PR

「九齢公主」全40話ネタバレ視聴感想&あらすじ一覧を最終話の結末まで

中国ドラマ「九齢公主」

ポン・シャオラン&ジン・ハン共演、メディカル・ロマンス時代劇

天侑の公主・楚九齢は勅命で武徳司の統領・陸雲旗と婚礼を挙げるが父に代わり帝位に就いた楚譲が父を殺したと知る。

皇帝暗殺に失敗し投獄されるが自分の身代わりとなって死んだ君蓁蓁になり代わり顔も声も変え、父が暗殺された理由を調べるため沢州の親戚・方家に身を寄せる。

復讐を胸に公主から医者へと変わるが偶然にも両想いだった幼馴染の成国公の息子・朱瓚と出会う。亡き師匠の医館を引き継ぎ人々を助け医術を使って陰謀に立ち向かい真の名前を取り戻す

異なる4人のイケメンたちとの恋模様からも目が離せない。

スポンサーリンク

 

九齢/君蓁蓁(ポン・シャオラン)朱瓚(ジン・ハン)陸雲旗(ドゥー・ヤーフェイ)寧雲釗(ワン・ヨウシュオ)方承宇(ジョウ・ジャン)皇帝楚譲(リウ・ジュン)など

 

華流ドラマ「オススメ作品」(随時更新)

 

全40話で紹介します

 

ネタバレ感想/九齢公主

 

1話・炎に焼かれて

天侑の志宗皇帝が崩御した後に弟の楚譲が帝位を継承し、しばらくして志宗の次女・九齢公主は勅命により武徳司(皇帝直属の特務機関)の統領・陸雲旗と丹鳳門にて婚礼を挙げます。

九齢は父は病死ではなく楚譲によって絞殺されたんだと訴えだすと誰に唆されたのだと聞かれるが側まで接近すると楚譲は悪びれることなく認めました。

短刀で暗殺を試みると寸前のところで陸雲旗に阻まれ投獄されてしまいます。

楚譲は九齢には純粋な姉・九黎と成人していない弟・九容がいるが世論を鑑み手出しできないので拷問をかけても九齢が白状しないなら消せと太監・袁宝に告げます。

そのころ君応文は娘の君蓁蓁と共に侵入し九齢を助けようとしたがこのままでは武徳司に捕まってしまいます。君蓁蓁は先帝に恩義があるし父から医術を習った九齢は家族も同然なので公主の衣を着て身代わりとなります。

陸雲旗は死罪にするようだと知り助けるために急行したが牢が火事で燃え広がっており公主が自死したのだと呆然と立ち尽くします。

スポンサーリンク

 

九齢は意識が戻ると師匠・君応文に助けられており秘薬を使って顔と声を変えた事を知らされます。自分の顔が君蓁蓁となっていたので彼女はどうしたのかと聞くと火事で身代わりで死んだと知り泣き叫びます。

娘が恩に報いたくて望んでした事だからその想いを無駄にしないでくれと師匠に訴えられ君蓁蓁の代わりにしっかりいきなければと思います。

師匠の姿が見えないので探しに行くと紫英仙株をとろうとして崖から転落していました。必死に助けようとしたが「無駄なことはやめろ、これからは九齢ではなく君蓁蓁として生きろ」と君家に代々伝わる玉佩と先帝から預かった封じ紙を渡されます。

師匠を埋葬して弔い遺書を読むと太炎3年に太上皇を殺めたのは楚譲だと先帝が疑っていた事を知ります。

 

君蓁蓁(九齢)は師匠の遺書に従い父が暗殺された理由を調べるためにも外祖である方家は沢州の一大勢力であるため侍女・柳児を連れて身を寄せます。

方家の大奥様・曹氏に挨拶すると孫である方家長女・錦繍から本当に親戚なのかと横やりを入れられ柳児と口論となります。君蓁蓁は柳児を宥めると錦繍は次女・玉繡に宥められます。

ひとまず留まる事が許されたので何とか信頼を得なければと思う君蓁蓁は柳児が旦那様の命で持ってきていたんだと包みを渡されます。

確認すると寧異の長子・寧雲釗との婚約書であり君蓁蓁が生きていれば良縁だろうと九齢は内心思います。自分には嫁げないと思うがこの婚約書により身分を信用され日を改めて寧家に紹介しようと曹氏は言います。

(九齢さん、めっちゃ賢いし弁が立ちますね。師匠は崖から転落して亡くなったのにいつ遺書を書いたのだとちょっとツッコミ!!話の流れから察するに楚譲は父も兄も殺したという事なのかな?)

 

2話・幼き日の約束

君蓁蓁として人生を始める九齢は曹氏が寧夫人に侮辱されて倒れたので縁談を破談にするかわりに銭を要求し5千両を受け取ります。

良縁だろうが祖父と祖母を侮辱されて許せなかったし相応の報いを与えたまでだから寧家に頭を下げるつもりもないと方家一家を納得させます。

 

成国公の世子・朱瓚は地図を売り軍機を漏らしたと陛下に疑われたので申し開きをするため義兄弟である雲霄閣の張宝塘を連れて都に向かいます。

情報屋である張宝塘の様子がおかしいので文を見せろと要求すると8年前に再会を約束した愛しの九齢が亡くなったと知り悲しみます。

顔を判別できなかったし投獄された日に牢に現れた君応文は行方知れずだし裏があるはずだと張宝塘に言われ九齢のはずないと自分に言い聞かせます。君応文の娘が祖母を訪ねて沢州にいると知り彼女を訪ねに向かいます。

九齢を救うことができず悔やむ陸雲旗は彼女の姉・九黎は第二の九齢になる可能性はあるかと皇帝に聞かれます。先帝の事は何も知らないはずだと告げ彼女も狙われるのではないかと思い守るために九黎を娶りたいと願い出ます。

スポンサーリンク

 

君蓁蓁は車輪が壊れた馬車に道を塞がれたので歩いて帰ることにすると張宝塘にしつこく言い寄られます。朱瓚に助けられるが二人は知り合いのようだと見抜くと道を塞いだのも彼らの策かと気付きます。

何が目的か気になったので話を合わせるが自分が8年前に名付けた令九と名乗られた事で朱瓚だと気付きます。九齢公主を捜していると訴えられた事で動揺し行方は知らないと告げ席を立ちます。

再会を喜ぶが巻き込んだら成国公府が潰されてしまうし自分は君蓁蓁なんだと言い聞かせます。

(朱瓚、陛下に会いに行かなくていいのですか?w身の潔白を証明しないと逃亡したと疑われ成国公府がやばいのでは?父が暗殺された理由を調べるといっても今の身分では限度がありそう。協力者が必要ね)

 

3話・不可解な呪い

君蓁蓁(九齢)は方家の病弱な嫡子・方承宇を目にし発病した時期と治療に当たっている者を調べるよう柳児に言います。

大旦那様は急死し旦那様は殺害され後継ぎの方承宇は16歳までしか生きられない大病で呪われていると噂が立っていました。

君蓁蓁は勝手に診察すると病ではなく毒に冒されていると気付き報告すると大奥様・曹氏や劉氏の様子を見て知っているのだと気付きます。病を中和する毒薬を与えることが生かす唯一の方法だと言われるが進行を押さえているだけだし誰かが皆を誤導したのだと訴えます。

犯人は内部にいるはずと思うが何より早く治療させてほしいと訴え処方箋を入手すると自分が処方箋を出すまで薬を変えず黒幕を欺くつげます。

 

曹氏が印章を持っているのを目にし方家と印章と封じ紙にどんな関連があるのかと思います。

君蓁蓁はわざと都の様子や皇族について執事に訪ねると曹氏に呼ばれ皇宮や懐王について知りたい理由は何だと聞かれます。九齢公主と知り合いだったので質問が口をついたと告げると今後は話題にしないよう言われます。

玉繍も連れて薬を買いに出ると寧家の令嬢・寧雲燕から嫌がらせを受けるが返り討ちにして帰り方承宇の治療を始めます。

薬舗に行くとまたも朱瓚と張宝塘が小細工な芝居を披露しながら接近してきます。命がけで守るから九齢の行方を教えてくれと迫られ、彼を巻き込むと命が危険であるため焼死してしまったと嘘をつきます。

(朱瓚・・・まだ生きていると信じるんかいw現実を受け止められないのね、まぁ~生きてるけどもさ。見た目と声が変わってもいいのかな?寧雲燕みたいなキャラは必ず出て来るけど正直つまらないのよねww)

 

4話・守りたいもの

君蓁蓁(九齢)は帳簿に不審な点を発見し錦繍と玉繍に改竄できないようにしなければと告げます。

宮中にいる弟・楚九容(懐王)を思いながら方承宇の治療に専念する君蓁蓁は根本から直すには沐浴が必要だが黒幕が潜んでいるので密かに施す必要がありました。

蘇綺が薬膳を運んでいたので毒はなくても様子を伺っている可能性があると疑い婚姻を世間に発表してはどうかと曹氏に告げます。

方承宇の命が何より先決なので治療を急ぐためには結婚するしかないと告げると後継ぎを誕生させたら全財産を譲ると言われ、これは治療を施すための結婚だと念を押します。

スポンサーリンク

 

朱瓚は先帝が亡くなったのは病ではなく皇位簒奪の可能性が高いと張宝塘に言われます。楚譲が御書房に入りその後に争いが起こり宿直の陸雲旗はそのことを誰にも話さず侍医が持病による崩御だと発表したのです。

先帝の侍女を武徳司より先に発見していた張宝塘は首に絞められた痕があったので間違いないと思いその事を九齢に伝えてそのまま姿を消したのだと知らされ、先帝が崩御の日にずっと見ていた文様を書いてもらいます。

朱瓚は文様は皇家の貨物運送の封じ紙と関係があり先帝は何か伝えようとしていたのではと疑うと太炎3年、身代金はここで受け渡されたのかと張宝塘は言います。その年に北キは約束に背き皇族たちを殺したので身代金の封じ紙なら裏があると思います。

 

陛下が結婚を許し陸雲旗に嫁ぐことになった九齢の姉・九黎は楚譲の仕業だと思うが懐王を守るためには仕方ないと思います。

(結果的に、君蓁蓁と朱瓚は沢州を調べることになりましたね。早く協力すればいいのに。高執事は最初怪しいと思ってたけど関係なさそうね、宋運平と蘇綺は間違いなく関与してますね)

 

全40話あらすじ一覧

 

1話~8話

1話2話3話4話(ページ内にジャンプします)

皇位簒奪により楚譲に父を暗殺された九齢公主は仇を取ろうとして失敗する。師匠に助けられるが君蓁蓁が身代わりとなってしまい顔と声を変え君蓁蓁となって人生を始め、師匠の遺言に従い方家に身を寄せる

5話6話7話8話

君蓁蓁は方承宇の毒は仕組まれたものだと見抜く朱瓚から黙っているから方家の顧客を調べてほしいと頼まれる。君蓁蓁は寧雲釗と投壺の対決で神業を披露すると朱瓚は九齢を思い出す。敵を誘き出すために君蓁蓁は朱瓚を護衛につけ方承宇を連れて旅に出る

9話~16話

9話10話11話12話

汝南に到着すると君蓁蓁は君九齢と改名し医館を再開する。宋運平を投獄した知らせが入り沢州に戻るが刺客襲われると14年前に方承宇の父を襲った刺客だと雷中蓮は言います。九齢は方家が身代金事件で楚譲に協力したと確信し官商だと明かさないと楚譲に狙われると説得する、そして離縁して都へ・・・

13話14話15話16話

九齢は姉・九黎と陸雲旗の婚礼の日に九齢堂を開業する。店を閉じて宣伝で歩き回る九齢の狙いは名家の間で評判を広め懐王府から声がかかることでした。名が広まると三娘子を診察するが彼女は陸雲旗の愛人でかつての九齢と声が似ていました。

17話~24話

17話18話19話20話

九齢は処方箋を書いて陸雲旗に楚九齢の筆跡と同じだと気付かせる。ついに弟・懐王の担当医となり姉・九黎とも念願の対面を果たす。九齢堂に方承宇から勅書が届き陛下の怒りを買うと警戒。疫病患者が集められ九齢は決死の治療を開始するが・・・

21話22話23話24話

九齢は種痘の実験台となった朱瓚を必死に看病し痘瘡の流行を収束させ医者として名を挙げる。参内しついに宿敵・楚譲と対面するまで上り詰めると山陽県主に封じられるが陸雲旗から結納品が贈られてくる。ついに怒り出すと寧雲釗が割って入り自分が許嫁だと言い放つ

25話~32話

25話26話27話28話

九齢は都を出るから朱瓚の命を救うよう陸雲旗に話を持ち掛ける。別れを告げ沢州に戻り方承宇たちを再会するが子供が種痘で亡くなっていると知り北方に向かう。すると北祁の皇太子・郁遅海と密会する黄誠の悪計で戦が起こり・・・

29話30話31話32話

北方の民のために炊き出しを行う九齢と郁夫人は和議のために3州を譲り渡すらしいと報告を受け策を講じて包囲される成国公を脱出させると3州の民を移して救う。朱瓚に正体を明かす九齢は先に都に向かい黄誠からの妨害に備える

33話~40話(最終話)

33話34話35話36話

九齢は郡主に昇格、都に呼ばれた方承宇に勅書を返上するよう告げ陛下の目を欺くために火事で亡くなった事にして葬儀を行う曹氏たちに真実を密かに伝える。九齢は残された銀子と印章を手にするが丞相によって朱山が謀反の罪を着せられ・・・

37話38話39話40話

楚譲が逃げ出すなか幼い懐王は前線で民によびかける。北祁軍と都の城門で衝突する天侑軍。朱瓚が北祁の皇帝を暗殺して戻り成国公も援軍として駆け付け平和を取り戻す。九齢は自分の正体を姉弟に明かし涙の再会を果たす。そして朝議で楚譲の罪を明らかにすると九齢は・・・