀬はリハビリをすすめて一緒に頑張り看護士たちも応援します。

杏里の手術にはずっと見てきた天堂が必要だと思う七瀬は説得しに行くと「次に行くクリニックはシンガポールだけど一緒に来てくれるなら訴えを止めるよ」と言われます。

杏里の心を守るため、そして天堂のために七瀬は「一緒には行かれないが先生とも別れます」と上条に置き手紙を残しました。

 

結末/恋はつづくよどこまでも

訴えが取り下げられたので杏里のオペが可能となった天堂はチームに加わり成功させるが七瀬が辞職したことを知り驚きます。

地元である鹿児島の小さな診療所で看護婦として働いていた七瀬は院長に買物を頼まれた時に流子から電話があります。

家賃のことだと思い出ると相手は天堂であり「なに考えてんだ馬鹿」と言われます。

決心が揺らがないように「先生のそばにいると甘えちゃうし成長できないから」と涙を浮かべて伝えるが「ずっと一緒にいるって言ったろ」といきなり後ろから抱き締められます。

喜ぶ七瀬はそのまま成り行きで家族に紹介すると「結婚の申し込みでしょ」と言われ慌てるが「そういえば先生に好きって言ってもらった事がない」と言います。

診療所に明かりが付いていたので訪ねてみると院長が倒れていました。院長は骨髄腫でモルヒネを自ら打っていたが生きる事を諦めているのではなく最期を受け入れ、そのような人をサポートしているのだと知ります。

七瀬は天堂と一緒に東京に帰り日浦総合病院に復職してナースステーションで謝罪すると温かく迎えてくれました。

「実家まで行ったんだからそろそろ結婚ですか」とみんなに騒がれる七瀬だがまだ何もしていないと不安になります。

「色気を感じないか大事に思っているかどっちかだ」とアドバイスを受けた七瀬はぶりっ子してみたりセクシーな服を着て誘惑します。

呆れる天堂は「俺がどんだけ我慢してると思ってんだ」と言いベッドに連れて行きます。ところがそこに流子と仁志が酔っ払って入ってきました。

スポンサーリンク

 

七瀬と天堂が横断歩道を歩いていると暴走する車が突っ込んできました。気付くと5.6人が倒れており二人は応急処置をしようとします。ゴールまで突っ走り倒れてしまうような子だと父親から聞かされていた天堂は恋人を亡くした時のことを思い出し休んでいろと伝えます。

七瀬は「私は絶対に消えたりしないから大丈夫」と言い処置にかかるが救急車で被害者が全員運ばれていくと頭を強く打っていたので倒れてしまいます。

脳が損傷していたらこのまま眠り続けるかも知れないと担当医から知らされた天堂は付きっきりで看病し、ナースステーションではそんな天堂を心配します。

天堂は手を握り「いつまで寝てるんだ馬鹿」と告げると七瀬は目を覚まし「お久しぶりです先生」と笑顔を見せました。ほっとして天堂は後ろを向いて涙を流し「いくらでも言ってやるよ、お前が好きだ」と言います。

 

元気になった七瀬と素直になった天堂はラブラブに生活するがまたもや流子と仁志に邪魔されます。

流子は天堂病院の後継ぎのために父親からお見合いを進められ受け入れるが急に現われた仁志に連れ去られたのです。

流子が天堂よりもドSな父親を説得するため実家に帰るというので七瀬は頼まれ付き合うことになります。

「家庭にも付かず医者にもならず仕事もしない、お前は何やってんだ」と言われた流子を庇い、七瀬が説得にかかるが「家庭に口を出すな」と言われ何も言えなくなってしまいます。

しかし、そこに天堂が現われ「俺の彼女だから関係あるよ、結婚したいと思ってます」と言うと両親は驚くがそれよりも七瀬は喜び、嬉しくて子供のようにピョンピョン跳ねてしまいます。

恋人と死別で心配していた両親は結婚したい人がいるほど立ち直っていたのかと驚くとともに安堵し「ご飯でも食べよう」とその場をおさめました。

 

海外看護留学の話を主任から勧められた七瀬は天堂と離れたくないので「海外にすら行ったときないので」と断るが、その様子を見ていた天堂は看護士として成長したいのだろうと気付きます。

その頃、天病院を継ぐことにした流子は石屋看護士の募集をかけ面接を担当すると仁志が覚悟を持ってやってきたので机を飛び越えて歩み寄って抱き締めます。

天堂に「行けよ留学、行きたいんだろ」と言われた七瀬は「先生と1年も離れるなんて無理です」と返事します。

俺も離れたくないと抱き締められ、「本当は行きたいって顔に書いてあるぞ」と言われた七瀬は「俺はもう可愛がる事しか出来ないんだよ」と言われ決意します。

ひな鳥が巣を旅断つのを見守る感じ・・・・。

海外への留学を決めた七瀬は天堂とのディナーを楽しもうとウキウキして待っていたが緊急オペが入ったとメールが来て寂しい気分になります。ギリギリまで待っても来ないので店を出て行くが雨が降っていました。

傘を持って現われた天堂に2.3時間会えなかっただけで寂しかったのに留学なんて耐えられませんと抱き付きます。

杏里の手術の会見をしていた天堂は七瀬が18時に飛び立つと言っていたが16時の間違いだと気付き急いで空港に駆け付けます。

「七瀬」と呼びかけ歩み寄り強く抱き締めます。

「患者には不快な思いをさせない、自主的にどう動くが考える、戻ってきたら俺と結婚しろ」と言われ頷く七瀬は指輪をはめられます。

~1年後、帰国した七瀬は迎えに来た天堂に「ただいま」と走り寄って抱き締めます。

ライバルだった酒井が来生先生と良い関係なんだと七瀬は察し笑顔を見せます。看護士や医師たちの計らいで忙しいなか結婚式をひらいてもらい天堂と七瀬は式を挙げる事ができました。

おめでとう!!

 

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました