邦画/洋画/アジア映画/連続ドラマ/小説などのネタバレ含むあらすじを結末まで紹介していますのでご注意くださいませ。
スポンサーリンク

「告発の行方」ネタバレ あらすじ ・レイプ被害者の弁護人は犯罪教唆の罪として裁判に挑む!

ミステリーサスペンス

 

「裁判」、「法律」は弱い者を守るために存在してほしいですよね。

大胆な服装だから、酔っ払っていたから、・・・だからレイプしていいとはならないはずです。

人を殺す理由など存在してはいけないようにレイプだって同じです。

アメリカでレイプ事件は6分に1件発生しており4件に1件は複数犯による犯行である。

監督=ジョナサン・カプラン 

◆サラ・トバイアス(ジョディ・フォスター)◆キャサリン・マーフィー(ケリー・マクギリス)◆クリフ(レオ・ロッシ)◆ケン・ジョイス(バーニー・コールソン)◆サリー(アン・ハーン)

ネタバレ あらすじ

  告発の行方

スポンサーリンク

「THE MILL」という酒場から飛び出してきた男は、

若い女性が複数の男にレイプされていると公衆電話から警察に連絡します。

 

被害者のサラ・トバイアスは病院で治療を受けていると女性検事のキャサリン・マーフィンがやってきて「弁護士は法廷でふしだらな女だと責めてくるが耐えられるのか」と聞かれます。

逮捕された3人の男はレイプとは認めず保釈金により釈放されたがサラは「一生刑務所から出て来れないようにして!!」と訴えます。

 

目撃情報はなくサラは「THE MILL」に行く前に酒を飲みマリファナを吸い大胆な服装で酒場へ行っていたので法廷では勝てないと思ったキャサリンは司法取引を持ちかけます。

 

過失傷害の罪を認めたNewsが流れサラは深く傷付きキャサリンに怒りをぶつけます。

髪の毛をばっさり切ったサラはCDショップでレイプ現場にいたクリフにおちょくられ相手が乗る車に突進して怪我をします。

病院に駆けつけたキャサリンはクリフの腕にサソリの刺青があるのを見付け「THE MILL」の清掃員サリーが言っていた事を思い出します。

 

サラの様子を見て本気で法廷で争うことを決意するキャサリン。

3人の男をその気にさせた周囲にいた人間は犯罪教唆の罪になると考え2度と取引はしないから証言をしてほしいとサラに頼みます。

裁判に勝てば前の取引は無効となり強姦罪の前科がつくのです。

 

事件の日、

サラは恋人に浮気された事で酒場にいた犯人であるボブを家に連れて帰り抱かれている現場を見せてやりたいと冗談でサリーに発言していました。

完全に不利になる証言のためキャサリンは何故言わなかったのかとサラを責めます。

 

キャサリンは「THE MILL」に置いてあるピンボールのハイスコアの記録が事件のあった日だと気付きます。

ハイスコア者の名前が「ケン」となっていたので酒場によく訪れる大学の名簿を調べるとケン・ジョイスという名前を見付けます。

警察に連絡してきた男の声を何回も聞いてきたのでキャサリンはケンと会ったときにすぐに気付き証言台に立つようお願いします。

 

ケンは友達のボムの面会に行きます。

ボムは9ヶ月の懲役刑を受けていたがケンが正直に話すと5年に延びてしまうため偽証するよう頼まれます。

キャサリンはサラと話し合っているときに弁護士と供にケンがやってきて「事件の日は酒に酔っていて覚えていない」と言われます。

サラはケンに向かって情けない男だと罵ります。

しかし…

ケンは法廷で正直に証言してくれました。

3人の男に周囲の人間がレイプするように囃し立てた事が認められ犯罪教唆の有罪となり勝訴しました。

サラはキャサリンと喜び、それを見ていたケンも喜びました(終)

 

この映画はジョディ・フォスターがピンボール台の上で複数の男性にされてしまった体当たり演技が話題になっただけだと正直思います。