邦画/洋画/アジア映画/連続ドラマ/小説などのネタバレ含むあらすじを結末まで紹介していますのでご注意くださいませ。
スポンサーリンク

「荒野のストレンジャー」 ネタバレ あらすじ・小さな街に復讐のため突如現れた謎の男の正体とは!!

ドラマ映画

 

作品情報・キャスト

クリント・イーストウッドが監督、主演。

小さな町ラーゴに謎の男が馬でやってきました。ラーゴが用心棒として雇った3人をあっさり始末したことで男は新しい用心棒として雇われます。しかし謎の男は女性は犯すし町の標識を地獄にかえるなどやりたい放題・・・何者なのか。

 

ネタバレ・あらすじ

荒野のストレンジャー

スポンサーリンク

 

小さな町ラーゴに、正体不明の男が馬に跨りやってきました。

酒場で酒を飲んでいると3人の男がからんでくる。

静かに1人で飲みたかった男は、「おまえらとは腕が違う」と言い残し向かいにある床屋に入っていきます。

のびたヒゲを剃るよう頼んだが酒場でからんできた3人の男がしつこくからんでくるので撃ち殺しました。

 

殺された3人はラーゴの町で用心棒として雇われていました。

ラーゴは鉱山により成り立っている町だが、

採掘会社の用心棒をしていたステイシー3兄弟は金を盗もうとした罪で逮捕しにきた連邦保安官をムチで打ち殺していました。

ラーゴの町人は怖くて誰も助ける事ができなかった過去があったから用心棒を雇っていたのでした。

 

ステイシー三兄弟は刑期を終えラーゴにやってくる情報があり正体不明の男を用心棒として雇う事にします。

なんでも住人は言う事を聞き、お金はいらずなんでも手に入る事を条件に男は引き受ける事にしました。

男は町中を赤いペンキで塗らせたり射撃訓練命令を出したりパーティーの準備をさせ女たちとも関係をもちました。

 

正体不明の男の行動や指示は奇妙なものばかりで意味が分からないものばかり。

ステイシー三兄弟がラーゴにやってくる途中に待ち伏せしてダイナマイトを仕掛けたり、

ラーゴの町の護衛をしているはずだが女性は犯すし町の標識を地獄にするなどしていた。

男を雇った事に後悔した住人は夜中に数人で袋叩きにしようとするが男はそれを読んでいてダイナマイトを仕掛けホテルを爆破させた。

結末

正体不明の男はラーゴの町に復讐しにきたのです。

ラーゴの住人は用心棒で雇っていたステイシー三兄弟に町の利権を守るために保安官を殺すように頼んでいたのです。

それなのにラーゴの住人はその罪で投獄させたので、ステイシー三兄弟は復讐しにやってくるのです。

その復讐を恐れ雇った正体不明の男は殺された連邦保安官のジム.ダンカンの霊でした。

ステイシー三兄弟はラーゴにやってきて簡単に支配するがジム.ダンカンの霊が現れ殺されます。

 

正体不明の男の家来の小人はジム.ダンカンが埋められている場所に墓標を建てました。

そして男は去っていきます。

 

感想 

めちゃくちゃで意味不明な場面ばかりですね。

殺された保安官ではないかと最後に思った事でなんとか繋がりましたが本当は生きていたというオチかも知れません。

町を赤いペンキで塗らせたのは、地獄といえば真赤のイメージをお持ちだったからなのでしょうかね。不思議な映画でした。