映画「くちびるに歌を」ネタバレあらすじと結末/前進!前進!孤独なピアニスト演じる新垣結衣

スポンサーリンク

 

作品情報・キャスト

中田永一のベストセラーを新垣結衣を主演に三木孝浩監督が映画化。

心を解放しクライマックスで見せる笑顔は見物。心に傷を追ったピアニストの臨時教員が生徒達と心を結ぶ感動作。アンジェラ・アキの「手紙~拝啓十五の君へ~」を歌う合唱が感動を与える。

柏木ユリ(新垣結衣)松山ハルコ(木村文乃)塚本哲男(桐谷健太)仲村ナズナ(垣松祐里)桑原サトル(下田翔大)関谷チナツ(葵わかな)三田村リク(室井響)向井ケイスケ(佐野優斗)辻エリ(柴田杏花)など

 

ネタバレ・あらすじ

くちびるに歌を

長崎県の五島列島にある小さな島の中学校。

合唱部顧問の松山ハルコ先生が産休に入るためピアニストの柏木ユリが臨時教員としてやってきます。

ハルコと中学時代の同級生だったユリは全校生徒の前で挨拶すると美貌なため男性生徒は喜ぶが生徒に対する言動は冷めた感じで笑顔を見せません。

合唱部の顧問になったユリを目当てに今まで女性しかいなかった合唱部に男性が入部するようになります。

全国コンクール出場へ向けて課題曲「手紙~拝啓十五の君へ~」の練習に取り組むが、課題曲の歌詞の意味を理解させるため部員達に15年後の自分へ手紙を書く宿題をだします。

家庭事情

真面目に練習しない男性達に部長の辻エリや仲村ナズナ、長谷川コトミは女性だけでコンクールに出たいと言い出すが歓迎する部員もいました。

ナズナは小学生の頃に父親が愛人を作って蒸発してしまい、その後に母親が病死したことで男に対して嫌悪感を抱いていました。

しかし幼馴染の向井ケイスケが過去に書いたラブレターを持っていたので何も言えなくなります。

男子部員の背の小さい桑原サトルは自閉症の兄・アキオがいて生まれてきた事に追い目を感じていることから普段は生徒達と距離を置いていました。

だが同じ部員の三田村リクやケイスケと接するうちに気持ちに変化が現れる。

自閉症の兄を学校が終わったら迎えに行く日々だったが合唱の練習を仲間達とやりたいと思うようになり母親に任せることになります。

蒸発したナズナの父親が戻ってくるが金を盗みに帰ってきただけであり二回も父親に捨てられたナズナは生まれてこなければ良かったと落ち込みます。

スポンサーリンク

 

ユリは東京で有名なピアニストだったが生徒達の前でまったくピアノを演奏をしようとしなかった。

婚約者が事故死してからユリは心に深い傷を追いピアノが弾けなくなっていたのだ。

自分のコンサートがなければ急いで駆け付けることもなかったと自分を責め続けていたが、生徒達それぞれが悩みを抱えながらもコンクールに向けて頑張っている姿を見てユリは立ち向かう勇気をもらう。

そして教室でそっとピアノを弾くのだった。それを生徒達は廊下で聞いて喜びました。

ユリはピアノを弾きながら生徒達を指導してコンクールに向けて一致団結します。長崎県大会コンクール初日ハルコが入院したという知らせを聞いて事故死した婚約者のことが頭をよぎります。

緊急出産することを聞いたナズナは出ていこうとするが「逃げるな」とユリは声を張り上げました。

 

結末

ユリは逃げたら何にも始まらないことをナズナから教わっていたのです。

「あなたは1人じゃない、みんながいる」

今できることは練習してきた事をぶつけハルコに良い報告をすることだと話しコンクールに挑みます。

みんなの声は携帯電話をとおしてハルコがいる分娩室に届けられていました。

無事にハルコが元気な赤ちゃんを産んだ知らせが届き、会場ではそれぞれの生徒達が親との会話を楽しんでいました。

桑原サトルの自閉症である兄・アキオは会場で落ち込んでいるナズナに「ナズナ・泣かんとよ、前進・前進」と口にします。

汽笛の音二回は「前進・前進」という意味であり母親とナズナの会話を覚えていたアキオは汽笛の音を二回(ド♯二回)口で繰り返しナズナは「あんたがいて良かった」という母親の言葉を思い出し助けられました。

中に入れなかったアキオに向けて生徒達は合唱するのでした。

東京に戻る船の上でユリは生徒達が見送りに来ている事に気付きました。生徒達から「笑って!!」と言われたユリは笑顔で大きく手をふりました(終)

 

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました