「劇場版おっさんずラブ LOVE or DEAD」ネタバレ感想/ドラマのあらすじも簡潔に紹介

スポンサーリンク

 

作品情報キャストの紹介

大反響を呼んだ人気TVドラマ「おっさんずラブ」の劇場版。

転勤先の中国から帰国した春田は天空不動産東京第二営業所に復帰。

本社であらたに発足したプロジェクトチーム「Genius7」のリーダー狸穴から難題を突き付けられるが、その隣には本社に異動しチームの一員となった牧の姿があった。

牧とは1年前に永遠の愛を誓っていたので春田は動揺する。

コンビを組んだ新入社員の山田から慕われる一方で、かつて同居していた黒澤が交通事故に遭い記憶喪失となってしまう。何故か春田のことだけ忘れてしまった様子であり再び恋心に火が付いてしまう。

春田創一(田中圭)黒澤武蔵(吉田鋼太郎)牧綾太(林遣都)狸穴迅(沢村一樹)山田正義/ジャスティス(志尊淳)西園寺蝶子(大塚寧々)荒井ちず(内田理央)荒井鉄平(児嶋一哉)など

 

ドラマのお復習い

実家暮らしのポンコツサラリーマン・春田創一はある日突然、直属の上司・黒澤とエリートである後輩の牧から同じタイミングで告白をされ驚く。

混乱して受け入れられない春田は逃げ腰になるが二人の真っ直ぐな想いに徐々に心動かされるものの幼馴染の「ちず」のことが気になっていた。

また黒澤には愛する妻・蝶子の存在が。

同じ部署の主任である武川が牧の元彼だという衝撃的事実を知り三角関係は加速していくが妻を捨てるほどに自分を愛してくれる黒澤とついに同居することに。

自分との恋は春田に迷惑をかけるからと身を引いてしまう牧。春田は黒澤との結婚式を飛び出し牧にプロポーズをして結ばれるという感動のエンディング。

 

ネタバレあらすじ/劇場版おっさんずラブLOVEorDEAD

上海、香港に転勤していた春田創一はプロジェクトを成功させ東京に戻る事が決まりました。

送別会では大いに盛り上がり気付けば朝になっていたが隣には裸のイケメンが寝ていました。

「えぇ~」と驚く春田は玄関のチャイムが鳴ったので急いでパンツを履くと1年前に永遠の愛を誓った牧が入ってきました。

会いたかったと春田は抱き付くが牧はベッドにいる男に目をやり怒ってすぐに帰っていきました。

 

東京に戻った春田は天空不動産東京第二営業所に復帰すると、かつて同居していた黒澤をはじめ全員から歓迎されます。

新入社員の山田と挨拶を交わすと本社のプロジェクトチーム「Genius7」がぞろぞろ入ってきました。

リーダーの狸穴はアジアを巻き込む一大プロジェクトを任されたので東京第二営業所も協力するよう訴えてきたが本社に異動しチームの一員となった牧もいたので春田は動揺します。

協力するのは良いが急すぎないかと黒澤は訴えるが本社の者たちはさっさと資料を運び出します。春田は説明してよと牧に訴えるが狸穴はそれを阻止します。

居酒屋「わんだほう」で愚痴をこぼすが店主の鉄平からマズイ新作を食べさせられます。店主の妹で幼馴染みのちずは「私だって牧が本社に戻った事知ってたよ、浮気されて怒ってんじゃない」と言われ何でそこまで知ってんのかと驚きます。

春田は家に帰り牧に何で言ってくれなかったのか聞くと「それを相談するために香港に行ったのに・・」と言われ、あれは酔って家の前で寝ている人を助けただけだと説明しました。

スポンサーリンク

 

同居生活解消

東京オリンピックの跡地を含めたベイエリア一帯にリゾート地を建設するプロジェクトの発表が正式に「Genius7」の狸穴から伝えられます。

春田は山田とコンビを組んで営業を開始するが戦後代々守ってきた土地を簡単に手放す地主はいません。仕事を通して山田とは同じ部活をしていた事や狸穴が偉そうで嫌いだという共通点があって意気投合します。

山田も同じように感じており「なんだかお兄ちゃんみたい」と言いました。

春田は「どこも門前払いだよ」と牧にメールを送りご飯の準備をするが、遅く帰ってきた牧は真っ黒な唐揚げやぐちゃぐちゃな洗い物を見てげんなりします。

そこに春田のママが突如やってきました。

「あっ、そうか友達と住んでたんだっけ」とママが言うので春田は紹介しようとするが「ちょうど実家に帰ろうと思ってたんで大丈夫です」と牧は言いました。

大丈夫じゃないでしょと伝えるが牧は荷物をまとめて出て行ってしまいました。

 

恋心に火が付く

ベイエリアは歴史ある土地で老舗も多く1人1人と向き合って信頼を得る必要があるため時間はかかります。狸穴に「本社の要求に応えられない営業所には退いてもらうしかない」と挑発され黒澤は「できないとは言っていない」と睨み付けます。

そんな黒澤は階段を踏み外して落下し病院に運ばれます。

武川主任は黒澤の手を握って心配していたので病院に駆け付けた春田や元妻の蝶子は「えっ」と驚きます。

春田は居酒屋「わんだほう」で部長が入院したのにお見舞いにも牧が来ない事を愚痴るが、そこに「仕事が忙しくてすいません」と牧がやってきました。

牧とちずが仲良いので「あれ」と心配するが「花火大会一緒に行こうって約束したのでその日だけはちゃんと開けてます」と言われ春田は喜びます。

 

黒澤は元気に退院して戻ってくるが春田を見て「君の名は?」と言いました。

みんなが驚くなか何故か黒澤は春田の事だけ忘れていました。

そんな記憶喪失あるのかと春田は戸惑うが、黒澤がどうにか思い出そうとどんな時でも見つめてくるので落ち着きません。

山田と仲良くしている姿を見て黒澤は嫉妬し再び恋心に火が付いてしまいます。

サウナで「好きになっちゃった」と告白された春田は振り出しに戻ってしまったと慌てます。

その頃、武川主任は「フラれたショックで春田の事だけ忘れたんじゃないだろうか」と心配するが蝶子は「離婚したことまで忘れてます」と教えます。蝶子の事が好きな営業部員の栗林はちゃんと説明してくださいと訴えるが武川主任は「また春田が好きになるんじゃないか」と嫌な予感を抱きます。

春田はしっかり説明しようとするがそこにタイミング悪く牧がやってきました。

「諦めたんじゃないですか」

「諦めるも何もはじまったばかりだ。もしかして春ポンが付き合っている相手は君か」

黒澤と牧が言争い春田は必死に止めるがそこに狸穴もやってきました。牧が狸穴に誘われてサウナに来た事を知った春田は「忙しいってこうゆう事ですか」と怒ります。

狸穴は牧を想い、黒澤は春田を想う、そして牧は悩みがありながらも春田を想い、春田は牧を想う、そして山田は春田を想っているので5つの恋心が衝突します。

 

別れ

牧の実家に呼ばれた春田は「息子と別れてくれ」と頼まれます。仕事の過労で倒れて病院に運ばれた事を知った春田は病院に駆け付けるが狸穴がそばで支えていたので引き下がります。

出勤するとプロジェクトに反対する住民が大勢抗議にきていました。

「何もかもうまくいかない」と屋上で春田は叫ぶと牧のママが「主人が変なこと言ってごめんなさい」とやってきました。

また狸穴は「問題が発生したので提携解消、Genius7は解散する」と発表しました。

「2人にとっての正解を探していけばいい」と牧のママに背中を押された春田は花火を見行くと牧がいました。

屋形船で蝶子と栗林はデートし、会社の屋上では「好きな人は違う人を見ている」という共通点を持つ黒澤と主任が花火を見上げていました。

春田は牧と手を繋ぎデートして楽しむが彼がトイレに行くと彼のスマホが頻繁にピコピコなります。狸穴からの連絡だと分かる春田は倒れことを狸穴に伝え自分には言ってくれなかった事もあり「早く行けよ、あっちの方が大事なんだろ」と言ってしまいます。

それがきっかけで言争いとなり喧嘩して別れることになってしまいました。牧は去ってしまい春田は渡す予定だった指輪を投げ捨てると「何やってんですか」と山田が現われ探し出しました。

両親と兄を交通事故で亡くしている山田は「大切な人に明日も会えるなんて限りません」と言いました。

スポンサーリンク

 

結末

狸穴が提携解消したのはドラッグの中継地点にしようとしている事が分かったからです。しかし相手は会長の娘を誘拐しました。悪くなくても世間にバレたらバッシングは避けられないので黙っているよう言われた春田は返事しながらも会社を訪ねそのまま監禁されてしまいます。

「24時間以内に契約解除の取り消しと共同プロジェクトの再開を決定しなければ2人がどうなってもしりません」

春田が人質になっていると知り狸穴は「あの馬鹿」と怒るが牧は心配で走って出て行きます。

春田は第二営業所に監禁されている事を伝え隙間から見える煙突の数や潮風を感じることを伝えます。

牧と第二営業所の人達は合流し探すが見付けられません。その時、春田に肩車された会長の娘が時限爆弾を外に放り投げた事で爆発が起こりました。

それにより居場所が判明したことで黒澤と牧は「先に見付けてやる」と走ります。2人は発見すると春田は息をしていなかったがどっちが人工呼吸するかで争います。

倒れてきた瓦礫の衝撃で春田は復活し、塞がれてしまった黒澤は「部下を守る責任がある、はやく逃げろ」と言いました。黒澤は脱出し途中脱げていた靴を履かせて貰うと前にこんな事があったと映像が見え始めすべてを思い出します。

牧に抱えられながら春田は「別れるの取り消して言い」と伝えました。夢を持って仕事に励む牧に嫉妬していただけだと伝え春田は本気で家族になりたいと指輪を渡しました。

開発計画は地元の人達が誰も望んでいないので見直す事が決定されました。新しいパートナー会社に香港の大企業が名乗りを上げてくれました。香港で倒れそうな自転車を支えてあげた事があったが家宝の壺であり春田は名札を落としていたのです。

本社のプロジェクトリーダーになる良い話しを春田は地元の人と関わりたいので断ります。海外勤務が決定した牧と互いに頑張る事を誓い合いキスを交わしました。

 

感想

ドラマ見てなくても分かりますが「恋」が多すぎて詰まりすぎと感じてしまう。

勝手に消して申し訳ないが山田のキャラはいらない、そうすれば会長の娘と結婚するオチもなくなるし説教されなくても誰でも気付けるような話も必要なくなる。もしくは栗林と蝶子の恋。

好みの問題ですがもうちょっとスッキリしてほしかったな。

黒澤の恋が再び勃発するだけでも大いに楽しめるのだから。にしても笑えましたけどね。

 

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました