へぇ~♪そうなんだ~♪

<ネタバレ・あらすじ>映画やドラマ、小説などのネタバレになります。

「ラブ×ドック」<ネタバレ・あらすじ>理想と現実があまりに違うアラフォーの恋愛模様!吉田羊×鈴木おさむ監督

 

 

~注意~

●これから邦画・洋画・ドラマをご覧になる方は、

内容・結末を知る事になりますのでご注意くださいませ!

 

 

 

 

 

ラブ×ドック(通常盤) [DVD]

 

恋愛がうまくいかないアラフォー独身女性は広告で見た怪しい恋愛専門クリニックに通うようになる

放送作家の鈴木おさむが映画監督初挑戦。

剛田飛鳥(吉田羊)

アラフォーでパティシエ。恋愛に失敗続き

花田星矢(野村周平)

飛鳥の部下のパティシエ。飛鳥の彼氏。

野村俊介(玉木宏)

ジムトレーナー。飛鳥の彼氏。

淡井淳治(吉田鋼太郎)

既婚者でスイーツ店オーナー、飛鳥と不倫。

冬木玲子(広末涼子)

恋愛を診断するクリニックの女医。年齢不詳。

細谷千種(大久保佳代子)

飛鳥の親友

 

< ネタバレ あらすじ >

   ラブ×ドック

 

IT社長とお付き合いをしていた36歳の剛田飛鳥はプロポーズしてほしくて「主婦も出来るんだ」とアピールするが彼の私物を勝手に整理したことが原因で別れる事となってしまいます。

飛鳥の親友で妊婦さんの細谷千種は男が金を借りて逃げてしまったのでシングルマザーとなります。

そんな千種を呼び出した飛鳥は「チーフを任されてプロデュースするかもしれない」と嬉しそうに話します。というのもテレビの取材で「大学でミスコンを獲得しモデルにスカウトされつつ芝居がやりたくて劇団に所属していたが芸能から声がかかっても断りました。スイーツの神が降りてきたから」と答えており、これで人気が出たためにオーナーパティシエ淡井はもう一店舗オープンさせる気になったのだと思い込んだのです。

ブスが多い大学を選びブスが多い劇団を選んだだけ、嘘ばっかり思う千種はパティシエになればそこでは美人と呼ばれるだろうという計算だけはすごいと言いました。

帰りにスポーツジムの見学に誘われた飛鳥は千種について行くとトレーナーの野村俊介に見詰められ「私に興味あるのね」と内心思うが「骨盤ずれてますね」と言われます。

 

飛鳥は「ラブドック 遺伝子を理解するところから本当のいい恋は始まる」の広告を見て怪しいと思いつつネット予約してしまいます。

院長の冬木玲子はどう見ても35歳ぐらいだが助手の桜木美木は「あれで65歳なんです」と言いました。遺伝子から恋愛体質を調べ本能が抑制できなくなってきているからと何やら高いものを売られそうになったので怪しいと飛鳥は帰ります。

飛鳥はもうすぐオーナーの淡井から話があるはずだと思い残業していると計算通りやってきました。

「次の店は飛鳥に任せようと思う」

きた~~~~と思う飛鳥は仕事終わりに淡井と会っているうちに男として意識するようになり、その上口説かれたため付き合うようになってしまいます。

淡井は結婚していて「不倫ではなく本気だ」と伝えるもののSNSでばれたら大変だと周囲の人のカメラに警戒します。

三ヶ月後、千種が能子を出産したのでお祝いがてら淡井と交際している事を伝えると「不倫は幸せにならない。奥さんと別れるはずないでしょ」と言われます。千種の助言は的確であり、関係を知った奥様から「夫と別れてください」とお願いされ、飛鳥はその事を伝えると別れるどころか店も辞めてくれと言われます。

淡井に怒りをぶつけた飛鳥は恋と仕事を失いラブドックに足を運ぶと不倫男のしょーもない話を散々聞かされます。

危険な恋愛を脳がストップしてくれる25万の注射をすすめられた飛鳥は「高いし怪しい、もう恋愛でミスはしません」と帰ります。

 

人気グルメブロガーとして雑誌に載るようになった千種は忙しくなり能子を保育園に入れます。

雑誌を見た飛鳥は「顔修正してるね」と話しかけ、スポーツジムトレーナーの野村に挨拶すると見詰められたので「惚れちゃった?」と内心思うが「ぎっくり腰気をつけてくださいね」と言われます。

千種と野村がたまにご飯行く仲だと知り「付き合っちゃえ」と進めます。しかし家に帰った飛鳥は本当にぎっくり腰で動けなくなり千種に助けを求めると野村が無料でマッサージしに来てくれます・・・その延長上キスして付き合うことになってしまうのです。

罪悪感を抱きながらも千種なら分かってくれると思い野村との関係を伝えるが友情を失うことになります。友達より男をとった飛鳥は慰めてもらおうと野村のもとに駆け寄るが「何でそんな事したの、困るな」と言われ別れる事になります。

恋愛、仕事・・・そして友達を失った飛鳥はラブドックに足を運び、25万の注射を打ちました。その時、元に戻りたかったら開けてと玲子から箱を渡されます。

 

スポンサーリンク
 

 

40歳となった飛鳥は小さなスイーツの店を巣鴨にオープンさせます。

3人の従業員の中で一回り以上年下の花田星矢にときめいてしまうが注射の事を思い出すと不思議とブレーキがかけられるようになりました。

ジンジャーパウンドケーキが急に有名になり、淡井が「彼女の作ったケーキは人を幸せにするので手放した事を後悔している」と取材で発言したからだと従業員から教えて貰った飛鳥はケーキを届けに行きます。

飛鳥は感謝を伝えに行くと離婚した淡井から「今度こそ本気でやり直そう、待ってる」と告白されるが「待ってるという言葉はズルいです、本気で好きなら笑顔を奪うような事しないでください」と駆けつけます。

星矢に手を引っ張っぱられその場を離れる飛鳥はこの恋愛は今までのとは違うと胸が高まり付き合うことになりました。

しかし、星矢が女性と一緒にいる場面を目撃し飛鳥は電話をかけるが彼は携帯を見て出ませんでした。そして浮気だと疑い証拠となる写真を撮ります。

正直に話さなかった星矢にがっかりするが何より探偵みたいな事をした自分を嫌いになり「いつか別れることになるから今のうちに離れたい」と告げました。

 

4歳の能子を連れていた千種は星矢と出会います。シングルマザーで育った星矢は寂しい気持ちが分かるので能子と遊んであげたりしているうちに付き合うようになり「能子ちゃんの父親にならしてください」とプロポーズしました。

その頃、星矢が考えたケーキを作らなくなった飛鳥は「どんな理由であれお客様が望むのなら・・・」と従業員に言われるが聞く耳持たずイライラをぶつけてしまいます。

赤ちゃんの能子を抱っこする飛鳥の写真を見つけた星矢がいきなり訪ねてきます。

1年ぶりで驚く飛鳥は「もしかして・・・」と期待するが千種を結婚すると聞いて驚きます。

星矢と初めてキスした熱帯魚の店で千種と出会ったことを知りおもいっきり動揺した飛鳥はイライラを隠せず「おめでとう」とは伝えたものの「早く帰れ」と言い放ってしまいます。

 

千種は自分に対して復讐したのではと疑う飛鳥。

そんな時、野村トレーナーが訪ねてきて千種と星矢の結婚が駄目になったと知らされます。

どうしたらいいんだ私は・・・・悩む飛鳥に従業員はパティシエはケーキ作るしかないと言いました。

千種がたとえ親友であれ美味しいものしかブログに書かないと言っていた事を思い出した飛鳥は人を幸せにするケーキを作ろうと思います。

そんな時ラブドックの玲子が詐欺で逮捕されたニュースが流れます。

やっぱり35歳じゃないかと思った飛鳥は注射とか何だったんだ?と思うが箱を渡された事を思い出し開けてみると「恋したもん勝ち、誰だって老けるし死ぬんだから」とメモが入っていました。

 

「恋愛で傷ついたり友達を失ったり仕事を失ったから今の自分がいる。人生に無駄な事はないんだ」

飛鳥は星矢と千種を呼び出し「千種ごめん、まだ星矢が好きだし復讐したんじゃないかと疑った。でもそんな気持ちより千種に笑ってほしい気持ちの方が強かった。私は人の幸せを祝える人間になりたい」と正直に訴えました。

千種が提案したレモン、そして星矢が提案した黒糖を取り入れ完成させたケーキを「幸せになってほしい」と飛鳥は渡しました。

 

星矢は結婚を申し込み千種は受け入れました。

「悔しいけど、それ以上に2人が幸せになりますように!!」と飛鳥は叫びました。

未練があるため結婚式には行かなかったがジンジャー黒糖レモンケーキは繁盛しお店には列ができるようになります。

前の自分だったらこのケーキは作れなかったと思う飛鳥はやはり無駄な事などないのだと改めて思います。そしてラブドックの研究は真実だと思うのです。