映画「ロード・トゥ・パーディション」ネタバレ結末/トム・ハンクスが妻子を殺され組織に復讐

 

作品情報キャストの紹介

アイルランド系マフィアのボスから信頼を得ていた幹部マイクだが妬みからボスの息子に妻と次男を消されてしまう。

ボスは家族のように大事にしていたので激怒するが息子を守るために仕方なく刺客を送る。

マイクは長男を連れて逃亡しながら復讐をうかがうが・・・

◆マイク・サリヴァン(トム・ハンクス)◆ジョン・ルーニー(ポール・ニューマン)◆マグワイア(ジュード・ロウ)◆ピーター(リアム・エイケン)◆アニー(ジェニファー・ジェイソン・リー)◆コナー・ルーニー(ダニエル・クレイグ)◆フィン・マガヴァン(キアラン・ハインズ)◆マイケル・サリヴァン・Jr(タイラー・ホークリン)
 

ネタバレあらすじ

ロード・トゥ・パーディション

マイクは街を仕切るアイルランド系ギャングのボスであるジョンの下で働き妻アニーと息子2人(マイケルとピーター)と暮らしています。

ジョンはマイクだけでなくマイケルとピーターを孫のように可愛がっていたためジョンの息子コナーはマイク一家を嫌っていました。

ジョンの部下であるダニーが亡くなり兄気分のフィンは通夜の席で横流しなんてしてないはずだと言い掛かりをつけました。

マイクとコナーは誤解を解くため話し合う予定だったがコナーがフィンの頭を銃で撃ち抜いてしまいます。

マイクは誰かに見られている事に気付き後を追うと父親の仕事は何なのか探りを入れるマイケルでした。

マイクは息子は誰にも言わないから大丈夫だとコナーに言い聞かせました。

 

妻子が被害に

マイクは支払いが滞っている債務者の取り立てをジョンから命じられます。

自分に頼ってくれないコナーは取り立てに向かうマイクに親父からだと言ってトニー宛の督促状を渡します。

督促状を読むトニーの表情を見て危険を察知したマイクは相手が動き出す前に撃ち殺し確認すると「マイクを殺せば貸しはチャラにする」と書かれていました。

家族が危ないと思い急いで帰るとアニーとピーターが殺害されていました。家にいなかったために助かったマイケルを車に乗せマイクは家を離れました。

マイクは復讐するため雇われた事があるニッティに助けを求めるが断られます。隣の部屋でジョンとコナーが聞いていたからです。

息子のように可愛がっていたマイクの家族をバカ息子コナーが独断で殺してしまいジョンは悩みます。

バカ息子が狙われている事で仕方なくジョンはニッティに暗殺を任せます。ニッティは1600ドルで写真家のプロの殺し屋マグワイアを雇い出来るだけ早く殺すよう伝えます。

スポンサーリンク

 

マイクはお腹が空かないマイケルを車に残しレストランで食事を摂るが向かいに座るカメラを持つ男を見て危険だと察知しトイレに行くフリをして裏口から逃走しました。

パーディションに住むサラ叔母さんのとこへ行こうとしたマイクだが行き先がばれていると気付きます。

コナーが守っているシカゴの組織を潰すため銀行から奴等の金を盗むためマイクは生き延びるためにもマイケルに協力するよう言います。

マイクは銃で脅して帳簿に載ってないカポネの金を奪いマイケルが運転する車で銀行を回ります。

銀行から組織の金が引き出されます。会計士ランスが泊まる高級ホテルの部屋に侵入し帳簿を手に入れるが撃たれ怪我を負います。

田舎町に住む老夫婦に助けを求めるとしばらく面倒を見てくれてマイケルは畑仕事を手伝います。

帳簿を確認するとコリーが横領していた事実が分かり老夫婦にお礼として大金を渡し教会にいるジョンに会うため急いで向かいます。

 

結末

バカ息子を差し出せないジョンは今ならまだ間に合うから逃げてくれと言います。

ホテルに戻りマイケルに手紙を書いたマイクは奇襲をかけジョンの周囲を固める取り巻きを殺害します。

ジョンは「お前でよかった」と言います。

マイクは父親のように慕っていたジョンを目に涙を浮かべながら撃ち殺しました。

組織への復讐を止める条件でコナーの居場所を突き止めニッティが匿っていたホテルに侵入しコナーの頭を撃ち抜きました。

 

復讐を果たしたマイクはホテルに戻るとマイケルは抱き付いてきます。

無事だと安心させるためにサラ叔母さんの家を訪ねるが留守でした。マイクはビーチで遊ぶマイケルを眺めていると隠れていたマグワイアに背後から撃たれます。

マグワイアは死人を写真に収めようとするが振り返るとマイケルが銃を構えていました。マイケルを人殺しにしたくないマイクは最後の力を振り絞り銃を取り出し撃ち殺しました。

1人残ったマイケルは泣き崩れました。この日以来マイケルは銃に触れる事はなく老夫婦の家で畑仕事をしながら育ちました。

 

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました