中国ラブ史劇「皇帝の恋」全話ネタバレあらすじ一覧・感想を交え最終話の結末まで紹介

作品情報・キャスト

ベストセラーを映像化しアクセス数13億を突破した中国宮廷ドラマ。

時は清康熙8年。康煕帝は朝廷を支配していた奸臣オーバイを捕縛し一味と見なすチャハル親王の一族も討伐する。一族皆殺しの惨劇を逃れた親王の娘・良児は葉三と名乗る少年に救われるが叔父・納蘭明珠に家にたどりつくと命を狙われ記憶を失う。納蘭容若が懇願してくれたおかげで良児は名を琳琅と変え使用人として匿ってもらうが数年後、容若と恋仲となった事で追い出され下級宮女となる。琳琅の姿を見た康煕帝は彼女こそ探し続けていた良児だと確信する。また彼女の記憶を取り戻そうとする康煕帝の側には侍衛として仕える容若の姿が。皇帝と宮女、幼馴染みの三角関係の行方は?!

スポンサーリンク

 

康煕帝(ハウィック・ラウ)衛琳琅/良児(ジェン・シュアン)納蘭容若(チャン・ビンビン)長慶/阿思海(ジャン・シャオチェン)太皇太后・孝荘(ミシェール・イム)恵妃(ミカ・ウォン)画珠(チャン・ジーシー)芸初(リウ・ティエンルー)玉箸(リウ・モンモン)など

 

 

ネタバレあらすじ/皇帝の恋

 

第1話・出会い

愛新覚羅・玄燁は8歳で康煕帝として即位し14歳で親政を始めました。

16歳(康煕8年)、太皇太后は宰相オーバイを倒さねば朝廷の実権は握れないと思い結託していたチャハル親王(阿布鼐)を幽閉するよう勅命を出します。

康煕帝は納蘭容若と協力してオーバイを捕縛し過去の功労に免じて禁固刑に処すと太皇太后と皇太后は喜びます。

しかし、「何者かが春和居に侵入して衛兵を殺害し阿布鼐を逃亡させた」と報告が入り康煕帝は一家を捕らえるよう納蘭明珠に命じ抵抗された場合は始末して構わないと告げます。

 

阿布鼐の娘・良児は誕生日だったので祝ってくれる事を楽しみにしていたが父親が慌てた様子で帰って都を脱出すると急かされます。

新王府は既に包囲されており阿布鼐は「罪を認めるから家族は許して欲しい」と訴えるが先に剣を抜いてしまった事で衝突してしまいます。

一族が目の前で次々と殺され「あなたは生きなさい」と母親の最期の言葉を受けた良児は泣きながら叔父の納蘭府を求めて逃げ出します。

 

良児は人身売買する悪党に目を付けられ浚われそうになるが葉山と名乗る少年(お忍びできていた康煕帝)に助けられます。

オーバイ一派に追われていた葉山から先に逃げろと言われるが怪我を負っていたので知恵を絞って馬だけ走らせて埃を巻き上げます。洞窟の中に隠れていると追っ手に発見されてしまい良児は葉山が奪った馬に乗せられ逃がされます。

(納蘭明珠は阿布鼐を捕らえるよう命じられたが親戚ですよね。って事は明珠の息子が容若なんで良児は納蘭府に逃げたらヤバいのでは?それにしても阿布鼐の家族の中ですぐに剣を抜いた愚か者は誰よw先走らなければ家族は無事だしもしかしたら親王も助かったかもしれないのに・・・)
スポンサーリンク

 

第2話・初恋相手

太皇太后は「オーバイの残党を探し出して始末しろ、私情にとらわれ不正な行いをすれば刑部尚書の位を剥奪する」と納蘭明珠に言い放ちます。

納蘭容若はオーバイ一派に追われる康煕帝を発見して助太刀し安全を確保します。良児と一緒に凧揚げをする約束をしていたので帰るが新王一族は謀反を企てた罪で皆殺しにされたと知り捜しに出ようとすると父親に止められます。

「納蘭家は太皇太后から疑念を抱かれ、陛下は何者かに襲われた。姉がもうすぐ入内するのだから大人しくしとけ」

容若は返す言葉が見付からないが良児が無事に逃げ込んできたので安堵します。

「お母さんが納蘭府に行けと・・」と涙を流す良児を見て、容若は「家族を殺され家がない10歳の少女を追い出すのは殺すのと同じ事だ、匿って欲しい」と父親に願いでます。

 

良児は父親の迷いを消し去ろうと納蘭逸に命を狙われたところ容若に助けられるが頭を強く打って記憶喪失となってしまいます。

容若は名前すら覚えていないのだから納蘭家を脅かす存在にはならないと訴え、衛琳琅という新しい名前を与え納蘭家の小間使いとして匿います。

康煕帝は逃がした良児に「3日後に福佑寺で待っていろ」と告げていたので会える事を楽しみしていたが彼女が姿を現すことはありませんでした。

 

数年後、辛者庫の女官たちは康煕帝と納蘭容若が相撲を取っていたので見に行きます。容若は文武両道で有名であるが侍衛のため陛下が勝つに決まっているなど勝手に女官たちは賭け事を始めるが仕事が終わってないと玉箸に見付かり叱責されます。

陛下の衣に穴が開いてしまい側仕えの小徳子は辛者庫に持っていきます。玉箸は断るが陛下の側室を狙う画珠がしゃしゃり出て勝手に受け取ってしまったため何かあれば罰を受けてしまうため困惑します。

容若と恋仲となった事で追い出され下級宮女となっていた琳琅(良児)は手先が器用なために画珠に押し付けられ仕方なく仕上げてあげます。

康煕帝はずっと良児を探しており、また納蘭容若も琳琅との再会を信じていました。

(良児の兄・阿思海は長慶と名前を変え太監として王宮に侵入して生きているのね。復讐を狙っているのだろうか。そして納蘭容若の姉・恵妃は康煕帝の側室であり、良児としての記憶を失っているから琳琅は陛下のことを知らないのよね。)

 

第3話・再会

康煕帝は仕上がった衣を目にし良児の手巾にあった刺繍と同じだったため驚きます。誰が繕ったのか小徳子に聞くと辛者庫の女官だと知らされすぐに呼ぶよう命じます。

小徳子は仕事を受けた者と届けた者が違うため誰が繕ったのかと聞くと画珠が名乗り出たため琳琅(良児)は何も言いませんでした。康煕帝は楽しみに待っていたが初恋の人ではなかったのでがっかりし褒美を取らせて帰らせました。

 

琳琅は染め物を干していると散歩をしていた康煕帝が足を引っかけたために全部倒して汚れてしまいます。

何者なのか聞くと「侍衛で名前は葉山」と言われ、たとえ陛下だったとしても責任を取ってもらうと言い放ち洗濯を手伝わせます。

洗濯すらできず力を入れすぎるため「絹が破れたら首が飛ぶ、帝王は非情なり、機嫌を損ねた者は死罪よ」と言い放ちます。そんなんで陛下は死罪にしないと康煕帝は告げるが何でよく思われていないのかと困惑します。

 

琳琅が元気ない兎を捕まえようとしていたので康煕帝は捕まえ侍医に診せてやると告げます。

体の動きを抑制できなくなる人工的な毒物を飲まされたのだと分かり警戒していると予想通り侍衛が暴れ出しました。納蘭容若は駆け付けて倒し刺客に侵入されたことを謝罪するが「刺客ではない、侍医に調べさせろ」と命じられます。

康煕帝は料理の中に毒を混入したのではと疑い葉山となって見張っていると黒装束(長慶)が侵入してきました。毒を入れるのを確認して出て行ったところを捕らえようとしたが「兎はどこへやったの」と琳琅に話しかけられ失敗します。

侍衛に見付かったら大変なので琳琅の手を掴んで隠れるが、厨房の食事を調べる納蘭容若の姿を目にした琳琅は驚き自分の口を両手で抑えます。

 

呉三桂が湖南を占領した頃、清軍が韶州を猛攻しました。武力で勝てない呉三桂が清兵に一服盛ったが今回の毒の事件と繋がっていると確信した康煕帝は勇敢な清兵を見くびるなと教えてやれと納蘭容若に命じます。

(長慶は呉子墨の手引きで宮中に侵入しているらしいが命を出している女主人は誰でしょうね。皇太后あたりとは思えないので辛者庫の女官あたりかしらね。それにしても何で再会したのに琳琅は逃げるのだろうか、そして何で容若は琳琅と間違えて女官の翠雋に二回も声をかけてしまうのかwおかげで好意を持たれてしまったじゃないか。琳琅と翠雋は仲良いのにこの先大丈夫かな・・)
スポンサーリンク

 

全話一覧/皇帝の恋

1話から3話まで(ページ内にジャンプします)

オーバイと結託していると見なされた親王一族は康煕帝の命で滅ぼされ娘の良児は納蘭府に逃げ込み記憶を失ったことで衛琳琅と名前を与えられる。数年後、納蘭容若と恋仲になり追い出され下級宮女となると陛下に話しかけられるが記憶を失っているため・・・

第4話から6話まで

4話・5話・6話

康煕帝は琳琅の手のひらに書かれた虎の絵を見て探し求めていた良児だと気付く。琳琅はしつこく葉山の正体が皇帝だったと知り驚くなか、想人の納蘭容若と再会する。一方、復讐のために侵入していた長慶は・・・

第7話から10話まで

7話・8話・9話・10話

簫を吹いたのが自分であると認めれば陛下を欺いたことになり否定すれば容若に嫁げなくなるので琳琅は悩む。御前女官となって陛下に仕えるが毒を盛られた事がきっかけで過去の記憶を夢でみるようになり困惑する

第11話から14話まで

11話・12話・13話・14話

刺客が玉箸だと知った琳琅は康煕帝のことを暴君と思う人がいることに驚く。帰京し3年振りに恵妃(容若の姉)と再会した琳琅は皇外に出る策を授るがタイミング悪く陛下に介抱される。そんな琳琅だが良児だったころの夢を見るようになる

第15話から19話まで

15話・16話・17話・18話・19話

琳琅の想人が納蘭容若だと気付く康煕帝は信頼する弟分と愛する女に欺かれ激怒する。2人のために婚姻を許す決意を固めるが何故か琳琅は拒絶し容若は酒に溺れる。長慶は2人の私通を暴こうとしたが間違えて女官の翠雋に・・・

第20話から24話まで

20話・21話・22話・23話・24話

容若が翠雋と婚姻をあげ琳琅は生まれ変わる努力をする。陛下の優しさに少しずつ惹かれる琳琅だが端敬皇后に似ていたために皇太后から恨まれる。一方、皇太后に気に入られる長慶は策を講じて陛下のもとに太監として派遣されるが琳琅に邪魔されて戻される

第25話から27話まで

25話・26話・27話

陛下の指輪を盗んだ罪、皇太后を呪った罪を着せられた琳琅は太皇太后から死罪を命じられます。康煕帝や納蘭容若は罠を仕掛けて端嬪が指輪を盗んだと突き止める。呪いの人形を乾清宮にいる琳琅が作れるわけと陛下が証明すると長慶は罪を着せて難を逃れる

第28話から32話まで

28話・29話・30話・31話・32話

中秋節の花火を見ながら琳琅は康煕帝とくちづけを交わすが過去の記憶が回復し皇帝によって一族が滅びたのだと知る。康煕帝は自分を避ける琳琅を側室にし更に嫉妬させるために画珠を琳琅よりも身分が高い貴人とする

第33話から36話まで

33話・34話・35話・36話

仇相手の命を咄嗟に守ってしまったと琳琅は己を責め容赦なく殺された阿布鼐親王の娘だと明かす。また長慶が実兄だと気付き身分を明かして再会を喜ぶと皇帝を殺そうとするのであの手この手で阻止するが寵愛を受けたい画珠に邪魔していると疑われる

最終話・第37話から40話まで

37話・38話・39話・40話

琳琅は長慶と一緒に皇宮を出ようとしたが既に康煕帝が長慶の素性を突き止めていたので連れ戻される。阿布鼐の名誉が回復され呉子墨の罠によって安心させて誘き寄せ始末する皇帝の策だと長慶は勘違いする。納蘭容若は琳琅が危険な行動に出るのを察知して・・・