「 ユアン・マクレガー / 荒野の誘惑 」< ネタバレ あらすじ > 新約聖書"荒野の誘惑"を題材にしたドラマ!

 

 

~注意~

●これから邦画・洋画・ドラマをご覧になる方は、

内容・結末を知る事になりますのでご注意くださいませ!

 

 

 

 

 

Last Days in the Desert [Region B] [Blu-ray]

 

日本語でのソフト化はまだされていないようです

 

監督=ロドリゴ・ガルシア

 

ヨシュア/悪魔(ユアン・マクレガー)

父親(キアラン・ハインズ)

母親(アイェレット・ゾラー)

息子(タイ・シェリダン)

 

< ネタバレ あらすじ >

ユアン・マクレガー / 荒野の誘惑

 

スポンサーリンク
 

"使命のため成人は砂漠に入り、

断食して祈りを捧げ聖霊の導きを求めた"

 

エルサレムを去ったヨシュアは砂漠を彷徨っていました。

「父さん……どこですか?」(父さん=父=神)

 

何もない砂漠で時を過ごしていたヨシュアは造りかけの家を発見し青年に話しかけます。

「働くから水をください。大工仕事ならなんでもできます」

生きるための水を恵んでもらったヨシュアは青年の父親から「聖霊や何かが常に共にいてくれるから一人じゃない」と言われます。

またテントの中で眠る母親は重病で動けないでいました。 

食事を差し出されヨシュアが断食中だからと断ると食べたくても食べれない母親は薄ら笑いします。

 

「エルサレムに行って海を見たい。アレクサンドリアの灯台も見たい」

丘から見える光のあふれるエルサレムに青年は強烈に引かれていました。

望みを父親に話せばいいとヨシュアは伝えるが彼は首を横に振りました。

また悪夢で目覚めると隣に自分とまったく同じ姿をした悪魔が座っていました。

「私は罪を犯しました。息子の父親は夫ではありません。この嘘を残したまま死にたくない。息子をここに縛るのは嫌だから助けて」

呟くのは母親?悪魔?

 

ヨシュアは夜中に出て行くが自分の家族と似ているため戻って家造りを手伝います。

「善意は無駄になる。先に進むのが怖いだけだろ」

ヨシュアは悪魔に摑みかかると「父親と母親と息子を満足させてみろ、絡んだ糸をほぐせばもう現れない」と言われます。

 

母親「エルサレムに行って息子が望む商売をさせてやりたい」

父親「そのためには金がいる。礼金がないと誰も商売を教えてくれない」

その頃、ヨシュアと一緒に水を汲みに行っていた息子は「父親は外の世界を恐れている」と言いました。

母親が死んでもおそらく父親はここを出ない気だろうと思う息子は「僕は悪い子供じゃないが出ていきたい」と叫びます。

 

夜中、母親は「もう死にたい。死ぬのは怖くない。ただ1人になるのが怖いだけ」と言いました。

ヨシュアは「あなたは1人じゃない」と伝えるが気が楽になる言葉はないものかと悩みます。

善なる思いがあっても言葉は空虚で無益だから行動で示すか沈黙を貫くしかないと思うのです。

 

息子の事を何も知らない父親は話したいと思うが言葉を絞りだすと厳しくなる事に悩んでいました。

ヨシュアの前に悪魔が現れます。

 

「お前の父親の計画は繰り返される。同じ命が何度も何度も生き死にを繰り返す。別の何かに生まれ変わることはないのか」

 

「ヨシュアが息子と会っていなければ、あの一家は母親の死後父子の関係は悪化し、息子は父親を毒殺し自分も首を吊るストーリーだった。」

 

ヨシュアはなぜ砂漠にいるのか訪ねると父親は「虚栄心や幻想は剥ぎ取られ、自分の本質に向き合わされる」と言います。

市場に見本を見せたいから碧玉がある場所へ行けるかと言われます。確認するにも危険な場所にあるためロープで繋いだ息子を父親とヨシュアが下ろす事にします。

しかし、

「高い所は苦手だと知ってて行かせる親がいるか」と息子は怒ります。

父親が怒りだしたのでヨシュアは「自分が行く」と止めに入ります。

しばらく考えたあと父親は「自分が下りるから君と息子で支えてくれ」と言いました。

 

滑ってずり落ちた父親は「次に滑ったら皆が落ちるからロープを切れ」と言いました。

なんとか上まで登り息子とヨシュアの手を掴むが滑ってそのまま落下してしまいました。

2人は急いで丘を下り駆け付けるが父親は亡くなります。

ヨシュアは父親を背負って造りかけの家に戻り息子と一緒に父親の身体を綺麗に拭きます。

母親は「息子はあなたの子。息子はあなたを愛している」と言い最期の別れをします。

 

翌朝、息子は遺灰を集め「祝福を受けずに去ればひと晩も生きられない」と言いました。

悪魔「大人になるのに父親の許可がいるのか?」

ヨシュアは息子の頭に手を添え「神を愛し命を愛しなさい」と伝え、母親にお別れのキスをして去ります。

 

砂漠を歩き続けると悪魔は「私はここまで」と言いました。

「お前が望むのであれば助けてやる。また会おう。父親によろしく」

ヨシュアはエルサレムに戻り十字架に磔となりました。

 

(感想)

さっぱり分からない。

神を信じたいが信じられない心も持っていてそれが悪魔の姿なのか。

ヨシュアがキリストなんでしょうけど…

荒野の誘惑=洗礼を受けたキリストは霊によって荒れ野に送り出され40日間留まり悪魔の誘惑を受けた。

「悪魔の誘惑」がよく分からない映画でした。

 

 

 分からないと言えばこちらも

blog.netabare-arasuji.net