PR

「黒豊と白夕」9話10話11話12話ネタバレあらすじ&視聴私感

中国ドラマ「黒豊と白夕」作品概要

チャオ・ルースー&ヤン・ヤン共演のラブアクション時代劇

権力の象徴である令牌・玄極令を持つ大東国の皇帝が6つの州をまとめる時代、江湖には隠泉水榭の榭主・黒豊息と天霜門の女侠・白風夕という無敵の強者がいたが玄極令が行方不明となると6州の覇権争いが勃発する。

好敵手だった2人が助け合うことで同志となり唯一無二のパートナーへと変化していく恋愛模様、複雑に絡み合った王朝と江湖の策謀や裏切り、次第に明らかになる黒幕の存在など目がはなせないロマンスアクション時代劇。

「黒豊と白夕」全40話あらすじ一覧はこちら

 

スポンサーリンク

ネタバレ感想/黒豊と白夕

白風夕/風惜雲(チャオ・ルースー)黒豊息/豊蘭息(ヤン・ヤン)皇朝(ライ・イー)豊莒(リウ・ルイリン)豊萇(チャン・ティエンヤン)玉無縁(チャン・ハオウェイ)鐘離(ホアン・イー)華純然(アン・ユエシー)白琅華(アイミー)など

 

オリジナル44話自分なりに40話にまとめたのでズレが生じる場合があります

 

9話・花の海

雍州王がすぐに1王子・豊萇を罰しなかったと知る3王子・豊莒は焦ります。行方不明となった2王子・豊蘭息が見つからず都督・任如松は同行していた息子たちを叱り、豊萇は総動員して必死に捜索します。

そのころ、白風夕に救出されていた隠泉水榭の黒豊息(豊蘭息)は物資を調達するために龍頭で下船します。黒豊息は看病のお礼として絶世の美女にするために白風夕に最上の美しい衣と簪を贈ります。

鳳棲梧は如玉軒から密書が届き豊蘭息が生きていると知って心から安堵します。

 

豊莒の提案により雍州王は豊蘭息の無事を祈って祈祷を行うことを決めます。黒豊息は白風夕の師妹・白琅華が体調をこわしたので医者を呼び休養する場所も手配するからと雍で下船しようと誘います。

密かに鳳棲梧に会う豊蘭息は豊莒が偽の亡骸を利用する気だと知らされ首謀者は功を急ぐ王元だと告げます。

雍州王は祈祷中に豊蘭息の亡骸が発見されたと王元から報告を受け、運ばれてきた亡骸を目にし愕然とします。しかし駆け付ける任如松から豊蘭息が屋敷へ戻ったと知らされ、鳳棲梧は動揺する豊莒を見て笑みを浮かべます。

(亡骸は細工されていたわけだから誰の仕業なのか当然調べますよね。それでも豊莒と分かっても雍州王では王妃を気にして罰することなど出来ないでしょう。冀州の皇朝が偽物の玄極令のために戦っていたのかと玉無縁に話していたけどそういえばそんな話だったねww忘れてたよ)

 

10話・意中の人

帰還した豊蘭息は豊莒への復讐のために生きているのに知らせないのは欺く行為だと雍州王に叱責されるが証拠を掴むためだと弁明します。

骨肉の争いを避けたい雍州王は功績を称え豊蘭息を永平君に封じ金城と当城の5000戸を管轄する権利を与えます。任穿雲を驃騎将軍とし青林衛の指揮を任せ、任穿雨は果勇校尉に任じます。

王元を切り捨てて自分の身を守る豊莒は李甲賢を仕えさせるためにわざと王妃のもとに送り込むと思惑通り派遣されます。そして王妃は自分を世子にしたがっているがそれで権力を持つのは母であるため傀儡にすぎないのだと本心を話します。

スポンサーリンク

冀州世子・皇朝から玄極令を返すと文書が届き皇太子・景炎が慌てる中、大東国皇帝は冀州への感謝を示すため宮中で六合宴を催すと6州に伝令させます。

黒豊息は自分の屋敷・槐樹院に留まっている白風夕に会いに行き楽しいひと時を過ごすが橋から落下する子供を助けた彼女が足を怪我してしまったので負ぶって送ります。

豊蘭息は下山して戻ってきた王妃の馬車を引くよう雍州王に命じられるが、鳳棲梧は流民たちを引き連れて戻ってきた王妃は立派だが衛兵を全員退かせた護衛の孫明揚、そして王妃が平服で帰ると知らせなかった礼部の楊侍郎を罰するべきと訴えます。

 

雍州王はしばらく見ないうちに豊蘭息は変わったようだと王妃に言われたので原因は兄の殺害を企てる豊莒のせいではないかと指摘します。

(王妃は流民を率いて帰ってきて称賛でも受けようとしていたのか?鳳棲梧の進言によって行動は不適切だったようだと雍州王に告げられていましたねwwせこいパフォーマンスでしたねww)

 

11話・奪われた令牌

黒豊息から合言葉を教わっていた白風夕は如玉軒を訪ねて金の工面をするが発作を起こして倒れる豊萇を目にし助けます。

天霜門の白建徳に文が届かないので黒豊息に相談しようと如玉軒を再び訪ね待つが屋敷にはいないようだと番頭に言われます。夜遅いので明日来ると告げ帰ろうとするが病を患っていると噂が流れるのではと恐れる豊萇に狙われ大勢の刺客が急に現れます。

簡単に返り討ちにすると何者だと黒豊息が駆け付けたために刺客は逃げて行きます。強者の女侠にやられたと報告を受ける豊萇は何者なんだと驚くなか黒豊息が駆け付けたと知り槐樹院の様子を見に行きます。

白建徳を調べるよう黒豊息にお願いした白風夕は酒を飲んで帰ろうとすると刺客がまたも現れたのでうんざりします。

再び返り討ちにすると豊萇と出くわしたので病の件を口外させないよう狙われたのだと察し覚えていないフリをして去ります。

 

冀州の皇朝が玄極令を返還するので陛下が帝都で六合宴を開くことになり雍州王は誰を遣わすか皆に相談します。

最年長である豊萇が雍の代表として相応しいと話があがるなか王妃に指示されていた王宰相は長子であっても嫡子ではなく豊蘭息は病気がちだからと豊莒を推します。

鳳棲梧はもうすぐ科挙があるために才能や人柄だけでなく家柄も申し分ない名簿を豊蘭息に渡し今後は世子になるためにも味方を増やしていくべきと進言します。

鳳世英の名前がないと指摘されたので弟は鳳家の者だから当然味方だと告げます。

スポンサーリンク

 

豊蘭息が白風夕を狙ったのは豊萇だったかと知る頃、白風夕は豊萇に尾行されている事に気付くが哀れな人だと思い忘れた芝居を続け去ります。

豊蘭息は科挙の今、王妃は豊莒を都から遠ざけるのかと不審に思い鳳棲梧に用心するよう伝えさせます。

帝都に向かっていた冀州世子・皇朝は襲撃を受けて玄極令を奪われてしまい六合宴で大東国帝王に謝罪します。過ちを償うべく真相を突き止めると告げると陛下は5州に皇朝に協力するよう命じます。

(玄極令は偽物だから青州世子・風写月に頼んで奪ってもらったのねwwそして皇朝は覇者になることを狙っているのか、玉無縁は聡明そうに見えたけど本当に加担するのかな?そして鳳棲梧が賢すぎる、豊蘭息に意中の人がいるのか調べるという事は嫉妬から白風夕は目を付けられるのかしら・・・)

 

12話・不祥事

黒豊息は弟子のために苦労する白風夕の顔を立てるため食事や寒さを耐える布団などを鐘離に届けさせます。そして白風夕の前に姿を現し白建徳は霧山に向かったようだからもう少し雍州に留まることを勧めます。

 

雍州の会試の日に書付を持ち込んだ貢生の1人・徐雨新が捕らえられます。書付は持ち込んだわけではなく手付金を仲介人に払い最初からあったものだと訴えると試験は中止されます。

捜索の結果、大勢の貢生と監督が拘束され、報告を受ける鳳棲梧は不正者の中に弟・鳳世英の名があることを知り豊蘭息の屋敷を訪ねます。

7名のうち主監督である裴先生の教え子は4名いるので漏洩の首謀者と疑われてしまうと告げると王妃の仕業だと把握する豊蘭息は朝議で自分が担当できるよう上奏してくれと頼みます。

 

科挙で不正が行われ雍州王が激怒するなか鳳棲梧は爵位を授かっている豊蘭息に調査を任せるべきと進言します。明らかに豊蘭息が標的になっていると気付いている雍州王はあえて飛び込むのかと驚きながら命を下します。

徐雨新から話を聞く豊蘭息は三品以上の大臣しか使えない金箔紙が使われていた事から使用記録を調べます。そして仲介人の人相書きをもとに捕らえに行くと白風夕が弟子の借金を返しにきており借用書を要求していました。

自分に任せろと告げ連行し問い詰めると呉三という者に命じられただけだと訴えられます。

(白建徳は王水龍とやらに会いに行くために霧山にいるらしいが、そういれば皇朝たちも行くとか言ってなかったっけ。それにしても天霜門の雇宇とかいう人うざいわぁ、能力があるならまだしも弱い上にいろいろとかき乱すは掟に違反して借金するし・・・白風夕ほっとけばいいのにww)

13話からのネタバレ

 

 

華流ドラマ
スポンサーリンク
鑑賞感想